調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 剰余金処分

「剰余金処分」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月28日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

第130回事業年度(平成26年度)決算等について

ENGLISH第130回事業年度(平成26年度)決算等について 2015年5月27日 日本銀行1. 第130回事業年度(平成26年度)決算(1)資産・負債の状況平成26年度末における資産・負債の状況をみると、総資産残高は、国債を中心に前年度末と比べ82兆138億円増加(+33.9%)し、323兆5,937億円となった。また、総負債残高は、預金(当座預金)を中心に前年度末と比べ81兆5,842億円増加(+34.3%)し、319兆6,983億円となった。こうした日本銀行の資産・負債の変化を詳しくみる

2014年8月15日JA共済総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年度JA共済連の決算の概況

平成25年度JA共済連の決算の概況全国共済農業協同組合連合会 全国本部経営管理部決算グループ目 1.平成25年度決算の特徴について 2.財務状況について 3.収支状況について 次 4.剰余金処分について 5.主な経営指標についてJA共済連の平成25年度決算は、7月24日開催の通常総代会において承認されたところであるが、 本稿ではその決算概況について報告することとしたい。1.平成25年度決算の特徴について平成25年度決算における基礎利益は、正味 財産運用益の増加により、 前年度に比べて827 億円

2013年2月6日大和総研フィードバック数:4社会/政治

機関投資家に支持される株主還元の考え方

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年2月6日コンサルソリューション第一部 コンサルタント 吉川 英徳2013年度の株主総会シーズンが近づいている。株主総会における議決権行使結果への注目度は年を追って高まっている。その中で、剰余金処分案の議決権行使結果は投資家からの株主還元に対する支持率を示すことになり、注目ポイントの一つである。株主還元とは、企業の視点で見てみると、稼いだキャッシュフロー配分の一部であり、将来の成長に向けた投資

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ