「内閣府」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年7月28日農林水産省★★フィードバック数:0社会/政治

食育に関する意識調査報告書

次の調査の企画・実施を委託しております。 食育に関する意識調査報告書「食育に関する意識調査報告書」(平成28年3月 内閣府食育推進室) お問合せ先消費・安全局消費者行政・食育課担当者:食育計画班 代表:03-3502-8111(内線4576) ダイヤルイン:03-3502-5724 FAX番号:03-3502-0594

2016年6月23日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

労働市場の未来推計

多くの業種で、人手不足が課題となっています。そこで、パーソル総合研究所では、約10年後の2025年に向けて、経済成長率0.8%を維持するために必要な就業者数の推計と、人口動態から推計した就業者数のギャップを算出しました(※1)。そこから見えてきたのは、2025年に約600万人の人手不足が懸念されることです。今後、どれくらい人手不足解消の余地や可能性があるのか、先進諸国などの状況をベンチマークとして推計しました。 ※1:経済成長率0.8%(内閣府『中長期の経済財政に関する試算』におけるベースライ

2015年6月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年4月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月機械受注弱気のコンセンサスを大幅に上回る良好な結果 2015年6月10日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年4月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+3.8%となり、市場コンセンサス(同▲2.1%)を上回った。前月に内閣府より公表された見通しでは4-6月期に大幅な減少が見込まれていたことから、機械受注の減少

2015年2月12日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年12月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月機械受注このところの減速懸念を払しょくする強い結果 2015年2月12日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年12月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+8.3%となり、市場コンセンサス(同+2.3%)を上回る結果となった。このところ機械受注はやや減速感が見られていたが、増加傾向が続いていることを確認させる

2014年12月25日東京都★フィードバック数:0社会/政治

東京都のまとめです。

都民経済計算(都内総生産等)25年度速報・26年度見込

都民経済計算(都内総生産等)平成26年12月24日総務局 都民経済計算の平成24年度年報を基に計算した平成25年度速報及び平成26年度見込がまとまりましたので、お知らせします。都民経済計算では、国内総生産(GDP)の都内分である都内総生産を推計しており、都内の経済活動の規模や動向などを明らかにしていますが、本資料は、これらの速報・見込です。※この速報及び見込は、平成26年12月8日までに公表されたデータを基に計算しており、今後、速報値及び見込値は改定されます。平成26年度見込都内総生産(名目)9

2014年4月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

ボランティアは定着するか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ボランティアは定着するか「共助」が求められる中で 社会保障の財源不足が問題となっている。医療や介護においても、もはや国が主体の「公助」のみに頼らず、自身の健康について自ら維持・管理していく「自助」が求められるようになった。さらに震災後に大きく見直された親族・近隣との『絆』なども後押しとなり、地域コミュニティや住民同士の支えあいに基づく『地域包括ケア』などの「共助」が政策としても取り上げられるようになっ

2013年12月2日東京都フィードバック数:0社会/政治

都民経済計算(都内総生産等)24年度速報・25年度見込

都民経済計算(都内総生産等) ―平成24年度速報・平成25年度見込―(旧 都内経済成長率の予測)平成25年11月28日総務局 都民経済計算の平成23年度年報を基に計算した平成24年度速報及び平成25年度見込がまとまりましたので、お知らせします。都民経済計算では、国内総生産(GDP)の都内分である都内総生産を推計しており、都内の経済活動の規模や動向などを明らかにしていますが、本資料は、これらの速報・見込です。《平成25年度見込》都内総生産(名目) 94兆7千億円実質経済成長率 1.9%増1 都内総

2013年4月4日厚生労働省フィードバック数:8ライフスタイル

福祉避難所指定状況調査結果(平成24年9月末時点)

災害救助・救援対策災害救助法等関係業務の内閣府への移管について災害対策基本法等の一部を改正する法律(平成25年法律第54号)の施行に伴い、これまで厚生労働省で所管していた災害救助法、 災害弔慰金、災害障害見舞金及び災害援護資金等の関係業務については、平成25年10月より、内閣府に移管されております。各制度の情報につきましては、内閣府 防災情報のホームページをご確認いただきますよう、宜しくお願いいたします。内閣府:防災情報のページ 防災対策制度 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1

2013年4月2日大和総研フィードバック数:6社会/政治

注目されない輸出価格の上昇

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 昨年末以降の円安の進展にもかかわらず、輸出数量は依然緩やかな減少が続いている。しかし一方で、輸出金額は昨年10月を底に持ち直しており、それは取りも直さず、輸出価格が大幅に上昇しているためである。景気を考える上では実質ベースの動きが重視され、輸出価格への注目度はそれほど高くないが、足下の円建て輸出価格の動向を見てみると、急激な円安を背景に、実は過去最高水準まで上昇している。円安によって国内における相対的

2009年1月19日アイシェアフィードバック数:0社会/政治

2009年の景気は4割が悪くなると予想~2008年度の景気悪化を実感6割

2009年の景気は4割が悪くなると予想~2008年度の景気悪化を実感6割 景気の現状に関する意識調査 2009年の景気は4割が悪くなると予想~2008年度の景気悪化を実感6割未曾有の金融・経済危機に直面し、経済が劇的に変化した2008年は景気や雇用に大きな影響を及ぼしたが、生活者は景気の変化をどう実感しているのだろうか。20代から40代を中心とするネットユーザー男女416名の回答を集計し、2007年12月に内閣府が実施した「景気ウォッチャー調査」の結果と比較した。2008年の景気について、200

2009年1月5日アイシェアフィードバック数:0マーケティング

ネットユーザーの生活満足度、内閣府調査に比べて低め~7割が「不満」資産・貯蓄の満足度

ネットユーザーの生活満足度、内閣府調査に比べて低め 生活環境に関する意識調査 ネットユーザーの生活満足度、内閣府調査に比べて低め~7割が「不満」資産・貯蓄の満足度6月、内閣府は国民の意識を把握するため、国民生活に関する世論調査を行った。現在の生活満足度を「所得・収入」「資産・貯蓄」「自動車、電気製品、家具などの耐久消費財」「食生活」「住生活」「自己啓発・能力向上」「レジャー・余暇生活」の7項目それぞれに聞いている。回答者の6割が50代以上の内閣府調査と、20代から40代を中心とするネットユーザー

2009年1月5日アイシェアフィードバック数:0キャリアとスキル

世帯の収入「去年より少なくなった」半数、4割弱が「稼ぎ手に失業等の心配ある」

世帯の収入「去年より少なくなった」半数、4割弱が「稼ぎ手に失業等の心配ある」 生活の不安に関する意識調査 世帯の収入「去年より少なくなった」半数、4割弱が「稼ぎ手に失業等の心配ある」日銀が15日に発表した2008年12月の企業短期経済観測調査(短観)によると、景気判断の目安となる業況判断指数(DI)は大企業製造業でマイナス24で、前回9月の調査から21ポイント低下した。金融危機の影響を受け、1974年のオイルショック時に続く過去2番目の大幅悪化となった。そんな景気状況を消費者はどう見ているのだろ

2008年7月28日日経BP★フィードバック数:0モバイル

BPによる携帯電話の普及状況に関するアンケートです。「中高年で急上昇」とのことです。

飽和に近付いた携帯電話市場、中高年単身世帯では急上昇

ここ数年、飽和に近づいていると言われる国内携帯電話機市場。普及率についてもほとんど変化がないように思われている。実際、内閣府が毎年発表している「消費動向調査」にある携帯電話機の世帯普及率は2008年3月が90.5%。2003年3月末が83.3%だったので5年間の変化はわずか7ポイントしかない。ところがこの消費動向調査の中で、携帯電話機の世帯普及率を詳細に見ていくと大きな変化が起きていることが分かる。単身世帯の携帯電話機普及率、50歳以上で大幅アップ内閣府の消費動向調査でよく知られているのは一般世

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ