「再生利用」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月3日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年度 食品廃棄物等の年間発生量及び食品循環資源の再生利用等実施率について

平成25年度 食品廃棄物等の年間発生量及び食品循環資源の再生利用等実施率について農林水産省は、食品リサイクル法に基づく定期報告結果と食品循環資源の再生利用等実態調査結果を用いた推計により、平成 25 年度食品廃棄物等の発生量及び食品循環資源の再生利用等実施率を取りまとめました。 概要農林水産省は、食品関連事業者の食品廃棄物等の再生利用等を推進するために、食品廃棄物等の年間発生量が100トン以上の食品関連事業者を対象とした食品リサイクル法に基づく定期報告結果と、年間発生量100トン未満の食品

2014年12月28日農林水産省フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年の荒廃農地の面積について

平成25年の荒廃農地の面積について農林水産省は、平成25年の荒廃農地の面積を取りまとめました。 1. 背景農林水産省は、我が国の食料自給率の向上を図るためには、優良農地の確保と有効利用の促進が重要であることから、食料・農業・農村基本計画(平成22年3月30日閣議決定)に基づき、荒廃農地の再生利用に向けた施策を推進しています。当該施策の推進に当たり、荒廃農地の荒廃状況、解消状況等の情報を把握することが必要不可欠であることから、「荒廃農地の発生・解消状況に関する調査要領」(24農振第1168号

2014年11月3日NHK★フィードバック数:0マーケティング

NHKの調査です。

幼児のテレビ視聴と録画番組・DVDの利用状況~2014年6月「幼児視聴率調査」から~

幼児のテレビ視聴と録画番組・DVDの利用状況~2014年6月「幼児視聴率調査」から~2014年6月に実施した「幼児視聴率調査」の結果から、幼児のテレビ視聴と録画番組・DVDの利用状況を報告する。調査は、東京30キロ圏に住む2~6歳の幼児1,000人を調査相手に、6月2日(月)~8日(日)の1週間実施した。幼児が1日にテレビを見る時間は1時間49分(週平均)。テレビ視聴時間は、2007年以降2時間程度で安定していたが、2012年に初めて2時間を切って減少したまま、前年同様、今回も回復は見られなかっ

2014年3月31日農林水産省★フィードバック数:0ライフスタイル

食品廃棄物についての調査です。

平成24年度食品廃棄物等の年間発生量及び食品循環資源の再生利用等実施率

平成24年度食品廃棄物等の年間発生量及び食品循環資源の再生利用等実施率について農林水産省は、食品リサイクル法に基づく定期報告結果と食品循環資源の再生利用等実態調査結果を用いた推計により、平成24年度食品廃棄物等の発生量及び食品循環資源の再生利用等実施率を取りまとめました。 概要食品リサイクル法においては、食品関連事業者による食品循環資源の再生利用等を推進することとされており、定期的に食品関連事業者の再生利用等の実施状況を把握する必要があるため、農林水産省は、食品リサイクル法に基づく定期報告

2014年3月16日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備(特定家庭用機器再商品化法における再商品化等基準の見直し等に関する調査)報告書

平成 24 年度経済産業省委託調査平成24年度我が国情報経済社会における基盤整備 (特定家庭用機器再商品化法における再商品化等基 準の見直し等に関する調査)報告書2013 年 3 月 29 日環境・エネルギー研究本部はじめに平成13年4月1日から施行された特定家庭用機器再商品化法(以下「家電リサイクル 法」という。 )においては、 「政府は、附則第一条ただし書に規定する規定の施行後五年を 経過した場合において、この法律の施行状況について検討を加え、その結果に基づいて必 要な措置を講ずるものとする

2013年7月4日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

食品廃棄物2千万トンの再生利用

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 農林水産省では、食品産業における食品廃棄物等の発生量及び食品循環資源の再生利用等実施率を取りまとめており、先ごろ、平成23年度の取りまとめ結果が公表された。これによれば、平成23年度の食品廃棄物等の発生量は約2千万トンとなっており、前年度との比較では4.3%減少している。廃棄物として処分された量も約60万トン減少しており、再生利用等実施率は84%に上昇している。「食品循環資源の再生利用等の促進に関する

2012年12月26日農林水産省フィードバック数:8ライフスタイル

「平成23年の荒廃農地に関する調査の結果」について

「平成23年の荒廃農地に関する調査の結果」について農林水産省は、「平成23年の荒廃農地に関する調査の結果」について取りまとめました。 1.調査概要本調査は、荒廃農地に該当する農地を把握し、再生利用が可能な荒廃農地の現状や再生利用の取組状況等を把握するためのものです。(1)調査期間:平成23年1月から12月まで(2)調査対象:荒廃農地(現に耕作されておらず、耕作の放棄により荒廃し、通常の農作業では作物の栽培が客観的に不可能となっている農地)(3)調査方法:(ア)市町村及び農業委員会が現地調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ