調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 利回り上昇

「利回り上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

オフィスビル空室率の動向  都心の空室率低下は続き、賃料もさらに上昇へ

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー オフィスビル空室率の動向都心の空室率低下は続き、賃料もさらに上昇へ【デイリー】 オフィスビル空室率の動向都心の空室率低下は続き、賃料もさらに上昇へ【デイリー】2015年06月12日【ポイント1】都心の空室率は2カ月ぶりに低下 平均賃料は直近底値から約7%上昇 ■オフィス仲介大手の三鬼商事が12日にホームページで公表した、5月の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィスビル空室率は、前月比▲0.17ポイントの5.17%と

2015年6月7日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

Weekly金融市場 2015年6月5日号

http://www.nochuri.co.jp/農林中金総合研究所2015 年 6 月 5 日号調査第二部多田 忠義・趙 玉亮    ≪来週のポイント≫   経済指標など  日本では、8 日に「GDP(1〜3 月期第 2 次速報)」が発表される。1 日に発表された 1〜3 月期の法人 企業統計季報で設備投資額が堅調だったことから、GDP の民間設備投資も上方修正されると予想す る。一方、在庫投資は小幅な下方修正となり、結果として実質 GDP 成長率は小幅上方修正となる予想 である。また、10

2015年5月31日ゆうちょ財団フィードバック数:0社会/政治

ゆうちょ資産研レポート 2015年5月号

2015年5月号ファンダメンタル・アナリシス ……………………………………………………… 1  回復の持続が見込まれる日本の輸出      野村證券株式会社 金融経済研究所 チーフエコノミスト 木下 智夫マーケット・アウトルック(1) …………………………………………………… 7「出口政策」への警戒感から波乱を強いられる長期金利動向三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社       チーフ債券ストラテジスト 石井  純マーケット・アウトルック(2) ……………………………………………………

2015年2月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 上昇継続を想定1月末17,674.39円日経平均株価前月末比1.28%【先月の回顧】1月の国内株式市場は、前半は弱含みましたが、後半はおおむね堅調に推移しました。前半は、ギリシャ政治情勢の混迷や、米国経済指標の下振れ、原油・銅価格の急落による世界経済先行き懸念、スイス・フランの対ユーロでの上限撤廃による為替市場の混乱など、悪材料が重なり株価は下落しました。しかし後半に入ると、ECB(欧州中央銀行)による国債の買い入れを含

2014年9月4日ファーストロジックフィードバック数:0大型消費/投資

2014年8月期投資用不動産の市場動向調査

2016.11.14[週刊住宅]全種別で利回り上昇、物件価格下落基調に(物件統計レポート) 2016.11.14[週刊ビル経営]全物件種別で利回りが上昇(物件統計レポート) 2016.11.10[日本経済新聞]投資用集合住宅、10月利回り上昇(物件統計レポート) 2016.10.18[週刊東洋経済]特集記事 不動産投資 勝つ人 負ける人(物件統計レポート) 2016.09.12[全国賃貸住宅新聞]区分価格2ヶ月連続過去最高更新(物件統計レポート) 株式会社ファーストロジック証券コード:60

Weekly金融市場 2013年9月13日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 9 月 13 日号調査第二部多田  忠義    ≪来週のポイント≫   米 FOMC 開催、量的緩和策第 3 弾の規模縮小開始判断に注目集まる  バーナンキ FRB 議長は 5 月 22 日に議会で量的緩和策第 3 弾(QE3)の規模縮小を年内にも開始 する可能性に言及した。その後の金融資本市場では、その実施時期をめぐる思惑が主要な相場変動 要因となっているが、来週 9 月 17〜18 日に開催される米連邦市場公開委

2013年5月22日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

最近の株価上昇についてのレポートです。

数字を追う ~ 最近の株価上昇をどう見るか

Research Focushttp://www.jri.co.jp2013 年 5 月 22 日 No.2013-0006数字を追う ~最近の株価上昇をどう見るか調査部 主席研究員 吉本澄司《要 点》 2012 年末以降、わが国の株価は大幅に上昇した。そのきっかけは、政策など、先 行きに対する予想(期待)の変化であった。  株価の長期的な動きを局面整理すると、1989 年 12 月 29 日に史上最高値をつけた 後、五つの転換点を観測できる。現在は四つ目の転換点であった 2007 年 7

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ