「兄弟姉妹」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月2日文化工房フィードバック数:0社会/政治

ママ友、ご近所、店員も…バカヤローな相手 少数派

今週の「1000人リサーチ(※)」は、「あなたが今、一番バカヤローと言いたい相手」について調査した。今日は、少数派の意見をピックアップ!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【バカヤローと言いたい相手(少数派)】 ■得票数の少なかった項目に寄せられたコメント・対応の悪さがとんでもない(18歳、女性「店員」)・仕事をなめている(37歳、男性「部下」)・貸したお金を返してくれないから(58歳、女性「親戚」)・子どもがいじめられているから(40歳

児童虐待について

妊娠初期症状から出産・育児、不妊などのお悩み解決約70%の方が、他人事ではないと感じています。 「最低行為だけど他人事とは思えない。自分も余裕がなくなりヒステリックになる(なりそうになる)こともあるので、無意識に虐待するかもしれないと思うと怖い。無意識にためているストレスもあると思うから、自分で意識的に解消する必要があると常に思う」(33歳 東京都 まぁ26さん)など、身近な問題として感じているママの声が数多く寄せられました。育児中の方に「育児でストレスを感じた時、虐待とまではいかなくても、子ど

2016年6月16日GMOメディアフィードバック数:0社会/政治

お父さんに関する調査

10代女子のhappyを研究する「プリキャンティーンズラボ」 「お父さんに関する調査」を実施 3人に1人はお父さんを「好きでも嫌いでもない」、父の日のプレゼントを「あげる」は約4割 〜思春期の女の子の複雑な感情があらわに〜 GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)が運営する、10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ()」は、10代の女の子を対象に「お父さんに関する調査」を実施いたしました。<調査概要>■ 調査テーマ お

2015年12月23日リクルート★フィードバック数:0ライフスタイル

普段の生活で誰と話している時間が長い?

Vol.321 大学1年生に聞きました。誰と話している時間が長い? 普段、生活している中で、誰と話している時間が長いですか?(複数回答)大学1年生に、普段の生活で、誰と話している時間が長いかを尋ねたところ、一番多かった答えが「友人」で8割を超え、36.6%の「親」、2割弱の「兄弟姉妹」などを大きく引き離した。「その他」では、「ネット上の知り合い」「Twitterのフォロワー」など、対面ではなくネット上でのチャット相手などを答える人が複数いた。バイト仲間とコイバナ(恋愛話)してる時。(話す時間が長

2015年12月17日オール相続フィードバック数:0大型消費/投資

「相続」に関するアンケート調査

相続・終活の専門ポータルサイト。全国の企業を検索可能。 「相続」に関するアンケート調査、親の相続でもめると思っている人が3割!オール相続では、「もし親の相続がおこったら、トラブルになると思いますか?」というアンケートを30代~70代の100人の男女に対して実施しました。 3割の子供が、親の相続でもめると思っている!もし相続が発生したときに、もめると思った人は30%、もめないと思った人が70%という割合でした。相続発生前から、3割の人たちが何らかのトラブルが起こるだろうと考えているようです。 もめ

2014年12月4日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 運動会

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間に運動会・体育祭に参加した人は全体の1割、10代の4割弱。他の人のを見に行った人は全体の2割強、30・40代の3割。直近1年間に参加した/見に行った運動会・体育祭のうち、「10月」が5割弱、「5月」「9月」が各3割弱 参加した/見に行った運動会・体育祭のために購入したものは「飲み物」「お弁当の材料」が各4割、「お菓子」「お弁当、お惣菜」などが各1〜2割で上位 直近1年間に参加した/見に行った運動会・体育祭で写真・ビデオ撮影をした人

2014年7月22日NTTレゾナントフィードバック数:0大型消費/投資

妻が不思議だと思う「夫と家族の関係」ランキング

結婚して一緒に暮らしていても、相手のことをすべて理解するのは難しいもの。とくに家族との関係には「なぜ?」と腑に落ちないことがたくさん出てきます。そこで今回は、既婚女性に不思議だと思う“夫と家族の関係”について聞いてみました。1位は《家族の誕生日を知らない》でした。家族の誕生日に電話をしたり、プレゼントを贈ったりするのは女性ばかりではないはずですが、無頓着な男性は少なくないのかも。多くの女性にとっては家族の誕生日は知っていて当然のことのようです。つづいて2位には《兄弟姉妹の連絡先を知らない》がラン

2014年5月11日アサヒビール★フィードバック数:0ライフスタイル

母の日調査です。

母の本音、『母の日ギフト』で欲しいのは?

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト" PR&InformationsラウンドエッジRound-Edge現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。 Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

2013年12月5日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

身近に相談相手、いる?

Vol.219 先輩たちに聞きました。 身近に相談相手、いる? 身近に相談相手はいますか?大学2年生~大学院2年生に、身近に相談相手がいるかどうかを尋ねたところ、8割を超える学生が「はい」と回答し、大多数の学生に身近な相談相手がいることがわかった。属性別に見ると、男子学生よりも女子学生の方が、身近な相談相手がいる率が高い傾向が見られた。誰に相談していますか?(複数回答)次に、誰に相談しているかを尋ねたところ、約4人に3人が「友人」と回答し、「親」が約半数で続いた。次いで、「ゼミやサークルなどの先

2013年11月20日ライフメディア★フィードバック数:0ライフスタイル

年末を前にお歳暮についての調査です。

お歳暮に関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイトお歳暮に関する調査。お歳暮を贈る件数「2件」が最多。 お歳暮に関する調査。お歳暮を贈る件数「2件」が最多。2013年11月20日■テーマ:お歳暮に関する調査■有効回答:1000件■調査期間:2013年11月6日から11月10日■対象者:20歳以上の既婚男女■キーワード:お歳暮,ウインターギフト一年を締めくくる季節のご挨拶のお歳暮。 今年も20歳以上の配偶者のいる方を対象に、お歳暮に関する調査を行いました。調査サマリー■20歳以上の既婚男女に対し、今年お歳暮

第241回 2人目の出産祝いの贈り方は? 2005.11.03~2005.11.09

2人目の出産祝いのことならハッピー・ノート.com! ●分析ご兄弟や姉妹、ご親戚など、まわりの方が出産。 「さっそくお祝いを贈らなきゃ」と思いますよね。ただ2人目の出産祝いって、ちょっぴり難しくありませんか。とくに悩むのが、お互いの子どもを通じてお友だちになったママ友(パパ友)の2人目の出産祝いなのでは?1人目のときはどんな物をもらっているのかわからなかったり、「お祝いを贈るほどのおつきあいでもないし…」と思ってしまったりしますよね。そこで、今回は「2人目の出産祝いの贈り方は?」というテーマで

第452回 2人目の出産祝いの贈り方は? 2010.02.25~2010.03.03

2人目の出産祝いのことならハッピー・ノート.com! ●分析贈る側も贈られる側も、うれしい・めでたい気分にさせてくれる出産祝い。でも、2人目以降の出産祝いって、「1人目ですでに持っているものも贈っても仕方ないな」「2人目、3人目となるとお祝いの金額はどうすればいいの」とあれこれ悩んでしまいませんか?そこで今回は「2人目の出産祝い」についてリサーチ。「もうすぐあの人に2人目が産まれる」という方はぜひチェックしてくださいね。 Q1-1.これまでに初出産(1人目)の出産祝いを贈ったことはあります

2011年5月26日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

出会いのきっかけが「学校で」の妻の結婚年齢は「26.4歳」

リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。  株式会社リクルートの調査・研究組織であるブライダル総研より、「ゼクシィ結婚トレンド調査2010」(2009年4月~2010年3月に挙式または披露宴を行った「ゼクシィ」読者全国7,748人が対象)からみえてきた、結婚や結婚式、カップルの特徴や変化に関する分析をお伝えします。 卒業式シーズン到来ですね!学生時代に知り合った人と卒業をきっかけに付き合い始め、結婚に至る、そんなカ

2009年6月1日アイシェアフィードバック数:0社会/政治

家族の前だから?自分のことを「あだ名」で呼ぶ人、20代に多い傾向~「下の名前を呼び捨て」は20代よりも、30代に多い

自分の名前の呼びかたに関する意識調査 家族の前だから?自分のことを「あだ名」で呼ぶ人、20代に多い傾向~「下の名前を呼び捨て」は20代よりも、30代に多い近年、自分のことを「私」「僕」といった呼称ではなく自身の名前で指す人が増えているようだ。実際、自分自身のことを何と呼ぶ人が多いのだろうか。20代~40代のネットユーザーに調査を実施。集計回答数は626名。家族の前で自分のことを何と呼んでいるか聞いたところ、「私や僕・俺」が79.4%で、性別、年代を問わずトップ。以降は大きく差が開き、2位が5.4

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ