「公共投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

グラフで見る東海経済(2015年6月)

2015年06月24日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きが一服している。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で持ち直しが一服している。輸出は、4月の実質輸出が2ヶ月ぶりに減少したが、均してみると横ばい圏で推移している。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加するなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。有効求人倍率は高水準ながら横ばいとなっている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって横ばい圏で推移している。設備投資は、大企業にお

グラフで見る東海経済(2015年5月)

2015年05月27日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で持ち直しが一服している。輸出は、3月の実質輸出が2ヶ月ぶりに大きく増加した。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、有効求人倍率が高水準で横ばいとなるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業の投資は増加している

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

夏場以降は緩やかな景気回復が見込まれる中国経済~金融緩和や公共投資による景気の押し上げ~

夏場以降は緩やかな景気回復が見込まれる中国経済~金融緩和や公共投資による景気の押し上げ~

2015年4月29日建設経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設業界のレポートです。

建設経済レポート(日本経済と公共投資)№64-回復基調が本格化する建設投資と建設産業の未来像-

建設経済レポート(日本経済と公共投資)№64-回復基調が本格化する建設投資と建設産業の未来像-

グラフで見る東海経済(2015年4月)

2015年04月22日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、14年6月を底に緩やかに持ち直してきたが、足下で一服している。輸出は、2月の実質輸出が3ヶ月ぶりに大きく減少した。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、有効求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数は全国に比べて弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業は

2015年4月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

新財政再建計画・考(3) ~公共投資は増やすべき?減らすべき?~

新財政再建計画・考(3) ~公共投資は増やすべき?減らすべき?~

グラフで見る東海経済(2015年3月)

2015年03月26日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、在庫が高まるなど懸念材料もあるが、緩やかに持ち直している。輸出は、1月の実質輸出が2ヶ月連続で増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数の弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、横ばい圏で推移しているが、製造業

グラフで見る東海経済(2015年2月)

2015年02月26日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、在庫が高まるなど懸念材料もあるが、緩やかに持ち直している。実質輸出は、1月に3ヶ月ぶりに前月比増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下、就業者数が増加する中で、求人倍率が改善を続けるなど持ち直しの動きがみられるが、常用雇用指数の弱い動きが続いている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡した後、横ばい圏で推移している。設備投資は、増加が一服している。住宅着工、公

【タイGDP】10-12月期は前年同期比+2.3%~1年続いた景気低迷から脱却~

【タイGDP】10-12月期は前年同期比+2.3%~1年続いた景気低迷から脱却~ | ニッセイ基礎研究所 【タイGDP】10-12月期は前年同期比+2.3%~1年続いた景気低迷から脱却~ 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら タイの国家経済社会開発委員会事務局(NESDB)は2月16日に2014年10-12月期の国内総生産(GDP)

グラフで見る東海経済(2014年12月)

2014年12月25日【今月の景気判断】東海経済は、持ち直しの動きがみられる。生産は、年前半は減少傾向にあったが、足下で持ち直しの動きがみられる。実質輸出は、10、11月と2ヶ月連続で前月比減少となったが、均してみると横ばいで推移している。雇用は、失業率が低下し就業者数が増加する中で、常用雇用指数が弱い動きとなっている。個人消費は、賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減が一巡したが、その後は、横ばい圏で推移しており、消費増税前の水準に戻っていない。設備投資は、増加が一服している。住

2014年7~9月期GDP(2次速報)の結果

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

グラフで見る東海経済(2014年11月)

2014年11月26日【今月の景気判断】東海経済は弱含んでいるが、一部に持ち直しの動きもみられる。生産は、年前半は減少傾向にあったが、足下で持ち直しの動きがみられる。実質輸出は、9月に2ヶ月ぶりに前月比で増加となり、持ち直しの動きがみられる。雇用は、失業率が低下し就業者数が増加する一方で、愛知県の求人倍率が低下するなど一部に弱い動きがみられる。個人消費は、夏のボーナスの増加など賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減から回復しているが、実質では頭打ちとなっている。設備投資は非製造業が

2014年7~9月期のGDP(1次速報)予測

2014年10月31日11月17日に公表予定の2014年7~9月期の実質GDP成長率は、4~6月期に急減した反動により前期比プラスに転じるものの、伸び率は前期比+0.4%(年率換算+1.6%)と小幅にとどまったと見込まれる。駆け込み需要の反動減の動きが落ち着いた後も、景気の持ち直しペースが鈍いことが示されることになりそうだ。個人消費は、反動減は一巡しつつあるが、実質賃金の減少による落ち込みに加え、夏場の天候不順の影響によって伸び率は緩やかにとどまったようだ。設備投資も、前期に落ち込んだ反動でプラ

2014年11月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期GDP一次速報予測~前期比年率+2.8%を予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年7-9月期GDP一次速報予測~前期比年率+2.8%を予測月次の“ゲタ”による個人消費の増加が全体を底上げ 2014年10月31日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年7-9月期のGDP一次速報(2014年11月17日公表予定)では、実質GDPが前期比年率+2.8%(前期比+0.7%)と、2四半期ぶりのプラス成長を予想する。◆個人消費は前期比+0.9%と

グラフで見る東海経済(2014年10月)

2014年10月24日【今月の景気判断】東海経済は弱含んでいるが、一部に下げ止まりの動きがみられる。生産は、年初から減少傾向にあったが、足下で下げ止まりの動きがみられる。実質輸出は、8月に3ヶ月ぶりに前月比減少となったが、下げ止まってきている。雇用は、求人倍率の改善の動きが鈍るなど横ばい圏で推移している。個人消費は、夏のボーナスの増加など賃金面からの下支え効果もあって、駆け込み需要の反動減から回復しているが、実質では頭打ちとなっている。設備投資は非製造業が減少しているが、製造業が増加し、全体でも

日銀短観(2014年9月調査)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年9月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済フローチャート ~日本経済の現状と6ヶ月見通し~

経済フローチャート~日本経済の現状と6ヶ月見通し(7月 31 日時点)~国内景況感消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動から4-6月期の成長率は大幅マイナスが予想される。しかし、反動減の影響は一巡することが見込まれるほか、輸出の持ち直しや設備投資の増加なども下支えになる。景気悪化は一時的なものにとどまり7-9月期以降は持ち直しが予想される。現状①海外経済6ヶ月後(2014 年7‐9月期)(2015 年1‐3月期)⑨公共投資②輸出⑤設備投資③生産④企業収益国内需要⑦個人消費⑥雇用・賃金⑧住宅投資⑩

2014年8月7日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足は地方経済回復の証し

トップレポート・コラムコラム人手不足は地方経済回復の証し ここから本文です人手不足は地方経済回復の証し80年代末の土地バブルの頃、労働需給が逼迫し、人手不足にいかに対処すべきかが盛んに議論されていた。中小企業の人手不足倒産が社会問題となり、テレビの討論番組では移民を受け入れるべきかどうかを巡って激論が交わされていたことを思い出す。あれから20数年がたち、再び人手不足が問題となっている。図表1は、雇用環境が急速に改善した北海道、青森県、高知県、沖縄県の有効求人倍率の推移を表している。6月の時点で青

2014年8月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の確報値はまた下方修正されるのか ~割と進んでいた2013年度の公共事業~

公共投資の確報値はまた下方修正されるのか ~割と進んでいた2013年度の公共事業~

グラフで見る東海経済(2014年7月)

2014年07月25日【今月の景気判断】東海経済は持ち直しが続いており、駆け込み需要の反動減からの回復がみられる。自動車生産は減少したが、輸送機械全体では増加に転じ、増税後の反動による影響は薄れつつある。雇用は底堅く推移し、春闘の賃上げ率の高まりにより所得面からの下支え効果も期待でき、個人消費や住宅投資の落ち込みに歯止めがかかっている。公共投資と設備投資も増加基調で、景気は駆け込み需要の反動減から脱しつつある。今後は、物価上昇による実質所得の下押しが懸念されるが、賃金や夏季賞与の増加など名目所得

日銀短観(2014年6月調査)結果

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年6月20日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

公共工事についてのレポートです。

様々な指標からみた公共投資の現状

様々な指標からみた公共投資の現状

2014年6月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済フローチャート ~日本経済の現状と6ヶ月見通し~

経済フローチャート~日本経済の現状と6ヶ月見通し(5月2日時点)~国内景況感消費税率引き上げ前の駆け込み需要を背景に1-3月期の景気は加速した。14 年4月の消費税率引き上げ後は景気が落ち込む可能性が高いが、悪化は一時的なものにとどまるだろう。輸出の持ち直しや設備投資の増加などをけん引役に、景気は緩やかな回復基調で推移すると予想する。現状①海外経済6ヶ月後(2014 年4‐6月期)(2014 年 10‐12 月期)⑨公共投資②輸出⑤設備投資③生産④企業収益国内需要⑦個人消費⑥雇用・賃金⑧住宅投資

2014年5月18日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

国民経済の強靭性と産業、財政金融政策の関連性についての実証研究

ノンテクニカルサマリー 国民経済の強靭性と産業、財政金融政策の関連性についての実証研究 前岡 健一郎 (防衛省) 神田 佑亮 (京都大学) 中野 剛志 (コンサルティングフェロー) 久米 功一 (リクルートワークス研究所) 藤井 聡 (ファカルティフェロー) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表

2014年5月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+5.5%を予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年1-3月期GDP一次速報予測~前期比年率+5.5%を予測駆け込みによる個人消費の増加が成長を後押し ◆2014年1-3月期のGDP一次速報(2014年5月15日公表予定)では、実質GDPが前期比年率+5.5%(前期比+1.3%)と、6四半期連続のプラス成長を予測する。2014年4月の消費税率引き上げを前に駆け込み需要が本格化したことで、個人消費が大幅に増加した。加えて、設備投資が大きく伸びた

2014年2月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の動向(2014年1月) ~請負金額は予想外の急増だが。。。~

公共投資の動向(2014年1月) ~請負金額は予想外の急増だが。。。~

2013年10~12月期のGDP(1次速報)予測

2014年01月31日2月17日に公表予定の2013年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比+0.5%(年率換算+2.2%)となったと見込まれ、景気持ち直しが続いていることを確認する結果となろう。中でも高い伸びが見込まれるのが個人消費と設備投資である。公共投資も引き続き増加しており、この結果、内需の寄与度は+1.0%まで高まったと予想される。一方、輸出が緩やかな伸びにとどまった半面、輸入は順調に増加しており、外需寄与度は前期比-0.5%と2四半期連続で大きめのマイナスとなったと見込まれる。名

2014年1月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の動向(2013年12月) ~昨年2月策定の緊急経済対策の効果は息切れ~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:公共投資の動向(2013年12月)発表日2014年1月17日(金)~昨年2月策定の緊急経済対策の効果は息切れ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525○緊急経済対策の押し上げ効果はピークアウト公共事業の発注段階の動向を示す統計である公共工事前払金保証統計によると、2013 年 12 月の公共工事請負金額は前年比+7.5%(11 月:同+4.9%)と増加幅が拡大した。内訳をみると、

2014年1月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済フローチャート ~日本経済の現状と6ヶ月見通し~

経済フローチャート~日本経済の現状と6ヶ月見通し(12 月 6 日時点)~国内景況感内需が好調に推移していることに加え、輸出が持ち直しており、景気は回復局面にある。当面、消費税率引き上げ前の駆け込み需要や設備投資の増加などを背景として景気回復感が強まるとみられるが、14 年4月の消費税率引き上げ後は一時的に景気が落ち込む可能性が高い。現状①海外経済6ヶ月後(2013 年 10‐12 月期) (2014 年4‐6月期)⑨公共投資②輸出⑤設備投資③生産④企業収益国内需要⑦個人消費⑥雇用・賃金⑧住宅投

2013年12月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の動向(2013年11月) ~統計と実態との乖離に注意~

公共投資の動向(2013年11月) ~統計と実態との乖離に注意~

2013年12月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

7-9月期の設備投資は過小推計されていた? ~公共投資のテクニカルな過大推計により、7-9月期の設備投資が実態を下振れている可能性あり~

7-9月期の設備投資は過小推計されていた? ~公共投資のテクニカルな過大推計により、7-9月期の設備投資が実態を下振れている可能性あり~

2013年7~9月期のGDP(2次速報)結果

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2013年11月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

公共投資の「選択と集中」、PPP/PFIの拡大がカギ

公共投資の「選択と集中」、PPP/PFIの拡大がカギ

2013/2014年度経済見通し(2013年11月)

2013年11月18日○2013年7~9月期の実質GDP成長率は前期比+0.5%(年率換算+1.9%)と4四半期連続でプラスとなった。景気が緩やかに持ち直していることは確認されたが、中身をみていくと、公共投資や在庫投資によって大きく押し上げられており、見た目ほど回復力に力強さはない。○2013年度後半は、実質GDP成長率の前期比プラス幅が年度末にかけて拡大する。海外景気の持ち直しを受けて輸出が前期比プラスに転じ、年度末にかけて消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって個人消費の伸び率が高まり、景気

2013年11月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の動向(2013年10月) ~公共投資は今後、景気の牽引役としての役目は期待できず~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:公共投資の動向(2013年10月)発表日2013年11月18日(月)~公共投資は今後、景気の牽引役としての役目は期待できず~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525○公共工事請負金額はピークアウト公共事業の発注段階の動向を示す統計である公共工事前払金保証統計(11 月 15 日公表)によると、10 月の公共工事請負金額は前年比+3.5%(9月:同+29.4%)と増加幅が縮小した。

2013年11月20日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

社会資本の生産力効果の再検討

ノンテクニカルサマリー 社会資本の生産力効果の再検討宮川 努 (ファカルティフェロー) 川崎 一泰 (東洋大学) 枝村 一磨 (NISTEP) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 産業・企業生産性向上プ

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し ~消費税率引き上げ後も景気回復は途切れず~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート2013~2015年度日本経済見通し~消費税率引き上げ後も景気回復は途切れず~発表日:2013年11月14日(木)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴(TEL:03-5221-4528)<要旨>日本・国内総生産(GDP)成長率予測値2013年度予測実質+2.7% (前回 +2.9%)名目+2.5% (前回 +2.6%)2014年度予測実質+0.9% (前回 +0.9%)名目+2.8% (前回 +2.8%)2015年度予測実

2013年11月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

財政悪化と施設老朽化が進む中でのインフラ整備~公共投資の「選択と集中」、PPP/PFIの拡大がカギ~

財政悪化と施設老朽化が進む中でのインフラ整備~公共投資の「選択と集中」、PPP/PFIの拡大がカギ~

2013年7~9月期のGDP(1次速報)結果

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013年7-9月期GDP(1次速報)予測 ~前期比年率+1.2%への減速を予想~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:2013年7-9月期GDP(1次速報)予測発表日:2013年10月30日(水)~前期比年率+1.2%への減速を予想~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○ 前期比年率+1.2%と、年前半の高成長から大幅減速を予想2013年7-9月期の実質GDP成長率(11月14日公表予定)を前期比年率+1.2%(前期比+0.3%)と予測する。7-9月期GDPについてのエコノミストのコンセンサス

2013年7~9月期のGDP(1次速報)予測

2013年10月31日11月14日に公表予定の2013年7~9月期の実質GDP成長率は、前期比+0.5%(年率換算+2.2%)となったと見込まれる。景気持ち直しは続いているが、今年前半と比べると、そのテンポは弱まったとみられる。持ち直しテンポが鈍化した要因は、今年前半の景気をけん引してきた輸出と個人消費がいずれも前期比でマイナスに転じたためである。輸入の増加は続いており、外需寄与度は前期比-0.5%と大きくマイナスに転じたと見込まれる。一方、公共投資は大幅に増加したとみられるほか、設備投資の増加

2013年10月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の動向(2013年9月) ~7-9月期公共投資は前期比で高い伸びに~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:公共投資の動向(2013年9月)発表日2013年10月17日(木)~7-9月期公共投資は前期比で高い伸びに~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525○公共工事請負金額は高水準も、急増局面は終了か公共事業の発注段階の動向を示す統計である公共工事前払金保証統計(10 月 15 日公表)によると、9月の公共工事請負金額は前年比+29.4%(8月:同+7.9%)と増加幅が拡大した。前月は

2013年10月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

財政不安のない東京五輪開催を期待したい

トップレポート・コラムコラム財政不安のない東京五輪開催を期待したい ここから本文です財政不安のない東京五輪開催を期待したい政策調査部 経済システム調査グループリーダー シニアエコノミスト 神田 慶司 2020年の夏季オリンピック・パラリンピック(五輪)が東京で開催される。56年ぶりの東京五輪開催に、日本中が喜びに沸いたことは記憶に新しい。日本はこの5年の間に、リーマン・ショックや東日本大震災、原発事故といった未曾有の経験をしてきた。現在も震災復興などの課題が残るものの、日本人一人ひとりの努力と支

2013年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日米経済見通し 日本 ~13年度は高成長。14年度も景気後退は避けられる~

経済トレンド2013~2015 年度日米経済見通しⅠ.日本経済見通し ~13 年度は高成長。14 年度も景気後退は避けられる~経済調査部 新家 義貴(要旨)○実質GDP成長率の見通しは、2013 年度が+2.9%(6月時点予測:+2.9%)、2014 年度が+0.9%(同:+0.4%)、2015 年度が+1.1%である(同:+1.2%)。今回予測から、14 年、15 年にそれぞれ5兆円規模(うち公共投資3兆円)の補正予算が策定されるとの想定を置いたことから、14 年度の成長率を上方修正した。○1

2013年9月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の動向(2013年8月) ~出来高は高い伸びが続く。先行指標である請負金額の急増局面は終了か~

公共投資の動向(2013年8月) ~出来高は高い伸びが続く。先行指標である請負金額の急増局面は終了か~

2013年9月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013年4-6月期GDP(2次速報値)の予測 ~前期比年率+3.7%へ大幅上方修正か~

Economic Indicatorsテーマ:2013年4-6月期GDP(2次速報値)の予測~前期比年率+3.7%へ大幅上方修正か定例経済指標レポート発表日:2013年9月2日(月)~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○13 年前半の高成長を確認9月9日に内閣府から公表される 2013 年4-6月期実質GDP(2次速報)を前期比年率+3.7%(前期比+0.9%)と、1次速報段階の前期比年率+2.6%(前期比+0.6%)から大きく上方修正され

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済フローチャート ~日本経済の現状と6ヶ月見通し~

経済フローチャート~日本経済の現状と6ヶ月見通し(7月 29 日時点)~国内景況感輸出が持ち直していることに加え、内需も好調に推移しており、景気は回復局面にある。先行きは、輸出の回復力が増していくことや、経済対策効果、消費税率引き上げ前の駆け込み需要などを背景として、景気回復感が強まる可能性が高い。現状①世界経済6ヶ月後(2013 年7-9月期)(2014 年1-3月期)⑨公共投資②輸出⑤設備投資③生産④企業収益⑦個人消費⑥雇用・賃金国内需要⑧住宅投資⑩物価(注)矢印の方向は、各種関連統計、当社

グラフで見る東海経済(2013年8月)

2013年08月28日【今月の景気判断】東海経済は持ち直している。自動車の増産が一服し、輸送機械の生産が減少に転じたものの、海外景気の回復を背景に、輸出は持ち直し傾向が続いている。また、個人消費は高額消費の好調が続き、住宅投資も消費増税前の駆け込み需要が本格化し始めている。公共投資も国・地方いずれの発注も増加している。一方、雇用環境は、有効求人倍率が製造業を中心に3県ともに改善したが、常用雇用は全国に比べて弱めの動きが続いている。所定内給与が2ヶ月連続で増加しているが、賃金全体では緩やかな持ち直

2013年8月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の動向(2013年7月) ~請負金額、出来高ともに前年比大幅増加が続く。出来高は7-9月期も好調が維持されよう~

公共投資の動向(2013年7月) ~請負金額、出来高ともに前年比大幅増加が続く。出来高は7-9月期も好調が維持されよう~

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し ~14年、15年に追加経済対策を想定したことで、14年度の成長率見通しを上方修正~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート2013~2015年度日本経済見通し~14年、15年に追加経済対策を想定したことで、14年度の成長率見通しを上方修正~発表日:2013年8月12日(月)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴(TEL:03-5221-4528)<要旨>日本・国内総生産(GDP)成長率予測値2013年度予測実質+2.8% (前回 +2.9%)名目+2.6% (前回 +2.7%)2014年度予測実質+0.9% (前回 +0.4%)名目+2.8%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ