調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 労働コスト

「労働コスト」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年1月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

タイ経済、2020年までは楽観できない

リサーチ TODAY2015 年 1 月 28 日タイ経済、2020年までは楽観できない常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創タイは、2000年代以降強固な基盤をもつタクシン政権によって急速な成長を遂げたが、2006年にタクシン氏が失脚したあと、政治的混乱が続いている。みずほ総合研究所は、タイ経済の中期展望に関するリポートを発表している1。タイは日本企業にとってASEAN最大の進出先であり、最重要地域であるが、2020年までを展望すると、成長率の鈍化と政権の不安定さが続くと考えられる。200

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強くなる企業収益体質 ~労働コストに対する耐久力~

強くなる企業収益体質 ~労働コストに対する耐久力~

2013年8月20日内閣府フィードバック数:0社会/政治海外

スペイン:輸出回復の要因

今週の指標 No.1076 スペイン:輸出回復の要因ポイント2013年8月19日スペインの2013年4~6月期の実質GDP成長率(前期比年率▲0.4%)が1~3月期(同▲2.1%)から改善したのには、輸出が増加したことが寄与したとされている(注)。実際、輸出は月次統計でみても堅調であり、ドイツなど他のユーロ圏主要国と比較しても高水準で推移している(図1)。このように世界金融危機後に大きく落ち込んだ輸出が回復した要因のひとつは、単位労働コストの低下等による競争力の回復である。単位労働コストでデフレ

2013年4月15日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

日本企業はなぜ過去20年円高でつらかったか

リサーチ TODAY2013 年 4 月 15 日日本企業はなぜ過去20年円高でつらかったか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表はみずほ総合研究所のリポートで示した均衡為替レートである1。日米の販売物価を基準にした購買力平価と日米の生産コストをベースとした均衡為替レートは、日本がデフレに陥った1990年代終盤以降、大きく乖離した。両者の乖離の背景には、デフレ下における価格競争のなかで、日本企業が利益マージンの圧縮によって対応してきた(あるいはそうせざるを得なかった)ことがある。費

2013年3月22日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

円安はどこまで進むのか~産業平均均衡レートから得られる示唆~

みずほインサイト日本経済2013 年 3 月 22 日円安はどこまで進むのか経済調査部エコノミスト産業平均均衡レートから得られる示唆03-3591-1418風間春香haruka.kazama@mizuho-ri.co.jp○ 日米の販売物価を基準にした購買力平価と日米の生産コストをベースとした均衡為替レートは、日本がデフレに陥った1990年代終盤以降、大きく乖離した。○ 両者の乖離の背景には、デフレ下における低価格競争の中で、日本企業が利益マージンの圧縮により対応してきた(あるいはそうせざるを得

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ