調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 全国企業短期経済観測調査

「全国企業短期経済観測調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[日銀短観予測・解説]日銀短観(2014年12月調査)予測

日銀短観予測2014 年 12 月 5 日日銀短観(2014 年 12 月調査)予測経済調査部エコノミスト坂中弥生03-3591-1242yayoi.sakanaka@mizuho-ri.co.jp○ 業況判断DI予測:大企業・製造業 +14%Pt(9月調査から1ポイント改善)大企業・非製造業 +14%Pt(同1ポイント改善)○ 2014年度設備投資計画(全規模・全産業)予測:前年比+4.6%(9月調査:同+4.2%)1.短観12月調査をめぐる状況消費再増税の先送りが決定7~9月期の実質GDP成

2014年1月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスと消費税率引上げで優位性高まる自社株買い

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アベノミクスと消費税率引上げで優位性高まる自社株買い 企業の株主還元策として多く用いられる手法は、配当と自社株買いである。東証1部上場企業の配当および自社株買いの過去の実績をみると、配当総額が比較的安定して推移する一方、自社株買いは2000年代後半の金融危機の際に大幅に減少し、近年においてもあまり回復が見られない(図表)。アメリカのS&P500採用企業においても配当総額は安定的に推移しているが、自社株

2012年8月8日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(論文)ビジネスサーベイにおける欠測値補完の検討―短観のケース―

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 ビジネスサーベイにおける欠測値補完の検討—全国企業短期経済観測調査(短観)のケース—2012年8月7日平川貴大*1 鳩貝淳一郎*2要旨ビジネスサーベイにおいて、回答が得られないデータ(欠測値)をどのように処理するかは、統計の精度や信頼性を維持・向上する上で、重要なテーマである。全国企業短期経済観測調査(短観)では、調査先企業のご協力を得て高い回答率を達成しているものの、調査回によって欠測値が相応に存在する。このうち、売

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ