「債券運用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

グローバル・プロパティ・レビュー (2014年第4四半期)

モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメントは グローバルな運用能力を活用しながら 伝統的資産から非上場資産に至る幅広い資産クラスの運用を通じて お客様の資産運用ニーズに応じたソリューションを提供します 投資信託運用報告書(全体版)の開示場所変更に関するお知らせ 幅広い資産クラスを投資対象とする運用戦略 購入時に割安に放置されているものの、クオリティが高く事業が確立したグローバル企業に投資 運用部門 : アクティブ・ファンダメンタル・エクイティ

2013年10月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

グレート・ローテーションvs金融抑圧でゴルディロックス

リサーチ TODAY2013 年 10 月 24 日グレート・ローテーションvs金融抑圧でゴルディロックス常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は米国のダウ平均と長期金利の関係を示したものだ。2013年の年初、米国を中心としたグローバルな金融市場においてグレート・ローテーション(大転換)とされる債券から株式への転換が注目された1。2013年の金融市場ではリスク・オンの相場の様相が強まり、ダウ平均は2007年につけた史上最高値をつけ、米国国債10年利回りは一時3%近い水準に上昇した。

2013年4月15日第一生命保険フィードバック数:33社会/政治

異次元緩和が迷い込んだ介入主義の罠 ~長期国債の買入れが価格形成に生じさせた軋轢~

BOJ Watching日本銀行分析レポート異次元緩和が迷い込んだ介入主義の罠発表日:2013年4月12日(金)~長期国債の買入れが価格形成に生じさせた軋轢~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)異次元緩和の実態は、債券運用のインカムゲインをとことん低下させて、金融機関がリスクをテイクして資金シフトを後押しする政策である。しかし、4 月 4 日の決定会合後、中長期ゾーンの金利は乱高下して、金融緩和の思惑は壁にぶつかっている。日銀の長期国債買入の規模が大きくな

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ