「労働党」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州2大テールリスクBrexitとGrexit、5月英国に注目

リサーチ TODAY2015 年 4 月 30 日欧州2大テールリスクBrexitとGrexit、5月英国に注目常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創5月7日の英下院総選挙まで1週間となった。現在、保守・労働の二大政党の支持率は拮抗しており、どの党も過半数を取れない「ハング・パーラメント(宙ぶらりん国会)」に陥る可能性が高まっている。現時点での議席予想数からは労働党が優勢である。労働党が第一党になった場合、労働党とスコットランド国民党(SNP)の間の連携協議の行方など、今後の政局が注目される

2014年11月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

【移民レポート4】英国:過去10年の移民急増が悩みの種

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 【移民レポート4】英国:過去10年の移民急増が悩みの種移民反対を掲げるUKIP(英国独立党)が躍進 ◆英国への移民は1994年以降、一貫して純流入となっている。特に2004年以降は年平均24万人の移民純流入があり、それ以前の10年と比較して倍増した。かつて大英帝国と言われた英国には、旧植民地のインド、香港、中近東、アフリカなどの出身者が多数居住しているが、近年の移民増加の背景には労働党政権(1997年

2013年9月25日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済情報:オーストラリア~6年ぶりの政権交代が実現も、大幅な財政出動を伴う景気対策は期待薄~

平成 25 年(2013 年)9 月 24 日NO.2013-26オーストラリア~6 年ぶりの政権交代が実現も、大幅な財政出動を伴う景気対策は期待薄~【要旨】— 9 月 7 日に実施された豪州総選挙において、保守連合が勝利をおさめ 6 年ぶりの政権交代が実現、自由党のアボット党首が首相に就任した。— 保守連合は炭素税や鉱物資源利用税(MRRT)の廃止、法人税の引き下げ、インフラ整備の推進、育児休暇手当ての拡充など、経済を強化する政策を主張しているが、各政策は旧与党の労働党と比べて大差はない。—

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ