「判断指数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月25日商工中金フィードバック数:0社会/政治

中小企業月次景況観測 2015年6月

FAX 送信票中 小 企 業 月 次 景 況 観 測[ 2015年6月調査 ]商工中金 調査部【概 要】 景況判断指数、一進一退        、(1) 景況判断 6月の景況判断指数は46.9と、前月(48.1)から1.2ポイント低下。2ヵ月ぶりに低下した。 製造業は45.8(前月45.2)と0.6ポイント上昇。3ヵ月ぶりに上昇した。 非製造業は47.7(前月50.4)と2.7ポイント低下。2ヵ月ぶりに低下した。 7月は全産業で49.6と上昇を見込む。製造業は49.

2015年3月24日商工中金フィードバック数:0社会/政治

中小企業月次景況観測 2015年3月調査

FAX 送信票中 小 企 業 月 次 景 況 観 測[ 2015年3月調査 ]商工中金 調査部【概 要】                  景況判断指数、50に迫る(1) 景況判断 3月の景況判断指数は49.8と、前月(46.5)から3.3ポイント上昇。2ヵ月連続の上昇となった。 製造業は49.6(前月45.4)と4.2ポイント上昇し、4ヵ月ぶりに上昇した。 非製造業は50.0(前月47.4)と2.6ポイント上昇し、2ヵ月連続の上昇。1年ぶりに50台を回復した。 4

2015年2月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook タカ・ハト入り混じる

Global Market Outlookタカ・ハト入り混じる2015年2月25日(水)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523【海外経済指標他】~米指標:冴えない~・2月CB消費者信頼感指数は96.4と、上方修正された前月(102.9→103.8)から急低下。市場予想(99.5)を下回ったが、1月データがやや出来過ぎだった点は留意する必要があろう。7.4ptも低下したとはいえ、12月実績よりは高水準に位置しており、均してみれば改善基調を維持している。内訳は現況(

2015年2月24日商工中金フィードバック数:0社会/政治

中小企業月次景況観測 2015年2月調査

FAX 送信票中 小 企 業 月 次 景 況 観 測[ 2015年2月調査 ]商工中金 調査部【概 要】           中小企業の景況感、先行き期待高まる(1) 景況判断 2月の景況判断指数は46.5と、前月(46.3)から0.2ポイント上昇。3ヵ月ぶりに上昇した。 製造業は45.4(前月45.6)と0.2ポイント低下し、3ヵ月連続の低下。 非製造業は47.4(前月46.9)と0.5ポイント上昇し、3ヵ月ぶりに上昇した。 3月は全産業で49.9と上昇を見込む。

2014年11月30日商工中金フィードバック数:0社会/政治

中小企業月次景況観測 2014年11月調査

FAX 送信票中 小 企 業 月 次 景 況 観 測[ 2014年11月調査 ]商工中金 調査部【概 要】              中小企業の景況感は足踏みが続く(1) 景況判断 11月の景況判断指数は47.7と、前月(47.4)から0.3ポイント上昇。4ヵ月ぶりの上昇となった。 製造業は47.4(前月47.1)と0.3ポイント、非製造業は47.8(前月47.5)と0.3ポイント、ともに上昇した。 12月は全産業で48.6と上昇を見込む。製造業は47.0と低下し

平成26年7月度 経営者の住宅景況感調査

平成26年7月度 経営者の住宅景況感調査報告総受注戸数・総受注金額ともに大幅マイナスが継続! 一般社団法人 住宅生産団体連合会(会長樋口武男 大和ハウス工業株式会社代表取締役会長)では、平成5年10月から住団連の法人会員に対して、低層住宅に関する『経営者の住宅景況感調査』を年4回実施しております。この調査は住宅の受注動向をタイムリーに、かつ的確に把握し、その情報を広く社会に提供することを目的としております。このほど、平成26年7月度の調査結果がまとまりましたので公表いたします。 平成26年度第1

2014年5月8日住宅生産団体連合会フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年4月度 経営者の住宅景況感調査

平成26年4月度 経営者の住宅景況感調査報告全体の総受注戸数・総受注金額ともに見通し以上にマイナスが拡大!一般社団法人 住宅生産団体連合会(会長樋口武男 大和ハウス工業株式会社代表取締役会長)では、平成5年10月から住団連の法人会員に対して、低層住宅に関する『経営者の住宅景況感調査』を年4回実施しております。この調査は住宅の受注動向をタイムリーに、かつ的確に把握し、その情報を広く社会に提供することを目的としております。このほど、平成26年4月度の調査結果がまとまりましたので公表いたします。 平成

2013年10月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2013年10月号

みずほ日本経済情報2013年10月号[日本経済の概況]◆日本経済は回復している。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、回復が続くとみられる。海外経済の緩やかな回復と円安を背景に、輸出は増加基調が続く見通しである。景気対策関連の公共事業が進捗し、公共投資は増勢が続くであろう。雇用・所得環境の改善を受けて、個人消費も緩やかな拡大を維持する見通しである。企業収益の改善が続く中、設備投資も緩やかに増加するとみられる。た

2013年5月1日住宅生産団体連合会フィードバック数:1大型消費/投資

平成25年4月度 経営者の住宅景況感調査

平成25年4月度 経営者の住宅景況感調査報告総受注戸数・総受注金額ともにプラス幅が拡大!一般社団法人 住宅生産団体連合会(会長樋口武男 大和ハウス工業株式会社代表取締役会長)では、平成5年10月から住団連の法人会員に対して、低層住宅に関する『経営者の住宅景況感調査』を年4回実施しております。この調査は住宅の受注動向をタイムリーに、かつ的確に把握し、その情報を広く社会に提供することを目的としております。このほど、平成25年4月度の調査結果がまとまりましたので公表いたします。平成24年度第4四半期(

2013年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中小企業の業況(2013年2月) ~持ち直しが鮮明に

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:中小企業の業況(2013年2月)~持ち直しが鮮明に~発表日2013年2月26日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525景況判断指数(中小企業月次景況観測)(増加超)555045403530全産業製造業25非製造業201505060708091011(出所)商工中金「中小企業月次景況観測」12132520151050-5-10-15-20-25-30-35-40-45-50中

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ