「先行き」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ニッセイ景況アンケート調査結果-2016年度調査

ニッセイ景況アンケート調査結果-2016年度調査 | ニッセイ基礎研究所 ニッセイ景況アンケート調査結果-2016年度調査 経済研究部 研究員 岡 圭佑保険研究部 研究員 村松 容子◆企業の景況感は3期ぶりに悪化、先行きも悪化を見込む◆従業員の健康保持・増進に対する関心は1年半前と比べて上昇。規模の小さい企業へも波及。I.景気動向1.景況感は3期ぶりに悪化、先行きも悪化を見込む2.全9地域中7地域で景況感が悪化、先行きは全9地域で悪化3.15年度は6年連続の増収増益、16年度は増収増益も伸びが

2016年8月4日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

[来月の消費予報・2016年8月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・8月](消費意欲指数) 2016年07月26日 消費意欲指数は、8月としては過去最低値で初めて50点割れ。「8月は暑いから出かけたくない」という声が大幅増加。株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。 8月の消費意欲指数は49.5点。前月比-0.1ポイントで横ばい。前年

2016年5月12日文化工房フィードバック数:0社会/政治

人事異動のインパクト大! 40代の憂鬱は幅広く、深い

今週の「1000人リサーチ(※)」は、「新年度、一番憂鬱なこと」について調査した。今日は、40代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【新年度、一番憂鬱なこと(40代編)】順位 (票数)新年度、一番憂鬱なこと1位 (50票)仕事・勉強2位 (36票)人間関係3位 (19票)環境の変化 4位 (10票)書類・申請 5位 (9票)家事新年度スタートにあたり、40代が最も憂鬱に思っていることは「仕事・勉強」。40代はいわゆる中間

2016年3月1日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:0社会/政治

ニッセイ景況アンケート調査結果-2015年度下期調査

ニッセイ景況アンケート調査結果-2015年度下期調査 | ニッセイ基礎研究所 ニッセイ景況アンケート調査結果-2015年度下期調査 岡 圭佑経済研究部 専務理事 エグゼクティブ・フェロー 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ◆景況感は小幅改善、海外経済の減速懸念などから先行きは悪化。雇用拡大意欲は根強い◆若手・中堅の人材不足が顕著。製造業では専門人

2015年11月27日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

転職理由ランキング

 メインメニュー訪問者別メニュー サブメニューサイト内検索 サイト内の現在位置 転職サービス「DODA(デューダ)」転職理由ランキングを発表 「ほかにやりたい仕事がある」1位~活況な転職市場を受け、長期的なキャリアを見据えた転職活動が増加~ 2015年11月24日 株式会社インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役兼社長執行役員:高橋広敏)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、2015年4月~2015年9月にDODAに登録した転職希望者のうち約40,000人を対象に、転

2015年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観6月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が15と前回3月調査比で3ポ

グラフで見る東海経済(2015年6月)

2015年06月24日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きが一服している。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で持ち直しが一服している。輸出は、4月の実質輸出が2ヶ月ぶりに減少したが、均してみると横ばい圏で推移している。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加するなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。有効求人倍率は高水準ながら横ばいとなっている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって横ばい圏で推移している。設備投資は、大企業にお

2015年6月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国のインフラ投資は加速するか~資金不足問題への対応が進むも、残る先行き不安~

中国のインフラ投資は加速するか~資金不足問題への対応が進むも、残る先行き不安~

日銀短観(2015年6月調査)予測

2015年06月18日○7月1日に公表される日銀短観(2015年6月調査)の業況判断DI(最近)は、大企業製造業では前回調査(15年3月調査)から1ポイント上昇し、13になると予測する。円安が企業業績に与えるインパクトが徐々に限定的なものになっていることに加え、内外需要の持ち直しも緩やかにとどまっていることから、業況感の改善は小幅にとどまるだろう。先行きについても、内外景気の持ち直しペースが高まると期待しにくい中で、大企業製造業の業況判断DI(先行き)は1ポイント上昇の14にとどまると予測する。

2015年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査(15年5月)~先行きはボーナス・賃上げが下支え

景気ウォッチャー調査(15年5月)~先行きはボーナス・賃上げが下支え | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査(15年5月)~先行きはボーナス・賃上げが下支え 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・景気の現状判断DIは小幅ながら低下・インバウンド効果、資産効果が押し上げ・先行きは賃上げ期待から改善6月8日に内閣府から公表された15年5月の景気ウォッチャ

2015年6月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日米経済(月次)予測(2015年5月)<日本:4-6 月期生産は緩やかな回復だが消費の基調は弱い><米国:2016 年大統領選動向: スキャンダルにも崩れないHillary の 支持率、失言でつまずいたBush、Rubio にチャンスか?>

日米経済(月次)予測(2015年5月)<日本:4-6 月期生産は緩やかな回復だが消費の基調は弱い><米国:2016 年大統領選動向: スキャンダルにも崩れないHillary の 支持率、失言でつまずいたBush、Rubio にチャンスか?>2015-06-01 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.48-景気は足下、先行きともに改善の方向にある [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート,

グラフで見る東海経済(2015年5月)

2015年05月27日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で持ち直しが一服している。輸出は、3月の実質輸出が2ヶ月ぶりに大きく増加した。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、有効求人倍率が高水準で横ばいとなるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業の投資は増加している

2015年5月31日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2015年5月

トップページ > ニュースライン > 業況DIは、改善続く。先行きは横ばい圏内で推移も、持ち直しに期待感(LOBO調査2015年5月結果) ニュースライン業況DIは、改善続く。先行きは横ばい圏内で推移も、持ち直しに期待感(LOBO調査2015年5月結果)2015年5月29日 14:00日本商工会議所が29日に発表した5月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、5月の全産業合計の業況DIは、▲13.5と、前月から+1.8ポイントの改善。輸出増に伴う生産の伸びや好調なインバウンドによる

今年度の消費に弾みをつける消費性向の回復

わたしの意見 ― 水野 創今年度の消費に弾みをつける消費性向の回復(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2015年5月28日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 2015年度の消費は、所得(雇用者所得:賃金×雇用者)の増加、原油価格低下・消費税引き上げの影響一巡による物価の落ち着きにより回復するはずだ。第一四半期(4〜6月)が残り1ヶ月となったが出だしの状況はどうだろう。実質GDPの消費は20日に1〜3月分が発表になったばかりだが(表1)、4月の景気ウォッチャー調査(

Kansai Economic Insight Monthly Vol.25

3月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに上昇した。結果、2014年度は前年比+6.2%と2年連続の増産であり、前年(同+1.3%)から加速した。4月の貿易は、輸出は26カ月連続で前年比増加し、単月過去最高額を更新。輸入は2カ月連続で減少。結果、貿易収支は2カ月連続の黒字。4月の消費者態度指数は5カ月ぶりに悪化。一方で、景気ウォッチャー現状判断DI、先行き判断ともに改善しており、先行きは不透明。2月の現金給与総額(関西コア)の伸びは横ばい。プラスの伸びを維持したものの、賃金上昇は一服している。3

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年4月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月消費統計弱さが目立つ内容だが先行きは明るい 2015年5月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年4月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲5.5%と減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同▲3.5%と減少しており、低調な結果であった。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業動態統計を見ると、4月の名

2015年5月28日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年5月月例経済報告

(平成27年5月)−景気は、緩やかな回復基調が続いている。−先行きについては、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、原油価格下落の影響や各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要がある。平成27年5月27日内閣府[参 考 ]先 月 か ら の 主 要 変 更 点4月月例基調判断政策態度景気は、企業部門に改善がみられるなど、緩やかな回復基調が続いている。・個人消費は、総じてみれば底堅い動きとなっている。・

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期の実質GDP成長率最終予測は前期比年率+0.6%><米国:米経済分析局(BEA)がより良い景気判断のために新たに発表する2つのTool>

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期の実質GDP成長率最終予測は前期比年率+0.6%><米国:米経済分析局(BEA)がより良い景気判断のために新たに発表する2つのTool>2015-05-18 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.48-景気は足下、先行きともに改善の方向にある [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに改善の

2015年5月22日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

「債券マーケット・ビュー」(2015年4月)

時の動きM O V E3M E N T債券マーケット・ビュー(2017年3月)大和証券 金融市場調査部 景気の明るさが増しつつある。昨年後半以降、世界的な上げ率の伸び悩みが、インフレ率加速の逆風となりかねな生産サイクルが明確に上向き、輸出も持ち直してきた影響いことを考慮しているためか、2%の目標実現に向けたモが大きい(図表)。ただ、先行きについては、米トランプメンタムの変化を慎重に見極める姿勢を崩していない。日政権の政策運営、米金融政策の本格的な正常化局面におけ銀自身が物価や予想インフレ率の先行

消費者心理調査「改善も力強さの乏しい消費者心理」

リサーチ総研CSI 消費者心理調査No.219(2015年4月実施)平成27年5月18日(月)14:00 更新【次回6月調査(No.220)結果は7月中旬発表の予定】改善も力強さの乏しい消費者心理― 失業不安は回復に向かい、収入見通しの後退も歯止め ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(4月調査)によれば、  物価上昇見通しに再び強まりが見られるも、先行き景況感の改善が進み、失業不安の回復は持続、収入見通しの後退の動きも歯止めがかかった。消費者心理はひとまず改善が示されるも、本格

日米経済(週次)予測(2015年5月11日)<日本:日銀4月展望レポートのダウンサイドリスク><米国:支出サイドからの実質GDPが大きく下方修正されたが、現状の景気は堅調と判断できる>

日米経済(週次)予測(2015年5月11日)<日本:日銀4月展望レポートのダウンサイドリスク><米国:支出サイドからの実質GDPが大きく下方修正されたが、現状の景気は堅調と判断できる>2015-05-11 関連論文第110回景気分析と予測<7-9月期純輸出の上振れを反映し成長率予測を上方修正> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測 7-9月期純輸出の上振れを反映し成長率予測を上方修正 1.GDP1次速報

日米経済(週次)予測(2015年5月4日)<日本経済:1-3月期は国内需要の小幅拡大を純輸出の小幅縮小が相殺><米国経済:所得サイドから経済成長率(1-3月期)を見れば、米国経済は少しも悪くない>

日米経済(週次)予測(2015年5月4日)<日本経済:1-3月期は国内需要の小幅拡大を純輸出の小幅縮小が相殺><米国経済:所得サイドから経済成長率(1-3月期)を見れば、米国経済は少しも悪くない>2015-05-04 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.48-景気は足下、先行きともに改善の方向にある [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに改善の方

2015年5月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2015年4月、全文)

公表時間5 月 1 日(金)14 時 00 分2015年5月1日日経済・物価情勢の展望(2015年4月)本銀行本 稿 の 内 容 に つ い て 、商 用 目 的 で 転 載 ・ 複 製 を 行 う 場 合( 引 用 は含 ま れ ま せ ん )は 、予 め 日 本 銀 行 政 策 委 員 会 室 ま で ご 相 談 く だ さ い 。引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。【基本的見解】1<概要>2017 年度までの日本経済を展望すると、2015 年度から 2016 年度にかけ

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

夏場以降は緩やかな景気回復が見込まれる中国経済~金融緩和や公共投資による景気の押し上げ~

情勢判断海外経済金融夏 場 以 降 は緩 やかな景 気 回 復 が見 込 まれる中 国 経 済∼金 融 緩 和 や公 共 投 資 による景 気 の押 し上 げ∼王 雷軒要旨2015 年 1∼3 月期の中国の実質 GDP は前年比 7.0%と、6 年ぶりの低成長となったものの、政府の 15 年成長目標である「7%前後」の範囲には入っている。先行きについては、金融緩和を通じて不動産やインフラ向けの投資を増やそうとする姿勢が鮮明となっているため、夏場以降は成長率が持ち直してくるものと思われる。投資鈍化

2015年5月1日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2015年4月結果

トップページ > ニュースライン > 業況DIは、前年の反動から大幅改善。先行きは鈍さ残るも持ち直しを見込む(LOBO調査2015年4月結果) ニュースライン業況DIは、前年の反動から大幅改善。先行きは鈍さ残るも持ち直しを見込む(LOBO調査2015年4月結果)2015年4月30日 14:00日本商工会議所が30日に発表した4月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、4月の全産業合計の業況DIは、▲15.3と、前月から+9.4ポイントの大幅改善。ただし、比較対象の前年同月は、駆け込

2015年4月30日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産指数(2015年3月) ~事前予想を大幅に上回るも、先行きには懸念~

鉱工業生産指数(2015年3月) ~事前予想を大幅に上回るも、先行きには懸念~

グラフで見る東海経済(2015年4月)

2015年04月22日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で一服している。輸出は、2月の実質輸出が3ヶ月ぶりに大きく減少した。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、有効求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業は

2015年4月20日内閣府フィードバック数:0社会/政治

2015年4月月例経済報告

           (平成27年4月)    −景気は、企業部門に改善がみられるなど、緩やかな回復基 調が続いている。−         先行きについては、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、原油価格下落の 影響や各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただ し、海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要が ある。        平成27年4月20日  内    閣    府  [参 考 ]先  月 か ら の 主 要 変 更 点   3月月例 

日米経済(週次)予測(2015年4月13日)<日本:家計と企業の景況感にねじれ、1-3 月期の景気回復は緩やかにとどまる><米国:1-3月期の景気のスローダウンはソフトパッチの可能性が高い>

日米経済(週次)予測(2015年4月13日)<日本:家計と企業の景況感にねじれ、1-3 月期の景気回復は緩やかにとどまる><米国:1-3月期の景気のスローダウンはソフトパッチの可能性が高い>2015-04-13 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.48-景気は足下、先行きともに改善の方向にある [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに改善の方向にあ

2015年4月12日日本銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

九州の製造業についてのレポートです。

九州における生産・輸出動向と先行きの展望(福岡支店)

九州における生産・輸出動向と先行きの展望(福岡支店)

DOR111号(2015年1~3月期景況調査)速報

4期連続マイナスで景気停滞、二極化さらに鮮明にDOR111号(2015年1〜3月期景況調査)速報企業規模間・地域間での二極化鮮明 足下の業況を示す業況水準DI(「良い」−「悪い」割合)は△1→△6と悪化、直近の実績を示す採算水準DI(「黒字」−「赤字」割合)も37→30と後退した。次期以降は改善が見込まれているが、今期に正規従業員数や所定労働時間、また設備投資実施割合で減少が見られるなど先行きが好転するための材料に乏しい。個人消費を中心に内需がさえず、円安によるコスト高も解消されないなか、先行き

2015年4月6日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2015年2月) ~2014年は所定内給与の低迷が示されるも、先行きは改善基調を予想~

毎月勤労統計(2015年2月) ~2014年は所定内給与の低迷が示されるも、先行きは改善基調を予想~

2015年4月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

南アフリカ 景気も為替の行方も曇り模様 ~スト頻発、改革遅滞で先行きを見通しにくい状況~

南アフリカ 景気も為替の行方も曇り模様 ~スト頻発、改革遅滞で先行きを見通しにくい状況~

2015年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2015年3月調査)~大企業製造業の景況感は横ばいの12、先行きは悪化

日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は横ばいの12、先行きは悪化 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は横ばいの12、先行きは悪化 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観3月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が12と前回調査比で横ばいとなり、景況感の回復の遅れが示

2015年4月1日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2015年3月

トップページ > ニュースライン > 業況DIは、前年の反動から足元では一服も、持ち直しに向けた動きが続く(LOBO調査2015年3月結果) ニュースライン業況DIは、前年の反動から足元では一服も、持ち直しに向けた動きが続く(LOBO調査2015年3月結果)2015年3月31日 14:00日本商工会議所が31日に発表した3月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、3月の全産業合計の業況DIは、▲24.7と、前月から▲3.0ポイントの悪化。ただし、比較対象の前年同月は、駆け込み需要を

2015年3月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国民間PMI、再び50割れに転じる(Asia Weekly (3/23~3/27)) ~内需の弱さが先行きの生産の足かせとなる懸念~

中国民間PMI、再び50割れに転じる(Asia Weekly (3/23~3/27)) ~内需の弱さが先行きの生産の足かせとなる懸念~

グラフで見る東海経済(2015年3月)

2015年03月26日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、在庫が高まるなど懸念材料もあるが、緩やかに持ち直している。輸出は、1月の実質輸出が2ヶ月連続で増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数の弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業

2015年3月28日日本総研★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドについてのレポートです。

わが国のインバウンド需要の先行きと課題-需要拡大が見込まれる一方、継続的な政策面の後押しが不可欠

わが国のインバウンド需要の先行きと課題-需要拡大が見込まれる一方、継続的な政策面の後押しが不可欠

2015年3月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 CPIコアは安定も利上げ前倒しには不十分(15年2月消費者物価) ~先行きは川上からの低下圧力を受け、CPIコアは低い伸びが続く可能性~

米国 CPIコアは安定も利上げ前倒しには不十分(15年2月消費者物価) ~先行きは川上からの低下圧力を受け、CPIコアは低い伸びが続く可能性~

Kansai Economic Insight Monthly Vol.23

<要 旨>1月の鉱工業生産指数は前月比+5.8%と2カ月連続の上昇。生産の基調は緩やかな回復である。2月関西の貿易は、輸出は24カ月連続で前年比増加、輸入は2カ月ぶりに同増加。結果、貿易収支は2カ月連続の赤字となり、赤字幅は同870億円悪化した。2月の消費者態度指数は3カ月連続の前月比改善。同月の景気ウォッチャー現状判断DIも3カ月連続の改善。春節もあり訪日外国人消費が改善に寄与。消費者心理に改善の動きがみられる。11月(関西2府4県)、12月(関西コア)の現金給与総額の伸びは前月から加速。賃金

日銀短観(2015年3月調査)予測

2015年03月19日○4月1日に公表される日銀短観(2015年3月調査)の業況判断DI(最近)は、大企業製造業では前回調査(14年12月調査)から2ポイント上昇し、14になると予測する。「自動車」など円安の恩恵を受けやすい業種を中心に業況感の改善が見込まれる。一方、「紙・パルプ」など円安によってコスト上昇に直面する業種のほか、原油価格の下落で業績が悪化している「石油・石炭」などでは業況感が悪化すると考えられる。もっとも、製造業全体で見ると、円安と原油安は業績にプラスに働き、業況感は緩やかに改善

2015年3月17日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

食品産業景況感は売上伸びず足踏み状態~先行き27年上半期は改善見通し~<日本公庫・平成26年下半期食品産業動向調査>

食品産業景況感は売上伸びず足踏み状態~先行き27年上半期は改善見通し~<日本公庫・平成26年下半期食品産業動向調査>

2015年3月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国貿易統計、予想外の動きをどうみるか ~政策スタンスが影響した可能性も、先行きには多くの不透明要因~

中国貿易統計、予想外の動きをどうみるか ~政策スタンスが影響した可能性も、先行きには多くの不透明要因~

2015年3月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年2月)<1-3月期の民間企業設備、拡大幅広がる>

日本経済(月次)予測(2015年2月)<1-3月期の民間企業設備、拡大幅広がる>2015-03-02 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.48-景気は足下、先行きともに改善の方向にある [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに改善の方向にある- ・2月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりの前月比上昇。結果、1-2月平均は10-12月平均比+2.3%増加して

2015年3月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 CPIコアは現在のインフレ環境の安定を示す(15年1月消費者物価) ~先行きは川上からの低下圧力を受け、伸びが鈍化する可能性~

米国 CPIコアは現在のインフレ環境の安定を示す(15年1月消費者物価) ~先行きは川上からの低下圧力を受け、伸びが鈍化する可能性~

2015年3月1日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2015年2月結果

トップページ > ニュースライン > 業況DIは、2カ月連続改善。先行きも持ち直し見込むも、慎重な見方が残る(LOBO調査2015年2月結果) ニュースライン業況DIは、2カ月連続改善。先行きも持ち直し見込むも、慎重な見方が残る(LOBO調査2015年2月結果)2015年2月27日 14:00日本商工会議所が27日に発表した2月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、2月の全産業合計の業況DIは、▲21.7と、前月から+4.2ポイントの改善。原油安の恩恵が幅広い業種に広がる中、米国

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

Kansai Economic Insight Quarterly No.25 <緩やかな回復基調にある関西 さらなる力強い成長には好循環の持続が不可欠>

Kansai Economic Insight Quarterly No.25 <緩やかな回復基調にある関西 さらなる力強い成長には好循環の持続が不可欠>2015-02-27 <要旨>1. 2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%で、3四半期ぶりのプラス成長となった。成長率の内訳は、内需が+1.4%ポイント、純輸出が+0.9%ポイントであった。内需の増加に寄与したのは民間最終消費支出と民間在庫品増加で、これら以外の内需項目は成長に対する貢献がほとんどなく、自律的な力強い

グラフで見る東海経済(2015年2月)

2015年02月26日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、在庫が高まるなど懸念材料もあるが、緩やかに持ち直している。実質輸出は、1月に3ヶ月ぶりに前月比増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数の弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、増加が一服している。住宅着工、公

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

関西経済月次分析(2015年1月-2月)

<要旨>12月の鉱工業生産指数は前月比+0.3%と2カ月ぶりの上昇。結果、10-12月期は前期比+0.1%と2期ぶりに小幅増産となった。1月関西の貿易は、輸出は23カ月連続で増加、輸入は2カ月ぶりに減少。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から-83.6%縮小した。1月の景気ウォッチャー現状判断DIは小幅ながら2カ月連続の改善。訪日外国人の消費の拡大が改善に寄与。先行き判断DIは原油安や賃上げ期待もあり2カ月連続の大幅改善。消費者心理に下げ止まりの動きがみられる。10、11月の現金

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2015年2月23日)<輸出の持ち直し、1-3月期の日本経済を支える>

日本経済(週次)予測(2015年2月23日)<輸出の持ち直し、1-3月期の日本経済を支える>2015-02-23 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.48-景気は足下、先行きともに改善の方向にある [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに改善の方向にある- ・2月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりの前月比上昇。結果、1-2月平均は10-12月平均比+2.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ