「倫理的」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年10月26日ドゥ・ハウス★フィードバック数:0マーケティング

口コミのHowto的インフォグラフィックです。

戦略的に“物議”をかもして生活者のクチコミを獲得する インフォグラフィックによるクチコミ要素図の分析(第6回)

ソーシャル時代の「聞く技術」の最新事例をお届けします 聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。 新サイトTOPページ⇒戦略的に“物議”をかもして生活者のクチコミを獲得する インフォグラフィックによるクチコミ要素図の分析(第6回)物議をかもせば、即座に生活者の話題に取り上げられます。例えば「まんだらけ」と、それと同じ品揃えの競合店舗―――。この2つの店舗の違いを見てみましょう。どちらも最高の品揃えであることは間違いありませんが、前者はマスコミと生活者の注目を集めま

第13回不正行為グローバルサーベイ

約半数がサイバー犯罪は低リスクとの認識「第13回不正行為グローバルサーベイ」の結果を公表 EYのメンバーファームである新日本有限責任監査法人は、EYが実施した「第13回不正行為グローバルサーベイ」の調査結果を公表しました。調査のなかで、昨今注目されているサイバー犯罪は、ビジネス上、低リスクであると海外諸国を含んだ全回答者の約半数が回答しました。一方、日本では70%以上がサイバー犯罪は高リスクであると回答しており、日本と海外諸国との間に課題認識のギャップがあることが判明しました。本サーベイは、20

2012年2月21日MasterCardフィードバック数:1マーケティング

アジア/太平洋地域における倫理的消費志向は依然として旺盛

ニュース編集室Mastercardの最新ニュースリリースをお届けします。 アジア/太平洋地域における倫理的消費志向は依然として旺盛:Mastercard調査平成24年2月20日ペイメント・ソリューションで世界をリードするMastercard Worldwide(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ロバート・R・ルートン、以下Mastercard)は、倫理的消費に関する調査結果を発表いたしました。これによると、東南アジアでは「倫理的消費」への志向が根強く、この地域では多くの国で、環

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ