「労働力率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月8日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

平成27年国勢調査(人口等基本集計)結果の公表―「初の人口減少」確定に当たって―

ここから本文です。統計Today No.115平成27年国勢調査(人口等基本集計)結果の公表 ―「初の人口減少」確定に当たって― 総務省統計局統計調査部 国勢統計課長 栗田 奈央子 平成27年10月1日現在で実施した国勢調査につきましては、去る平成28年10月26日に、人口等基本集計結果を公表しました。この集計は、全ての調査票を集計し我が国の人口や世帯等の全体像を把握することができる平成27年国勢調査の確定値となります。御回答いただいた皆様には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。今回、大正9年

2016年6月4日東京カレンダーフィードバック数:0社会/政治

23区働き蜂選手権:就業率から見る、一番働いている区はどこだ!!

お気に入りに追加シェアするツイートする東京23区の統計データから様々な素顔を紐解くこの連載、今回は就業率から23区の中で最も働き蜂が多い区を算出してみる。先日、平均年収の高い区で最後に簡単にご紹介したのは2005年の労働力率であったが、公表データを探っていると、2010年の国勢調査に基づく就業者数が出てきたので今回はそちらを使って、各区の就業率をみてみよう。果たして働き蜂の多い区はどこだ?!今回は、15歳~64歳の生産人口に占める就業者の割合で就業率を見てみる。 就業率の算出の仕方は、■生産年齢

2015年3月12日りそな総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

2020年に向けた労働力人口の変化

平成 27 年 3 月 11 日2020 年に向けた労働力人口の変化~男性の急速な減少に、女性等の活用による代替が追いつかない地域も~(労働力人口の減少とその対策)今後の労働力人口(就業者と失業者の合計)の動向については、かねてから懸念されているとおり、男性を中心とした減少が避けられない。少子化などによる若年人口の減少に加え、特に地方圏では外部への人口流出も重なることで、その減少に拍車がかかる。すでに外食や建設業界では人手不足が深刻化しつつあるが、若年層への依存度が高い業界を中心に、今後も影響が

2014年11月19日財務省フィードバック数:0キャリアとスキル

保育所の整備と女性の労働力率・出生率

保育所の整備と女性の労働力率・出生率

沖縄での女性の社会進出についての調査です。

県内女性の社会進出

県内女性の社会進出<要旨>➣少子高齢化が進み、労働供給の減少が危惧されている我が国では、労働力を補うため女性の活用に注目が集まっている。政府の成長戦略においても女性の労働力は日本成長への原動力であるとし、女性が働きやすい環境を整えるよう推進しているが、県内では女性が活躍できる社会環境が整っているのだろうか。全国や海外のデータと比較しながら県内女性の社会進出について考察する。➣県内女性の労働力率は、労働形態がM字型から台形型へと変化しており、全国と比較するとM字のカーブが緩やかである。就業率も20

2014年9月26日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足についてのレポートです。

人手不足は解消するか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 人手不足は解消するか?当面、人手不足が成長のボトルネックとなる可能性は低い 2014年9月26日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆有効求人倍率が1倍を上回る水準で推移していることにも表れているように、企業では人材確保が困難となり、機会損失の発生や人件費の増加など、人手不足による悪影響が問題となりつつある。本稿では、今回の景気拡大局面(2012年12月~)の動向を中心に、

2014年9月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第182回日本経済予測(改訂版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第182回日本経済予測(改訂版)人手不足が日本経済に与える影響を検証する~①消費税増税、②人手不足、③輸出動向、④猛暑効果等を考察~ :2014年4-6月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+0.7%(前回:同+0.7%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である。日本経済は、2014年4-6月期に消費税増税の影響で一時的に低迷したも

2014年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:人手不足が日本経済に与える影響を検証する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:人手不足が日本経済に与える影響を検証する日本経済は緩やかな回復軌道を辿る見通し ◆:2014年4-6月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+0.7%(前回:同+1.1%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である(→詳細は、熊谷亮丸他「第182回 日本経済予測」(2014年8月20日)参照)。日本経済は、2014年4-

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第182回日本経済予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第182回日本経済予測人手不足が日本経済に与える影響を検証する~①消費税増税、②人手不足、③輸出動向、④猛暑効果等を考察~ :2014年4-6月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+0.7%(前回:同+1.1%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である。日本経済は、2014年4-6月期に消費税増税の影響で一時的に低迷したものの、7-

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ