「利子所得」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業

貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業貯蓄不足に転じた家計と大幅な貯蓄超過が続く企業 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎2013年度の家計貯蓄率は、現在統計が利用可能な1955年度以降で初のマイナスとなった。かつて日本の家計貯蓄率は国際的に高いことで知られていたが、高齢化の影響もあって1970年代半ば頃から低下傾向が続いてきた。現行基準の国民経済計算でみると家計の貯蓄率は1

米国経済(週次)予測(2014年4月11日)<あくまでゼロ金利政策にこだわる連銀、しかしその裏では利子所得が大幅に減少>

米国経済(週次)予測(2014年4月11日)<あくまでゼロ金利政策にこだわる連銀、しかしその裏では利子所得が大幅に減少>2014-04-14 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2012年2月28日内閣府フィードバック数:5社会/政治

所得収支の動向

今週の指標 No.1024 所得収支の動向ポイント2012年2月27日2011年の経常収支の黒字幅は、2年ぶりに縮小した。また、貿易収支は、鉱物性燃料価格の上昇等により輸入金額が増加し、震災や海外経済の回復が弱まったことなどの影響により輸出が減少した結果、現統計開始以来初の赤字となった。一方、2005年以降貿易・サービス収支を上回る状況が続いている所得収支については、4年ぶりに黒字幅が拡大し、経常収支黒字を支えることとなった(図表1)。本稿では、所得収支の動向について整理する(貿易収支については

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ