調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 先行き判断

「先行き判断」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月28日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

雇用の現状(季刊版)2015年春号

リクルートワークス研究所〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 株式会社リクルートホールディングス2 0 1 5 . 5 . 2 6「雇用の現状」-季刊版 2015年春号-≪トピックス≫2015年1-3月期における完全失業者は、前年同時期より11万人減少し228万人になった。完全失業者のうち、非自 発的な離職は8万人減少の68万人、自発的な離職は1万人増加の90万人である。完全失業率は3.5%と同年2014 年10-12月期より0.2ポイント上昇している

景気ウォッチャー調査(東海地区:2015年3月)

2015年04月08日○4月8日に内閣府が公表した「景気ウォッチャー調査」によると、東海地区の3月の現状判断DI(3ヶ月前と比較しての景気の現状に対する判断:各分野計)は、前月差0.4ポイント上昇の51.0となった。4ヶ月連続で上昇しており、横ばいを示す50を2ヶ月連続で上回った。家計動向関連(小売、飲食、サービス、住宅関連)DIは、3月は、前月差0.8ポイント上昇の48.0となり、4ヶ月連続で上昇した。一方、企業動向関連と雇用関連からなるDIは、3月は、前月と同水準の56.7となり、横ばいを示

2014年12月12日三菱総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本:マインド関連指標(2014年11月)

日本:マインド関連指標(2014年11月)景気ウォッチャー調査70MRI Daily Economic PointsDecember 11, 2014評価ポイント(DI)景気ウォッチャー調査 2~3ヶ月先家計動向 企業動向 雇用 現状判断DI6560 5511月の景気の現状判断DI(3ヵ月前からの景気認識の変化)は、41.5と2ヵ月連 続で低下し、12年11月以来の低水準となった。 内訳をみると、家計動向、企業動向、雇用のいずれのDIも悪化した。家計動向 は、小売や住宅関連の悪化が響き▲2.8

2014年7月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月日銀短観から読み解く企業の資金繰り引き続き堅調な企業金融関連DI 2014年7月2日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年6月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIは前回調査から2%pt高い10%pt、金融機関の貸出態度判断DIは前回調査と同じ15%ptとなった。業種や企業規模にかかわらず、全般的

2014年4月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査(2014年3月) ~先行き判断DIは反動減警戒で悪化が続く~

景気ウォッチャー調査(2014年3月) ~先行き判断DIは反動減警戒で悪化が続く~

2014年4月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 3月日銀短観から読み解く企業の資金繰り企業金融関連DIは堅調だが、先行きに不透明感 ◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2014年3月調査結果が発表された。企業金融関連では、資金繰り判断DIが前回調査と同じ8%pt、金融機関の貸出態度判断DIは前回調査から2%ptプラスの15%ptとなった。業種や企業規模にかかわらず、全般的に改善がみられる。業況判断の改善に伴い、企業の資金繰りも安定してい

2014年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査(2014年2月) ~先行き判断DI、急低下~

景気ウォッチャー調査(2014年2月) ~先行き判断DI、急低下~

景気ウォッチャー調査14年2月~消費税増税懸念から先行き判断DIは大幅な低下

景気ウォッチャー調査14年2月~消費税増税懸念から先行き判断DIは大幅な低下 | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査14年2月~消費税増税懸念から先行き判断DIは大幅な低下 押久保 直也・現状判断DIは2ヶ月連続の低下・先行き判断DIは3ヶ月連続の低下3月10日に内閣府から発表された2014年2月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状判断DIは53.0となり、前月を1.7ポイント下回り2ヶ月連続で低下した。また、7月調査から参考系列として公表されている季節調整値の現状判断DIは53.

景気ウォッチャー調査14年1月~先行き判断DIは14ヶ月ぶりに50を下回る

景気ウォッチャー調査14年1月~先行き判断DIは14ヶ月ぶりに50を下回る | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査14年1月~先行き判断DIは14ヶ月ぶりに50を下回る 押久保 直也・現状判断DIは3ヶ月ぶりに低下・先行き判断DIは2ヶ月連続の低下2月10日に内閣府から発表された2014年1月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状判断DIは54.7となり、前月を1.0ポイント下回り3ヶ月ぶりに低下した。一方、7月調査から参考系列として公表されている季節調整値の現状判断DIは57.4と

2013年12月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 先行き判断DIの低下はご参考までに

Global Market Outlook 先行き判断DIの低下はご参考までに

景気ウォッチャー調査13年10月 ~現状判断DIは2ヶ月ぶりに低下するも引き続き高水準を維持

景気ウォッチャー調査13年10月 ~現状判断DIは2ヶ月ぶりに低下するも引き続き高水準を維持 | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年10月 ~現状判断DIは2ヶ月ぶりに低下するも引き続き高水準を維持 押久保 直也・現状判断DIは2ヶ月ぶりの低下・先行き判断DIは2ヶ月連続の上昇11月11日に内閣府から発表された2013年10月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状判断DIは51.8となり、前月を1.0ポイント下回り2ヶ月ぶりに低下した。一方、7月調査から参考系列として公表されて

2013年10月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査(2013年9月) ~現状・先行き判断DIともに改善

景気ウォッチャー調査(2013年9月) ~現状・先行き判断DIともに改善

2013年8月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

景気ウォッチャー調査13年7月 ~現状判断DIは低下基調が続くも高水準

景気ウォッチャー調査13年7月 ~現状判断DIは低下基調が続くも高水準 | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年7月 ~現状判断DIは低下基調が続くも高水準 押久保 直也・現状判断DIは4ヶ月連続の低下・先行き判断DIは前月から横ばい8月8日に内閣府から発表された2013年7月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状に対する判断DIは52.3となり、前月を0.7ポイント下回り4ヶ月連続の低下となったものの、水準自体は50を6ヶ月連続で上回っており、引き続き高かった。項目別に見てみる

景気ウォッチャー調査13年4月~先行き判断DIは過去最高水準に

景気ウォッチャー調査13年4月~先行き判断DIは過去最高水準に | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年4月~先行き判断DIは過去最高水準に 押久保 直也・現状判断DIは6ヶ月ぶりに低下・先行き判断DIは2ヶ月ぶりの上昇5月10日に内閣府から発表された2013年4月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状に対する判断DIは56.5となり、前月を0.8ポイント下回り6ヶ月ぶりの低下となったものの、水準自体は引き続き高かった。これは(1)「4月に入っても、依然として気温が上がらず、春物

2013年4月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治

景気ウォッチャー調査13年3月~現状判断DIは過去最高水準に並ぶ

景気ウォッチャー調査13年3月~現状判断DIは過去最高水準に並ぶ | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年3月~現状判断DIは過去最高水準に並ぶ 押久保 直也・現状判断DIは5ヶ月連続の上昇・先行き判断DIは5ヶ月ぶりの低下4月8日に内閣府から発表された2013年3月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状に対する判断DIは57.3となり、前月を4.1ポイント上回り5ヶ月連続の上昇となった。これは(1)「円安、株価上昇等に伴い消費者マインドが大幅に改善していることを受け、衣類から高

景気ウォッチャー調査13年2月~現状判断DIは10ヶ月ぶりに50を上回る高水準に

景気ウォッチャー調査13年2月~現状判断DIは10ヶ月ぶりに50を上回る高水準に | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年2月~現状判断DIは10ヶ月ぶりに50を上回る高水準に 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現状判断DIは4ヶ月連続の上昇・先行き判断DIは4ヶ月連続の上3月8日に内閣府から発表された2013年2月の景気ウォッチャー調査

景気ウォッチャー調査13年1月~先行き判断DIは7年ぶりの高水準に

景気ウォッチャー調査13年1月~先行き判断DIは7年ぶりの高水準に | ニッセイ基礎研究所 景気ウォッチャー調査13年1月~先行き判断DIは7年ぶりの高水準に 押久保 直也・現状判断DIは3ヶ月連続の上昇・先行き判断DIは3ヶ月連続の上昇2月8日に内閣府から発表された2013年1月の景気ウォッチャー調査によると、景気の現状に対する判断DIは49.5となり、前月を3.7ポイント上回り3ヶ月連続の上昇となった。これは(1)「エコカー補助金制度終了に伴い落ち込んでいた自動車販売が持ち直してきたこと」

2012年6月12日内閣府フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

景気ウォッチャー調査にみられた今夏の電力不足への懸念

今週の指標 No.1034 景気ウォッチャー調査にみられた今夏の電力不足への懸念ポイント2012年6月11日 昨年の東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所事故に端を発した電力問題について、今夏も多くの地域で電力不足が懸念されている。そこで、今回「景気ウォッチャー調査」を利用し、2~3か月先の景気の先行きに対する判断(先行き判断)について回答されたものの中から、電力不足等に関するコメントについて集計を行った。 先行き判断における『電力不足』または『節電』に関するコメント(以下、電力関連コメ

2011年9月9日内閣府フィードバック数:3社会/政治

家計・企業ともに景況感の持ち直しのテンポが緩やかに

今週の指標 No.1009 家計・企業ともに景況感の持ち直しのテンポが緩やかにポイント2011年9月8日3月の東日本大震災の発生以降、家計や企業の景況感は徐々に持ち直してきたが、ここに来てその動きが緩やかになっている。景気ウォッチャーの景況感をみると、前月(7月調査)は現状判断DIが3.0ポイント上昇して52.6と、2006年4月(54.6)以来の高い水準にまで達していたが、前月の先行き判断DIは0.5ポイント下落して48.5ポイントとなっていた。そうした動きを裏付けるように、今月は、現状判断D

2011年8月9日内閣府フィードバック数:3社会/政治

先行きが注目される小売関連の動向

今週の指標 No.1003 先行きが注目される小売関連の動向ポイント2011年8月8日国内景気動向をみると、3月の東日本大震災の影響から徐々に経済活動が立ち直りつつあり、景気ウォッチャーの景況感も、先月(6月調査)では現状判断DIが49.6となり、震災前(2月)の48.4を上回った。今月(7月)も52.6とさらに上昇し、2006年4月(54.6)以来の高い水準となっている(図1)。しかしながら、今月の先行き判断DIは48.5ポイントと、前月よりむしろ0.5ポイントの低下となっている。この結果、先

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ