調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 分子標的薬

「分子標的薬」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年3月30日楽天リサーチフィードバック数:0ライフスタイル

「がん」治療に関する調査

2017年3月23日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村篤司、以下「楽天リサーチ」)は、「『がん』治療に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2017年2月に、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国のここ半年間に「がん」で医師の治療を受けた20~60代男女1,066人を対象に行いました。昨今、がん治療領域では「分子標的薬」が数多く上市され、治療における位置付け、役割が高まってきました。また、昨年、メディアでも多く取り上げら

2016年6月7日QLifeフィードバック数:0社会/政治

肺がん治療における、患者ならびにその家族の治療意識に関する調査

株式会社QLifeトップページニュースリリース肺がんの抗がん剤治療において、7割の患者が「その次」の抗がん剤の選択肢があることを知ると治療意欲が向上~肺がん治療における、患者ならびにその家族の治療意識に関する調査~ 肺がんの抗がん剤治療において、7割の患者が「その次」の抗がん剤の選択肢があることを知ると治療意欲が向上~肺がん治療における、患者ならびにその家族の治療意識に関する調査~2016年5月31日 [火] 肺がんの抗がん剤治療において、7割の患者が「その次」の抗がん剤の選択肢があることを知る

2012年4月9日矢野経済研究所フィードバック数:2ライフスタイル

医療用医薬品の将来予測

2012年04月09日 医療用医薬品の将来予測 ~パテントクリフ時代の製薬企業の経営持続のあり方を探る~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内製薬市場の調査を実施した。1.調査期間:2011年1月~2012年2月2.調査対象:製薬企業、医薬品卸、医療機関、薬局、行政当局、学識経験者、等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに文献調査併用調査結果サマリー◆ 2019年医療用医薬品生産高は11兆2,888億円(ケースⅡ)と予測ケースⅠは、医療制度改革が医薬品需要に多大な影響を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ