「分布調査」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月21日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度東北地方太平洋沿岸地域自然環境調査

~環境省グリーン復興プロジェクト~ 平成26年度東北地方太平洋沿岸地域自然環境調査の結果について環境省では、東日本大震災が沿岸地域の自然環境に及ぼした影響を把握するための調査を実施しており、このたび平成26年度の調査結果を公開しました。平成26年度の調査結果から、① 環境省が重要な植物群落と考えている「特定植物群落」では震災の影響を受けた15群落のうち3群落は自律的な再生が進んでいた一方で、11群落では復興事業等の人為的な影響が認められました。② 海岸調査では震災後の変化として砂浜は約250ha

宮古湾における底泥およびアマモのモニタリング結果(2013年10月)

宮古湾における底泥およびアマモのモニタリング結果(2013年10月)  東北地方太平洋沖地震に伴って発生した津波によって, 甚大な影響を受けた宮古湾のアマモ場の復元を目指し,著者らはアマモおよび底泥の復元過程の調査を継続実施している.2012 年2月に実施した第1回調査によって,宮古湾湾奥はアマモ復元の視点で底質条件により,3つの水域(Z1,Z2,Z3)に分けられた.Z1:現状でもアマモ生育に適した水域,Z2:現状ではシルト成分が適性よりも多い底泥の水域,およびZ3:粗砂・礫成分が適性よりも

2014年5月16日水産庁フィードバック数:0ライフスタイル

太平洋クロマグロ産卵場調査

「太平洋クロマグロ産卵場調査」の結果について水産庁は、関係機関と協力し、平成23年度から平成25年度にかけて、南西諸島周辺及び日本海において太平洋クロマグロの仔魚分布調査を実施しました。その結果、近年の太平洋クロマグロの主要な産卵期及び産卵場を特定しましたので、公表いたします。 1.趣旨 水産庁は、「太平洋クロマグロの管理強化についての対応」(平成22年5月11日付けプレスリリース参照)に基づき、太平洋クロマグロの資源管理を推進してきました。その一環として、産卵親魚(※1)や未成魚(※2

2013年7月21日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度発電所環境モニタリング手法検討調査報告書

経済産業省委託平成 24 年度 発電所環境モニタリング手法検討調査報告書平成 25 年3月公益財団法人 海洋生物環境研究所はじめに 環境影響評価の際に、事業者は海域調査(現地調査)を行うこととなるが、通常1年以 上かけて網羅的な調査を行っており、これにより環境影響評価に一定の時間・コストがか かっている。このため、予測に必要な調査レベルは確保しつつ、海域特性に応じて、より 合理的な環境影響評価の手法を検討することが求められている。 一方、改正環境影響評価法において、環境保全措置のうち予測の不確実

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ