「労働力」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月31日マイナビフィードバック数:0社会/政治

47都道府県ランキング 労働力が「増えた県」「減った県」

47都道府県ランキング 労働力が「増えた県」「減った県」 / 転職ノウハウ 転職ノウハウ 応募企業の探し方、面接のポイントから、円満退職の秘訣まで。あなたの転職を成功に導くためのノウハウを紹介! 地方で働く魅力とは?UIターン転職情報増加率第2位「沖縄県」6位「福岡県」を含む九州エリアの特色は?あなたに合った土地柄は? 県民性博士 矢野氏監修! 土地柄タイプ診断 この記事はいかがでしたか? ★をクリック!(必須)

2016年3月2日総務省★フィードバック数:0社会/政治

平成27年国勢調査人口速報集計

調査のご案内Q&A−平成27年国勢調査に関する疑問にお答えします。統計トピックス−集計結果をもとに テーマに沿った分析を紹介 平成27年国勢調査主要統計表人口年齢世帯数労働力状態産業・職業昼夜間人口比率 ここから本文です。平成27年国勢調査公表済の統計表をご覧になれます。「要約」は,「概要」の中から要点を抜粋し,集計結果を2〜4頁程度でまとめたものです。「概要」は,集計結果の全体を表すために,数十頁程度でまとめたものです。人口速報集計(要計表による人口集計)結果要計表を用いて,市区町村別の

5月の中小企業月次景況調査(平成27年5月末現在)

◎5月の中小企業月次景況調査(平成27年5月末現在) 《概 要》5月のDIは、9指標中5指標が悪化し、特に前回改善を見せた売上高DIも−13.7と前月比5.1ポイントまで大きく落ち込み、製造業・非製造業を問わず、実需不足の深刻化を改めて浮き彫りにする結果となった。また、円安による経費の全般的なコスト高が継続していることに加えて、今回は労働力不足や天候不順への対応など、新たな課題に苦慮する声も多く寄せられており、中小企業の経営環境は依然として厳しい状態が続いている。《詳細については、以下をご覧下さ

雇用、労働力についてのレポートです。

減少する労働力

2015年06月15日三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:藤井 秀延)は、「減少する労働力 ~求められる均衡失業率の低下~」を発表いたします。詳細は、全文資料をご参照ください。本件に関するお問い合わせ三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 調査部 尾畠 未輝 (chosa-report@murc.jp ) 〒105-8501 東京都港区虎ノ門5-11-2 TEL:03-6733-1070

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年4月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4月雇用統計全体的にはポジティブな内容だが、非労働力化の動向に留意が必要 ◆労働力調査によると、2015年4月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.1%pt低下し3.3%となった。失業者数は、前月差▲2万人と3ヶ月連続で減少し、就業者数は▲28万人と2ヶ月連続で減少した。他方、非労働力人口は+35万人と3ヶ月連続で増加した。◆一般職業紹介状況によると、2015年4月の有効求人倍率(季節調整値)は前

2015年5月22日流通経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足が売場を変える

鈴木 雄高公益財団法人流通経済研究所 主任研究員顕在化する人手不足問題近年、多くの労働現場で人手不足が問題となっている。多くの人手に支えられている小売店舗においても例外ではない。図表は、卸売業・小売業のパートタイム労働者過不足判断D.I.の推移である。これによると、卸売業・小売業の事業所において重要な労働力であるパートタイム労働者は、2010年以降、不足の傾向が強まっていることがわかる。本稿では、人手不足が小売店舗に及ぼす影響を考えてみたい。出所:厚生労働省「労働経済動向調査」より作成※労働者過

2015年4月の中小企業月次景況調査(平成27年4月末現在)

◎4月の中小企業月次景況調査(平成27年4月末現在) 《概 要》4月のDIは、9指標中8指標が上昇し、中でも売上高DIは−8.6と前月比14.9ポイントと大きく上昇したが、景況ならびに収益状況DIとの間に大きな較差を生じる結果となった。 廉価製品の製造・販売、輸出関連を中心とした受注増が売上を押し上げた一方、長期化する円安・コスト高による収益圧迫は改善の兆しが見えず、また今後の燃料価格の上昇や労働力不足を懸念する声も多く寄せられるなど、中小企業の景気動向は引き続き注視が必要である。《詳細について

2015年4月30日全労済協会フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用形態の多様化時代における企業外部労働力の包摂に関する研究

雇用形態の多様化時代における企業外部労働力の包摂に関する研究

2015年4月19日運輸政策研究機構フィードバック数:0キャリアとスキル

自動車関連産業における労働力不足への対策について

自動車関連産業における労働力不足への対策について

2015年4月10日大阪府★フィードバック数:0キャリアとスキル

大阪府の調査です。

ミドルエイジ(35から54歳層)の採用に関する調査

ミドルエイジ(35から54歳層)の採用に関する調査(資料No.142)  今後少子化の進行に伴って若年労働力の減少が見込まれる中で、自らの存続・発展のため高度な経営課題へ対応していかねばならない企業等法人においては、若年者層と高齢者層の間の35から54歳のミドルエイジの確保・活用が一層重要性を増すと考えられます。またその際には、現有の社員・職員の育成・活用だけではなく、新たにミドルエイジを採用して定着させ、育成・活用する必要性も高まっていくと考えられます。 こうしたミドルエイジに対する法人の採用

雇用についてのレポートです。

最近の雇用情勢および格差と医療・介護分野の関係について

最近の雇用情勢および格差と医療・介護分野の関係について 景気、雇用に回復の兆しはあるものの、若年層を取り巻く情勢はまだま だ厳しく、世代内格差が拡大している。健康保険料が支払えない世帯、 低所得ゆえに納税できない世帯、病気が重症化、慢性化しているとみら れるケースもある。高齢者は働く意欲はあるものの、労働力としてはそ れほど期待されていない。 貧困層が増えると公的社会支出が増加する。たとえば医療では生活保護 の医療扶助(支出)が増加する。その一方で、健康保険料の収納率(収 入)は低下する。国民健

2015年3月20日商工中金★フィードバック数:0ビジネス

商工中金の調査です。

供給制約(労働力や設備の不足)が中小企業に与える影響に関する調査

供給制約(労働力や設備の不足)が中小企業に与える影響に関する調査

2015年3月2日第一生命保険★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足の状況です。

目前に迫る人手不足時代 ~専業主婦の労働力化が急務も夫婦控除では力不足~

目前に迫る人手不足時代 ~専業主婦の労働力化が急務も夫婦控除では力不足~

2014年12月19日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

目前に迫る人手不足時代 ~専業主婦の労働力化が急務も夫婦控除では力不足~

目前に迫る人手不足時代 ~専業主婦の労働力化が急務も夫婦控除では力不足~

2014年11月18日浜銀総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

今後の労働力確保の選択肢として注目が集まる外国人材

今後の労働力確保の選択肢として注目が集まる外国人材

2014年9月2日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足についてのレポートです。

労働力から見た2025年問題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>経営ビジョン・経営計画 労働力から見た2025年問題2025年の労働力は足りているのか 2014年9月2日経営コンサルティング部 主任コンサルタント 岩田 豊一郎◆少子高齢化にともなう人口減少により労働力の不足が顕在化しつつある。◆パート・アルバイトの主体は30歳代後半から60歳代前半のミドル世代の女性であるが、業種や業態により依存している世代等が異なる。

人手不足経済への処方箋

人手不足経済への処方箋 | ニッセイ基礎研究所 人手不足経済への処方箋 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 高齢化、人口減少によって労働供給力が趨勢的に低下する中、景気回復に伴う労働需要の拡大という循環的な要因が加わったため、企業の人手不足感が急速に高まっている。政府は成長戦略において、女性、高齢者の活躍推進を重点課題とし、20

2014年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

トルコの魅力

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 トルコの魅力地理的メリットと良質な労働力が強み 2014年7月10日アジア事業開発グループ シニアコンサルタント 中村 昌宏アジアと欧州にまたがるトルコに、外国からの投資が再び増加している。2014年1-4月の累計の外国直接投資金額は、前年同期を49%上回っている。トルコへの投資が増加し始めたのは2005年。2000年代初頭、同国はインフレ率が50%を上回る高インフレ国だったが、公正発展党(AKP)が

2014年7月1日財務省★フィードバック数:0キャリアとスキル

関東財務局によるまとめです。

“顕在化する人手不足”と“潜在的な労働力不足”に対する管内企業の動きについて

経済調査レポート(“顕在化する人手不足”と“潜在的な労働力不足”に対する管内企業の動きについて) “顕在化する人手不足”と“潜在的な労働力不足”に対する管内企業の動きについて 詳細は以下をご覧ください。 PDFのダウンロードについてPDFファイルをご覧いただくにはAdobeReader(無償)が必要です。AdobeReaderがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードした後インストールしてください。 財務省 関東財務局 [所在地・交通アクセス]〒3

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

経営危機の打開策に向けた成長分野への労働移動調査

経営危機の打開策に向けた成長分野への労働移動調査  九州経済産業局では、経営危機の打開策として、将来が見込める新事業分野へ進出した企業における労働力確保の方法を調査・整理することで、成長分野への進出を行う企業における労働力の確保に資すると共に、新事業分野への進出を断念した事例の収集により、その理由(支障)を浮き彫りにし、規制改革や支援施策等へ繋げていくことを目的に、経営危機の打開策に向けた成長分野への労働移動調査を行いました。 今般、その調査報告書を取りまとめましたので、公表します。 調査概要(

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

経済成長の鍵を握る女性の労働力 ~雇用を考える3:育児に加えて介護拡充と働き方の見直しを~

経済成長の鍵を握る女性の労働力 ~雇用を考える3:育児に加えて介護拡充と働き方の見直しを~

2013年9月8日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

女性登用に対する埼玉県内企業の意識調査

2013年8月30日特別企画 : 女性登用に対する埼玉県内企業の意識調査 女性管理職割合、企業の8割超が「10%未満」〜企業の約2割が、今後女性管理職の増加を見込む 〜 少子高齢化が進み、生産年齢人口が減少しているなか、労働力の確保が経済成長の大きな課題となっている。そのため、労働力としての女性に注目が高まっており、出産・子育て等による離職者の減少とともに、指導的地位に占める女性の割合の増加を図り、十分に活躍できるようにすることが成長戦略などでも掲げられている。このような背景を踏まえ、帝国デ

2013年8月25日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

女性登用に対する静岡県内企業の意識調査

2013年8月16日特別企画 : 女性登用に対する静岡県内企業の意識調査 女性管理職割合、企業の約8割が「10%未満」〜企業の約2割が、今後女性管理職の増加を見込む〜 少子高齢化が進み、生産年齢人口が減少しているなか、労働力の確保が経済成長の大きな課題となっている。そのため、労働力としての女性に注目が高まっており、出産・子育て等による離職者の減少とともに、指導的地位に占める女性の割合の増加を図り、十分に活躍できるようにすることが成長戦略などでも掲げられている。このような背景を踏まえ、帝国データ

2013年8月14日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

女性登用に対する企業の意識調査

2013年8月14日特別企画 : 女性登用に対する企業の意識調査 女性管理職割合、企業の約8割が「10%未満」〜 企業の約2割が、今後女性管理職の増加を見込む 〜 少子高齢化が進み、生産年齢人口が減少しているなか、労働力の確保が経済成長の大きな課題となっている。そのため、労働力としての女性に注目が高まっており、出産・子育て等による離職者の減少とともに、指導的地位に占める女性の割合の増加を図り、十分に活躍できるようにすることが成長戦略などでも掲げられている。このような背景を踏まえ、帝国データバン

2013年6月9日日本機械工業連合会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度 近畿地域機械工業の事業活動推進に関する調査

平成24年度 近畿地域機械工業の事業活動推進に関する調査―急速に進むグローバル化に対応した人材の育成・確保について― [発行機関:一般社団法人 日本機械工業連合会] [発行年:H25(2013)][ページ数:196][識別:24地域機械 ] [テーマ別分類: 国際経済 -各国経済・政策・市場・産業・企業動向] [テーマ別分類: 労働 -労働政策、労働力、労働市場、就業構造、雇用、失業]

2013年5月9日大和総研フィードバック数:3社会/政治海外

ミャンマー経済発展に重要度を増すビジネス人材の育成

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ミャンマー経済発展に重要度を増すビジネス人材の育成 2011年に民政政府が誕生し、数十年続いた閉ざされた国から開国解放路線へと転じたミャンマー(ビルマの方が馴染み深い読者もあろう)を国際社会は大きく歓迎した。欧米諸国による経済制裁も条件付きではあるものの解除され、国際機関や援助国は同国が抱える延滞債務を解消。日本もODA再開を公表し、早々に発電所、港湾や工業団地などのインフラ開発を中心とした事業に融資

中国 12年の生産年齢人口、建国以来初めて減少 ―「人口ボーナス」の終焉告げる―

国家統計局が1月に発表した最新のデータによると、中国当局が「生産年齢人口」とする15~59歳層の人口は2012年、建国以来初めて前年を下回った。経済成長の推進力の一つだった「人口ボーナス」の終了を予告する数字といえそうで、今後、労働力不足の事態への対応も迫られる。中期的には、労働力の質的向上のために、教育水準の高度化と労働技能の向上を必要としている。一人っ子政策の見直しも加速する可能性がありそうだ。労働力不足で、潜在成長率の低下へ統計局の発表によると、2012年の生産年齢人口は9億3727万人で

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ