「公共投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

中国経済に起こっていることを電力消費量から読み解く

中国経済に起こっていることを電力消費量から読み解く ZDNet Japan Staff 2015年08月28日 11時02分印刷 クリップした記事をMyページから読むことができます Here's my content 8月27日の日経平均は、197円高の1万8574円だった。上がったとはいっても、まだエンジン全開には、ほど遠い状態だ。午前9時10分に433円高の1万8810円をつけた後は、尻すぼみで上昇幅を縮小していった。 物色の中身を見ても、投資家が慎重姿勢を崩していないことがわかる。上

グラフで見る東海経済(2015年6月)

2015年06月24日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きが一服している。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で持ち直しが一服している。輸出は、4月の実質輸出が2ヶ月ぶりに減少したが、均してみると横ばい圏で推移している。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加するなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。有効求人倍率は高水準ながら横ばいとなっている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって横ばい圏で推移している。設備投資は、大企業にお

2015年1~3月期のGDP(2次速報)予測

6月8日公表予定の2015年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比では1次速報値の+0.6%から+0.7%に上方修正される見込みである(年率換算値では+2.4%から+2.7%)。修正幅は小さいが、修正の中身によって、景気の見方が前向きに変化する可能性がある。需要項目別の内訳をみると、1~3月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+0.4%から同+2.1%に大きく上方修正される一方、在庫投資の寄与度が同+0.5%から同+0.3%に下方修正される見込みである。また

グラフで見る東海経済(2015年5月)

2015年05月27日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で持ち直しが一服している。輸出は、3月の実質輸出が2ヶ月ぶりに大きく増加した。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、有効求人倍率が高水準で横ばいとなるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業の投資は増加している

2015年4月29日建設経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設業界のレポートです。

建設経済レポート(日本経済と公共投資)№64-回復基調が本格化する建設投資と建設産業の未来像-

建設経済レポート(日本経済と公共投資)№64-回復基調が本格化する建設投資と建設産業の未来像-

グラフで見る東海経済(2015年4月)

2015年04月22日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で一服している。輸出は、2月の実質輸出が3ヶ月ぶりに大きく減少した。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、有効求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業は

2015年4月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

新財政再建計画・考(3) ~公共投資は増やすべき?減らすべき?~

新財政再建計画・考(3) ~公共投資は増やすべき?減らすべき?~

グラフで見る東海経済(2015年3月)

2015年03月26日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、在庫が高まるなど懸念材料もあるが、緩やかに持ち直している。輸出は、1月の実質輸出が2ヶ月連続で増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数の弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業

2014年10~12月期のGDP(2次速報)予測

3月9日公表予定の2014年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、前期比では1次速報値の+0.6%と変わらないが、年率換算値では+2.2%から+2.6%に、若干上方修正される見込みである。修正幅は小さく、景気の見方に変化が出ることはないだろう。需要項目別の内訳をみると、10~12月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+0.1%から同+0.2%に上方修正され、在庫投資の寄与度も同+0.2%から同+0.3%に上昇修正される見込みである。一方、公共投資は、12月の建

グラフで見る東海経済(2015年2月)

2015年02月26日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、在庫が高まるなど懸念材料もあるが、緩やかに持ち直している。実質輸出は、1月に3ヶ月ぶりに前月比増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数の弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、増加が一服している。住宅着工、公

【タイGDP】10-12月期は前年同期比+2.3%~1年続いた景気低迷から脱却~

【タイGDP】10-12月期は前年同期比+2.3%~1年続いた景気低迷から脱却~ | ニッセイ基礎研究所 【タイGDP】10-12月期は前年同期比+2.3%~1年続いた景気低迷から脱却~ 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら タイの国家経済社会開発委員会事務局(NESDB)は2月16日に2014年10-12月期の国内総生産(GDP)を公表

グラフで見る東海経済(2015年1月)

2015年01月23日【今月の景気判断】東海経済は、横ばい圏で推移している。生産は、14年前半の減少傾向の後、持ち直しつつあるが、在庫が大幅に増加するなど一部に弱い動きがみられる。実質輸出は、10、11月と2ヶ月連続で前月比減少となったが、均してみると横ばいで推移している。雇用は、失業率が低下し就業者数が増加する中で、常用雇用指数が弱い動きとなっている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、増加が一服している。住宅着工は

グラフで見る東海経済(2014年12月)

2014年12月25日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、年前半は減少傾向にあったが、足下で持ち直しの動きがみられる。実質輸出は、10、11月と2ヶ月連続で前月比減少となったが、均してみると横ばいで推移している。雇用は、失業率が低下し就業者数が増加する中で、常用雇用指数が弱い動きとなっている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡したが、その後は、横ばい圏で推移しており、消費増税前の水準に戻っていない。設備投資は、増加が一服している。住

2014年7~9月期GDP(2次速報)の結果

本日発表された2014年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比-0.5%(年率-1.9%)と1次速報の同-0.4%(年率換算-1.6%)から小幅下方修正された。名目成長率も、同-0.8%(年率-3.0)から同-0.9%(年率-3.5%)に下方修正され、GDPデフレーターは前年同期比+2.1%から同+2.0%に若干下方修正された。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は前期比+0.4%のまま変更されず、住宅投資は同-6.7%から同-6.8%へと若干の下方修正にとどまった

2014年12月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2014年7~9月期2次QE概要

Q E 解 説2014 年 12 月 8 日2014 年 7~9 月期 2 次QE概要経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2014年7~9月期の実質GDP(2次速報)は前期比▲0.5%(年率▲1.9%)に下方修正(1次速報前期比▲0.4%、年率▲1.6%)。設備投資・公共投資が小幅に下方修正○ 2012年度の実質GDP成長率(確々報値)は+1.0%と確報値の+0.7%から上方修正。個人消費や設備投資の上方修正

2014年12月8日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2014-6】2014~2016年度改訂見通し-自律拡大と政策効果で緩やかな回復の一方、円安の副作用が懸念

No.2014-0312014年12月8日http://www.jri.co.jp≪日本経済見通しシリーズ No.2014-6≫2014~2016年度改訂見通し― 自律拡大と政策効果で緩やかな回復の一方、円安の副作用が懸念 ―(1)2014年7~9月期の2次QEでは、設備投資や公共投資の下方修正を受けて、実質GDP成長率は前期比年率▲1.9%(前期比▲0.5%)と、1次QE(同▲1.6%、▲0.4%)から下振れ。4月の消費増税以降2四半期連続のマイナス成長となった一方、足許では緩やかながらも持ち

2014年7~9月期のGDP(2次速報)予測

12月8日公表予定の2014年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報値)は、1次速報値から若干上方修正され前期比-0.3%となる見込みである(年率換算値では-1.6%から-1.2%に修正される見込み)。2四半期連続でのマイナス成長の状況に変化はなく、消費税率引き上げ後、景気が弱含んだ状態が続いていたことを確認する結果となろう。需要項目別の内訳をみると、7~9月期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が2次速報値の前期比-0.2%から同+0.6%に上方修正される一方で、公共投資は、9月の建設総合統

グラフで見る東海経済(2014年11月)

2014年11月26日【今月の景気判断】東海経済は弱含んでいるが、一部に持ち直しの動きもみられる。生産は、年前半は減少傾向にあったが、足下で持ち直しの動きがみられる。実質輸出は、9月に2ヶ月ぶりに前月比で増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下し就業者数が増加する一方で、愛知県の求人倍率が低下するなど一部に弱い動きがみられる。個人消費は、夏のボーナスの増加など賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減から回復しているが、実質では頭打ちとなっている。設備投資は非製造業が

2014年7~9月期のGDP(1次速報)予測

2014年10月31日11月17日に公表予定の2014年7~9月期の実質GDP成長率は、4~6月期に急減した反動により前期比プラスに転じるものの、伸び率は前期比+0.4%(年率換算+1.6%)と小幅にとどまったと見込まれる。駆け込み需要の反動減の動きが落ち着いた後も、景気の持ち直しペースが鈍いことが示されることになりそうだ。個人消費は、反動減は一巡しつつあるが、実質賃金の減少による落ち込みに加え、夏場の天候不順の影響によって伸び率は緩やかにとどまったようだ。設備投資も、前期に落ち込んだ反動でプラ

グラフで見る東海経済(2014年10月)

2014年10月24日【今月の景気判断】東海経済は弱含んでいるが、一部に下げ止まりの動きがみられる。生産は、年初から減少傾向にあったが、足下で下げ止まりの動きがみられる。実質輸出は、8月に3ヶ月ぶりに前月比減少となったが、下げ止まってきている。雇用は、求人倍率の改善の動きが鈍るなど横ばい圏で推移している。個人消費は、夏のボーナスの増加など賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減から回復しているが、実質では頭打ちとなっている。設備投資は非製造業が減少しているが、製造業が増加し、全体でも

日銀短観(2014年9月調査)

2014/10/01調査部 藤田 隼平 業況判断は大企業製造業で小幅改善するも、大企業非製造業では悪化本日発表された日銀短観(9月調査)における大企業製造業の業況判断DI(最近)は、前回調査(2014年6月調査)から1ポイント上昇し13となった。設備投資や公共投資の底堅さに支えられて「はん用機械」など設備投資関連や「窯業・土石」など公共投資関連の業種が上昇したことに加え、前回調査で大きく落ち込んでいた「自動車」も堅調な海外市場や円安の進展などを背景に大きく改善した。もっとも、素材業種では1ポイン

2014年9月29日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

内閣府のまとめです。

堅調に推移する公共投資

今週の指標 No.1106 堅調に推移する公共投資 ポイント2014年9月29日公共投資に関する指標をみると、公共工事請負金額は2013年4月から2014年7月まで前年比で16ヶ月連続で増加、公共工事出来高は2012年2月以降前年比で30ヶ月連続で増加しており、公共投資は総じて堅調に推移している(図1)。そこで、堅調に推移する公共投資の近年の動向の特徴を確認するとともに、請負金額と公的固定資本形成の相関について分析する。請負金額について、近年の動向を発注機関別に確認すると、2012年度の経済対策

2014年9月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済フローチャート ~日本経済の現状と6ヶ月見通し~

経済フローチャート~日本経済の現状と6ヶ月見通し(7月 31 日時点)~国内景況感消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動から4-6月期の成長率は大幅マイナスが予想される。しかし、反動減の影響は一巡することが見込まれるほか、輸出の持ち直しや設備投資の増加なども下支えになる。景気悪化は一時的なものにとどまり7-9月期以降は持ち直しが予想される。現状①海外経済6ヶ月後(2014 年7‐9月期)(2015 年1‐3月期)⑨公共投資②輸出⑤設備投資③生産④企業収益国内需要⑦個人消費⑥雇用・賃金⑧住宅投資⑩

2014年8月7日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足は地方経済回復の証し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 80年代末の土地バブルの頃、労働需給が逼迫し、人手不足にいかに対処すべきかが盛んに議論されていた。中小企業の人手不足倒産が社会問題となり、テレビの討論番組では移民を受け入れるべきかどうかを巡って激論が交わされていたことを思い出す。あれから20数年がたち、再び人手不足が問題となっている。図表1は、雇用環境が急速に改善した北海道、青森県、高知県、沖縄県の有効求人倍率の推移を表している。6月の時点で青森では

2014年8月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の確報値はまた下方修正されるのか ~割と進んでいた2013年度の公共事業~

公共投資の確報値はまた下方修正されるのか ~割と進んでいた2013年度の公共事業~

グラフで見る東海経済(2014年7月)

2014年07月25日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが続いており、駆け込み需要の反動減からの回復がみられる。自動車生産は減少したが、輸送機械全体では増加に転じ、増税後の反動による影響は薄れつつある。雇用は底堅く推移し、春闘の賃上げ率の高まりにより所得面からの下支え効果も期待でき、個人消費や住宅投資の落ち込みに歯止めがかかっている。公共投資と設備投資も増加基調で、景気は駆け込み需要の反動減から脱しつつある。今後は、物価上昇による実質所得の下押しが懸念されるが、賃金や夏季賞与の増加など名目所得

日銀短観(2014年6月調査)結果

2014/07/01調査部 藤田 隼平 現状は悪化するも、先行きは小幅改善を見込む本日発表された日銀短観(6月調査)における大企業製造業の業況判断DI(最近)は、前回調査(2014年3月調査)から5%ポイント低下し、12%ポイントとなった。消費税率引き上げ後の内需の落ち込みを受けて、素材業種では7%ポイント低下し10%ポイントに、加工業種では2%ポイント低下し15%ポイントに悪化した。なかでも駆け込み需要の大きかった「自動車」では、前回調査から23%ポイント低下の13%ポイントと大きく悪化した。

グラフで見る東海経済(2014年6月)

2014年06月25日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが続いているが、一部に駆け込み需要の反動がみられる。自動車を中心に輸出や生産が減少しているほか、個人消費にも反動が出ている。一方、雇用は底堅く推移し、春闘での賃上げ率の高まりにより所得面からの下支え効果が期待できるため、個人消費や住宅投資の落ち込みには歯止めがかかりつつある。公共投資と設備投資の増加基調も続き、景気は増税前の駆け込み需要の反動から脱しつつある。 今後は、大企業を中心とした賃上げ率の高まりや夏季賞与の増加など所得面の改善が見

2014年6月20日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

公共工事についてのレポートです。

様々な指標からみた公共投資の現状

様々な指標からみた公共投資の現状

2014年1~3月期のGDP(2次速報)予測

6月9日公表予定の2014年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報値)は前期比+1.4%(年率+5.6%)と、1次速報値の同+1.5%(年率+5.9%)から下方修正が見込まれる。ただし、修正幅は小幅であり、消費税率引き上げを控えた駆け込み需要によって景気が大きく押し上げられたとの見方に変化が生じることはないであろう。需要項目別の内訳をみると、同期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+4.9%から同+4.7%に小幅下方修正されると見込まれ、在庫投資も同じく法人企業統計の結果を

2014年6月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済フローチャート ~日本経済の現状と6ヶ月見通し~

経済フローチャート~日本経済の現状と6ヶ月見通し(5月2日時点)~国内景況感消費税率引き上げ前の駆け込み需要を背景に1-3月期の景気は加速した。14 年4月の消費税率引き上げ後は景気が落ち込む可能性が高いが、悪化は一時的なものにとどまるだろう。輸出の持ち直しや設備投資の増加などをけん引役に、景気は緩やかな回復基調で推移すると予想する。現状①海外経済6ヶ月後(2014 年4‐6月期)(2014 年 10‐12 月期)⑨公共投資②輸出⑤設備投資③生産④企業収益国内需要⑦個人消費⑥雇用・賃金⑧住宅投資

2014年5月18日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

国民経済の強靭性と産業、財政金融政策の関連性についての実証研究

ノンテクニカルサマリー 国民経済の強靭性と産業、財政金融政策の関連性についての実証研究 前岡 健一郎 (防衛省) 神田 佑亮 (京都大学) 中野 剛志 (コンサルティングフェロー) 久米 功一 (リクルートワークス研究所) 藤井 聡 (ファカルティフェロー) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表

2014年1~3月期のGDP(1次速報)予測

5月15日に公表予定の2014年1~3月期の実質GDP成長率は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要などによって前期比+1.0%(年率換算+4.2%)と高い伸びとなったと見込まれる。1~3月期の高い伸びを主導したのが、消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって急増した個人消費である。また、これまで緩やかな伸びにとどまっていた設備投資も、企業業績の改善を背景に力強く増加した可能性がある。このため、公共投資は減少に転じたものの、内需の寄与度は前期比+1.6%まで高まったと予想される。一方、輸出が横ばいにと

グラフで見る景気予報(2014年5月)

2014/05/02 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。経済対策の効果により公共投資が増加しており、回復が遅れていた設備投資も緩やかに増加してきた。今後、消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって急増した個人消費が、反動減によって大きく落ち込むと見込まれ、景気下押し圧力が一時的に強まると予想される。しかし、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることから、個人消費の深刻な悪化は回避され、景気が後退局面に入ることはないであろう。さらに、足元では横ばいにとどまっている輸出が、世

グラフで見る東海経済(2014年4月)

2014年04月25日【今月の景気判断】東海経済は増税前の駆け込み需要もあり持ち直している。輸出は減少傾向が続いており、駆け込み需要に伴う生産の増勢も一服している。しかし、雇用は、求人倍率の上昇に一服感が出ているものの、緩やかな回復が続いており、緩やかな所得増に駆け込み需要も加わって個人消費は持ち直している。一方、住宅投資は徐々に減少しており、公共投資の増加も一服している。今後は、自動車販売や高額消費を中心に増税後の反動が避けられないが、大企業を中心とした賃上げ率の高まりや夏季賞与の増加など所得

2014年3月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

建設業の人手不足は解消するか~就業者数と必要生産性の試算による考察~

みずほインサイト日本経済2014 年 3 月 20 日建設業の人手不足は解消するか経済調査部エコノミスト就業者数と必要生産性の試算による考察03-3591-1284大和香織kaori.yamato@mizuho-ri.co.jp○ 2005~10年の労働移動のトレンドが続くと仮定した場合(ケース①)、2020年の建設業就業者数は2010年と比べておよそ100万人減少すると試算される○ 就業者数が減少するもとで将来期待される建設投資を実現するために必要な労働生産性は、2019年以降には過去最高水準

グラフで見る景気予報(2014年3月)

2014/03/04 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。輸出の動きが弱いが、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることに加え、消費税率引き上げ前の駆け込み需要もあって、個人消費が増加している。また、経済対策の効果により公共投資が順調に増加し、回復が遅れていた設備投資も緩やかに持ち直してきた。生産も駆け込み需要により増加している。年度末にかけては、駆け込み需要で個人消費の勢いが強まると予想され、景気の持ち直しの動きは続こう。増税後は個人消費を中心に反動減が表れ、景気は一時

2013年10~12月期のGDP(2次速報)予測

3月10日公表予定の2013年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報値)は前期比+0.2%(年率+0.9%)と、1次速報値の同+0.3%(年率+1.1%)から下方修正が見込まれる。ただし、修正幅は小幅であり、景気の見方に変化が生じることはないであろう。需要項目別の内訳をみると、同期の法人企業統計の結果を受けて、設備投資が1次速報値の前期比+1.3%から同+0.8%に小幅下方修正されると見込まれる一方、在庫投資は、同じく法人企業統計の結果を反映させると、実質GDPに対する前期比寄与度は+0.0

2014年3月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年2月(日本)

平成 26 年(2014 年)2 月 28 日~好循環が強化されることで、消費増税を乗り越え回復基調継続~1.日本経済の概況企業収益の大幅増日本経済は国内民間需要の拡大を支えに着実な回復を続けている。昨年加を背景に、日本経 10-12 月期の実質 GDP(1 次速報値)は前期比年率+1.0%と、伸び率は前済は着実に回復中期に比べて小幅に低下したが、4 四半期連続でプラス成長となった(第 1図)。需要項目別にみると、輸出はやや伸び悩んだものの、消費税率引き上げ前の駆け込み需要もあって、個人消費や住

グラフで見る東海経済(2014年2月)

2014年02月25日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが一服している。生産は、増税前の駆け込み需要に備えた増産が始まっているが、昨年中は横ばい圏で推移している。個人消費は、所得環境の改善を背景に緩やかに持ち直しており、冬のボーナス増により高額消費の好調が続いている。住宅投資は、契約ベースでの駆け込み需要がピークを過ぎても水準は安定している。一方で、公共投資は、補正予算による公共工事請負額の増加が一巡している。今後も、生産は年度末近くまで高水準が続く見込みである。設備投資も一定の駆け込み需要が

2014年2月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の動向(2014年1月) ~請負金額は予想外の急増だが。。。~

公共投資の動向(2014年1月) ~請負金額は予想外の急増だが。。。~

2014年2月18日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2013-7】2013~2015年度改訂見通し-消費増税を乗り越え、徐々に政策主導から自律回復へ

No.2013-0312014年2月17日http://www.jri.co.jp≪日本経済見通しシリーズ No.2013-7≫2013~2015年度改訂見通し― 消費増税を乗り越え、徐々に政策主導から自律回復へ ―(1)2013年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比年率+1.0%(前期比+0.3%)と4四半期連続のプラス成長。内需では、個人消費は所得環境の改善がプラスに作用したほか、公共投資も緊急経済対策の本格化を受けて増勢持続。さらに、4月の消費税率引き上げを前にした駆け込み需要が、個

グラフで見る景気予報(2014年2月)

2014/02/04 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。輸出の持ち直しが一服しているが、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることに加え、消費税率引き上げ前の駆け込み需要もあって、個人消費が増加している。また、経済対策の効果により公共投資が順調に増加し、住宅着工件数も駆け込み需要により高水準にある。今後も、設備投資、輸出が持ち直してくることに加え、年度末にかけては増税前の駆け込み需要で個人消費の勢いが強まると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。増税後は個人消費を中

2013年10~12月期のGDP(1次速報)予測

2014年01月31日2月17日に公表予定の2013年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比+0.5%(年率換算+2.2%)となったと見込まれ、景気持ち直しが続いていることを確認する結果となろう。中でも高い伸びが見込まれるのが個人消費と設備投資である。公共投資も引き続き増加しており、この結果、内需の寄与度は+1.0%まで高まったと予想される。一方、輸出が緩やかな伸びにとどまった半面、輸入は順調に増加しており、外需寄与度は前期比-0.5%と2四半期連続で大きめのマイナスとなったと見込まれる。名

沖縄県経済の2013年度実績見込みおよび2014年度の見通し

2014 年 1 月 27 日一般財団法人 南西地域産業活性化センター沖縄県経済の 2013 年度実績見込みおよび 2014 年度の見通し1. 県経済の 2013 年度実績見込み(概要)・ 2013 年度の県経済は、公共投資が堅調に推移し、観光収入もLCC就航や新石垣空港開港、外国人客の大幅増などから好調に推移したほか、民間消費や住宅投資も 14 年 4 月に実施される消費税増税前の駆け込み需要などにより、堅調に推移したことから、実質成長率(実績見込み)は+3.9%程度となる見込みである(当財団

2014年1月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の動向(2013年12月) ~昨年2月策定の緊急経済対策の効果は息切れ~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:公共投資の動向(2013年12月)発表日2014年1月17日(金)~昨年2月策定の緊急経済対策の効果は息切れ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525○緊急経済対策の押し上げ効果はピークアウト公共事業の発注段階の動向を示す統計である公共工事前払金保証統計によると、2013 年 12 月の公共工事請負金額は前年比+7.5%(11 月:同+4.9%)と増加幅が拡大した。内訳をみると、

グラフで見る景気予報(2014年1月)

2014/01/07 【今月の景気判断】景気は緩やかに持ち直している。設備投資や輸出の持ち直しが一服しているが、経済対策の効果により公共投資が順調に増加し、住宅着工件数が駆け込み需要もあって高水準にある。また、個人消費も、雇用情勢が緩やかに改善し、賃金が下げ止まりつつあることを背景に緩やかに持ち直している。今後も、設備投資、輸出が持ち直してくることに加え、年度末にかけては消費税率引き上げ前の駆け込み需要で個人消費が増加すると予想され、景気は緩やかに持ち直していこう。増税後は個人消費を中心に反動減

2014年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済フローチャート ~日本経済の現状と6ヶ月見通し~

経済フローチャート~日本経済の現状と6ヶ月見通し(12 月 6 日時点)~国内景況感内需が好調に推移していることに加え、輸出が持ち直しており、景気は回復局面にある。当面、消費税率引き上げ前の駆け込み需要や設備投資の増加などを背景として景気回復感が強まるとみられるが、14 年4月の消費税率引き上げ後は一時的に景気が落ち込む可能性が高い。現状①海外経済6ヶ月後(2013 年 10‐12 月期) (2014 年4‐6月期)⑨公共投資②輸出⑤設備投資③生産④企業収益国内需要⑦個人消費⑥雇用・賃金⑧住宅投

2013~2015年度 関西経済見通し

2013年12月17日○関西経済は2012年秋以降、緩やかに持ち直してきている。関西の景気は日本全体の動きに比べて力強さに欠けて低調であるという見方もされるが、あまり変動しないで安定的な底堅さを見せていると評価することもできる。景気動向指数の動きを見ると、日本全体では12年4月をピークに景気は後退していたが、関西では景気後退を回避したようだ。○足下の経済指標を見ると、輸出の持ち直しが緩やかなものにとどまる中で、在庫が増加し、鉱工業生産の持ち直しの動きが一服してきているなどいくつかの懸念材料も存在

2013年12月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の動向(2013年11月) ~統計と実態との乖離に注意~

公共投資の動向(2013年11月) ~統計と実態との乖離に注意~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ