「債券市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月11日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

債券市場サーベイ(2015年5月調査)

債券市場サーベイ(2015年5月調査)

2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

東京でのオフショア人民元建て債券市場の創設・育成に向けた課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 東京でのオフショア人民元建て債券市場の創設・育成に向けた課題香港、ロンドン、シンガポールの比較を基に ◆2014年11月に行われた日中財務相会談を機に、我が国政府により東京における人民元ビジネスの拡大に向けた道筋が模索されている。報道によれば、具体的な施策として東京でのオフショア人民元建て債券の発行が検討されている。本レポートでは、香港・ロンドン・シンガポールのオフショア人民元建て債券市場の現状を比較

2015年3月10日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

債券市場サーベイ(2015年2月調査)

債券市場サーベイ(2015年2月調査)

2015年1月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「債券市場の死」、金融機関はどうするか、運用はどうするか

「債券市場の死」、金融機関はどうするか、運用はどうするか

2015年1月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

1月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 堅調相場を想定12月末17,450.77円日経平均株価前月末比-0.05%【先月の回顧】12月の国内株式市場は、上下に振れの大きな展開でした。月初は、米国雇用統計など良好な経済指標の発表や、衆議院議員選挙において与党が優勢との新聞社調査などが好感され上昇しました。しかし、原油価格が急落し、産油国であるロシアの通貨と株式が大きく売られると、金融市場全般が不安定化したことなどから、日本株も大幅に下落しました。ところが、FOM

2014年11月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

今度は本当に狼が来るかもしれない債券市場

今度は本当に狼が来るかもしれない債券市場

最近のブラジル債券市場動向と今後の見通し

最近のブラジル債券市場動向と今後の見通し

2014年4月14日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)債券市場における確信の揺らぎと群集行動:中央銀行のコミュニケーション戦略に関する一考察

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 債券市場における確信の揺らぎと群集行動:中央銀行のコミュニケーション戦略に関する一考察2014年4月11日鎌田康一郎*1三浦弘*2要旨本稿では、日本銀行による量的・質的金融緩和政策導入後に観察された長期金利の変動の背景を投資家の確信の揺らぎと群集行動(ハーディング)から説明することを試みる。債券投資家は、金利の先行きに関する確信が揺らぐと、市場価格に追随する傾向が強まる。こうした投資家の行動は、しばしば売りが売りを呼び

より安定化しつつある欧州の債券市場

より安定化しつつある欧州の債券市場

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済@貯蓄~投資 債券市場での海外投資家

経済@貯蓄~投資(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)NO.47債券市場での海外投資家佐久間 啓常務取締役経済調査部長日本の財政状況が表面上はギリシャ以上に悪場での海外投資家の存在感に比べるとストックいにもかかわらず、債券市場が安定しているのでのそれはまだ大きくないが、彼らの投資スタは国債の海外保有比率が低いことが一因であるンス、戦略が日本の債券市場を大きく動かすこと言われてきた。一方で、最近は海外投資家のとは間違いない。表面的な数字に踊らされるこ保有比率がじりじり上昇しており、警戒が

2013年8月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

国内長期金利の行方~金利変動リスクへの耐性を弱める債券市場~

みずほインサイトマーケット2013 年 8 月 21 日国内長期金利の行方市場調査部シニアエコノミスト金利変動リスクへの耐性を弱める債券市場03-3591-1249野口雄裕takehiro.noguchi@mizuho-ri.co.jp○ 日銀の追加緩和後に不安定化した債券市場は、6月以降落ち着きを取り戻し、10年国債利回りは足元0.7%台で推移している。日銀の国債買入れオペが金利上昇を抑制している。○但し、日銀が2年で2%の物価目標を達成するコミットメントを掲げる限り、ボラティリティが高まるリ

2013年4月18日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

「おコメ」の味は薄すぎる、もう「自炊」するしかない

リサーチ TODAY2013 年 4 月 18 日「おコメ」の味は薄すぎる、もう「自炊」するしかない常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創国債を中心とした債券は多くの金融機関にとって運用の「おコメ」、「主食」として筆者は過去10年以上にわたって重視してきた。「おコメ」の味は、キャリーとして長短金利差で決まるが、昨今の長期金利の大幅低下の環境下、「おコメ」の味は随分と薄くなってしまった。4月5日に10年国債金利は一時0.315%まで低下した。このような極端な水準では、O/N金利との長短金利差は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ