「出口戦略」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

大学発ベンチャー企業の成果と出口戦略-設立理由と経営者の属性との関連性の観点から-

トップ » 調査研究成果公表 » 「大学発ベンチャー企業の成果と出口戦略-設立理由と経営者の属性との関連性の観点から-」[DISCUSSION PAPER No.123]の公表について 「大学発ベンチャー企業の成果と出口戦略-設立理由と経営者の属性との関連性の観点から-」[DISCUSSION PAPER No.123]の公表について当研究所では、大学発ベンチャー企業の成果と出口戦略について、「大学等発ベンチャー調査2010」(NISTEP調査資料 No.197)のデータを用いて定量的分析を行い

【9月米FOMC】修正版「出口戦略の原則」を公表

【9月米FOMC】修正版「出口戦略の原則」を公表 | ニッセイ基礎研究所 【9月米FOMC】修正版「出口戦略の原則」を公表 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が9月16-17日(現地時間)に開催され、資産購入ペースの縮小(100億ドル/月の減額)が決定された。FOMCの決定に関して、資産購入額の減額は事前の市

2014年9月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の出口戦略はまだモヤモヤ

米国の出口戦略はまだモヤモヤ

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ

米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は、1-3月期の実質成長率が季節調整済の年率換算で▲2.9%(3次改定値)となり、前期(+2.6%

2014年7月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【米金融政策】「前人未踏」の利上げへ

【米金融政策】「前人未踏」の利上げへ | ニッセイ基礎研究所 【米金融政策】「前人未踏」の利上げへ 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国の出口戦略への議論が活気を帯びている。米国では、量的緩和策の縮小(テーパリング)が淡々と進められ、今年10月のFOMCでのテーパリング終了が視野に入っている。金融政策の焦点は「緩和の縮小」から「引き締め」に移

2014年6月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:QE3は予定通り年内終了、焦点は出口戦略へ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC:QE3は予定通り年内終了、焦点は出口戦略へ続くQE3縮小の完了と同時期に政策の先行きが見通せるか ◆6月17日から18日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)でQE3(量的緩和第3弾)の資産買い入れ規模を、さらに月あたり100億ドル減額することが決定された。2014年は資産買い入れ規模の縮小が続き、QE3は年内に完了するだろう。◆経済の現状判断は労働市場の改善などを背景に上方修正さ

米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ

米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は寒波の悪影響で1-3月期の成長率が想定以上に落ち込んだ。しかし、この減少は取り戻せる公算が高い。消費や投資活動の月次指標は寒波の落ち込みから顕著な反動増を示しており、センチメント指標

2014年6月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第181回日本経済予測(改訂版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第181回日本経済予測(改訂版)消費税増税後の日本経済の行方~①増税、②賃上げ、③設備投資、④米国の出口戦略等を検証~ :2014年1-3月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+1.1%(前回:同+1.0%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である。今後の日本経済は、2014年4-6月期には消費税増税の影響で一時的に低迷するものの、

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(週次)予測(2014年5月23日)<FOMC(4月29-30日)の議事録にみる連銀の出口戦略への考え方>

米国経済(週次)予測(2014年5月23日)<FOMC(4月29-30日)の議事録にみる連銀の出口戦略への考え方>2014-05-26 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年5月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第181回日本経済予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第181回日本経済予測消費税増税後の日本経済の行方~①増税、②賃上げ、③設備投資、④米国の出口戦略等を検証~ :2014年1-3月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+1.0%(前回:同+1.0%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である。今後の日本経済は、2014年4-6月期には消費税増税の影響で一時的に低迷するものの、7-9月期

2014年5月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:消費増税後の日本経済の行方

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:消費増税後の日本経済の行方①増税、②賃上げ、③設備投資、④米国の出口戦略などを検証 ◆:2014年1-3月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+1.0%(前回:同+1.0%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である。今後の日本経済は、2014年4-6月期には消費税増税の影響で一時的に低迷するものの、7-9月期以降回復

2014年5月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FRBが「出口」に向かうと何が起きるのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 黒田東彦日銀総裁が「異次元金融緩和」とも評される量的・質的金融緩和政策を導入してから1年余りが経過した。日銀の金融政策の効果などもあり、日本経済は徐々に明るさを取り戻してきた。筆者は、2014年4月の消費税増税の影響はあくまで一時的なものに留まり、日本経済の拡大傾向が続くとみている。今後の日本経済は、①米国経済回復による輸出の持ち直し、②日銀の金融緩和を受けた円安・株高の進行、③消費税増税に伴う経済対

【米金融政策】改めて出口戦略を考える

【米金融政策】改めて出口戦略を考える | ニッセイ基礎研究所 【米金融政策】改めて出口戦略を考える 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年1月から資産買入策における購入額削減が開始され、QE3の終了が近づいている。量的緩和からの出口については、2011年6月にFOMCで「出口戦略の原則」が合意されている。現在は、この原則の作成当時とは状況

英国の景気回復はサステナブルなのか?

○本レポートは、金融緩和からの出口戦略に耐えうる体力を十分に有しているかどうか、その景気回復がサステナブル(持続可能)なものであるのかという観点から、英国経済の現状を包括的に分析することを試みるものである。○確かに、足元の英国景気は加速している。もっとも、供給サイドの現状を、その中心である金融部門と不動産(含む建築)部門に注目して分析すると、両部門の回復は好調な住宅市況にけん引された限定的なものであることが分かる。また、そうした住宅の好調さは、政府による購入刺激策や中央銀行であるイングランド銀行

米国経済(週次)予測(2014年2月14日)<“出口戦略”の成功はバブル崩壊・新興国の経済崩壊に間に合うか?>

米国経済(週次)予測(2014年2月14日)<“出口戦略”の成功はバブル崩壊・新興国の経済崩壊に間に合うか?>2014-02-17 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

米国経済(週次)予測(2013年12月20日)<連銀は資産購入の縮小を12月のFOMCで決定したが、出口戦略へのスムーズな移行は難しいだろう>

米国経済(週次)予測(2013年12月20日)<連銀は資産購入の縮小を12月のFOMCで決定したが、出口戦略へのスムーズな移行は難しいだろう>2013-12-24 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年10月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

南欧支援プログラムからの卒業に向けた論点整理

みずほインサイト欧 州2013 年 10 月 25 日南欧支援プログラムからの卒業に向けた論点整理市場調査部シニアエコノミスト中村正嗣03-3591-1265masashi.nakamura@mizuho-ri.co.jp○ 年末から来年半ばにかけてアイルランドとポルトガルへの支援プログラムが終了するため、今後、ユーロ圏は卒業のための出口戦略を議論する予定である。但し、ポルトガルは留年の可能性がある。○ 卒業に向けてはESMの出口戦略用プログラムの活用が想定されるが、前例が無いため、ユーロ圏がど

2013年9月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年9月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年9月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年9月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 8月の人民元相場は基準値・現物実勢ともに米国ドルに対して堅調に推移した。米国が出口戦略(Tapering)を模索する中で、多くの新興国通貨が米国ドルに対して下落しており、こう

けいざい早わかり 2013年度第6号:米国のQE3縮小で何が起きるのか

Q1.米国のQE3の出口戦略が注目を浴びていますねQ2.QE3縮小はどのようなペースで進められるでしょうか?Q3.米国の金融マーケットにどのような影響を及ぼすでしょうか?Q4.世界の金融マーケットにどのようなリスクがありますか?

2013年8月4日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2013年7月)<議会証言にみるバーナンキ連銀議長の描く出口戦略への シナリオ>

米国経済(月次)予測(2013年7月)<議会証言にみるバーナンキ連銀議長の描く出口戦略への シナリオ>2013-07-29 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年7月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「6回目のジンクス」と日米の債券投資の課題

リサーチ TODAY2013 年 7 月 1 日「6回目のジンクス」と日米の債券投資の課題常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創筆者はグローバルな金融市場に四半世紀以上、従事してきた体験から、世界の中央銀行の金融政策に連動する「5回目のジンクス」議論を2000年代から行ってきた。その特徴は、1970年代以降に日米欧を中心に金融政策の連動が強まるなか、いくつかの共通現象が金融市場に現れることにある。すなわち、70年代以降、日米欧の政策連動のなか、日銀の利上げ局面は5回で、その共通点として、下記

2013年6月25日みずほ総合研究所フィードバック数:4社会/政治海外

米国QE3縮小に、なぜ市場は大反応したか

リサーチ TODAY2013 年 6 月 25 日米国 QE3縮小に、なぜ市場は大反応したか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創6月19日のFOMCでバーナンキ議長はQE3の出口戦略を明確に示す対応を示した1。その結果を受け米国の金融市場は大きな反応を示し、長期金利の大幅上昇、株価の大幅調整、為替のドル高進行が起きた。今回のFRBの対応はあくまでもQE3という米国国債購入のペースを落とすテイパリングとされるものであり、従来の政策金利引上げのようなプロセスとは大きく異なるにもかかわらず、今回

米国経済(週次)予測(2013年6月7日)

米国経済(週次)予測(2013年6月7日)<連銀は出口戦略に対してなぜ市場に対する説得に苦労をしているのか>2013-06-10 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年6月9日アジア太平洋研究所フィードバック数:1社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2013年5月)

米国経済(月次)予測(2013年5月)<出口戦略の鍵を握る持続的経済成長率と労働市場>2013-06-03 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

米国経済(週次)予測(2013年4月12日)

米国経済(週次)予測(2013年4月12日)<大きく下方修正された2013年1-3月期の経済成長率、遠のく出口戦略への移行>2013-04-15 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:2社会/政治海外

経済レビュー:FRBの出口戦略と長期金利の行方

経済レビュー:FRBの出口戦略と長期金利の行方

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

今までとは違う欧州発のリスクオフ

Global Market Outlook今までとは違う欧州発のリスクオフ2013年2月28日(木)第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452316:05 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FT100(英)CAC(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本アメリカイギリスドイツフランスイタリアスペイン(円)終値11559.36975.6614,075.377,675.836,325.883,6

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ