調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 再生可能エネルギー

「再生可能エネルギー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

47都道府県の再生可能エネルギー設備導入状況

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング47都道府県の再生可能エネルギー設備導入状況 − 調査結果 [調査結果のポイント]• 地域特性に合わせたエネルギー源利用が鮮明に。47都道府県のエネルギー源別設備導入容量トップ3は、太陽光発電………… ①茨城県 ②愛知県 ③千葉県風力発電…………… ①青森県 ②北海道 ③秋田県中小水力発電……… ①長野県 ②北海道 ③新潟県地熱発電…………… ①大分県 ②熊本県 ③鹿児島県バイオマス発電…… ①東京都 ②静岡県 ③大阪府• エネルギー源別設備導入容

2016年11月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年度(2015年度)エネルギー需給実績(速報)

平成27年度(2015年度)エネルギー需給実績を取りまとめました(速報) 資源エネルギー庁は、各種エネルギー関係統計等を基に、平成27年度の総合エネルギー統計速報を作成し、エネルギー需給実績として取りまとめました。1.エネルギー需給実績(速報)のポイント (1)需要動向 最終エネルギー消費は、前年度比1.8%減となり5年連続で減少。 減少は、省エネの進展や前年度以上の冷夏・暖冬等が要因。・部門別に見ると、企業・事業所他部門が同1.5%減(その内業務他部門は同5.6%減)、家庭部門が同3.3%

2016年11月7日東京商工リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年1-9月の「太陽光関連事業者」倒産状況

公開日付:2016.10.31 2016年1-9月の太陽光関連事業者の倒産は42件(前年同期比10.5%増)に達した。このままのペースで推移すると、年間最多の2015年の54件を上回り、調査を開始した2000年以降で最多を記録する勢いで推移している。太陽光関連事業は2012年7月に再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)の固定価格買い取り制度(FIT)が導入され、これを契機に業態転換や法人設立が相次ぎ、多くの事業者が参入してきた。だが、買い取り価格の段階的な引き下げで市場拡大の

2016年8月2日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

地産地消電力事業に関する調査を実施(2016年)

2016年07月22日 地産地消電力事業に関する調査を実施(2016年) ~FIT電気含む再生可能エネルギーの比率が高い電力の地産地消で、地域経済を活性化~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の地産地消モデルの電力小売事業の調査を実施した。1. 調査期間:2016年4月~7月2. 調査対象:地産地消モデルの小売電気事業者(地方自治体系、生活協同組合系、デベロッパー/エンジニアリング系等の事業者)3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、なら

2016年4月17日WWFジャパンフィードバック数:0社会/政治

気候変動対策No.1の食品関連企業は?「企業の温暖化対策ランキング」第3弾

気候変動対策No.1の食品関連企業は?「企業の温暖化対策ランキング」第3弾2016年4月12日、WWFジャパンは、「企業の温暖化対策ランキング」プロジェクトにおける第3弾の報告書を発表しました。今回の調査対象となったのは「食料品」の業種に属する日本企業25社。第一位となったのは、キリンホールディングス(80点)で、日本たばこ産業(70点)、味の素(63点)がこれに続きました。2015年12月の国連会議(COP21)で「パリ協定」が成立したことを受け、今後、企業にも戦略的な温暖化防止の取り組みが求

2016年1月4日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

スマートジャパン 記事ランキング2015

2015年も残りわずかですが、皆さまはどんな1年だったでしょうか。電力の小売全面自由化、新電力、再生可能エネルギー、水素社会……などなど、エネルギー関連ではさまざまな領域で注目の動きがあった1年だったように思います。本稿ではスマートジャパンで公開した記事の閲覧数によるランキングから、2015年のエネルギーニュースを振り返ります。2015年1月1日〜12月27日に公開した記事が対象です。分散電源の鍵となる蓄電池、開発と実証が加速する1年に 第1位は米Tesla Motoros(以下、テスラ)が20

2015年8月27日東京商工リサーチ★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年「電力事業者」の 新設法人調査

公開日付:2015.08.27 2014年(1-12月)に全国で新しく設立された法人 (新設法人)11万9,552社のうち、電力事業者は前年比1.8倍増の3,283社にのぼった。2012年7月に導入された再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)の固定価格買取制度を契機に、発電などを目的にした法人設立の動きが相次いでいるが、2014年も引き続き増加傾向をみせた。新設法人3,283社のうち、「太陽光、ソーラー」関連事業は2,536社(構成比77.2%)で約8割を占めた。地区別では関

2015年8月7日IBJ★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギー発電システム、関連機器・サービスの国内市場を調査

再生可能エネルギー発電システム、関連機器・サービスの国内市場を調査

2015年6月25日信金中央金庫フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギーでの「地産地消」(1) -再エネを活用した地域循環に向けて-

SCBSHINKINCENTRALBANK産業企業情報地域・中小企業研究所27−40w〒103-0028 東京都中央区八重洲 1-3-7TEL. 03-5202-7671 FAX.03-3278-7048URL http://www.scbri.jp(2015.6.24)再生可能エネルギーでの「地産地消」①−再エネを活用した地域循環に向けて−視 点2016 年に予定されている電力小売の全面自由化を見据えて、秋田県鹿角市、群馬県中之条町、広島県安芸高田市、福岡県みやま市などで地方自治体により自前の

2015年6月25日トレンダーズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「日本における気候変動や地球温暖化対策への意識」に関するレポート

トレンド総研のプレスリリース/広報・PR情報温暖化対策のターニングポイントになる、2015年12月COP21に向けて…G7サミットの認知・関心とは?ポイントとなる“ベストミックス”について、調査を実施温暖化対策のターニングポイントになる、2015年12月COP21に向けて…G7サミットの認知・関心とは?ポイントとなる“ベストミックス”について、調査を実施生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研では、先日開催された主要7カ国首脳会議(G7サミット)の首脳宣言の内容を受けて、日本における気候

三井住友トラスト基礎研究所のレポートです。

再生可能エネルギー投資の現状と課題

再生可能エネルギー投資の現状と課題

ヨーロッパの状況です。

欧州の再生可能エネルギーの現状

情 報 報 告欧州の再生可能エネルギーの現状ウィーン欧州環境庁(EEA)が、 2015 年 2 月 17 日付けで発行したレポート 『欧州の再生可能エネル ギー ~近年の成長の概要と連鎖反応 (Renewable energy in Europe – approximated recent growth and knock-on effects)」では、2013 年の風力、太陽光、バイオマスなどの再 生可能エネルギーの技術が発展を続け、欧州の温室効果ガス排出量を削減するために重要 な役割を果たし

アメリカの状況です。

米国の再生可能エネルギー政策(4)~風力発電の新時代

環境と経済を両立させた持続可能な社会のあり方を考えるクリーンパワープランで米国は世界の低炭素技術をリードするか?米国の再生可能エネルギー政策(4)~風力発電の新時代松本 真由美 国際環境経済研究所理事、東京大学客員准教授印刷用ページ 「今後、米国内で再生可能エネルギーの中でもっとも普及が進むのは何か?」と、3月にワシントンでいくつかの政府系関係機関にヒアリングしたところ、異口同音に「風力」だという答えが返ってきた。風力発電は2006年から2014年にかけて新たに導入された発電設備容量の33%を占

2015年6月9日電力中央研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

ドイツは、再生可能エネルギーの大量導入による送電混雑に対応できているのか?

ドイツは、再生可能エネルギーの大量導入による送電混雑に対応できているのか?

2015年6月9日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年4月の自由化を前にした調査です。

電力自由化に向けての消費者の電力小売企業・サービス選択基準に関する意識調査

8割超の消費者が「電気料金が現在より低ければ、電力供給会社を乗り換えたい」と回答「電力自由化に向けての消費者の電力小売企業・サービス選択基準に関する意識調査」調査結果を発表2015年6月8日 みずほ情報総研株式会社 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西澤 順一)は、2015年2月10日火曜日から2015年2月23日月曜日の期間、全国の20歳以上の男女3,500名を対象に「電力自由化に向けての消費者の電力小売企業・サービス選択基準に関する意識調査」を実施しました。このたび、消費者

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(グローバル市場におけるスマートコミュニティ等の事業可能性調査:インド・ラジャスタン州への系統安定化技術適用に関する事業可能性調査)

平成26年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(インド・ラジャスタン州系統安定化技術適用に関する事業可能性調査)報告書平成 27 年 3 月プライスウォーターハウスクーパース株式会社目1次調査事業概要................................................................................................................... 21)調査の背景・目的..............

2015年5月14日山梨総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギーの導入拡大に向けて

再生可能エネルギーの導入拡大に向けて

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度新エネルギー等導入促進基礎調査再生可能エネルギー導入拡大のための広域連系インフラの強化等に関する調査業務報告書

平成26年度新エネルギー等導入促進基礎調査再生可能エネルギー導入拡大のための広域連系インフラの強化等に関する調査業務報告書

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギー固定価格買取制度の運用状況―14年末以降の制度改正と今後の課題―

再生可能エネルギー固定価格買取制度の運用状況―14年末以降の制度改正と今後の課題―

2015年4月24日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

コストの分析です。

再生可能エネルギー発電の大量導入時の発電費用の評価

再生可能エネルギー発電の大量導入時の発電費用の評価要約 2015年4月現在、総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 長期エネルギー需給見通し小委員会でエネルギーミックスが検討されており、CO2を排出しない再生可能エネルギー発電(再エネ発電)と原子力発電の比率が論点の一つになっている。本報告では、再エネ発電と原子力発電の比率を変化させ、2030年の発電費用への影響を評価する。評価には、太陽光発電等の大量導入時のLFC(負荷周波数調整)確保や火力電源・蓄電の運転モードを考慮して、全国大で2030年

再生可能エネルギーの利用にあたっての様々な課題について

自主研究再生可能エネルギーの利用にあたっての様々な課題について再生可能エネルギーの利用にあたっての様々な課題について(公財)えひめ地域政策研究センター 研究員田中 伝治はじめに これにより、新しく発電事業者が参入し、太陽光発電 2011年東日本大震災以降、我が国のエネルギーを巡を中心に普及が拡大していったが、再エネ特別措置法にる情勢変化により、地域でのエネルギー利用・確保、環基づく再生可能エネルギー発電設備の接続申込みに対し、境への意識の高まりを受け、2012年7月、民主党政権下、複数の電気事業

2015年4月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度地球温暖化対策技術普及等推進事業(タイにおけるバイオコークス技術の導入によるJCMプロジェクト実現可能性調査)調査報告書

平成26年度地球温暖化対策技術普及等推進事業(タイにおけるバイオコークス技術の導入によるJCMプロジェクト実現可能性調査)報告書平成27年3月みずほ情報総研株式会社目 次調査背景と本報告書の構成 ................................................................................................ 1調査結果要旨 ...............................................

2015年4月2日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2030年の電源構成 原発依存度は15%程度に

2030年の電源構成 原発依存度は15%程度に 東京電力・福島第1原子力発電所の事故から4年近くたって総合資源エネルギー調査会に長期エネルギー需給見通し小委員会が設置され、2030年の日本の電源構成および1次エネルギー構成をどう見通すかの審議がようやく本格的にスタートした。なぜ、こんなに遅れたのだろうか。 その理由は、政治的思惑にある。12年の総選挙、13年の参院選挙、14年の東京都知事選挙と総選挙のいずれの場合にも、自民党は原発政策について中長期的な見通しを明言しない方針をとった。原発に対す

2015年4月2日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度電力系統関連設備形成等調査事業(電気事業者別CO2排出係数の検討に係る基礎調査)報告書

資源エネルギー庁 御中平成 26 年度電力系統関連設備形成等調査事業(電気事業者別 CO2 排出係数の検討に係る基礎調査)報告書2015 年 2 月 27 日環境・エネルギー研究本部環境・エネルギー研究本部目次1.. 調査概要 ............................................................................................................................. 11.1 調査目的

太陽光発電設備遠隔監視システム 市場規模予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング太陽光発電設備遠隔監視システム 市場規模予測 太陽光発電の遠隔監視システム市場規模は、2020年度で1,600億円と予測。2014年度比2.3倍の伸び。✓ PCS(*)監視システムが70%強を占める✓ システム導入費用は2018年をピークに徐々に下がり、ランニング費用の割合が増加する(*) PCS:Power Conditioning System。パワーコンディショナーとも呼ばれる。 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(

2015年3月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(再生可能エネルギーのシステム価格動向調査)

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(再生可能エネルギーのシステム価格動向調査)

2015年3月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(再生可能エネルギー政策の評価に関する調査)

Acrobat X または Adobe Reader X 以降でこの PDFポートフォリオを開いてこれまでにない便利さを体験してください。Adobe Reader を今すぐダウンロード!

2015年3月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(再生可能エネルギーの固定価格買取制度による負担動向分析調査)

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(再生可能エネルギーの固定価格買取制度による負担動向分析調査)

2015年3月4日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(自家消費型再生可能エネルギー発電システム等の普及動向調査)

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(自家消費型再生可能エネルギー発電システム等の普及動向調査)

2015年3月4日国立国会図書館フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温泉発電―温泉資源と共生する再生可能エネルギー―

温泉発電―温泉資源と共生する再生可能エネルギー―

2015年3月3日トレンダーズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

“エネルギー自給率”と“エネルギーセキュリティ”に関するレポート

トレンド総研のプレスリリース/広報・PR情報「今、岐路に立つ、日本のエネルギー計画」第1弾 牛肉・小麦より低い“エネルギー自給率”、6%の実態とは!? 専門家・小山堅氏が解説する“エネルギーセキュリティ”「今、岐路に立つ、日本のエネルギー計画」第1弾 牛肉・小麦より低い“エネルギー自給率”、6%の実態とは!? 専門家・小山堅氏が解説する“エネルギーセキュリティ”生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研(東京都渋谷区、URL:)では、今回、電力・エネルギーに関する2つの調査を発表します。そ

2015年3月2日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

地方創生観点でのエネルギーについてのレポートです。

持続可能な地域エネルギー資源の活用に向けて

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 持続可能な地域エネルギー資源の活用に向けて『大和総研調査季報』 2015年新春号(Vol.17)掲載 再生可能エネルギー資源の多くは地方にある。固定価格買取制度(FIT)により、事業者、自治体、市民など様々な主体が参加する形で地域エネルギー資源の掘り起こしが進み、貢献度に差はあるものの地域経済へ一定の貢献を果たしている。さらに、電力の小売全面自由化を見据えた地域企業による小売事業への参入も見られる。地

太陽光・風力・地熱についてわかりやすくまとめています。

再生可能エネルギー産業における中小企業の動向と展望

再生可能エネルギー産業における中小企業の動向と展望1. 調査の背景・目的再生可能エネルギーは、政策の中で戦略分野として位置づけられると共に、2020年には、その市場規模は86兆円になると予測されるなど、国内外で成長の機会が得られる産業の一つであるといえる。その中で、中小企業の動向を見ると、発電事業に取り組む事例や、部品製造に参入するといった動きもある。このほか、発電・製造のみでなく、建設や販売、メンテナンス等の企業も関与しており、再生可能エネルギー産業は裾野が広い。再生可能エネルギー産業の立ち上

2015年1月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度 発電用原子炉等利用環境調査(原子力産業動向調査)報告書

平成25 年度発電用原子炉等利用環境調査(原子力産業動向調査)報告書平成26年3月一般財団法人 日本エネルギー経済研究所本書は、「平成25年度発電用原子炉等利用環境調査」として経済産業省から一般財団法人日本エネルギー経済研究所が受託して実施した『原子力産業動向調査』の報告書である。目次第一部 国内外原子力産業の事業環境 .........................................................................................

2014年12月21日JA共済総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギー事業は地域振興に役立っているのか

再生可能エネルギー事業は地域振興に役立っているのか

2014年11月6日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境ビジネス動向です。

環境短観で見る環境ビジネスの動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆環境省の「環境経済観測調査(環境短観)」によると、平成26年6月時点の環境ビジネスの業況DIは27、半年先予測は29、10年先予測は46であった。全ビジネスの業況DIはそれぞれ12、15、8であり、環境ビジネスの好調さがわかる。また、環境ビジネスを実施している企業のみに限ると、環境ビジネスの業況DIはそれぞれ22、24、27となっている。◆業況DIが高い環境ビジネスは、現在は「省エネルギー自動車」、

再生可能エネルギーとどう向き合うか-再生可能エネルギーは未来の子供たちへの贈り物

再生可能エネルギーとどう向き合うか-再生可能エネルギーは未来の子供たちへの贈り物 | ニッセイ基礎研究所 再生可能エネルギーとどう向き合うか-再生可能エネルギーは未来の子供たちへの贈り物 谷本 忠和基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月下旬に、日本の10電力のうち5電力が、再生可能エネルギー発電設備の接続申込みに対する回答をしばらく保留する、又は、再生可能エネル

水素社会を拓くエネルギー・キャリア(3)

環境と経済を両立させた持続可能な社会のあり方を考える水素社会を拓くエネルギー・キャリア(3)日本のエネルギー・環境制約と水素エネルギー(その2)印刷用ページ 前回、日本が2050年に向けてエネルギー・環境制約を克服していくためには、原子力発電に引き続き一定程度依存したとしても、再生可能エネルギーを一次エネルギー供給の数十%を占めるほど大量に、かつ、安価に導入することが必要であることを述べた。 そのためには、日本は、海外に賦存する再生可能エネルギーの利用拡大を図らなければならない。日本国内に賦存す

2014年9月9日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(再生可能エネルギー関連産業におけるスキル動向及びスキル標準策定に関する調査)

経済産業省委託事業平成 25 年度新エネルギー等導入促進基礎調査再生可能エネルギー関連産業におけるスキル動向及びスキル標準策定に関する調査報告書平成 26 年 2 月みずほ情報総研株式会社「平成 25 年度新エネルギー等導入促進基礎調査(再生可能エネルギー関連産業におけるスキル動向及びスキル標準策定に関する調査)」は、経済産業省資源エネルギー庁からの委託事業として、みずほ情報総研株式会社が実施したものです。本報告書の引用・転載には、経済産業省の許可が必要です。目第1章次調査概要 ........

2014年9月5日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(再生可能エネルギーに係る税制措置等による政策効果に関する調査)

平成25年度新エネルギー等導入促進基礎調査(再生可能エネルギーに係る税制措置等による政策効果に関する調査)

2014年8月21日朝日新聞★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自治体調査です。

全国市区町村 再生可能エネルギー実態調査

全国市区町村 再生可能エネルギー実態調査

2014年8月21日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

グリーン電力市場に関する調査結果 2014

2014年08月21日 グリーン電力市場に関する調査結果 2014 ~2016年度の電力小売全面自由化とともに、グリーン電力の供給事業が急速に拡大~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のグリーン電力市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年5月~7月2.調査対象:PPS(新電力事業者あるいは特定規模電気事業者)、電力供給関連事業者3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<グリーン電力とは>グリーン電力とは、太陽光や

2014年8月14日東京商工リサーチ★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京商工リサーチのまとめです。

2013年「電力事業者」の新設法人 前年比2.2倍増の1,799社

2013年「電力事業者」の新設法人 前年比2.2倍増の1,799社 公開日付:2014.08.13 2013年(1-12月)に全国で新しく設立された法人 (新設法人)のうち電力事業者は1,799社で、前年比2.2倍、2011年と比べると26.4倍と急増した。2011年3月の原発事故以降の電力需給逼迫や、2012年7月に導入された再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)の固定価格買取制度を契機に、発電などを目的にした法人設立が相次いだ。1,799社のうち、事業内容が「太陽光、ソー

2014年8月7日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギー発電設備の導入状況(平成26年4月末)

再生可能エネルギー発電設備の導入状況(平成26 年4 月末)及び今後の情報の公表方法についてお知らせします 資源エネルギー庁は、平成26 年4 月末時点の再生可能エネルギー発電設備の導入状況を取りまとめましたので、お知らせします。また、固定価格買取制度の運用に当たり、今後一層の透明性を確保するため、各種情報公表用のウェブサイトを新たに設けました。当サイトでは、市町村別の再生可能エネルギー発電設備の導入状況等の詳細な情報を新たに公表します。平成26 年4 月末時点では、太陽光発電設備の導入が順調

2014年8月3日農林中金総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギー固定価格買取制度の運用状況と課題――3年度目の改正点と今後の論点――

再生可能エネルギー固定価格買取制度の運用状況と課題――3年度目の改正点と今後の論点――

節電についての調査です。

節電と再生可能エネルギーに関する消費者意識調査

ページ内を移動するためのリンクです日本生活協同組合連合会オフィシャルサイト日本生協連からのお知らせ・ニュースリリース過半数が「電気料金が値上がりするとしても、再生可能エネルギーを利用したい」「再生可能エネルギーの利用を促進している企業や組織は応援したい」は約9割 2014年07月02日過半数が「電気料金が値上がりするとしても、再生可能エネルギーを利用したい」 「再生可能エネルギーの利用を促進している企業や組織は応援したい」は約9割 ~節電と再生可能エネルギーに関する消費者意識調査~ 日本生

2014年6月18日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギー発電設備の導入状況(平成26年3月末時点)

再生可能エネルギー発電設備の導入状況を公表します(平成26年3月末時点) 資源エネルギー庁は、平成26年3月末時点の再生可能エネルギー発電設備の導入状況を取りまとめましたので、お知らせします。引き続き、太陽光発電設備の導入が順調に継続し、固定価格買取制度導入後の再生可能エネルギー発電設備の導入量は、累計で895.4万kWとなりました。 ※ 各内訳ごとに、四捨五入しているため、合計において一致しない場合があります。 <添付資料>別紙1:再生可能エネルギー発電設備の導入状況について(平成26年3月

2014年5月23日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(再生可能エネルギー及び省エネルギー等技術・システムの事業可能性調査)報告書フィリピンにおける製糖工場省エネ・大規模バイオマス発電事業に係る事業実施可能性調査

平成25年度エネルギー需給緩和型インフラ・システム普及等促進事業(再生可能エネルギー及び省エネルギー等技術・システムの事業可能性調査)報告書フィリピンにおける製糖工場省エネ・大規模バイオマス発電事業に係る事業実施可能性調査

2014年5月23日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度新エネルギー等共通基盤整備促進事業報告書

資源エネルギー庁 御中平成 25 年度新エネルギー等共通基盤整備促進事業報告書2014 年 3 月目次1. 事業概要 ............................................................................................................................. 11.1 背景と目的 ......................................................

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ