調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 労働力人口増加

「労働力人口増加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年5月1日JA共済総合研究所フィードバック数:1社会/政治

人口減少・高齢化と技術進歩

経済・金融経 済・金 融人口減少・高齢化と技術進歩調査研究部○進む人口減少・高齢化木下 茂年までに人口減少・高齢化が全国的に進む姿国立社会保障・人口問題研究所が3月27日が予測されている。2040年までの都道府県別に発表した「日本の地域別将来推計人口(平人口推移を5年ごとにみると、目先的には東成25(2013)年3月推計)」によれば、今後2040京など都市部では人口が増加するものの、2020年以降は全都道府県で減少に転じる(第1表)都道府県別総人口の増加率(年平均、%)地域全国北 海 道青 森

2012年11月20日内閣府フィードバック数:7キャリアとスキル

ユーロ圏:若年労働力人口の減少の要因

今週の指標 No.1050 ユーロ圏:若年労働力人口の減少の要因ポイント2012年11月19日ユーロ圏の失業率は2011年半ば以降急上昇しており、2012年10月も11.6%と過去最悪を更新した。特に若年層(25歳未満)の失業率は23.3%と非常に高くなっている。厳しい雇用情勢が続くと、就業を諦め、非労働力化するものが出ると懸念される。ユーロ圏の労働力人口は、15~44歳の年齢層で世界金融危機後に大きく減少している(図1)。こうした労働力人口の危機前後の変化について、人口変化要因と労働力率変化要

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ