調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 内閣府記者クラブ

「内閣府記者クラブ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月9日富士通フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し(2015年6月改訂)

【PRESS RELEASE】2015・2016年度経済見通し(2015年6月改訂)2015年6月8日株式会社富士通総研 2015・2016年度経済見通し(2015年6月改訂)当社は、2015年1~3月期のGDP統計(2次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。今後の日本経済は、実質賃金上昇とマインドの改善により個人消費が回復し、国内生産への回帰による稼働率の向上に伴い、能力増強を伴う設備投資も次第に活発化し、世界経済の回復を背景とした輸出の増加と合わせて、引き続き緩やかな拡大を続けていく

2015年3月10日富士通フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し(2015年3月改訂)

PRESS RELEASE2015年3月9日 株式会社富士通総研2015・2016年度経済見通し(2015年3月改訂)当社は、2014年10~12月期のGDP統計(2次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。今後の日本経済は、実質賃金上昇により個人消費が堅調に推移し、維持更新や省力化投資を中心に設備投資が増え、アメリカを中心とする世界経済の回復を背景に輸出も増勢を保ち、加えて原油価格下落による企業、家計の実質購買力の増加が景気を下支えすることで、景気拡大は持続していくとの前回見通しのシナリ

2014年12月9日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し(2014年12月改訂)

PRESS RELEASE2014年12月8日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し(2014年12月改訂)当社は、2014年7~9月期のGDP統計(2次速報)および2013年度確報の発表を受け、経済見通しを改訂しました。日本経済は、生産が増加に転じ輸出の増勢も強まるなど、今年初めから夏場にかけての軽微な景気後退からはすでに脱却しており、2015年度にかけては景気の賃金への波及も着実に進み、景気拡大が持続していくとの前回見通しのシナリオに変更はありません。統計の改訂に伴い、予測値は微

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ