「分析技術」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年11月13日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

スマートメーターのデータ活用についてのレポートです。

スマートメータデータ分析情報の活用 ―分析技術の動向調査と需要分析の予備的検証―

電力中央研究所 研究報告書(電力中央研究所報告) 報告書番号 Y14003 タイトルスマートメータデータ分析情報の活用 ―分析技術の動向調査と需要分析の予備的検証―Utilization of Smart Meter Data's Analytical Information -Trend of Technology and an Exploratory Demand Analysis- 概要電力各社によるスマートメータ(次世代電力量計)の本格導入に向けた動きが加速している。メータから得られる時

2014年10月8日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

セミナー資料です。

知的財産を巡る近年の動向 -特許行政年次報告書2014年版及び特許出願技術動向調査から-

知的財産を巡る近年の動向 -特許行政年次報告書2014年版及び特許出願技術動向調査から-内山 隆史 (特許庁総務部企画調査課知的財産活用企画調整官) 後藤 晃 (RIETIファカルティフェロー/政策研究大学院大学教授) 山内 勇 (RIETI研究員/特定非営利活動法人イノベーション・政策研究所副理事長/文部科学省科学技術政策研究所客員研究官) 企業活動のグローバル化の進展など、世界全体における知的財産を取り巻く環境は大きく変化しつつある。本講演では、特許行政年次報告書2014年版に掲載された最新

2013年9月25日日本政策投資銀行★フィードバック数:0企業情報システム

ビッグデータ活用についてのレポートです。

ビッグデータ活用による競争力強化 -課題と対応策-

ビッグデータ活用による競争力強化 -課題と対応策1.ビッグデータの概念と活用状況・ビッグデータとは、ITの進歩により収集・分析・蓄積が可能となった大量・多様・リアルタイムな情報資産のことである。スマートフォンやタブレット、M2M(機器間通信)の普及に伴いデータ量は急増しており(図表1-1)、データの種類も整理された構造化データのみならず、メールやツィッターでのつぶやき、センサやカメラなどから得られる位置情報や設備稼働状況といった非構造化データが増えるものと見込まれる。・大量の非構造化データの収集

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ