「労働市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月17日アイデムフィードバック数:0社会/政治

社会保険適用基準拡大・配偶者控除引き上げに関する調査

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

2017年3月24日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

世界の若者9,500 人を対象にした就職に関する意識調査

どの国の若者も、就職が叶うこと、それも自分の理想の仕事に就くことができることに極めて楽観的で、そのために必要な準備を進めていると自信を持っています。回答者の10人に8人 (77.47%) までが、卒業後の1年以内に就職先を見つけることができると考えています。自分が労働市場に適切なスキルを身につけていると感じています。4人に3人近く (73.08%) が、将来の仕事に必要となるスキルや能力を身につけている、と答えていますが、特に日本の若者はそれほど楽観的ではないようです。回答者の教育レベルが高いほ

2016年6月23日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

労働市場の未来推計

多くの業種で、人手不足が課題となっています。そこで、パーソル総合研究所では、約10年後の2025年に向けて、経済成長率0.8%を維持するために必要な就業者数の推計と、人口動態から推計した就業者数のギャップを算出しました(※1)。そこから見えてきたのは、2025年に約600万人の人手不足が懸念されることです。今後、どれくらい人手不足解消の余地や可能性があるのか、先進諸国などの状況をベンチマークとして推計しました。 ※1:経済成長率0.8%(内閣府『中長期の経済財政に関する試算』におけるベースライ

2016年3月2日マンパワーグループフィードバック数:0キャリアとスキル

労働白書「Human Age 2.0 未来のワークフォース」

人材紹介・派遣会社のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2016年"Human Age 2.0" 世界の労働市場は新たなステージへ "Human Age 2.0" 世界の労働市場は新たなステージへ 米マンパワーグループ、労働白書「Human Age 2.0 未来のワークフォース」を 発表2016年2月29日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥)の親会社である米国マンパワーグループ(本社:ウィスコンシン州ミルウォーキー)は、労働

2015年7月1日アイデム★★フィードバック数:0キャリアとスキル

パートタイマーの募集時平均時給 平成27年4月集計結果

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

人材不足についての調査です。

第10回人材不足に関する年次調査日本語版

人材紹介・派遣会社のマンパワーグループ会社概要ニュースリリース2015年日本の企業の83%が人材不足を課題とする結果に~グローバル平均は38% 日本の企業の83%が人材不足を課題とする結果に~グローバル平均は38% マンパワーグループ、第10回人材不足に関する年次調査日本語版を発表2015年6月22日総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社:神奈川県横浜市、取締役代表執行役社長:池田 匡弥)は、この度、日本を含む世界42カ国・地域での採用担当者に調査を実施した"10th Annual

2015年6月21日JETRO★フィードバック数:0キャリアとスキル海外

ベトナムの状況です。

ベトナムの労働市場と雇用問題-統計と先行研究のレビュー-

ベトナムの労働市場と雇用問題-統計と先行研究のレビュー- 本稿は、公刊統計と既存研究のレビューを通じて、ベトナムの労働市場と企業雇用の変化について把握することを試みた。その結果、就労構造の転換が進みつつある一方で労働に対する需給のミスマッチも生じているとみられること、市場経済化に伴い企業の雇用慣行も変化しつつあるものの、そのプロセスは単線的に進んでいるとはいえないことなどが明らかになった。既存研究がとりあげてきたテーマや分析手法には偏りがあり、フォーマルセクターとインフォーマルセクターや所

2015年6月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 FRBは年内利上げの見方を維持(15年6月16、17日FOMC) ~FOMC参加者は年内2回の利上げを想定も利上げペースはより慎重な見方に修正~

Fed Watching米国 FRBはFRBは年内利上年内利上げ利上げの見方を見方を維持(15年6月16、16、17日17日FOMC)FOMC)発表日:201発表日:20152015年6月17日17日(水)~FOMC参加者は年内2回の利上げを想定も利上げペースはより慎重な見方に修正FOMC参加者は年内2回の利上げを想定も利上げペースはより慎重な見方に修正~利上げペースはより慎重な見方に修正~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001○ FRBは

2015年6月9日アイデム★フィードバック数:0キャリアとスキル

5月1日の状況です。

2016年3月卒業予定者の就職活動に関する調査 【5月1日時点の状況】

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

2015年6月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【5月米雇用統計】雇用者数は28万人増。「量」だけでなく「質」の改善も伴った好結果

【5月米雇用統計】雇用者数は28万人増。「量」だけでなく「質」の改善も伴った好結果。 | ニッセイ基礎研究所 【5月米雇用統計】雇用者数は28万人増。「量」だけでなく「質」の改善も伴った好結果。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸びは2ヵ月連続で20万人超6月5日、米国労働省(BLS)は5月の雇用統計を

2015年5月31日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

ワークス研究所のレポートです。

「2025年の働く」予測

2014年度研究プロジェクト 「2025年の働く」予測超高齢社会を迎えた2025年。労働市場はどうなっているのか。就業構造のシミュレーションから、個人と企業の「働く」を展望する。 雇用機会が喪失する悲観シナリオと就労機会が増える楽観シナリオから、楽観シナリオに近づくための道しるべをまとめた。2025年にかけては、働き方の多様化を求める個人と厳しい競争環境にさらされる組織の間で、働き方をめぐるニーズの「ミスマッチ」が深刻化する。これまでとは異なる「働き方」を、社会システムとして再発明しなければなら

2015年5月31日経済協力開発機構★フィードバック数:0キャリアとスキル

OECDのレポートです。

OECD技能アウトルック2015

OECDによると、各国政府は若者の失業に取り組むべく一層の努力をすべき2015年5月27日16~29歳のニート(就学、就労、職業訓練のいずれも行っていない者)は、OECD諸国全体で3500万人を超えています。概して若者は、働き盛りの世代とくらべて2倍失業しやすいことがわかっています。OECDの最新レポートは、各国政府は若者がワークライフの良いスタートをきれるように、就職において支援すべきであると述べています。OECD技能アウトルック2015によると、OECD各国におけるニート人口の約半数は就学も

「22万3,000人増加」米国の2015年4月の非農業部門雇用者数(前月比)

ご参考資料この数字はなんだ?Vol.90ナンバー・ナンダー米国2015年5月15日229の2015年4月の非農業部門雇用者数(前月比)の数字です.6万3,000人増加5月8日に米労働省が発表した雇用統計によると、4月の非農業部門雇用者数は前月比22万3,000人の増加となりました。市場予想(22万8,000人増加)をやや下回ったものの、景気回復の節目とされる20万人を上回り、前月から回復しました。分野別にみると、建設業やヘルスケア、コンピュータデザインやコンサルティングなどの専門職などで伸びがみ

2015年5月13日経済産業研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

子育ての方法の違いによる影響を見ています。

子育ての方法と労働市場の評価-日本における実証研究-

子育ての方法と労働市場の評価-日本における実証研究-西村 和雄 (ファカルティフェロー) /八木 匡 (同志社大学) 概要Chua (2011)は、中国に多いと言われる子育てと西洋に多いと言われる子育て方法の比較をすることで、厳格な子育ては子供の成功に役立つとして問題提起した。親の子育てのあり方が子供のパフォーマンスに与える影響に関する研究は、Kim (2013)が実証的に"Tiger Mother"と呼ばれる親による子育ての優位性を否定したことによって、更に注目を集めることなった。本稿

2015年4月20日アイデム★フィードバック数:0キャリアとスキル

3月の状況です。

2016年3月卒業予定者の就職活動に関する調査(2015年3月1日状況)

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

2015年4月16日参議院フィードバック数:0キャリアとスキル

沖縄県の労働市場の動向と課題

沖縄県の労働市場の動向と課題

2015年4月8日アイデム★★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業側の状況です。

2016年度新卒採用に関する企業調査(2015年3月1日状況)

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

2015年4月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

【3月米雇用統計】雇用増加ペースは予想外に大幅鈍化。鈍化が一時的か、今後も継続するか見極めが必要

【3月米雇用統計】雇用増加ペースは予想外に大幅鈍化。鈍化が一時的か、今後も継続するか見極めが必要。 | ニッセイ基礎研究所 【3月米雇用統計】雇用増加ペースは予想外に大幅鈍化。鈍化が一時的か、今後も継続するか見極めが必要。 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数の伸びは前月から大幅に鈍化4月3日、米国労働省(B

2015年4月1日アイデムフィードバック数:0キャリアとスキル

パートタイマーの募集時平均時給 平成27年1月集計

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

日本経済研究センターのレポートです。

2020年までの対内投資、倍増可能-カギは労働市場の流動化、専門職教育の普及

2020年までの対内投資、倍増可能-カギは労働市場の流動化、専門職教育の普及

2015年3月5日アイデム★フィードバック数:0キャリアとスキル

2月の状況です。

2016年3月卒業予定者の就職活動に関する調査(2015年2/1状況)

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

2015年3月3日NTTデータ経営研究所フィードバック数:0社会/政治

わが国は豊かさを感じにくい国となるのか~~高齢化と労働市場の構造変化が示唆するもの

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2015年3月2日第一生命保険★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足の状況です。

目前に迫る人手不足時代 ~専業主婦の労働力化が急務も夫婦控除では力不足~

経済トレンド目前に迫る人手不足時代~専業主婦の労働力化が急務も夫婦控除では力不足~経済調査部柵山 順子(要旨)○2012 年 12 月の安倍政権発足後、雇用者数はおよそ 150 万人増加し、失業率は 0.9%pt低下した。消費税率引き上げ後も、雇用改善基調は続いており、労働市場は逼迫しつつある。○今後の労働力供給について、年齢階級、性差別に検討すると、団塊世代の押し上げ効果一服により男性の労働力供給は頭打ちとなりそうだ。一方、女性については、特に有配偶女性で労働力率上昇余地が残されている。有配偶

2015年2月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 4・7・10・なし(日銀追加緩和)

Global Market Outlook4・7・10・なし(日銀追加緩和)2015年2月6日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数>日経平均※NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※USD/JPYEUR/USD<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値17643.2817,884.8810,905.416,865.934,703.30(円)17750前日比138.6621

2015年2月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【1月米雇用統計】非常に良いスタートを切った15年の労働市場

【1月米雇用統計】非常に良いスタートを切った15年の労働市場 | ニッセイ基礎研究所 【1月米雇用統計】非常に良いスタートを切った15年の労働市場 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:雇用者数は力強い伸びが持続2月6日、米国労働省(BLS)は1月の雇用統計を公表した。1月の非農業部門雇用者数は前月対比で+25.7万人

豪州が政策金利を0.25%ポイント引き下げ

豪州が政策金利を0.25%ポイント引き下げ2015年2月3日<豪州が0.25%ポイントのサプライズ利下げ>RBA(豪州準備銀行)は政策金利(銀行間翌日物金利の誘導目標)を0.25%ポイント引き下げ、過去最低の2.25% としました。エコノミストの大半は金利の据え置きを見込んでおり大きなサプライズとなりました。本日の決定は2013年8月以来の利下げで、2011年11月から始まる今回の利下げ局面では9回目、累積で2.5%ポイントの利下げとなります。豪州の政策金利の推移(%)( 2007年初~2015

2015年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

FOMC 政策変更を急ぐ必要はない

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 政策変更を急ぐ必要はない国際情勢などを見極める時間があるうちに課題を検討すべき 2015年1月29日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2015年1月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。声明文のうち、金融正常化に至るまで「忍耐強く」なれるという表現を維持し、3月と4月のFOMCにおける利上げ開始の可能性が低いことを示唆した

米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか

米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか | ニッセイ基礎研究所 米国「労働市場の緩み」の点検-FRBが政策金利を引き上げられる程、労働市場は改善したのか 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国の中央銀行であるFRBは、金融政策における政策目標として、多くの中央銀行が掲げる「物価の安

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長は幾分加速

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長は幾分加速 | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長は幾分加速 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は4-6月期、7-9月期と高い成長を実現したが、10-12月期は成長率が低下する見込み。もっとも、来年は、底堅い個人消費が牽引する形で、成長率は14年の2.3%か

【2014年11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果

【11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果 | ニッセイ基礎研究所 【11月米雇用統計】雇用者数の増加だけでなく、文句なしに良い結果 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:予想を大幅に上回り、12年1月以来の30万人超12月5日、米国労働省(BLS)は11月の雇用統計を公表した。11月の非農業部門

2014年11月21日アイデム★★フィードバック数:0キャリアとスキル

10月1日の状況です。

2015年度就職活動に関する調査(2014年10月1日状況)

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

【10月米雇用統計】21.4万人と予想を下回ったものの巡航ペースの改善が持続

【10月米雇用統計】21.4万人と予想を下回ったものの巡航ペースの改善が持続 | ニッセイ基礎研究所 【10月米雇用統計】21.4万人と予想を下回ったものの巡航ペースの改善が持続 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1.結果の概要:予想を下回ったものの、9ヵ月連続で月間20万人超の増加。11月7日、米国労働省(BLS)は10月の雇用

2014年11月10日アイデム★★フィードバック数:0キャリアとスキル

10月段階での状況です。

2015年度新卒採用に関する企業調査(2014年10月1日状況)

「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに! 「人材の活用」「従業員の教育」「人事制度」等について、事例満載の記事や専門知識が深まるコラム等を展開。自社の活性化や雇用管理のヒントに!*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちら 等について、さまざまなデータを作成。労働市場の現状が分かります。*一部記事の閲覧および機能をご利用いただくには、会員登録

2014年11月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 声明文の修正も実は変化はない

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 声明文の修正も実は変化はないQE3に伴う資産買い入れ終了も利上げ開始時期は示唆されず 2014年10月30日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆10月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に伴う資産買い入れを終了することが決定された。事実上のゼロ金利政策を維持し、「相当な期間(considerable time)継続する」との文言

2014年10月22日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

企業が求める人材

日本を取り巻く雇用環境や日本の課題を、データとともにお伝えする。今回のテーマは日本の「企業が求める人材」。知識社会化する中、専門性を踏まえ自律的に課題を設定・解決できる人材の価値が高まっている。では、そういった人材へのニーズは実際にはどの程度増えているのだろうか。また、日本は各国と比較してどういった状況にあるのだろうか。統計データから実態を探った。自律性・創造性のある人材へのニーズが増加日本企業は今どういった人材を必要としているのだろうか。独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)は、育

2014年10月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10月英国労働統計 ~バラ色の労働市場に変調の兆し~

欧州経済指標コメント:10月英国労働統計 ~バラ色の労働市場に変調の兆し~

2014年10月17日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

女性の労働市場・家計内分配と未婚化

女性の労働市場・家計内分配と未婚化概要本稿では、理論的なモデルを構築することで、日本において未婚率が上昇したメカニズムを考察した。結婚によって、女性が労働市場を退出し、所得が不可逆的に低下することは依然として一般的である。労働市場での所得低下の可能性があることは、それだけで結婚という意思決定の機会費用となる。さらに、結婚後の家計内交渉を考慮に入れると、妻の所得の低下は、家計内における妻の交渉力を弱め、結婚のコストを妻が負担することになる。この構造のため、夫婦合計ではメリットがある場合でも、女性が

韓国 2014年上半期の労働市場の概要

2014年上半期(1月~6月)の労働市場について、韓国労働研究院(KLI)が各種統計データを基にレポートを公表した。以下にその概要をとりまとめる。上半期の労働市場の概観と特徴2014年上半期の就業者数は、前年同期との対比で59万7000人増加し(2013年1月~6月の就業者数は2475万5000人、2014年1月~6月のそれは2535万2000人)、世界金融危機以降、最も大幅に増加した。景気低迷期にあった2013年上半期の就業者は、前年同期比で29万人の増加にとどまった(図表)が、下半期以降は、

【9月米雇用統計】24.8万人と20万人ペースに回復、失業率は予想外に5.9%へ低下

【9月米雇用統計】24.8万人と20万人ペースに回復、失業率は予想外に5.9%へ低下 | ニッセイ基礎研究所 【9月米雇用統計】24.8万人と20万人ペースに回復、失業率は予想外に5.9%へ低下 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:2ヵ月ぶりに月間20万人増加ペースに回復10月3日、米国労働省(BLS)は9月の雇用統計を

2014年10月2日世界平和研究所★★★フィードバック数:0キャリアとスキル

人口減少と労働力についてのレポートです。

人口減少下での労働市場―女性、高齢者の労働力率引上げにより2040年にかけての労働力不足を乗り切れ―

トップ研究人口減少下での労働市場―女性、高齢者の労働力率引上げにより2040年にかけての労働力不足を乗り切れ― 研究レポート2014/10/01人口減少下での労働市場―女性、高齢者の労働力率引上げにより2040年にかけての労働力不足を乗り切れ―藤江泰郎主任研究員による報告を掲載しました。----------(序文)~要旨にかえて~ 最近、人手不足の声がいろいろなところから聞こえてくるようになりました。思い起こしてみれば、最初は、震災後、被災地での復興事業関係で人手不足が言われ始め、それがアベノミ

2014年9月23日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル海外

アメリカ:経済的理由によるパートタイム労働者の動向

今週の指標 No.1105 アメリカ:経済的理由によるパートタイム労働者の動向 ポイント2014年9月22日14年9月の連邦公開市場委員会(FOMC)において、労働市場の状況は、「総じてやや一層改善したものの、失業率はほとんど変化がなく、広範な労働市場の指標は労働資源の未活用が著しいことを示唆している」と評価された。労働資源の未活用を示す指標の1つとしてイエレンFRB議長は経済的理由によるパートタイム労働者を挙げており、この改善の程度は利上げ開始時期に影響を及ぼすと考えられることから、注目されて

2014年9月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3縮小継続。FOMCの利上げ予想中央値は小幅上方シフト(14年9月16、17日FOMC) ~利上げ時期は経済情勢次第とのスタンスは変わらず~

Fed Watching米国 QE3QE3縮小継続縮小継続。継続。FOMCの利上げ利上げ予想中央値予想中央値は中央値は小幅上方小幅上方シフト上方シフト(14年14年9月16、16、17日17日FOMC)FOMC)発表日:201発表日:20142014年9月17日17日(水)~利上げ利上げ時期は時期は経済情勢次第と経済情勢次第とのスタンスはスタンスは変わらず~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001○ 14年14年10月10月の資産購入額を10

2014年9月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済の見通し-果たして、賃金は上昇するのか?

米国経済の見通し-果たして、賃金は上昇するのか? | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-果たして、賃金は上昇するのか? 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は1-3月期に寒波の悪影響でマイナス成長となったが、4-6月期には力強い反発を見せた。家計、企業ともにセンチメント指標が非常に高い水準に達しており、今後も3%前後の安定的な成長が期

2014年9月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目

【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目 | ニッセイ基礎研究所 【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 9月5日、米国労働省(BLS)は8月の雇用統計を公表した。8月の非農業部門雇用者数は前月対比で14.2万人の増加 (前月改定値:+21.2万人)となり、

2014年9月1日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

労働市場や人手不足についてのレポートです。

日本の労働市場の課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本の労働市場の課題~成長戦略を妨げる人手・人材不足~『大和総研調査季報』 2014年夏季号(Vol.15)掲載 足元の日本の雇用環境は、新卒市場をはじめとして広範囲に改善傾向が見られ、1990年代初めのバブル期以来の高水準というものも散見される。ただ、過去10年間を振り返ってみると、男性の失業率は下方バイアスが働いているにもかかわらず、一貫して女性を上回っており、男性を取り巻く環境は見た目以上に厳し

2014年8月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 昨年の反省を生かしてUSD/JPY115予想を据え置く

Global Market Outlook昨年の反省を生かしてUSD/JPY年末予想115を据え置く2014年8月21日(木)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数>日経平均※NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値15576.4716,979.139,314.576,755.484,240.79103.87 円1.324

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 労働資源の活用が進む兆候

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 労働資源の活用が進む兆候緩やかでもしっかりとした回復ペースへ 2014年8月20日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆4-6月期の実質GDP成長率は1-3月期のマイナス成長からの反動で予想を上回り、1-3月期の統計も上方修正された。今後の見通しに変更はないが、上半期の成長ペースが上方修正されたことに伴い、2014暦年の成長率見通しを引き上げた。◆7月開催のFO

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3縮小継続も労働市場での著しい余剰を指摘し金利上昇抑制(14年7月29、30日FOMC) ~FRBは早期の利上げ期待が高まり過ぎないよう配慮~

米国 QE3縮小継続も労働市場での著しい余剰を指摘し金利上昇抑制(14年7月29、30日FOMC) ~FRBは早期の利上げ期待が高まり過ぎないよう配慮~

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済 ~インフレ安定を背景に早期引き締め回避~

米国経済 ~インフレ安定を背景に早期引き締め回避~経済調査部利上げ前倒し観測桂畑 誠治がスラックの残存を示すと発言したことで、市場米国では、悪天候や昨年後半の反動等により、では賃金の動きを注視している。賃金上昇率は、14年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率スラックが残っているような状況でも、小幅高ま▲2.9%と12四半期ぶりのマイナス成長となった。った。今後も失業率の低下に伴い上昇幅を拡大すしかし、雇用情勢の改善は続いており、失業率はると見込まれ、利上げ観測が強まり、市場金利の6月に6.1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ