「処方薬」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月15日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

「治療に対するホンネ」調査

株式会社QLifeトップページニュースリリース医療機関に通院中のアレルギー性鼻炎患者 患者の63.3%「余った処方薬とっておく」 受診先クリニックの選択理由「鼻症状を治したい」 医師に期待すること「症状の原因についておしえてほしい」 ~医療機関に通院中のアレルギー性鼻炎患者 2702人の「治療に対するホンネ」調査~ 医療機関に通院中のアレルギー性鼻炎患者 患者の63.3%「余った処方薬とっておく」 受診先クリニックの選択理由「鼻症状を治したい」 医師に期待すること「症状の原因についておしえてほし

2017年3月2日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

花粉症に関するアンケート調査(第9回)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 花粉症 】に関するアンケート調査(第9回)花粉症の予防・対処開始時期は「3月」が最多。関東居住者や重症者では「2月」の比率高い マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、9回目となる『花粉症』に関するインターネット調査を2017年2日〜5日に実施し、11,451件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 ■花粉症の予防・対処開始時期は「3月」が最多。関東や重度の花粉症の人で

2017年1月18日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

花粉症患者の受療・市販薬使用実態

株式会社QLifeトップページニュースリリース医療機関を受診した花粉症患者の10.6%が受診後も市販薬を使用 受診時の市販薬の使用確認 聞かない医師と伝えない患者 ~花粉症患者の受療・市販薬使用実態~ 医療機関を受診した花粉症患者の10.6%が受診後も市販薬を使用 受診時の市販薬の使用確認 聞かない医師と伝えない患者 ~花粉症患者の受療・市販薬使用実態~2017年1月13日 [金] QLifeは、花粉症の治療を目的に2016年春シーズンに1回以上医療機関を受診した患者1000名を対象に、受療・市

2016年8月30日日本調剤★フィードバック数:0ライフスタイル

かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師に対する意識

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。『かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師に対する意識』に関する調査を実施しました生活者に聞く『かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師に対する意識』6割近く(57.8%)の人は、「かかりつけ薬剤師」とは何か知らない「かかりつけ薬剤師」を持っている人の、持つきっかけは「薬局で勧められた」薬局を調剤以外で利用するのは「市販薬、衛生雑貨品の購入」 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸の

2016年5月16日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

「強まる医師の患者志向」実態調査

株式会社QLifeトップページニュースリリース「強まる医師の患者志向」実態調査 6割の医師が「1人の患者の声」で他患者との会話内容を機敏に変更 4人に1人は「患者が薬剤名を挙げて処方希望すること」増えた 「強まる医師の患者志向」実態調査 6割の医師が「1人の患者の声」で他患者との会話内容を機敏に変更 4人に1人は「患者が薬剤名を挙げて処方希望すること」増えた2016年5月11日 [水] QLifeは「治療法決定コミュニケーション」について、開業医を中心とした医師250人にインターネット調査を実施

2016年2月23日日本調剤フィードバック数:0ライフスタイル

『薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識』に関する調査

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。『薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識』に関する調査を実施しました『薬局、かかりつけ薬局に対する生活者の認知・意識』多くの人が『薬局』とは、「薬剤師がいるところ」(82.3%)と認識4割の人は、『かかりつけ薬局』という言葉を「見た(聞いた)事はない」6割近くの人は現在、『かかりつけ薬局』を「持っていない」(57.9%) 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸

2015年9月15日日本調剤★フィードバック数:0ライフスタイル

『シニア世代の服薬の実態と意識』に関する調査

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。『シニア世代の服薬の実態と意識』に関する調査を実施しました日本調剤・自主企画調査『シニア世代の服薬の実態と意識』定期的に通院し、薬を処方されているシニア世代4人に1人は「5種類以上」の薬を処方されている半数以上の人は薬に対してマイナスイメージを持っている46.7%は処方薬の飲み残しがある  全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長・三津原 博)は、自主

2014年9月8日日本調剤フィードバック数:0キャリアとスキル

育児休業復帰者アンケート調査

[日本調剤株式会社] ,アンケート 医療 産休 処方薬 女性 調剤薬局 職場復帰 薬剤師 育休 日本調剤

2014年8月21日日本調剤★フィードバック数:0ライフスタイル

薬についての調査です。

処方薬の飲み残しに関する意識調査

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。「処方薬の飲み残しに関する意識調査」を行いました半数以上の人が処方された薬の飲み残しが生じることがある 飲み残しが生じる理由として最も多いのは、「服用するのをつい忘れてしまうから」 日本調剤『処方薬の飲み残しに関する意識調査』全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:三津原 博)は、『処方薬の飲み残しに関する意識調査』を実施しました。本調査は、「これまで

2014年5月12日マクロミル★フィードバック数:0ライフスタイル

今年の振り返りです。

2014年の花粉症に関する実態調査

2014年05月12日今年、花粉症を発症したのは41% 花粉飛散量の多かった2013年調査と比較すると4ポイント減少今年、花粉症症状があった人の三大症状は「鼻水」86%、「くしゃみ」80%、「目のかゆみ」77%鼻症状有訴者は95%花粉症有訴者の花粉対策は「マスク使用」62%がトップ 処方薬の利用者は38%、市販薬の利用者は36%と同程度 効果感は処方薬、市販薬を問わず薬剤の効果感は7割を超えて高い花粉症有訴者のうち、今年病院を受診したのは31% 「毎年行っているので」48%、「医者の診察をしても

2012年5月8日QLife★フィードバック数:1ライフスタイル

製薬会社のイメージ調査です。

患者の製薬会社イメージ横断調査 2012

株式会社QLifeトップページニュースリリース『患者の製薬会社イメージ横断調査 2012』4人に1人が医師に特定薬剤名で処方希望した経験あり。製薬会社が「してはいけないこと」は、“情報・データの隠ぺい、改ざん”など 『患者の製薬会社イメージ横断調査 2012』4人に1人が医師に特定薬剤名で処方希望した経験あり。製薬会社が「してはいけないこと」は、“情報・データの隠ぺい、改ざん”など2012年5月08日 [火] QLifeは、2012年3~4月にかけて『患者の製薬会社イメージ横断調査2012』を実

2011年12月8日マイボイスコムフィードバック数:4ライフスタイル

マイボイスコム 肩こり・腰痛薬(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ肩こりや腰痛を感じる人は8割強。対処法として「市販の医薬品」の他、「入浴剤」「鍼灸、指圧、マッサージ、カイロプラクティック、整体など」「マッサージ器、マッサージチェア」などが多い 市販の医薬品利用者は肩こり・腰痛を感じる人の6割弱。銘柄は「サロンパス、エアーサロンパス」「アンメルツ」など 肩こり・腰痛の対処として使用する市販の医薬品選定時の重視点は「効能・効果」「価格」が上位2位。以下「成分」「効果の持続力」「におい」「飲みやすさ・使いやす

2011年11月8日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

【11年10月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向

【11年10月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向2011年11月08日 [火] 朝晩の冷え込みが強くなったことを背景に、“かぜ”症状に対する処方薬の検索が増加増加数ランキングでは、朝晩の冷え込みが厳しくなった10月を表すかのように、いわゆる“かぜ”症状に対して処方される薬剤の検索が増加した。具体的には、【ムコダイン】【ムコソルバン】をはじめとする去痰剤、【フロモックス】【クラリス】といった抗生物質、そして【メジコン】などの鎮咳剤といったかぜの諸症状を抑える薬剤名が上位に並ぶ結果となった。

2008年9月8日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

薬の使用期限、7割は「把握していない」

薬の使用期限に関する意識調査 ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員をパネラーとするリサーチ結果を発表した。薬の使用期限、7割は「把握していない」「家に市販されている常備薬はあるか」聞いたところ、85.6%が「ある」と回答。性別では男性83.9%、女性87.4%で、3.5ポイントの差。年代別ではいずれも80%を超えたが、20代がやや低く80.8%となった(30代87.6%、40代87.2%)。「自宅にある薬、もしくは購入

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ