調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 先行き上昇

「先行き上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安への評価などに揺れた年初の金融資本市場~長期金利は一時0.2%割れとなるなど、低下圧力は強い~

情勢判断国内経済金融原 油 安 への評 価 などに揺 れた年 初 の金 融 資 本 市 場∼長 期 金 利 は一 時 0.2%割 れとなるなど、低 下 圧 力 は強 い∼南 武志要旨国内景気は一部に消費税増税後の需要反動減からの持ち直しもみられるものの、総じて低調である。2015 年度に入れば、増税による悪影響の一巡や賃上げ実施、さらには原油安による購買力改善などにより、景気回復傾向が明確になるとみるが、原油安に伴う資源国経済や金融資本市場の動向には注意が必要である。さて、原油など資源価格の大幅

消費者心理調査(CSI)2014年10月調査

リサーチ総研CSI 消費者心理調査No.216(2014年10月実施)平成26年11月13日(木)14:00 更新【次回12月調査(No.217)結果は平成27年1月中旬発表の予定】後退懸念を強める消費者心理― 物価上昇見通しが1年ぶりに8割に達する ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(10月調査)によれば、  景況感は大幅に悪化し、物価上昇見通しも1年ぶりの高水準に高まる一方、雇用・所得の見通しに悪化の兆しもうかがわれる。これらを背景に、消費者の暮らし向きには先行き不透明感が

消費者心理調査(CSI)2013年2月調査結果概要

消費者心理調査 206(2013年2月実施)平成25年3月12日(火)14:00 更新【次回調査(��207)結果(概要)は平成25年5月中旬発表の予定】景況感の急上昇により大きく改善した消費者心理― 雇用・収入見通しにも回復の兆し ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(2月調査)によれば、 景気見通し指数が12月から急上昇して史上最高となり、景況感は大幅に改善した。雇用、収入見通しも12月から改善しており、先行き回復期待の高まりもうかがわれる。また物価は、およそ3人に2人が先行

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気動向指数(2013年1月)の予測 ~基調判断は「下げ止まり」に上方修正される公算大

Economic Indicatorsテーマ:景気動向指数(2013年1月)の予測~基調判断は「下げ止まり」に上方修正される公算大~定例経済指標レポート発表日:2013年3月1日(金)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 主席エコノミスト 新家 義貴 TEL:03-5221-4528内閣府から3月7日に公表される 2013 年1月の景気動向指数では、CI一致指数は前月差+0.2 ポイント と2ヶ月連続の上昇が予想される。プラス幅は小さいが、12 月の大幅上昇の後にしては悪くない結果だろう。 採用

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ