「公共工事」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月12日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査

2016/12/272016年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査受注高9.1%増、2年ぶりにプラスへ〜 公共工事、再び増加に転じる 〜はじめに上場建設会社の2016年度第2四半期(中間)決算が出揃った。年に2回、6月と12月に行っている上場ゼネコンの“定点観測”だが、業界のトレンドは目まぐるしく変わっている。国内建設投資が92年度のピーク比半減となった2010年度が近年の受注高のボトム。その後、東日本大震災の復興需要、安倍政権下の補正予算、国土強靭化計画に基づくインフラ工事

2015年2月25日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況 ~ 第2回2002~2007年の景気回復局面との比較 ~

日本政策金融公庫 総合研究所 中小企業研究グループ中小企業動向 トピックス平成2 7 年2月 3日NO. 8 5 全国中小企業動向調査からみる地方圏の景況~ 第2回 2002~2007 年の景気回復局面との比較 ~ 当公庫が実施する全国中小企業動向調査(中小企業編)結果をみると、中小企業の景況は、緩やかな回復が続いています。ただし、業種や地域によって、景況感にばらつきがみられます。 こうしたばらつきは、戦後最長となった 2002 ~ 2007 年の景気回復局面でもみられたものです。今回は、この局

沖縄県経済2014年の回顧と2015年の展望

沖縄県経済2014年の回顧と2015年の展望要旨【2014年の回顧】~ 国内経済は緩やかに回復し、県内経済は拡大の動きが強まる~○国内経済は、輸出が横ばいを続けるなか、主に消費税増税の影響から年終盤にかけては企業収益や個人消費など一部に弱さがみられたものの、全体としては緩やかな回復基調が続いた。○県内経済は、観光、建設関連が好調に推移し、個人消費が一部弱い動きとなったものの、総体的には好調に推移したことから、全体では拡大の動きが強まった。○個人消費は、百貨店・スーパー売上高は食料品を中心に好調に

2014年11月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

建設業向け貸出金調査 貸出金減少行が約7割

建設業向け貸出金調査 貸出金減少行が約7割 公開日付:2014.11.11 アベノミクスによる機動的な財政政策による公共事業の拡大から建設市場が活況をみせている。しかし、銀行114行の2014年3月期の建設業向け貸出金残高は、前年同期より2.2%減少し、銀行貸出自体は低迷していることがわかった。本調査は、銀行114行を対象に、2014年3月期連結決算ベースの建設業向け貸出金残高を調べた。なお、信託銀行2行、りそな銀行、沖縄銀行は信託勘定を含む。傘下の銀行が連結子会社となっている場合や単体データの

2013年10月2日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査 2013年9月

業況DIは、ほぼ横ばい。先行きは慎重な見方残るも、緩やかな回復を見込む10月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.7ポイントのほぼ横ばい。電子部品、自動車、産業用機械関連の生産や、インバウンドを含む観光需要が引き続き堅調に推移した。他方、公共工事の一服感を指摘する声が聞かれたほか、長雨などの天候不順による客足減少、人手不足の影響拡大、運送費・原材料費の上昇、消費者の低価格志向を指摘する声も多い。中小企業の景況感は総じて緩やかな回復基調が続いているものの、そのマインドには依然として

2013年9月11日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

入札契約適正化法に基づく実施状況調査の結果

入札契約適正化法に基づく実施状況調査の結果について 平成25年9月10日 「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」(以下「入札契約適正化法」という。)に基づき、公共工事の発注者による入札契約の適正化の取組状況について、毎年度1回調査しています。また、「公共工事の品質確保の促進に関する法律」に基づく「公共工事の品質確保の促進に関する施策を総合的に推進するための基本的な方針」についての取組状況を合わせて調査しています。本日、平成24年度の調査結果並びに入札契約適正化法の対象である国、特

2013年9月4日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年8月調査)

業況DIは、ほぼ横ばい。先行きは慎重な見方残るも、緩やかな回復を見込む10月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.7ポイントのほぼ横ばい。電子部品、自動車、産業用機械関連の生産や、インバウンドを含む観光需要が引き続き堅調に推移した。他方、公共工事の一服感を指摘する声が聞かれたほか、長雨などの天候不順による客足減少、人手不足の影響拡大、運送費・原材料費の上昇、消費者の低価格志向を指摘する声も多い。中小企業の景況感は総じて緩やかな回復基調が続いているものの、そのマインドには依然として

震災復興についてのレポートです。

東日本大震災の復興状況と雇用創出

東日本大震災の復興状況と雇用創出(JILPT東日本大震災記録プロジェクト取りまとめNo.4) 概要東日本大震災の被災地の復興が遅れている原因を調査し、その対応策を検討すること。岩手、宮城、福島の被災3県について、最も被害が大きかった宮城県の沿岸地域を中心に、市町村、漁業協同組合、企業、個人に対してヒアリング調査を実施した。 東北自動車道に沿った内陸部を中心とした製造業は、比較的短期間のうちに復興を成し遂げ、自動車産業やエレクトロニクス産業のサプライチェーンも機能回復している。それに伴って、これ

2013年7月4日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

早期景気観測調査(2013年6月調査)

業況DIは、ほぼ横ばい。先行きは慎重な見方残るも、緩やかな回復を見込む10月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.7ポイントのほぼ横ばい。電子部品、自動車、産業用機械関連の生産や、インバウンドを含む観光需要が引き続き堅調に推移した。他方、公共工事の一服感を指摘する声が聞かれたほか、長雨などの天候不順による客足減少、人手不足の影響拡大、運送費・原材料費の上昇、消費者の低価格志向を指摘する声も多い。中小企業の景況感は総じて緩やかな回復基調が続いているものの、そのマインドには依然として

2013年3月7日日本商工会議所フィードバック数:1社会/政治

早期景気観測調査(2月調査・2月28日発表)

業況DIは、ほぼ横ばい。先行きは慎重な見方残るも、緩やかな回復を見込む10月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.7ポイントのほぼ横ばい。電子部品、自動車、産業用機械関連の生産や、インバウンドを含む観光需要が引き続き堅調に推移した。他方、公共工事の一服感を指摘する声が聞かれたほか、長雨などの天候不順による客足減少、人手不足の影響拡大、運送費・原材料費の上昇、消費者の低価格志向を指摘する声も多い。中小企業の景況感は総じて緩やかな回復基調が続いているものの、そのマインドには依然として

2013年1月10日日本商工会議所フィードバック数:41社会/政治

早期景気観測調査(12月調査)

業況DIは、ほぼ横ばい。先行きは慎重な見方残るも、緩やかな回復を見込む10月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.7ポイントのほぼ横ばい。電子部品、自動車、産業用機械関連の生産や、インバウンドを含む観光需要が引き続き堅調に推移した。他方、公共工事の一服感を指摘する声が聞かれたほか、長雨などの天候不順による客足減少、人手不足の影響拡大、運送費・原材料費の上昇、消費者の低価格志向を指摘する声も多い。中小企業の景況感は総じて緩やかな回復基調が続いているものの、そのマインドには依然として

2012年11月8日日本商工会議所フィードバック数:4社会/政治

早期景気観測調査(10月調査)

業況DIは、ほぼ横ばい。先行きは慎重な見方残るも、緩やかな回復を見込む10月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.7ポイントのほぼ横ばい。電子部品、自動車、産業用機械関連の生産や、インバウンドを含む観光需要が引き続き堅調に推移した。他方、公共工事の一服感を指摘する声が聞かれたほか、長雨などの天候不順による客足減少、人手不足の影響拡大、運送費・原材料費の上昇、消費者の低価格志向を指摘する声も多い。中小企業の景況感は総じて緩やかな回復基調が続いているものの、そのマインドには依然として

2012年6月26日国土交通省★フィードバック数:6社会/政治

公共工事の入札についての実施状況調査です。

入札契約適正化法に基づく実施状況調査の結果

入札契約適正化法に基づく実施状況調査の結果について 平成24年6月25日 「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」(以下「入札契約適正化法」という。)に基づき、公共工事の発注者による入札契約の適正化の取組状況について、毎年度1回調査しています。また、「公共工事の品質確保の促進に関する法律」に基づく「公共工事の品質確保の促進に関する施策を総合的に推進するための基本的な方針」についての取組状況を合わせて調査しています。本日、平成23年度の調査結果を取りまとめるとともに、入札契約適正化法

2012年4月5日日本商工会議所フィードバック数:40社会/政治

早期景気観測調査(3月調査)

業況DIは、ほぼ横ばい。先行きは慎重な見方残るも、緩やかな回復を見込む10月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.7ポイントのほぼ横ばい。電子部品、自動車、産業用機械関連の生産や、インバウンドを含む観光需要が引き続き堅調に推移した。他方、公共工事の一服感を指摘する声が聞かれたほか、長雨などの天候不順による客足減少、人手不足の影響拡大、運送費・原材料費の上昇、消費者の低価格志向を指摘する声も多い。中小企業の景況感は総じて緩やかな回復基調が続いているものの、そのマインドには依然として

2012年3月7日日本商工会議所フィードバック数:40社会/政治

早期景気観測調査(2月調査)

業況DIは、ほぼ横ばい。先行きは慎重な見方残るも、緩やかな回復を見込む10月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.7ポイントのほぼ横ばい。電子部品、自動車、産業用機械関連の生産や、インバウンドを含む観光需要が引き続き堅調に推移した。他方、公共工事の一服感を指摘する声が聞かれたほか、長雨などの天候不順による客足減少、人手不足の影響拡大、運送費・原材料費の上昇、消費者の低価格志向を指摘する声も多い。中小企業の景況感は総じて緩やかな回復基調が続いているものの、そのマインドには依然として

2012年3月1日国土交通省フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成24年1月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成24年1月分)について 平成24年2月29日民間工事は、情報通信業、運輸業、郵便業等が減少したが、金融業、保険業、不動産業、製造業等が増加したため、対前年同月比22.6%増加し、4ヶ月連続増加した。 総計は、前年同月比24.6%増加し、4ヶ月連続増加した。 本年2月29日公表の「建設工事受注動態統計調査(大手50社調査)」平成24年1月値の添付資料「参考資料(東日本大震災からの復旧関係・地域別集計)」におきまして、「東日本大震災からの復旧関係工事(公

2012年2月1日日本商工会議所フィードバック数:40社会/政治

早期景気観測調査(1月調査)

業況DIは、ほぼ横ばい。先行きは慎重な見方残るも、緩やかな回復を見込む10月の全産業合計の業況DIは、▲16.0と、前月から▲0.7ポイントのほぼ横ばい。電子部品、自動車、産業用機械関連の生産や、インバウンドを含む観光需要が引き続き堅調に推移した。他方、公共工事の一服感を指摘する声が聞かれたほか、長雨などの天候不順による客足減少、人手不足の影響拡大、運送費・原材料費の上昇、消費者の低価格志向を指摘する声も多い。中小企業の景況感は総じて緩やかな回復基調が続いているものの、そのマインドには依然として

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ