「公共施設」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月7日ブライト・ウェイフィードバック数:0ライフスタイル

受動喫煙防止策についてアンケート ブライト・ウェイ

[] 株式会社ブライト・ウェイ(本社東京 代表取締役 高祖 智明)が発行する育児情報誌mikuでは、子育て家族の意識や生活状況を知るために毎号さまざまな視点でアンケ-トを実施しています。miku春号では、家族の日常の食事の現状と、先の国会で提案されずに終わった受動喫煙防止策についてアンケートを実施しました。働き方改革・受動喫煙防止法案について考えさせられる結果となりました。■ポイント ●過半数の52.9%の家庭で、パパの帰りが遅くて平日の夕食時にパパがいない ●食事の準備は9割がママで、交代制や

2016年2月18日内閣府★★フィードバック数:0社会/政治

ベビーカーマークに関する世論調査(平成27年12月調査)

「ベビーカーマークに関する世論調査」の概要内閣府政府広報室1調 査目 的ベビーカーマークに関する国民の意識を把握し,今後の施策の参考とする。2調 査項 目(1) ベビーカーマークの認知度(2) ベビーカー使用者の気遣い(3) 周囲の人の許容度(4) 安全に利用するための留意事項の認知度(5) ベビーカーマークの認知度向上のための取組(6) 環境整備のために重要な施策3関 係省 庁国土交通省4調 査対 象(1) 母集団 全国 20 歳以上の日本国籍を有する者(2) 標本数 3,000 人(3) 抽

2015年5月29日京都大学フィードバック数:0社会/政治

PFI事業におけるVFMと事業方式に関する実証分析-日本のPFI事業のデータを用いて-

KIER DISCUSSION PAPER SERIESKYOTO INSTITUTEOFECONOMIC RESEARCHDiscussion Paper No.1501“PFI 事業における VFM と事業方式に関する実証分析”-日本の PFI 事業のデータを用いて-要藤正任・溝端泰和・林田雄介2015 年 5 月KYOTO UNIVERSITYKYOTO, JAPANPFI 事業における VFM と事業方式に関する実証分析*-日本の PFI 事業のデータを用いて-要藤正任†・溝端 泰和‡・

2015年2月22日消防庁フィードバック数:0社会/政治

防災拠点となる公共施設等の耐震化推進状況調査

平成27年2月18日消防庁防災拠点となる公共施設等の耐震化推進状況調査結果1 調査目的公共施設等は、多数の利用者が見込まれるほか、地震災害の発生時には災害応急対策の実施拠点や避難所になるなど、防災拠点としても重要な役割を果たしていることから、これら施設を対象とした平成 25 年度末の耐震化進捗状況を確認するため、調査を実施しました。2 調査結果○ 地方公共団体が所有又は管理する防災拠点となる公共施設等の耐震率平成 25 年度末:85.4%(平成 24 年度末:82.6%)平成 25 年度末時点で

2015年2月19日山口県フィードバック数:0社会/政治

防災拠点となる公共施設の耐震化推進状況調査結果の全国及び県内状況について(平成26年3月末現在)

防災拠点となる公共施設の耐震化推進状況調査結果の全国及び県内状況について(平成26年3月末現在)平成27年 (2015年) 2月 18日このことについて、本日、消防庁から、別添のとおり「防災拠点となる公共施設等の耐震化推進状況調査結果」が発表されましたが、このうち本県内の状況については、下記のとおりです。記1 消防庁発表資料下記関連リンクを参照。2 県内の状況について県有施設の耐震化率は全国平均を上回る90.8%となった。市町有施設については前年比で4.2ポイント上昇したものの全国平均を下回って

2015年2月15日日本政策投資銀行★フィードバック数:0社会/政治

日本政策投資銀行の調査です。

公共施設に関する住民意識調査(平成26年度版)

2015年2月株式会社日本政策投資銀行 地域企画部株式会社日本経済研究所 社会インフラ本部「公共施設に関する住民意識調査(平成26年度版)」~ 9割の住民が公共施設の再編成に賛成。不便になっても許容できるとの回答も9割 ~本調査は、昨年度「公共施設に関する住民意識調査」(2014年2月リリース)の続編となっている。日本の公共施設は高度経済成長期に建てられたものが多く、老朽化が進んでおり、近い将来、建替えの時期を迎えるが、自治体の財政は厳しく、すべての公共施設を更新することは困難となっている。公共

2015年1月27日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 理想の住まい(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ住んでみたい理想の家のタイプは、1位が「一戸建て・2階建て」で4割弱、2位が「一戸建て・平屋(1階建て)」で2割弱。持家居住意向者は全体の8割弱、賃貸居住者の6〜7割 居住環境の理想は「交通網が発達し、公共施設や商業施設の多い都市部」「都市部からやや離れた郊外」が上位2位 理想の住まいに欲しい部屋は「キッチン」「リビングルーム(居間)」がトップ2、「独立したバス・トイレ」「洗面所」「ベッドルーム(寝室)」「脱衣所」「ダイニングルーム」「ウォ

PPP/PFIの推進に向けたアンケート調査

トップPolicy(提言・報告書)都市住宅、地域活性化、観光PPP/PFIの推進に向けたアンケート調査報告 Policy(提言・報告書) 都市住宅、地域活性化、観光PPP/PFIの推進に向けたアンケート調査報告 2014年6月17日一般社団法人 日本経済団体連合会都市・地域政策委員会 PPP推進部会 わが国経済が民間主導の成長軌道を描いていくためには、担い手である民間企業の力を最大限引き出すことが不可欠であり、これを喚起する施策のひとつとしてPPP/PFIのさらなる活用が求められている。また

2014年2月16日消防庁フィードバック数:0社会/政治

防災拠点となる公共施設等の耐震化推進状況調査結果

防災拠点となる公共施設等の耐震化推進状況調査結果

2013年12月3日総務省★フィードバック数:0社会/政治

老朽化施設についての調査です。

公共施設等の解体撤去事業に関する調査

報道資料「公共施設等の解体撤去事業に関する調査」結果の公表 総務省では、地方公共団体における解体撤去の意向のある公共施設等の状況について調査を実施しました。この度、本調査結果を取りまとめましたので公表します。連絡先 自治財政局 地方債課担当:君塚課長補佐、丸尾係長電話:(内線)23393、23406(直通)03-5253-5629(FAX)03-5253-5631

2013年4月2日日本総研★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

自治体対象のアンケートです。

地方自治体の電力関連事業への関心と関与の可能性に関するアンケート調査

2013年3月29日各位株式会社日本総合研究所地方自治体の電力関連事業への関心と関与の可能性に関する アンケート調査結果・現状では自家消費や売電目的の太陽光発電が中心、供給・需要調整関連への取り組みは遅れている ・自家発電を目的とする再エネ活用が主流だが、地域エネルギーマネジメントに関心を示す先進自治体もあり ・事業の具体化にあたっては、特に基礎自治体で官民連携型事業に意欲  株式会社日本総合研究所(本社: 東京都品川区、代表取締役社長: 藤井順輔、以下「日本総研」)は、地方自治体の電力関連事業

中国のデジタルサイネージ 最新動向と将来展望

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ 中国のデジタルサイネージ 最新動向と将来展望[本書のポイント]◆ 北京・上海・広州のデジタルサイネージ設置事例を詳細調査。◆ 大手メディア3社の広告料金、北京・上海・広州の広告出稿プロセス・法規制などの基本情報を収載。◆ デジタルサイネージ事業者(72社)の概略を収載。◆ 2015年までのデジタルサイネージ市場を予測。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シー

2012年12月3日消防庁フィードバック数:8社会/政治

防災拠点となる公共施設等の耐震化推進状況調査結果

防災拠点となる公共施設等の耐震化推進状況調査結果

2011年12月12日消防庁フィードバック数:0社会/政治

防災拠点となる公共施設等の耐震化推進状況調査結果

平成23年12月9日消防庁防災拠点となる公共施設等の耐震化推進状況調査結果1 調査結果地方公共団体が所有又は管理する防災拠点となる公共施設等の耐震率※○平成 22 年度末:75.7%平成 22 年度末時点で地方公共団体が所有又は管理する防災拠点となる公共施設等は179,491 棟で、このうち135,860 棟の耐震性が確保されており、耐震率は75.7%となります。なお、前回調査(平成 21 年度末:70.9%(被災 3 県除き 70.8%))と比較すると、4.8 ポイント(被災 3 県除き 4.

2011年4月15日マクロミルフィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

節電に関する調査

2011年04月15日節電により'ライフスタイルが変化した'7割。「家の中で過ごすことが増えた」交通や施設の節電に対し「支障はあるが継続は止むを得ない」約6割。家庭では、「照明をこまめに消す」「エアコンの温度調整」「コンセントを抜く」夏の電力不足を乗り切るために'備えをする'人は、4割超。インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、山梨県の20才以上の男女に、「節電に関する調査」を実施いたしました。調

2009年2月2日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

お店のトイレに求めるのは?「便座除菌クリーナーの設置」6割~不衛生だと「思う」「思わない」で設置希望アイテムに差も

お店のトイレに求めるのは?「便座除菌クリーナーの設置」6割 公共トイレに関する意識調査 お店のトイレに求めるのは?「便座除菌クリーナーの設置」6割~不衛生だと「思う」「思わない」で設置希望アイテムに差も不特定多数の人が使う外出先での「トイレ」。衛生面での意識や求める機能はどのようになっているのか?意識調査を行い、20代から40代を中心とするネットユーザー男女412名の回答を集計した。トイレは和式と洋式どちらがいいか?と聞いたところ、「洋式」が全体の89.1%とほとんどを占め、20代では98.2%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ