調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 利回り水準

「利回り水準」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

利回りから考えるJ-REIT価格~利益成長に沿う堅調な推移が期待される

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月17日利回りから考えるJ-REIT価格~利益成長に沿う堅調な推移が期待される 相対的に高い分配金利回りが魅力であるJ-REITは、2011年以降堅調な値動きが続き、かつて見られた大幅な割安感は薄らいでいます。J-REITの分配金利回りは3.0%(2014年11月末現在)と、国内では依然として高い利回り水準となっているものの低下傾向にあり、一部では、J-REITの価格は割高との見方があります。ただし、利回りにおける上乗せ部分

上昇基調が続くアジアリート~利回りは依然として魅力的

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月5日上昇基調が続くアジアリート~利回りは依然として魅力的 アジアリートを代表するシンガポールと香港のリート指数は、今年2月以降、上昇基調が続いています。シンガポールと香港は、世界銀行のビジネス環境ランキング(2015)でそれぞれ1位と3位になるなど、先進的なビジネスインフラや効率的な貿易制度などを背景に、急速に発展するアジア諸国の金融や貿易の拠点としての存在感を高めており、オフィスや物流施設といった不動産物件への需要が増加

低金利政策が欧州の社債市場の追い風に

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月21日ユーロ圏では、10年国債の利回りが過去最低水準となっている国が多くみられています。特に、ドイツの10年国債の利回りが大きく低下しており、それに代わる投資先を模索する動きが拡がっていることから、欧州では、投資適格社債を中心に相対的に利回りの高い社債が、利回り資産として注目を集めています。社債の利回りは、発行体の信用力に応じて金利が上乗せされることから、一般に、社債発行国の国債利回りを上回る傾向となっており、国債との利回り差

2014年4月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

二極化が進む国債市場~デフレ脱却後を展望する国債管理政策と長期金利~

みずほインサイトマーケット2014 年 4 月 30 日二極化が進む国債市場市場調査部シニアエコノミストデフレ脱却後を展望する国債管理政策と長期金利03-3591-1249野口雄裕takehiro.noguchi@mizuho-ri.co.jp○ 10年国債利回りが0.6%台前半の狭いレンジで推移し膠着感を強めている。一方、超長期ゾーンの利回りは上昇し易い地合いが続いており、国債市場の二極化が見られる。○ 超長期ゾーン利回り上昇の要因としては、超長期ゾーンの投資家が、生命保険会社や年金基金等、利

国債利回りの低下が示すユーロ圏の「平常モード」

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月18日国債利回りの低下が示すユーロ圏の「平常モード」 ユーロ圏各国の長期金利が軒並み低下傾向にあります。最近の債券市場では、ドイツの10年国債利回りが昨年5月以来11ヵ月ぶりに1.5%を下回ったほか、欧州債務危機に揺れた南欧諸国でも、イタリアの国債利回りが統計をさかのぼれる範囲内では過去最低水準となり、スペインの国債利回りは約8年半ぶりの低水準まで低下しました。こうした背景には、ECB(欧州中央銀行)がインフレの減速につなが

2012年6月5日内閣府フィードバック数:3社会/政治

国際金融:各国の国債イールドカーブが示す現在の金利環境の変化の可能性

今週の指標 No.1033 国際金融:各国の国債イールドカーブが示す現在の金利環境の変化の可能性ポイント2012年6月4日 リーマンショック以降、各国(ここではアメリカ、ドイツ、英国、日本のことを指す。以下、同じ。)の国債の利回り(10年物)は低下傾向にある(図1)。利回りの変化には多くの要因があると思われるが、ここでは、各国の国債利回りに織り込まれる現在の経済成長率、物価上昇率見通しの違いから、今後の金利環境の変化の可能性について見ていく。 各国の国債利回りを比較すると、年限によって差異がある

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ