「全人代」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

「新常態」移行元年の経済運営~2015年全人代のポイントと中国を待ち受ける課題~

「新常態」移行元年の経済運営~2015年全人代のポイントと中国を待ち受ける課題~

中国保険市場の最新動向(12)全人代閉幕、年金支給10%増へ-2015年 社会保障に関する「活動報告」

中国保険市場の最新動向(12)全人代閉幕、年金支給10%増へ-2015年 社会保障に関する「活動報告」 | ニッセイ基礎研究所 中国保険市場の最新動向(12)全人代閉幕、年金支給10%増へ-2015年 社会保障に関する「活動報告」 保険研究部 准主任研究員 片山 ゆき基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3月15日、10日間開催された全国人民代表大会(全人代)が閉幕

2015年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、全人代の背後で景気の足踏み続く ~ディスインフレを脱せぬなか、追加金融緩和の可能性は高まろう~

中国、全人代の背後で景気の足踏み続く ~ディスインフレを脱せぬなか、追加金融緩和の可能性は高まろう~

2015年3月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:成長目標引き下げも達成難度は増す

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国:成長目標引き下げも達成難度は増す2015年の政府成長率目標は7%前後 ◆2015年3月5日~15日の予定で第12期全国人民代表大会(全人代=日本の国会に相当)第3回会議が開催される。初日の5日には李克強首相による政府活動報告が行われた。注目された2015年の政府経済成長率目標は7%前後と、2012年~2014年の目標7.5%前後から引き下げられた。◆昨年秋口までのような分野を限定した下支えでは、

金融と財政、両面の政策調整により景気支援の姿勢を示した中国

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月3日金融と財政、両面の政策調整により景気支援の姿勢を示した中国  中国人民銀行(中央銀行)は2月28日、1年物貸出基準金利の0.25ポイント引き下げ(5.60%→5.35%)および1年物預金基準金利の0.25ポイントの引き下げ(2.75%→2.50%)を発表し、翌3月1日より実施しました。中央銀行は、昨年11月に、景気の下振れ懸念に伴ない約2年4ヵ月ぶりとなる利下げに踏み切り、また今年2月には銀行の預金準備率を引き下げるなど

2015年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国人民銀、全人代を前に緊急利下げ決定 ~ディスインフレ基調が続くなか、今後も追加緩和の可能性は残る~

中国人民銀、全人代を前に緊急利下げ決定 ~ディスインフレ基調が続くなか、今後も追加緩和の可能性は残る~

中国人民銀行が利下げを実施

<全人代前に利下げ>中国人民銀行(中央銀行)は2月28日夜に利下げを発表し、翌3月1日に実施しました。前回の利下げは2014年11月に行われており、2015年内に追加利下げを見込む向きはありましたが、全人代(全国人民代表大会、国会に相当)の開催を3月5日に控えての利下げはタイミングとして意外感がありました。<景気下支えを狙う>中国の1〜2月の経済指標は春節休暇の影響で歪みが生じやすく、一部の指標は1〜2月分がまとめて3月に発表されます。このため、2月28日時点では景気動向の詳細な分析は難しかった

2015年2月1日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の中国経済は7%台前半の成長へ~3月の「全人代」で示される成長目標に注目~

2015年の中国経済は7%台前半の成長へ~3月の「全人代」で示される成長目標に注目~

2014年4月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気、「7.5%前後」へのアプローチは上々 ~潜在的リスクは多いが、現状は政府が目指す方向に徐々に進んでいる~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国景気、「7.5%前後」へのアプローチは上々~潜在的リスクは多いが、現状は政府が目指す方向に徐々に進んでいる~発表日:2014年4月16日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済を巡ってはシャドーバンキングなどの問題が警戒されるなか、景気減速への懸念もあり、共産党及び政府の動きに注目が集まっている。先月の全人代は「期待はずれ」の内容だった一方、その後は徐々に課題解決に動く

全人代の報告からみる2014年の中国経済

全人代の報告からみる2014年の中国経済

2014年3月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

全人代からみた中国経済の展望~改革路線を維持しつつも景気下振れ懸念に配慮~

みずほインサイトアジア2014 年 3 月 26 日全人代からみた中国経済の展望アジア調査部中国室研究員改革路線を維持しつつも景気下振れ懸念に配慮03-3591-1367玉井芳野yoshino.tamai@mizuho-ri.co.jp○ 2014年1~2月期の中国の主要経済指標の悪化や、中国社債市場でのデフォルト発生などを受けて、足元で中国経済の下振れ懸念が高まっている○ 中国政府は全人代にて、2014年の成長率目標を「7.5%前後」にすると発表。投資依存型成長からの脱却路線を明示した一方、雇

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

全人代終了、今年の中国経済の方向性を占う ~雇用など成長率の質を重視も、異質性が際立つ対応は不透明要因になろう~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート全人代終了、今年の中国経済の方向性を占う~雇用など成長率の質を重視も、異質性が際立つ対応は不透明要因になろう~発表日:2014年3月14日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 今月5日に始まった全人代はすべての日程を終了した。同会議では経済・財政運営方針などが討議され、最終日の李首相の記者会見では中国経済が抱える問題に網羅的に対応する姿勢が示されたが、中国の異質性が際立つ内容であ

2014年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

シャドーバンキング問題に揺れる中国経済 ~G20でも焦点に。全人代で改革の具体策は示されるか~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートシャドーバンキング問題に揺れる中国経済~G20でも焦点に。全人代で改革の具体策は示されるか~発表日:2014年2月25日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済を巡る不透明さは世界経済の「かく乱要因」になる懸念がある中、特に「シャドーバンキング」を巡る問題は、全体像が依然不明であることが事態を混乱させている。世界金融危機後に実施した大規模景気対策が直接的なきっかけになったが

2014年2月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2014年の中国経済は引き続き7%台の成長へ~3月の「全人代」で示される成長目標に注目~

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融2014 年 の中 国 経 済 は引 き続 き 7%台 の成 長 へ∼3 月 の「全 人 代 」で示 される成 長 目 標 に注 目 ∼王 雷軒要旨2013 年の実質 GDP 成長率は前年比 7.7%と予想通りの内容となった。12 月分の月次経済指標によれば、足元の景気は消費が底堅く推移したものの、投資の小幅な鈍化や輸出の減速を受けて回復力が弱まっていると判断される。今後は、中国政府が成長目標を公表する 3 月の「全人代」に注

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

中国から見た対ロシア関係

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2012年12月、温首相(当時)がロシアを訪問し、様々な分野にわたる25以上の協力文書に調印、対ロ関係は「過去数十年間で最も良い状態」と述べた。また13年3月の両会(全人代と政治協商会議)終了後、習近平新国家主席は最初の外遊先としてロシア(次いでアフリカ諸国)を選び、訪ロ中、やはり「中ロ関係は列強の中で最良」と述べ、石油・天然ガスのロシアから中国への供給拡大、さらにはロシアの軍事装備品を中国が購入する

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー:2013年3月(中国)

平成 25 年(2013 年)3 月 26 日全人代を経て始動する習近平・李克強政権2013 年 3 月 5∼17 日、全国人民代表大会(全人代)が開催された。昨秋の共産党大会で最高指導部を含む共産党人事が決定されたのに続き、今回の全人代では国家・政府の主要人事が決定された。この結果、共産党序列 1 位の習近平総書記が国家主席に、同 2 位の李克強副首相が首相に選出され、新体制が本格始動した。共産党大会後の全人代では機構改革が通例となっており、今回は鉄道部の解体が新政権の改革志向を示すものとして

2013年3月23日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

海外駐在情報:2013年の全人代と中国のマクロ政策動向

経済調査室(香港)Economic Research Office (Hong Kong)海外駐在情報BTMU China Economic TOPICS( No.48 )范小晨 (Fan Xiaochen)Head of Economic Researchxiao_chen_fan@hk.mufg.jp2013-3-212013 年の全人代と中国のマクロ政策動向【要旨】¾今年の全人代では 2013 年の実質 GDP 成長率に関する政府目標値を 2012 年と同様の 7.5%に設定した。今後は経

2013年3月8日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

全人代に見る中国経済成長率目標

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 現在北京で開会中の中国全人代における政府活動報告で、2013年の経済成長率として「7.5%左右(前後)」という数値が発表された。昨年の党大会で示された「10年間でGDP倍増」に必要な平均年率成長7.2%程度、昨年実績の7.8%等を踏まえた大方の事前予想通りで、特に内外で驚きをもって受け止められてはいない。中国に限らないが、政府が発表するこうした数値は、こうなるであろうという予測的な数値なのか、達成した

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ