調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 労働分配率

「労働分配率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【QE予測シリーズ No.2015-2】2015年1~3月期法人企業統計の評価と2次QE予測

No.2015-0062015年6月1日http://www.jri.co.jp≪QE予測シリーズ No.2015-2≫2015年1~3月期法人企業統計の評価と2次QE予測(1)法人企業統計季報によると、2015年1~3月期の売上高(全産業・季調値)は前期比▲0.9%と、3四半期ぶりの減収(図表1)。内需の持ち直しペースが緩慢なことを背景に、製造業(同▲2.1%)、非製造業(同▲0.3%)ともに減収。また、経常利益も、同▲6.4%と減益(図表2)。もっとも、製造業が同▲20.3%の大幅減益となっ

2014年11月6日日本総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

冬のボーナスの見通しです。

2014年末賞与の見通し-一人当たり支給額が2年連続のプラスに

No.2014-0252014年11月6日http://www.jri.co.jp2014年末賞与の見通し― 一人当たり支給額が2年連続のプラスに ―(1)今冬の賞与を展望すると、民間企業の一人当たり支給額は前年比+2.8%と年末賞与としては2年連続のプラスとなる見込み(図表1)。(*)厚生労働省「毎月勤労統計」事業所規模5人以上ベース。(2)背景には、企業の人件費支払い余力の改善。日銀短観9月調査によると、2014年度上期の経常利益は、消費増税後の需要減退や夏場にかけての原油価格上昇等を背景に

2014年10月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国の賃金はなぜ上がらないのか~労働生産性と労働分配率の動向を踏まえた考察~

みずほインサイト米 州2014 年 10 月 8 日米国の賃金はなぜ上がらないのか欧米調査部ニューヨーク事務所労働生産性と労働分配率の動向を踏まえた考察+1-212-282-3532服部直樹naoki.hattori@mizuhocbus.com○ 米国では、企業の人手不足感を示す欠員率が前回のピーク水準近くまで回復。一方で、賃金上昇率には未だ本格回復の兆しみられず○ とりわけ、雇用の約5割を占める専門・事務サービス、接客サービス、建設、小売では、人手不足感が強まっているにもかかわらず賃金が低迷

2014年8月15日JA共済総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金、労働力についてのレポートです。

なぜ賃金は上昇しないのか?

経済・金融経 済・金 融なぜ賃金は上昇しないのか?上席研究員古金 義洋国内労働者の1人時間当たり実質雇用者報○非製造業の低い労働生産性が1つの要因今年度は業績改善に加え、安倍政権からの酬(実質賃金)は、1981~91年に年率3.6%増要請もあり、大企業を中心にベースアップの加したが、91~2001年は1.6%、2001~12年は実施が相次いだ。ただ、中小企業などを含め0.7%と伸びが鈍化した(表1参照)。一方、た企業の賃上げは期待されたほどではないよ時間当たり労働生産性上昇率も1981~91年は

2014年1月17日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

様々な労働分配率:結局パイの拡大こそが重要

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 様々な労働分配率:結局パイの拡大こそが重要 春闘も佳境となり、労働分配率の上昇や低下が議論になることがある。しかし、論者によって、様々な労働分配率が使われているのが実情である。マクロで標準的とされるのは下図の①であり、雇用者報酬を国民所得で割ったものである。個別企業レベルでは、人件費を付加価値で割ったものが使われる。財務省「法人企業統計」では、業種、規模ごとの統計データを得ることができるが、付加価値額

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強くなる企業収益体質 ~労働コストに対する耐久力~

Economic Trends経済関連レポート強くなる企業収益体質発表日:2014年1月15日(水)~労働コストに対する耐久力~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)企業の収益体質は、リーマンショック後の努力が実を結んで相当改善してきている。損益分岐点売上高比率は、歴史的な低水準まで下がり、いくらか売上が減少しても利益を捻出しやすい構造になっている。これは、消費税率引上げによって需要減少が起こったとき、それに耐える地力をつけているということである。大企業の賃

2013年11月7日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

持続可能な賃上げの条件

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 賃上げムードが広がっている。政府、労働者、経営者で構成される「経済の好循環実現に向けた政労使会議」では、日立製作所の川村会長やトヨタ自動車の豊田社長がベースアップに対して前向きな姿勢を示した。好業績を受けて、ベースアップを決定した企業もある。まさに安倍政権の要請通りの動きであるが、重要なのはこの賃上げムードが来年以降も継続することである。一年だけ賃金が上昇しても、来年以降低下に転じてしまっては、好循環

2013年9月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほリサーチ]2013年9月号

今月の視点労働分配率の低下を止められるかみずほ総合研究所 副理事長 杉浦哲郎経済見通し世界経済は先進国を中心に持ち直し─ 日本経済は、消費税率引き上げ後も景気拡大を維持 ─中国動向投資依存型成長からの脱却を目指す中国─ ハードランディングは避けられるか ─地域動向津波被災から20年の奥尻町の苦境─ 多額の公的資金による安全・安心の街づくりの限界 ─雇用安倍政権が推進する限定正社員─ 高まる期待と本格的な普及に向けた課題 ─今月のキーワード国家戦略特区今月の視点 労働分配率の低下を止められるか経済

2013年6月18日内閣府フィードバック数:4社会/政治海外

ドイツ:個人消費の動向

今週の指標 No.1070 ドイツ:個人消費の動向ポイント2013年6月17日ドイツの実質GDPは2012年10-12月期に一時的に落ち込んだが、2013年1-3月期は個人消費がけん引し(前期比年率3.1%増)、同0.3%増とプラス成長に回復した(図1)。堅調な個人消費を支えているのは良好な雇用環境である。2003~05年に失業給付期間の短縮や就労支援体制の強化、有期契約の規制緩和といった労働市場改革が行われたこともあって、失業率は他のヨーロッパ各国では上昇しているのと対照的に低水準で推移してい

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:2キャリアとスキル

労働分配率よりも収益重視 ~シリーズ:これから賃金は上がるのか(2)~

Economic Trends労働分配率よりも収益重視経済関連レポート発表日:2013年2月27日(水)~シリーズ:これから賃金は上がるのか(2)~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)経営者にとって、賃上げはますます労働分配率を引き上げると捉えられる。反対に、勤労者にとって、賃上げの抑制は、今まで以上に労働分配率を引き下げることのようにみえる。立場の違いによって見解が変わる。労働分配率は、誰かが動かしているようにみえて、実際は経済活動の結果として変動する指

2013年2月24日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

【中国】「中所得の罠」と新指導部の課題

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【中国】「中所得の罠

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ