「先進国」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

グローバルICTインディケーターによる情報通信技術の世界的な普及の分析

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2016年5月26日ICT普及、100年以上かかった先進国の水準に遅れていたアフリカでも15年で到達 -グローバルICTインディケーターによる情報通信技術の世界的な普及の分析-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:眞藤 務)は、情報通信(以下、ICT)技術の世界的な普及と変遷を分析するために、篠﨑彰彦・九州大学教授監修のもと、グローバルICTインディケーターを作

2015年6月7日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

世界経済と金融市場:今後の見通しと政策課題

BBL議事録 (2015年5月21日) 世界経済と金融市場:今後の見通しと政策課題 木下 祐子 (RIETIコンサルティングフェロー/国際通貨基金(IMF)アジア太平洋地域事務所(OAP)次長) 井上 誠一郎 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省経済産業政策局調査課長) ※講師のご意向により、掲載されている内容の引用・転載を禁じます 世界経済見通し―短期的・長期的要因2015年4月に発表されたIMF「世界経済見通し(WEO)」において、新興国・途上国の実質GDP成長率が先進国よりも

2015年5月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

1-3月期ユーロ圏GDP速報値 ~先進国で最も高成長の栄冠はユーロ圏に~

1-3月期ユーロ圏GDP速報値 ~先進国で最も高成長の栄冠はユーロ圏に~

2015年5月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球温暖化問題等対策調査報告書(地球温暖化問題を巡る国際動向調査(気候変動枠組条約(UNFCCC)))調査報告書

平成 26 年度成果報告書平成26年度地球温暖化問題等対策調査(地球温暖化問題を巡る国際動向調査(気候変動枠組条約(UNFCCC)))調査報告書平成 27 年 3 月一般財団法人電力中央研究所1目次第 1 章 UNFCCC関連会合への参加 .............................................................................................31-1.ダーバンプラットフォーム作業部会(ADP2-5)への参加 ...

2015年4月9日経済産業研究所★フィードバック数:0マーケティング海外

中国のネット産業についてのレポートです。

中国の成長エンジンとなったインターネット産業

中国経済新論:実事求是 中国の成長エンジンとなったインターネット産業インターネットを中心とする情報通信技術は、新しい産業革命の波を起こしている。その影響は、情報通信産業にとどまらず、他の産業にも及んでいる。インターネットは、米国をはじめとする先進国で開発されたものだが、その技術進歩のスピードに比例して利用コストが急速に低下していることから、途上国にとって、先進国を追い上げるための有力な手段となっている。中国は、労働力不足を背景に労働集約型製品の国際競争力が落ち込んでおり、成長率も低下している中で

2015年3月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

巨額の米国外企業等のドル建て負債

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 巨額の米国外企業等のドル建て負債返済等の規模が最も大きいのは先進国で2015年、新興国等で2017年 ◆米ドルの上昇や年内に実施されると見込まれる米国の利上げを背景として、米国以外の企業や政府(企業等)の米ドル建て負債残高が注目されている。◆米国以外の企業等(銀行を除く)による米ドル建ての負債での資金調達額(シンジケートローンの借入額と債券発行額の合計)は、英国、カナダ、ドイツの企業等が大きな割合を占

2015年1月8日EY Japan★フィードバック数:0社会/政治

世界経済についてのレポートです。

10分でわかる経済の本質(特別編) 2014年の回顧と15年の展望(世界経済編)

10分でわかる経済の本質(特別編)2014年の回顧と15年の展望(世界経済編)~15年もディスインフレ傾向は根強いが、先進・新興国では小幅の成長加速2014年の世界経済の特徴は、①年後半の米ドル高・原油安と、②主要国でのディスインフレ傾向の強まりの2点であった。米ドル高は米国と日欧の金融政策の方向性の違いを、また、原油安は需給緩和見通しや米ドル高を、それぞれ反映したものだ。原油安は、欧米による経済制裁を受けるロシアの景気下押しに繋がり、通貨ルーブルの急落につながった。さらに、主要国では、原油安や

子供の貧困、ニート、生活意識についての国際比較です。

イノチェンティレポートカード12 不況の中の子供:経済危機の子供への影響 日本解説版

国連ユニセフ・イノチェンティ研究所レポートカードシリーズ(先進国の子どもの状況に関する国際比較報告書)に関する共同研究 ”報告書を平成26年10月28日に公表いたしました”国連ユニセフの研究機関であるイノチェンティ研究所では、2000年より先進国の子どもの状況に関する国際比較報告書(レポートカードシリーズ)を刊行しています。当研究所の阿部彩がシリーズ10より日本のデータに関して協力を行ってきました。この度、『レポートカード12』がイノチェンティ研究所より刊行されました。本報告書は、リーマン・シ

2014年10月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

先進国、新興国向けともに国際与信は増加

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 先進国、新興国向けともに国際与信は増加BIS報告銀行による国際与信残高統計 ◆2014年6月末の国際与信残高は26兆3,991億ドルと前期差+2,471億ドル(前期比+0.9%)で2四半期連続の増加となった。◆与信側(銀行側)から見ると、前期と比べて欧州の銀行、邦銀は与信残高を増加させた。欧州の銀行、米銀の現時点の貸出基準は、歴史的に見て緩和された状態にある。◆与信受入側では先進国、新興国向けともに与

2014年9月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

台湾、外需を中心に底堅い動きが続く(Asia Weekly (9/22~9/26)) ~NZの輸出は先進国向けを中心に底堅い動き~

台湾、外需を中心に底堅い動きが続く(Asia Weekly (9/22~9/26)) ~NZの輸出は先進国向けを中心に底堅い動き~

2014年9月15日一橋大学フィードバック数:0キャリアとスキル

先進国における外国人家事労働者の増加要因の国際比較分析

先進国における外国人家事労働者の増加要因の国際比較分析

2014年8月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年8月) ~先進国主導の景気拡大は追い風だが、リスクを抱えたまま離陸の模様~

アジア(中国・インド・NIES・ASEAN5)経済見通し(2014年8月) ~先進国主導の景気拡大は追い風だが、リスクを抱えたまま離陸の模様~

2014年8月13日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

なぜ、原油は“事件”に反応しにくいのか ~先進国は「低体温」になって需要が弱い~

なぜ、原油は“事件”に反応しにくいのか ~先進国は「低体温」になって需要が弱い~

2014年7月16日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

今後50年の世界経済展望

今後50年の世界経済展望玉木 林太郎 (経済協力開発機構(OECD)事務次長(兼)チーフエコノミスト) 藤井 敏彦 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省通商政策局通商政策課長) OECDは、現在世界共通となっている経済・社会問題が継続された場合の今後50年の世界経済展望を発表します。今後の各国の成長戦略や持続可能な環境政策にいかなる影響を与え得るか。世界貿易は今後いかなる変革を遂げるのか。グローバル化の進行が我々の経済に対する考えを変えることとなるのか。少子高齢化の中では知識ベースの

2014年6月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ、政治混乱の「爪痕」は輸出にも(Asia Weekly (6/23~6/27)) ~韓国では中国景気の不透明感やウォン高が生産の足かせに~

1/5ASIA Indicators~韓国では中国景気の不透明感やウォン高が生産の足かせに~定例経済指標レポートタイ、政治混乱の「爪痕」は輸出にも(Asia Weekly (6/23~6/27))発表日 : 2014 年 6 月 27 日(金) 第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) ○経済指標の振り返り 発表日 指標、イベントなど 結果 3.99% +5.19% +2.58% 50.8 +2.7% +3.7% ▲2.5% +4.9% +3.7%

アジア新興国・地域の経済見通し-先進国向け輸出を牽引役に緩やかに回復

アジア新興国・地域の経済見通し-先進国向け輸出を牽引役に緩やかに回復 | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し-先進国向け輸出を牽引役に緩やかに回復 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域では景気回復が続いているものの、そのペースは依然として緩やかで、底離れできない状況が続いている。先行きについては、先進国

【マレーシアGDP】1-3月期は前年同期比+6.2%

【マレーシアGDP】1-3月期は前年同期比+6.2% | ニッセイ基礎研究所 【マレーシアGDP】1-3月期は前年同期比+6.2% 経済研究部 研究員 斉藤 誠マレーシア統計庁(DOSM)は5月16 日に2014 年1-3月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で6.2%の増加となり、前期(同:+ 5.1%)および市場予想(Bloomberg)の同+5.7%を上回る高成長となった。一方、前期比(季節調整済)で見ると+0.8%増と前期(同+1.9%)から減速し

戻り基調の新興国債券

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月23日新興国債券は、2013年9月頃から戻り基調となっており、足元では昨年の高値水準に近づきつつあります。昨年5月以降、米国の量的緩和縮小懸念の高まりから、米国金利が急上昇するとともに、新興国債券市場から資金が流出しました。これに伴ない、信用リスクを示すとされるスプレッド(新興国債券利回り-米国債利回り)も拡大するなど、新興国リスクが強く意識されたことで、新興国債券は大きく下落しました。しかしながら、その後、資金流出に見舞われ

IMFの世界経済見通し~力強さを増す先進国が世界経済を牽引

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期)2014年4月9日IMFの世界経済見通し~力強さを増す先進国が世界経済を牽引 IMF(国際通貨基金)は4月8日に最新の世界経済見通しを発表し、2014年の世界の成長率予測を3.6%、2015年の予測を3.9%と前回1月時点の予測からそれぞれ0.1ポイント引き下げました。先進国の生産活動は上向くものの、新興国では一部の国で金融情勢の逼迫化から成長が鈍化する可能性があるほか、ウクライナ情勢の緊迫化が成長の重石となることを理由としています。先進国

2014年4月9日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

中所得国の罠

リサーチ・メモ中所得国の罠2014 年 4 月 3 日■ 中所得国の罠とは東アジア諸国は今後の世界の経済成長の中心をなす地域であり、「アジアの世紀」とも呼ばれる中心的な存在として次第にプレゼンスを高め、各方面からさまざまな期待が寄せられているが、最近、「中所得国の罠」というテーマがしばしば話題になるので、これについて簡単に紹介する。「中所得国の罠」とは、世界銀行が 2007 年の「東アジアのルネサンス」という報告書の中で警鐘を鳴らしたことが嚆矢となって話題にされている経済発展に関する命題であり、

2014年4月3日大和総研★フィードバック数:0マーケティング海外

中国のEC市場です。

急成長する中国のネット通販市場について

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国では、インターネットの普及によりネット通販市場が急拡大している。中国電子商務研究センター(100EC.CN、以下「100EC」と略称)の統計によると、2013年のネット通販市場の取引規模は1兆8,851億元(30.1兆円)に達し、 2012年に比べ42.8%増加した。EC経由による消費拡大を示す重要な指標である「社会消費品小売総額に対するネット通販取引額の割合」を見ると、2013年の割合が8%を超

他の先進国に先駆けた利上げにより注目集まるニュージーランド

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年3月13日他の先進国に先駆けた利上げにより注目集まるニュージーランド ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は13日、政策金利を0.25ポイント引き上げることを金融政策決定会合で決定しました。2011年3月に過去最低水準となる2.50%に引き下げて以来、据え置かれていた政策金利は2.75%となりました。なお、利上げは、2010年7月以来、約3年8ヵ月ぶりです。政策金利が歴史的低水準に維持される中、堅調な国内景気の拡大を背景として、

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

1月のアジア輸出は春節の影響が直撃(Asia Weekly (2/24~2/28)) ~先進国の景気回復は外需主導の景気拡大を後押し~

1月のアジア輸出は春節の影響が直撃(Asia Weekly (2/24~2/28)) ~先進国の景気回復は外需主導の景気拡大を後押し~

2014年2月24日日本総研フィードバック数:0社会/政治

関西景気動向2月 関西の景気は、持ち直している。輸出(円ベース)は、先進国向けを中心に増勢を維持している。もっとも輸出数量は引き続き伸び悩んでいる

関西景気動向2月 関西の景気は、持ち直している。輸出(円ベース)は、先進国向けを中心に増勢を維持している。もっとも輸出数量は引き続き伸び悩んでいる

2014年2月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「ネオ・デカップリング」、新興国脆弱・先進国安定

「ネオ・デカップリング」、新興国脆弱・先進国安定

2014年1月31日マイクロソフト★★フィードバック数:0マーケティング

テクノロジーが世の中に与える影響についての調査です。

世界の視点:パーソナルテクノロジーは人々の生活をどのように変えているか

世界の視点: パーソナルテクノロジーは人々の生活をどのように変えているか先週は、毎年恒例の World Economic Forum(世界経済フォーラム:通称 ダボス会議)がスイスのダボスで開催されました。その開催中、マイクロソフトでは、“Views from Around the Globe: How Personal Technology is Changing Our Lives”(「世界の視点:パーソナルテクノロジーは人々の生活をどのように変えているか」)というタイトルの調査報告書を発表

IMFの世界経済見通し~先進国の成長加速が世界経済を牽引

IMFの世界経済見通し~先進国の成長加速が世界経済を牽引

2013年12月26日UNICEF★フィードバック数:0社会/政治

子どもの幸福度です。

先進国における子どもの幸福度-日本との比較 特別編集版

ユニセフ・イノチェンティ研究所 最新報告書発表『先進国における子どもの幸福度−日本との比較 特別編集版』 【2013年12月25日 東京発】 ユニセフは25日、国立社会保障・人口問題研究所との共著による『イノチェンティ レポートカード11 先進国における子どもの幸福度―日本との比較 特別編集版』を公表しました。 ユニセフのイノチェンティ研究所は、先進国における子どもの状況をモニターし比較することを目的として、2000年から、『レポートカード』シリーズを公表しています(テーマは毎回異なります)。

2013年12月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

100年に一度の危機がなかった2013年、来年も安定?

リサーチ TODAY2013 年 12 月 2 日100年に一度の危機がなかった2013年、来年も安定?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創12月になり、2013年を振り返る段階になってきた。下記の図表は市場の不安度合いのバロメーターであるVIX指数の推移である。VIX指数は10月に米国の財政問題への懸念から一時的に警戒水準とされる20を超えたが、その後は再び低下して現在に至っている。米国の財政問題や欧州の債務問題は引き続き懸念材料であるが、VIX指数が特に上昇するには至ってはいない。■図

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

先進国を襲う日本化リスク ~ディスインフレからデフレ方向へ~

先進国を襲う日本化リスク ~ディスインフレからデフレ方向へ~

2013年9月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

改めて新興国株を考える

改めて新興国株を考える | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 先進国株と新興国株のリスク・リターン特性は大きく異なる。また、新興国株は先進国株と比較してパフォーマンスが良い国が多い。長期的に見て高いリターンの獲得を狙うのであれば、新興国株は魅力的な投資対象と言える。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社

2013年7月30日経済産業研究所フィードバック数:8製造業/エレクトロニクス

日本の自動車輸出価格への為替相場のパススルーとマーケットパワー

ノンテクニカルサマリー 日本の自動車輸出価格への為替相場のパススルーとマーケットパワーこのノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 国際マクロプログラム (第三期:2011~2015年度)「為替レートのパススルーに関する

2013年7月22日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済レビュー:先進国における量的金融緩和政策の新興国への影響

経済レビュー:先進国における量的金融緩和政策の新興国への影響

2013年7月3日日本総研フィードバック数:1社会/政治

「先進国堅調」「新興国足踏み」の潮流が強まる世界経済―米国が力強さを増す一方、中国は低迷が長期化―

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013年7月2日 No.2013-10「先進国堅調」「新興国足踏み」の潮流が強まる世界経済― 米国が力強さを増す一方、中国は低迷が長期化 ―調査部 マクロ経済研究センター《要 点》◆ 世界経済は、①中国での景気減速、②ユーロ圏での景気後退長期化が、下押し要因と なり、減速が持続。 ◆ 中国では、人件費上昇などを受け輸出の大幅な伸びは期待薄なほか、投資も過剰投資 是正圧力から当面減速基調が続くとみられ、景気が上向く材料が欠如。一

2013年5月24日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

「世界大恐慌再来」はなぜ回避されたか

リサーチ TODAY2013 年 5 月 24 日「世界大恐慌再来」はなぜ回避されたか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2007年のサブプライム問題、翌年のリーマンショックと金融面の危機が生じた欧米では大恐慌以来の最大規模のバランスシート調整を迎えた。先進国として世界をリードした日米欧の三極が同時に大幅なバランスシート調整を迎えることは戦後初であり、1930年代以来の大恐慌が起こるのではとの不安も生じた。実際、金融政策上、日米欧はゼロ金利に近い水準まで金融緩和を行い、三極同時に民間セクタ

2013年5月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年5月)成長ドライバーは中間層よりも資本流入

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2013年5月)成長ドライバーは中間層よりも資本流入~懸念される成長格差の縮小~ ◆IMFの世界経済見通しによれば、2014年には先進国と新興国・途上国の成長率格差が3.5%ポイントまで縮小する。2008年までの「新興国ブーム」は大幅な成長格差を誘因とした資本移動に後押しされており、その縮小(予想)は資本流入の停滞を通じて新興国の景気回復力を抑制する要因である。◆先進国の景気回復を前

2013年4月5日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

新興国マンスリー(2013年4月)新興国の勝ち組と負け組を分けるもの

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2013年4月)新興国の勝ち組と負け組を分けるもの~先進国との距離感がカギ~ ◆新興国の相対株価が下落し、国債のリスクプレミアムが拡大している。背後には欧州財政危機国のリスクプレミアムの拡大があると考えられる。ユーロ圏危機は今は「蓋」をされた状態にあるが、新興国にとってその潜在リスクが消えたわけではない。◆一方で、株価、為替レートの国によるばらつきが目立っている。新興国の中での勝ち負

2013年3月26日大和総研フィードバック数:2社会/政治

停滞する日本の対内直接投資

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 停滞する日本の対内直接投資雇用・賃金と投資資金の維持のためには対内直接投資の増加が必要 ◆2012年の世界ベースのクロスボーダーの直接投資は2011年よりも減少した。目立って減少したのは欧米向けの直接投資であり、新興国向けの直接投資に大きな減少は見られなかった。日本の対内直接投資は、2012年12月の大幅な流入超過により、年トータルでも流入超となった。日本の対内直接投資残高を見ると、長期的に増加傾向に

2013年3月5日カンター・ジャパンフィードバック数:0マーケティング

世の中をよりうまく生きていく方法はどっち?21ヵ国調査

WHAT'S NEW震災の前後で逆転。「専門家に助言を求む」対「自分を信じる」- 世の中をよりうまく生きていく方法はどっち?21ヵ国調査 -世の中で成功する、うまく生きていくためには何が必要だと思いますか?よく耳にする回答の一つが「自信を持つ」ことです。他人から見て、成功している、世の中をうまく生きている人には、「自分を信じる」ことを実践している方が多いのではないかと思われます。一方、日本の人々は、少し前まで「自分を信じる」よりも「専門家に助言を求める」方が成功する、うまく生きていけると考えてい

2013年1月8日大和総研★フィードバック数:1社会/政治

BRICsなど新興国についてのレポートです。

新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新興国マンスリー(2013年1月)2013年の新興国経済~先進国とのリンケージを通じて好転へ~ 2013年1月7日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 児玉 卓新興国リサーチチーム◆2012年の新興国経済は景気停滞を通じて、先進国とのリンケージの強さを見せ付けた。2013年は、やはり同じリンケージを通じて、2012年を上回る成長パフォーマンスを示すことになろう。◆欧米景気の下方リスクが軽減して

2012年7月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)新興国における供給ショックの国際波及

ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ ENGLISH新興国における供給ショックの国際波及― 3カ国DSGEモデルによるインフレーションの分析 ― 2012年7月13日岩崎雄斗*河合正弘**平形尚久***要旨本稿の目的は、新興国の高インフレと先進国の低インフレという現象と、先進国の中でも日本の低インフレ―あるいはデフレ―というインフレ率に関する二つの違いが観察されていることを踏まえ、新興国における供給能力の強化という正の供給ショックが、新興国と先進国のインフレ率にどのような影響を及ぼ

世界のモバイルマネー市場の現状と将来展望

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ 世界のモバイルマネー(*)市場の現状と将来展望[本書のポイント]• 新興国で普及が進むモバイルマネーの送金事業の現状と将来動向• スマートフォンが変える、送金・決済スキームの将来• グーグル・アップルの参入で変わる決済サービスの市場構造• モバイルマネーの市場規模予測 2016年まで(世界全体、日本) 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング

2011年12月19日アイオイクスフィードバック数:120社会/政治

日本の少子化問題を考えるインフォグラフィック

Release: 2011/12/19日本の少子化問題を考えるインフォグラフィック深刻化が懸念される少子化問題。年金や経済への影響など、ニュースで取り上げられる機会も増えてきました。先進国の出生率から日本の将来の人口予測、子供を産まない理由や女性が妊娠・出産時に退職した理由などのアンケート結果、そして男性の育児休暇取得率や家事・育児にかける時間が極めて少ない現状など、日本の少子化問題のデータを分かりやすくまとめ、インフォグラフィックにしました。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ