調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 公益財団法人

「公益財団法人」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月14日全日本仏教会フィードバック数:0社会/政治

仏教に関する実態把握調査

仏教に関する実態把握調査 衣食住をはじめ、様々な場面で接する仏教文化について、実生活でどのように認知され浸透しているかを調査するべく、「仏教に関する実態把握調査」を実施しております。調査結果は下記PDFにてご覧いただけます。 ご意見・ご感想ご意見・ご感想がございましたら下記までお問い合わせください。〒105-0011 東京都港区芝公園4-7-4 公益財団法人 全日本仏教会 ご意見・ご感想がございましたら下記までお問い合わせください。〒105-0011 東京都港区芝公園4-7-4 公益財団法人

2016年「今年の漢字」

今年一年の世相を漢字一字で表現する2016年「今年の漢字」を11月1日(火)より全国から広く募集します。 インターネット、はがきでご応募いただいた方の中から抽選で、合計100名の方に右記の賞品をプレゼントします。なお、当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。 ご応募いただいた団体の中から抽選で右記のいずれかの賞品をプレゼントします。※抽選は応募団体単位で行います。消しゴムは当選団体の応募人数分をお送りします。当選団体の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。※個人

2016年12月9日連合総研フィードバック数:0キャリアとスキル

第32回「勤労者短観」

第32回「勤労者短観」(概要)「勤労者の仕事とくらしについてのアンケート調査」(正式名称)※「勤労者短観」は迅速に調査結果を公表することを重視し、調査月内に概要を公表しています。報告書は11月中に発行する予定です。 Copylight(C)公益財団法人 連合総合生活開発研究所〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-14 靖国九段南ビル5F TEL:03-5210-0851 FAX:03-5210-0852

2016年7月18日日本生産性本部★フィードバック数:0キャリアとスキル

平成28年度 新入社員「働くことの意識」調査

公益財団法人 日本生産性本部の「職業のあり方研究会」(座長 岩間夏樹)と一般社団法人 日本経済青年協議会は、平成28年度新入社員1,286人を対象にした「働くことの意識」調査結果をとり纏めた。この新入社員の意識調査は、昭和44年度に実施して以来48回目を数え、この種の調査ではわが国で最も歴史のあるものである。主な調査結果は以下のとおり。●「働く目的」では「楽しい生活をしたい」が増加(昨年度37.0%→41.7%)し、過去最高を更新した。「自分の能力をためす」は(昨年度13.4%→12.4%)過去

文章力に関するアンケート調査

【2016年度アンケート結果】論理的な文章力が身についていると感じている新入社員は5人に1人 2016年6月8日 【2016年度アンケート結果】論理的な文章力が身についていると感じている新入社員は5人に1人 2016年6月8日公益財団法人 日本漢字能力検定協会2016年度 新入社員へのアンケート調査結果 論理的な文章力が社会人にとって重要:98% 論理的な文章力が身についている:22%社会生活に必要な日本語・漢字の能力を高めることを理念とする公益財団法人 日本漢字能力検定協会は、2016年3

「漢検」資格活用状況調査

[公益財団法人 日本漢字能力検定協会] ,資格 高校 漢検 入試 漢字検定 高校入試 高専 入学試験 入試評価 単位認定

2015年12月11日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

第4回 キャリア支援に関する大学アンケート調査

「採用選考に関する指針」は学業・就活へ好影響をもたらさず就職活動・採用活動の望ましいあり方が議論されるなか、公益財団法人 日本生産性本部 就業力センター(センター長 夏目孝吉)では、今後の大学におけるキャリア支援に資するべく、全国の大学300校のキャリアセンターを対象に「キャリア支援に関する大学アンケート調査」を2011年より実施している。第4回目となる今回は「採用選考に関する指針」の効果検証を重点的に行った。□キャリア支援に関する大学アンケート調査 結果のポイント1.「採用選考に関する指針」の

2015年5月31日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

農林水産政策研究所レビューNo.65

農林水産政策研究所レビューNo.65 (2015年5月29日)目次巻頭言研究成果総括上席研究官(農業・農村領域) 吉田 行郷 世界の農業・農政シンポジウム概要セミナー概要紹介農林水産政策科学研究委託事業公益財団法人 流通経済研究所 専務理事 加藤 弘貴公益財団法人 流通経済研究所 主任研究員 重冨 貴子 ブックレビュー 企画広報室広報資料課ダイヤルイン:03-6737-9012FAX:03-6737-9098PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。A

2015年2月20日日本生産性本部★フィードバック数:0キャリアとスキル

日本生産性本部の調査です。

第6回「コア人材としての女性社員育成に関する調査」

第6回「コア人材としての女性社員育成に関する調査」結果概要 〜経営者や管理職の理解・関心が薄い理由は女性社員の育成経験がないこと〜産業界労使、学識経験者などで構成する公益財団法人日本生産性本部は、第6回「コア人材としての女性社員育成に関する調査」を実施した(2009年から毎年実施)。今回から、各地域の全国生産性機関の協力を得て、対象企業を拡大して調査を実施した。なお、当本部では、2008年に「ワーキングウーマン・パワーアップ会議」を発足し、働く女性の活躍を応援する活動を展開している。今回の調査結

未来の漢字

2014年度 お知らせ(協会) 【今年の漢字20周年】『未来の漢字』募集 発表イベント開催「今年の漢字」20周年を記念し、これからの時代をになう全国の小学生から、未来をイメージする漢字一字を公募した 『未来の漢字』募集の発表イベントを開催いたしましたので報告いたします。■『未来の漢字』発表イベント・開催日時:2014年12月26日(金)14:00~15:00・会場:京都・清水寺本堂 舞台(住所:京都府京都市東山区清水1-294)・発表者 :小学生20名※『未来の漢字』を応募した小学生(1~6年生

2014年12月18日日本生産性本部★フィードバック数:0ビジネス

日本生産性本部のレポートです。

日本の生産性の動向 2014年版

公益財団法人 日本生産性本部は「日本の生産性の動向 2014年版」をまとめた。本書は、2013年度の日本の労働生産性の動向、OECDデータなどを用いた労働生産性の国際比較、主要国の全要素生産性(TFP)の動向など生産性の現状をまとめたもの。主な内容は以下の通り。1.2013年度(年度ベース)の日本の名目労働生産性は764万円。実質労働生産性上昇率は+1.4%だったが、2014年度に入ると2四半期連続でマイナスに転じている。○2013年度の日本の名目労働生産性水準は764万円。昨年度から改善したも

2014年度グッドデザイン特別賞

グッドデザイン賞の審査において高く評価され、かつ多くの生活者から支持を得たデザインに贈られます。社会の課題に対する取り組みとしての内容、将来に向けた提案性や完成度の高さなど、総合的な観点から、グッドデザイン賞審査委員会が今年度もっとも優れていると評価したデザインに贈られます。来るべき社会の礎を築くと認められるデザインに対して贈られます。全国の中小企業による製品開発の中から、特に優れていると認められるデザインに対して贈られます。地域文化や風土に根ざし、地域活性化に資するデザインに対して贈られます。

2014年10月30日連合総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

連合総研のレポートです。

第28回「勤労者短観」(概要)

第28回「勤労者短観」結果概要 「勤労者の仕事とくらしについてのアンケート調査」(正式名称)※「勤労者短観」は迅速に調査結果を公表することを重視し、 なお、12月中旬に詳細な分析結果を公表する予定です。 Copylight(C)公益財団法人 連合総合生活開発研究所〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-14 靖国九段南ビル5F TEL:03-5210-0851 FAX:03-5210-0852

2014年6月27日日本生産性本部★フィードバック数:0キャリアとスキル

新入社員調査です。

平成26年度「新入社員働くことの意識」調査

公益財団法人 日本生産性本部(理事長 松川昌義)の「職業のあり方研究会」(座長 岩間夏樹)と一般社団法人 日本経済青年協議会(代表幹事 大塚恒博)は、平成26年度新入社員2,203人を対象にした「働くことの意識」調査結果をとり纏めた。この新入社員の意識調査は、昭和44年度に実施して以来46回目を数え、この種の調査ではわが国で最も歴史のあるものである。主な調査結果は以下のとおり。●「人並みか人並み以上か」では、「人並みで十分」が今年度さらに増加(昨年49.1→52.5%)。「人並み以上に働きたい」

2014年4月27日連合総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

仕事と生活についての調査です。

第27回「勤労者短観」

第27回「勤労者短観」結果概要 「勤労者の仕事とくらしについてのアンケート調査」(正式名称)※「勤労者短観」は迅速に調査結果を公表することを重視し、 なお、6月中旬に詳細な分析結果を公表する予定です。 Copylight(C)公益財団法人 連合総合生活開発研究所〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-14 靖国九段南ビル5F TEL:03-5210-0851 FAX:03-5210-0852

2014年3月27日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度 新入社員のタイプは「自動ブレーキ型」

公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川 昌義)の「職業のあり方研究会」(座長 ライズコーポレーション株式会社 代表取締役 岩間 夏樹氏)は、平成26年度の新入社員の特徴をまとめた。「職業のあり方研究会」は、若年者の就労支援、教育の専門家などで構成され、多くの企業や学校等の就職採用関係者の協力を得ながら、その年の新卒入社者の特徴や就職採用環境の動向などについて調査研究を行っている。平成26年度 新入社員のタイプについて知識豊富で敏感。就職活動も手堅く進め、そこそこの内定を得ると、壁にぶつかる前に

2014年3月23日日本生産性本部★★フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金、雇用についての調査です。

第14回 日本的雇用・人事の変容に関する調査

「第14回 日本的雇用・人事の変容に関する調査」仕事と賃金がミスマッチの年齢層、「50歳代」が約4割公益財団法人日本生産性本部産業界労使、学識経験者などで構成している公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)は、97年より、全上場企業を対象に「日本的雇用・人事の変容に関する調査」(旧「日本的人事制度の変容に関する調査」)を実施している。今回の調査は第14回にあたり、2013年10月下旬から12月中旬にかけて実施した。結果のポイントは以下の通り(調査概要はp12)。1.賃金制度の動向 (→p.

2014年2月2日日本生産性本部★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業対象の調査です。

第5回「コア人材としての女性社員育成に関する調査」

産業界労使、学識経験者などで構成する公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)は、第5回「コア人材としての女性社員育成に関する調査」を実施した(2009年から毎年実施)。なお、当本部では、2008年に「ワーキングウーマン・パワーアップ会議」を発足し、働く女性の活躍を応援する活動を展開している。 今回の調査結果の主なポイントは以下のとおり。1.役員、部長(相当職)、課長(相当職)のすべての役職で女性比率が増加し、女性管理職(課長ないし課長相当職以上)が増加したとする企業も増加している(56.9

2013年度グッドデザイン特別賞発表

グッドデザイン賞の審査において高く評価され、かつ多くの生活者から支持を得たデザインに贈られます。 該当なし社会の課題に対する取り組みとしての内容、将来に向けた提案性や完成度の高さなど、総合的な観点から、グッドデザイン賞審査委員会が今年度もっとも優れていると評価したデザインに贈られます。全国の中小企業による製品開発の中から、特に優れていると認められるデザインに対して贈られます。地域文化や風土に根ざし、地域活性化に資するデザインに対して贈られます。2013年度から新たに設けられ、来るべき社会の礎を築

2013年11月4日連合総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

ブラック企業もテーマになっています。

第26回「勤労者短観」

第26回「勤労者短観」結果概要第26回「勤労者短観」(概要) 「勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート調査」(正式名称) [2013年10月実施]※「勤労者短観」は迅速に調査結果を公表することを重視し、調査月内に概要を公表しています。なお、12月中旬に詳細な分析結果を公表する予定です。 Copylight(C)公益財団法人 連合総合生活開発研究所〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-14 靖国九段南ビル5F TEL:03-5210-0851 FAX:03-5210-0852

2013年10月14日家計経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

家計についての調査です。

消費生活に関するパネル調査(第20回調査結果)

消費生活に関するパネル調査 (第20回調査結果) 調査の目的パネル調査は、同じ人に複数回にわたって回答していただく調査の方法です。 同一個人を継続して調査することで、一人一人の生活の変化や長年の軌跡を知ること ができます。「消費生活に関するパネル調査」は、20代後半から50代 前半の幅広い年齢の女性に協力いただいています。 政策の立案資料や学術研究などを通して、 調査は社会生活の向上に役立てられています。 対象と方法 「消費生活に関するパネル調査」は、全国の28歳から53歳の女性を対象にした

2013年10月7日日本数学検定協会フィードバック数:0ライフスタイル

学力調査の平均正答率と「数学検定」4級合格率に相関

<調査報告>学力調査の平均正答率と「数学検定」4級合格率に相...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース <調査報告>学力調査の平均正答率と「数学検定」4級合格率に相関 公益財団法人 日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水 静海)は、この度、平成25年8月27日に文部科学省が発表した「平成25年度全国学力・学習状況調査」(以下、「学力調査」)の結果を受けて、当協会が実施いたします「実用数学技能検定」(以下、「数学検定」)の4級(*注)(中学校2年生程度)の合

2013年6月28日日本生産性本部★フィードバック数:32キャリアとスキル

恒例の調査です。

平成25年度「新入社員働くことの意識」調査

公益財団法人 日本生産性本部(理事長 松川昌義)の「職業のあり方研究会」(座長 岩間夏樹)と一般社団法人 日本経済青年協議会(代表幹事 大塚恒博)は、平成25年度新入社員を対象に実施した「働くことの意識」調査結果をとりまとめた。この新入社員の意識調査は、昭和44年度に実施して以来45回目を数え、この種の調査ではわが国で最も歴史のあるものである。主な調査結果は以下のとおり。「第一志望に入社」2009年以降最低の5割〜強まる“とりあえず内定”傾向〜【平成25年度新入社員「働くことの意識」調査結果のポ

2013年6月18日連合総研★フィードバック数:1キャリアとスキル

勤労者短観です。

第25回「勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート調査」

詳細 - 報告・研究アーカイブ報告書在庫/貸出し 頒価:--書籍在庫: 貸出:お問い合せください Copylight(C)公益財団法人 連合総合生活開発研究所〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-14 靖国九段南ビル5F TEL:03-5210-0851 FAX:03-5210-0852

2013年4月27日連合総研★フィードバック数:4キャリアとスキル

労働者の意識調査です。

第25回「勤労者短観」

第25回「勤労者短観」結果概要第25回「勤労者短観」(概要) 「勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート調査」(正式名称) [2013年4月実施]※「勤労者短観」は迅速に調査結果を公表することを重視し、調査月内に概要を公表しています。なお、6月中旬に詳細な分析結果を公表する予定です。 Copylight(C)公益財団法人 連合総合生活開発研究所〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-14 靖国九段南ビル5F TEL:03-5210-0851 FAX:03-5210-0852

多摩のまとめです。

多摩地域データブック~多摩地域主要統計表~2012(平成24)年版

多摩地域データブック~多摩地域主要統計表~2012(平成24)年版 多摩地域データブック~多摩地域主要統計表~2012(平成24)年版PDFファイルのダウンロードについてダウンロードには、多大な時間を要するものがあります。お手数をおかけしますが、いったんご自分のパソコンに保存した後、そのファイルからご覧になることをお勧めいたします。保存方法は、Windowsの場合、PDFアイコンを右クリックし、「対象をファイルに保存(A)」を選択してください。多摩地域データブック 2012(平成24)年版多摩

2013年4月17日連合総研★フィードバック数:3社会/政治

民主党の敗因を探っています。

「2012衆院選総選挙緊急調査」速報

「2012衆院選総選挙緊急調査」速報「2012衆院選総選挙緊急調査」速報 [2013年3月実施]資料1 資料2資料3 調査票・基礎クロス.pdf5月中に詳細な分析結果を公表する予定です。 Copylight(C)公益財団法人 連合総合生活開発研究所〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-14 靖国九段南ビル5F TEL:03-5210-0851 FAX:03-5210-0852

第5回東京2020オリンピック・パラリンピック招致支持率調査

ホームニュース 大会について 参加する 組織委員会について 言語切り替えニュース最新ニュース最新の20件を表示しています。 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 ©The Tokyo Organising Committee of the Olympic and Paralympic Games. All rights reserved. 東京2020 お問い合わせ窓口: 電話番号 (有料) 写真提供アフロスポーツ / ゲッティ イメージズ / フォート・キシモト

2012年12月12日日本生産性本部★フィードバック数:81キャリアとスキル

入社から半年経った新入社員の調査です。過去の調査との比較が含まれます。

2012年度 新入社員 秋の意識調査

<主なポイント> 1.【過去最高】「上司・先輩の指導育成」に対し、「期待以上」とする回答(31.0%) 入社前に描いていたイメージと現在の状況を比較して「上司・先輩の指導育成」に対し、「期待以上」とする回答が、2007年以来過去最高となった(31.0%)。2.【過去最高】「細かいことは下に任せ、上に立つもの(上司)はいつも大きな目で仕事を見ていて欲しい」とする回答(62.5%) 「細かいことは下に任せ、上に立つもの(上司)はいつも大きな目で仕事を見ていて欲しい」とする設問に、「そう思う」と答えた

2012年7月2日日本生産性本部★フィードバック数:24キャリアとスキル

新入社員の意識調査です。

平成24年度新入社員「働くことの意識」調査結果

公益財団法人 日本生産性本部(理事長 松川昌義)の「職業のあり方研究会」(座長 岩間夏樹)と社団法人 日本経済青年協議会(代表幹事 大塚恒博)は、平成24年度新入社員を対象に実施した「働くことの意識」調査結果をとりまとめた。この新入社員の意識調査は、昭和44年度に実施して以来44回目を数え、この種の調査ではわが国で最も歴史のあるものである。主な調査結果は以下のとおり。【平成24年度新入社員「働くことの意識」調査結果のポイント】 ----------------------------------

2012年4月4日日本生産性本部★フィードバック数:9ビジネス

課長と一般社員の意識の共通点・相違点がわかります。

日本の課長と一般社員 職場のコミュニケーションに関する意識調査

公益財団法人日本生産性本部報道機関各位平成24年3月29日日本の課長と一般社員職場のコミュニケーションに関する意識調査~価値観多様性に適応できるコミュニケーション力の向上が必須~公益財団法人 日本生産性本部公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)は、2011年6月から日本生産性本部主催の階層別公開セミナー等の受講者のうち、管理職層と一般社員層を対象に2種類のアンケートを実施した。今回は管理職層の回答の中から課長職のみの回答478件を抽出し、一般社員層の回答の中からは入社2年目社員から係長・

2012年3月28日日本生産性本部★フィードバック数:130キャリアとスキル

恒例のタイプ分析です。

平成24年度  新入社員のタイプは「奇跡の一本松型」

公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川 昌義)の「職業のあり方研究会」(座長 ライズコーポレーション株式会社 代表取締役 岩間 夏樹氏)は、平成24年度の新入社員の特徴をまとめた。この「職業のあり方研究会」は、学識経験者などで構成され、多くの企業 学校等の就職 採用関係者の協力を得ながら、その年に新卒入社者の特徴や就職 採用環境の動向などについて調査研究を行っている。■平成24年度 新入社員の特徴(ポイント)●困難な就職活動の中での「頑張り」大卒予定者の就職内定率が過去3番目に低い(80.5%

2010年5月17日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

2009年度「能力・仕事別賃金実態調査」結果概要

公益財団法人日本生産性本部(理事長谷口恒明)と全国の生産性機関は、2003年より毎年、「能力・仕事別賃金実態調査」を実施している。人事処遇システムの能力・成果主義化が進む状況の中で、従来の年功基準である年齢・勤続・性・学歴等に代わる能力等級別賃金と職種別賃金の実態を明らかにした。

2008年12月9日連合総研フィードバック数:0キャリアとスキル

第16回「勤労者短観(勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート)」

第16回「勤労者短観」結果概要第16回「勤労者短観(勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート)」(2008年10月実施) Copylight(C)公益財団法人 連合総合生活開発研究所〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-14 靖国九段南ビル5F TEL:03-5210-0851 FAX:03-5210-0852

2008年6月30日日本生産性本部★フィードバック数:33キャリアとスキル

社会生産性本部による新入社員の意識調査です。

「働くことの意識」調査結果

公益財団法人日本生産性本部(理事長 谷口恒明)の「就職力センター」(所長 夏目孝吉、研究主幹 岩間夏樹)と社団法人 日本経済青年協議会(代表幹事 大塚恒博)は、平成22年度新入社員を対象に実施した「働くことの意識」調査結果をとりまとめた。この新入社員の意識調査は、昭和44年度に実施して以来42回目を数え、この種の調査ではわが国で最も歴史のあるものである。平成22年度新入社員(2,663)人の「働くことの意識」調査の主要結果●「第一志望の会社に入れたか」では昨年の62.3%から55.2%に減少した

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ