「内部監査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2015年内部監査全世界実態調査

2015年内部監査全世界実態調査‐ 急激な変革の時代において内部監査の「真北」を目指す‐今回で第11回目となるPwCの内部監査全世界実態調査は、世界中の計1,300名の内部監査部門長や利害関係者(役員会メンバー、マネジメントなど)に調査した結果を取りまとめたものです。今日の企業は新しいビジネス戦略を推進していることから、内部監査が企業において重要な位置を維持し価値を提供し続けるには内部監査も同じペースで進化しなければなりません。PwCは、組織が現在の状態から望んでいる場所にたどり着くための理想目

企業の内部監査についての調査です。

2014年内部監査全世界実態調査

2014年内部監査全世界実態調査 ‐より強固なパフォーマンスをデザインする:革新のための青写真‐今回で第10回目となるPwCの内部監査全世界実態調査は、常に進化し続ける内部監査業務に関して1,900名を超える内部監査部門長や利害関係者(役員会メンバー、マネジメントなど)に行った調査結果とそれに対する私どもPwCの見解を紹介しています。また、内部監査業務に対するニーズや変化し続ける要請に内部監査が取り組む上で手助けとなるような見識や分析を提供しています。昨年度の調査では、内部監査の利害関係者が期待

珍しいテーマでの調査です。

内部監査全世界実態調査2013 Reaching greater heights

内部監査全世界実態調査2013 Reaching greater heights ~あなたの会社の内部監査部門は改善へ向けた準備ができていますか~内部監査部門がより多くの価値を組織にもたらす機会、そして要望が存在する。今回で第9回目となるPwCの内部監査全世界実態調査によると、企業がマーケットのボラティリティや複雑性を受け入れ、政治および法令規則上の変革を避けられない現状において、内部監査部門にとって真に有意義な方法で組織やビジネスに貢献できる機会があることが判明しました。一方で、調査に回答した

日本企業のITのBCPについての調査です。

IT-BCPサーベイ2013

プライスウォーターハウスクーパース、日本企業の情報システムの継続性維持管理の実態を調査した「IT-BCPサーベイ2013」の結果を発表企業のIT-BCP策定率は約7割にとどまる。組織内へのIT-BCPの浸透が課題2013年4月23日プライスウォーターハウスクーパース株式会社プライスウォーターハウスクーパース株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:椎名 茂)は、日本国内の上場企業および有力未上場企業500社(外資系企業の日本支社含む)を対象に、企業の情報システムの継続性維持管理の実態を調査し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ