調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 利用金融機関

「利用金融機関」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年6月26日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム FXの利用(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへFX現在取引者は4.4%、利用経験は8.7%、認知率は79.9% FX取引経験者で1か月以内取引経験者、1年より前の取引経験者はいずれも4割。週1回以上取引している(していた)人は6割弱 FX現在取引者の主利用金融機関は「DMM.com証券」「SBI証券」などが上位。主利用金融機関選定理由は「手数料が安い・無料」「スプレッドが狭い、固定されている」などが上位で、「システムが安定している」「取引ツール、取引画面の使い勝手がよい」などが続く F

住宅関連企業従事者対象の調査です。

住宅関連企業従事者に聞いた『住宅ローン』に関する調査

>> 住宅関連企業従事者に聞いた『住宅ローン』に関する調査結果の… 株式会社日本能率協会総合研究所は、住宅関連企業従事者を対象に「住宅ローン」に関する調査を実施し、その調査結果を取りまとめました。今年4月以降に導入が決まった8%への消費税のアップに伴い、高額商品等において駆け込み需要が期待される一方で、増税に伴う需要の冷え込みも懸念されています。その中の商品の1つとして、増税の影響が最も大きいと思われる住宅購入に関連し、その資金を賄う住宅ローンに注目しました。現在、各金融機関から様々な住宅ローン

2013年11月11日バルクフィードバック数:0大型消費/投資

VOL.40 銀行・貯蓄などに関する調査(2010/8)

銀行・貯蓄などに関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.40 銀行・貯蓄などに関する調査調査日時:2010年8月19日(木)~8月24日(火) 生活する上で、お金は切っても切り離せない関係にあります。日常で使うお金から、何かを購入するまとまった資金など、蓄えをしておくことも多いと思います。そこで、今回は金融機関とどのような付き合い方をしているか。そして、蓄えに関してどういう考え方やどのような現状なのかということなどを調査してみました。※本調査レポートの引用・転

2012年6月21日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム FX(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへFX現在取引者は5.0%、利用経験は9.1%、認知率は82.1%。利用意向は1割強 FX取引経験者で1か月以内取引経験者は4割、1年より前の取引経験者は3割強。週1回以上取引している(していた)人は6割弱。2010年調査時より、直近での取引経験者が少なく、取引頻度も減少傾向 FX現在取引者の主利用金融機関は「DMM.com証券」「外為どっとコム」などが上位。 主利用金融機関選定理由は「手数料が安い・無料」「スプレッドが狭い、固定されている」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ