「共産党」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年7月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 政策『微修正』が奏功して景気底入れ ~リスク要因がくすぶるなか、今後も構造改革は先送りされるのか~

1/4Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国 政策『微修正』が奏功して景気底入れ~リスク要因がくすぶるなか、今後も構造改革は先送りされるのか~発表日:2014年7月16日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 4月と6月に実施した政策の『微修正』により中国経済の底入れが確認されつつある。不動産市況に懸念はあるが、資金供給策や国際金融市場の落ち着きにより国内の資金需給に改善の動きが出ている。新規融資や資金調達額は前年を上回

2014年6月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 カネはあるのに内需不振、事態は想像以上に厄介 ~共産党・政府はやはり「ビッグ・ブラザー」を抜け出せないのか~

中国 カネはあるのに内需不振、事態は想像以上に厄介 ~共産党・政府はやはり「ビッグ・ブラザー」を抜け出せないのか~

2014年4月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気、「7.5%前後」へのアプローチは上々 ~潜在的リスクは多いが、現状は政府が目指す方向に徐々に進んでいる~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国景気、「7.5%前後」へのアプローチは上々~潜在的リスクは多いが、現状は政府が目指す方向に徐々に進んでいる~発表日:2014年4月16日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済を巡ってはシャドーバンキングなどの問題が警戒されるなか、景気減速への懸念もあり、共産党及び政府の動きに注目が集まっている。先月の全人代は「期待はずれ」の内容だった一方、その後は徐々に課題解決に動く

2014年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

シャドーバンキング問題に揺れる中国経済 ~G20でも焦点に。全人代で改革の具体策は示されるか~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートシャドーバンキング問題に揺れる中国経済~G20でも焦点に。全人代で改革の具体策は示されるか~発表日:2014年2月25日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済を巡る不透明さは世界経済の「かく乱要因」になる懸念がある中、特に「シャドーバンキング」を巡る問題は、全体像が依然不明であることが事態を混乱させている。世界金融危機後に実施した大規模景気対策が直接的なきっかけになったが

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、政府の成長率目標達成も景気は「一進一退」 ~世界経済のリスク要因となるなか、成長の「質」重視に向け構造転換は急務~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国、政府の成長率目標達成も景気は「一進一退」~世界経済のリスク要因となるなか、成長の「質」重視に向け構造転換は急務~発表日:2014年1月20日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 昨年半ばを底に景気回復の動きが出た中国だが、依然として「一進一退」の状況が続いている。昨年1012月期の実質GDP成長率は前年比+7.7%と前期(同+7.8%)からやや減速し、前期比年率ベースでも減

2014年1月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

景気指標からみえる中国経済の課題 ~共産党・政府が改革の「具体策」を早急に示す必要は明らか~

景気指標からみえる中国経済の課題 ~共産党・政府が改革の「具体策」を早急に示す必要は明らか~

2013年12月3日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU China Economic TOPICS:2020年に向けた中国の改革深化に関する政策方針~共産党第18期三中全会での「決定」について~

BTMU China Economic TOPICS:2020年に向けた中国の改革深化に関する政策方針~共産党第18期三中全会での「決定」について~

2013年11月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、成長モデルの転換が進まない中での三中全会 ~資金動向に新たな疑惑も出る中、透明性向上に金融市場改革は進むか~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国、成長モデルの転換が進まない中での三中全会~資金動向に新たな疑惑も出る中、透明性向上に金融市場改革は進むか~発表日:2013年11月11日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国景気の底入れ期待が高まっているが、景気拡大の原動力は未だ外需や投資の回復に留まる。米国景気の回復期待や国際金融市場の動揺一服は外需を押し上げる中、固定資本投資も拡大が続く。なお、10月単月では不動産

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ