「再興戦略」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

海外投資家は成長戦略よりコーポレートガバナンスに注目

リサーチ TODAY2015 年 6 月 22 日海外投資家は成長戦略よりコーポレートガバナンスに注目常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は日本株の投資主体別の売買動向推移である。最近の動きについて一般的な説明では、機関投資家の「ポートフォリオ・リバランス効果で、国債から株式市場に流れた」ためとするものが多い。ただし、日本の金融機関がポートフォリオ・リバランスを率先させたかというと、そうではなかった。2013年は海外投資家の15兆円の大幅買い越しで、国内は売りばかりだった。国内に

2015年3月30日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ロボット新戦略 ロボットオリンピックで金メダルは取れるのか(前編)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート 地域活性化・地方創生 ロボット新戦略 ロボットオリンピックで金メダルは取れるのか(前編)ロボット新戦略の概要とロボット革命の鍵を握るサービスロボット 2015年3月30日経営コンサルティング部 主任コンサルタント 弘中 秀之◆2015年1月23日、「ロボット新戦略」が公表された。これは、アベノミクス第三の矢の成長戦略、「『日本再興戦略』改訂2014」の「日本の『稼

2014年12月28日環境省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境省のまとめです。

次世代自動車ガイドブック2014

「次世代自動車ガイドブック2014」の公表について(お知らせ)環境省、経済産業省及び国土交通省では、今後のさらなる次世代自動車の普及のために、次世代自動車に関連したより多くの情報を広く周知し、共有することが重要と考えています。このため、これらの関連情報をとりまとめた「次世代自動車ガイドブック2014」を作成しましたので公表します。 1.策定経緯・位置づけ政府においては、「日本再興戦略(平成25年6月閣議決定)」等の決定文書において、次世代自動車の普及目標を掲げており、当該目標の実現に向けて、車両

2014年9月19日大和総研フィードバック数:0ビジネス

成長戦略とイノベーション経営

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>イノベーション経営 成長戦略とイノベーション経営ビッグデータの活用によるサービス産業のICT化が鍵 2014年9月19日コンサルティング・ソリューション第三部 主席コンサルタント 中野 充弘◆安倍内閣は6月に成長戦略第二弾(「日本再興戦略」改定2014)を発表した。そこでの重点項目にイノベーションを挙げている。「最大のポイントは、企業経営者や国民の一人一人

2013年12月3日野村総合研究所フィードバック数:0マーケティング

NRI未来年表 2014-2060

2014 ∼ 20602014 ∼2060月 日2014年度政 治・社 会月 日小惑星探査機「はやぶさ2」打ち上げ[ JAX A]2009 年度末定員の 10%以上の国家公務員数を削減(2010 年度より順次)年年度4K 放送(CS)が開始[IT 戦略本部]省エネ型データセンターが普及[IT 戦略本部]1 113株式及び株式投信の譲渡益・配当(分配)に対する税率を 20%に引き上げNISA(少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置)を導入東証・大証のデリバティブ売買システム統合年度

アベノミクスの設備投資促進策 - 国内投資底上げに向けた「異次元」の措置が必要

アベノミクスの設備投資促進策 - 国内投資底上げに向けた「異次元」の措置が必要 | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスの設備投資促進策 - 国内投資底上げに向けた「異次元」の措置が必要 社会研究部 上席研究員 百嶋 徹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1―はじめに2―設備投資促進策の必要性1│設備の老朽化が生産性の低下を招いている2│製造業の資金ポジションはそもそ

2013年7月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスで何が変わったのか~安倍政権半年間の評価と今後の展望~

【緊急リポート】アベノミクスで何が変わったのか~安倍政権半年間の評価と今後の展望~2013年7月26日みずほ総合研究所《構 成》はじめに1.安倍政権の経済政策2.主要経済政策の評価3.アベノミクスのマーケットへの影響4.アベノミクスのマクロ経済への影響5.今後の展望と課題〔補論〕 主要10分野の施策・評価・課題(※) 本資料は、みずほ総合研究所調査本部が作成した。1はじめに○ アベノミクスはマジックか・ アベノミクスは、潮流変化のタイミングを捉えたものだ○ アベノミクスの「三段ロケット」における

2013年6月26日経済産業省★フィードバック数:32製造業/エレクトロニクス

知的財産についてのまとまった資料です。

特許行政年次報告書2013年版

特許庁は、このたび特許行政年次報告書2013年版を公表いたします。政府の日本再興戦略には、「国内のみならず、海外においても、我が国産業や国民が円滑にイノベーションを起こし、権利を取得し、活用するイノベーションサイクルを実現すること」が掲げられており、特許庁では、グローバルイ ノベーションサイクルの促進を図るべく各種取組を展開しています。本報告書では、グローバルイノベーションサイクルに資する、主要なデータに加え、企業等が今後目指すべき知的財産戦略の方向性を示すと共に、知的財産戦略の高度化に資する国

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ