調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 債券利回り

「債券利回り」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

ブラジルが政策金利を13.25%に引き上げ

ブラジルが政策金利を13.25%に引き上げ2015年4月30日<ブラジル中央銀行:0.50%ポイントの利上げで政策金利は13.25%に>ブラジル中央銀行は、4月29日(現地、以下同様)に金融政策委員会(Copom)を開催し、政策金利(SelicTarget Rate)である翌日物金利の誘導目標を0.50%ポイント引き上げて13.25%としました。今回の利上げは2014年10月の利上げ再開以降、5回目となります。利上げ幅の合計は2.25%ポイントになります。中央銀行は声明文において、「マクロ経済シ

戻り基調の新興国債券

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月23日新興国債券は、2013年9月頃から戻り基調となっており、足元では昨年の高値水準に近づきつつあります。昨年5月以降、米国の量的緩和縮小懸念の高まりから、米国金利が急上昇するとともに、新興国債券市場から資金が流出しました。これに伴ない、信用リスクを示すとされるスプレッド(新興国債券利回り-米国債利回り)も拡大するなど、新興国リスクが強く意識されたことで、新興国債券は大きく下落しました。しかしながら、その後、資金流出に見舞われ

2014年1月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年の市場見通し ~世界経済回復明確化により、円安と株高加速を予想~

Market Watching市場レポートテーマ:2014年の市場見通し発表日:2014年1月8日(水)~世界経済回復明確化により、円安と株高加速を予想~担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)世界はFRBの金融政策を注視2014年のグローバルマーケット最大の関心は、FRBのテーパリング(QE3による国債などの買取規模の縮小)の行方だろう。2007-08年の米住宅バブルの崩壊とそれに伴う金融市場の混乱以降、日米欧の先進国の金融政策は極端な緩和政策を余儀なくされた

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ