調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 公的固定資本形成

「公的固定資本形成」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2015年1~3月期GDP(一次速報)の結果から

2015/05/26経済・社会政策部 片岡剛士5月20日に内閣府から2015 年1~3月期GDP(一次速報)が公表された。そして今回、2015年1~3月期の値が明らかになったことで同時に2014 年度のGDP 統計が新たに公表されている。結果をみると、1~3月期の実質GDP 成長率(季節調整済前期比)は+0.6%(年率+2.4%)、名目GDP 成長率は+1.9%(年率+7.7%)となった。また2014 年度の実質GDP 成長率は-1.0%、名目GDP 成長率は+1.4%となった。四半期単位では2

2014年9月29日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

内閣府のまとめです。

堅調に推移する公共投資

今週の指標 No.1106 堅調に推移する公共投資 ポイント2014年9月29日公共投資に関する指標をみると、公共工事請負金額は2013年4月から2014年7月まで前年比で16ヶ月連続で増加、公共工事出来高は2012年2月以降前年比で30ヶ月連続で増加しており、公共投資は総じて堅調に推移している(図1)。そこで、堅調に推移する公共投資の近年の動向の特徴を確認するとともに、請負金額と公的固定資本形成の相関について分析する。請負金額について、近年の動向を発注機関別に確認すると、2012年度の経済対策

日本経済(週次)予測(2014年9月22日)<公的固定資本形成は堅調だが、低調な民間消費、純輸出により、7-9月期の景気回復はもたつく>

日本経済(週次)予測(2014年9月22日)<公的固定資本形成は堅調だが、低調な民間消費、純輸出により、7-9月期の景気回復はもたつく>2014-09-22 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.48-景気は足下、先行きともに改善の方向にある [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに改善の方向にある- ・2月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりの前月比上昇。

2014年5月6日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

建設業の雇用についてのレポートです。

建設産業と雇用の動向に関する長期分析

労働市場分析レポート第 33 号平成 26 年5月2日建設産業と雇用の動向に関する長期分析建設産業の動向を長期的にみると、昭和 30 年代から 40 年代にかけての高度経済成長や、昭和 60 年のプラザ合意と円高不況に伴う内需拡大策などで産業規模が拡大し、さらに、平成 3 年のバブル崩壊後も、累次の経済対策を通じて拡張が続いた。こうして、建設就業者は平成 9 年にピークを迎えることとなったが、その後は一転して減少傾向にある。一方、近年では、公共投資や住宅投資が大きく増加し、建設業の業況は改善する

2013年9月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

公共投資の動向(2013年8月) ~出来高は高い伸びが続く。先行指標である請負金額の急増局面は終了か~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:公共投資の動向(2013年8月)発表日2013年9月17日(火)~出来高は高い伸びが続く。先行指標である請負金額の急増局面は終了か~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525○引き続き高水準。急増局面は終了か?公共事業の発注段階の動向を示す統計である公共工事前払金保証統計(9月 13 日公表)によると、8月の公共工事請負金額は前年比+7.9%(7月:同+29.4%)と増加幅が縮小し

2013年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治

2013年1-3月期の実質GDP~前期比0.8%(年率3.1%)を予測

2013年1-3月期の実質GDP~前期比0.8%(年率3.1%)を予測 | ニッセイ基礎研究所 2013年1-3月期の実質GDP~前期比0.8%(年率3.1%)を予測 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5/16に内閣府から公表される2013年1-3月期の実質GDPは、前期比0.8%(前期比年率3.1%)と2四半期連続のプラス成

日本経済(週次)予測(2013年2月25日)

No. 37CQM(超短期経済予測モデル)日本経済(週次)予測(2013 年 2 月 25 日)稲田義久(APIR 研究統括)内容に関するお問い合わせは下記までe-mail:inada-y@apir.or.jpポイントCQM 予測の動態:実質 GDP 成長率2013Q1 (%,前期比年率換算)5.03.9 4.03.01.822.01.921.771.00.0-1.0市場コンセンサス支出サイド主成分分析平均2/252/182/122/041/281/211/1412/3112/2412/1712

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ