「利用増加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

電子決済「ペイジー」利用金額 15兆円突破

電子決済「ペイジー」利用金額 15兆円突破! ~国庫金分野での取扱いが拡大中~電子決済サービス「Pay-easy(ペイジー)収納サービス(注)」は、平成28年10月でサービス開始15周年を迎えました。節目となる平成28年度の利用件数は69.3百万件、金額は15.8兆円を記録し、おかげさまでサービス開始以来15年連続での増加となりました。特に国庫金分野では、関税の利用金額・件数の増加ペースが加速しており、国税や国民年金保険料についても堅調に推移したことから、利用金額・件数共に前年度を上回りました。

2017年4月20日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

ECサイトの配送に関する意識調査

商品受取専用ロッカーを過半数が認知するも、利用増加率は5.3% ECサイトの配送に関する意識調査商品受取専用ロッカーを過半数が認知するも、利用増加率は5.3%3人に1人が「ドローン宅配便」に期待。その理由の1位は「送料」調査結果サマリー商品受取専用ロッカーを過半数が認知するも、利用者の増加率は5.3%にとどまるECサイトで購入した商品が受け取れる専用ロッカーを「知っていて、利用したことがある」人は12.8%(前回の2016年4月時調査では7.5%)、「知っている」人は55.1%(前回調査では48

2014年1月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

過剰流動性の縮小は一服しよう ~定例オペの利用増加が流動性縮小の安全弁~

過剰流動性の縮小は一服しよう ~定例オペの利用増加が流動性縮小の安全弁~

2008年9月1日日本銀行★フィードバック数:0大型消費/投資

日本銀行による電子マネーの動向調査です。

最近の電子マネーの動向について

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 最近の電子マネーの動向について2008年8月22日日本銀行決済機構局要旨 2007年度の主要6電子マネー(IC型)の利用状況をみると、年度末発行枚数は8,000万枚を超え、同発行残高(未使用残高)も771億円となった。また、年度中の決済件数は810百万件、同決済金額は5,636億円と、それぞれ大幅に増加した。こうした利用増加の背景としては、新規電子マネーの発行や一部電子マネーにおける相互運用の開始、共用端末設置の拡充等

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ