「労働政策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

企業の人材ニーズ等に関する調査

概要研究の目的本研究の目的は、企業の採用方針や人材ニーズの状況、人材ニーズの発生要因、未充足の実態を把握することである。研究の方法調査の方法は、郵送によって調査票を配布・回収する方法である。調査の対象は、全国の常用労働者30人以上を雇用している企業のうち農林漁業、公務を除く産業(業種)に属する18,000社である。総務省「平成21年経済センサス」の産業(業種)別、従業者規模別企業数の分布を参考に割り付けを行い、帝国データバンクが保有する企業データベースから産業(業種)別、従業者規模別に抽出して

企業における転勤の実態に関するヒアリング調査

企業における転勤の実態に関するヒアリング調査 概要 研究の目的企業における労働者の転勤については、企業独自の経営判断に基づき行われるものであるが、就職後、複数回の転勤が行われることにより、結婚・妊娠・出産・子育てといった、将来のライフプランの設計に困難をきたし継続就業の妨げになる、あるいは家族形成を阻害するとの指摘がある。現在、政府は、まち・ひと・しごと創成会議を中心に、少子化対策をはじめとする人口減少対策を検討しており、その中で、転勤については一つのテーマとしてあがっていることから、企業の

中国進出日系企業の基礎的研究II

概要 研究の目的今後、よりいっそうアジア、とりわけ中国との関係が円滑に緊密化し、わが国の経済状況に寄与するものとなるよう、正確な情報収集が必要である。中国社会の全体的な変容の構図と、その中で進出日系企業が直面する問題を検討するため、中国でオペレーションを続行する企業に対してヒアリング調査を実施する。その結果と共に本社のグローバル戦略をはじめ、より広い視野から検討することを通じて、日系企業の現状と課題を整理する。 研究の方法文献研究 ヒアリング調査の実施主な事実発見(1)中国全体、大連地区での日系

仕事と介護の両立についての調査です。

労働政策研究報告書 No.170 仕事と介護の両立

概要研究の目的介護離職をはじめとする仕事と介護の両立困難の実態と両立支援の課題を明らかにするため、介護期の働き方や両立支援制度の利用状況、離転職の経験、要介護者の状態や家族との介護分担、介護サービスの利用状況、介護者の健康状態等を調査する。 研究の方法アンケート調査。調査の概要は以下のとおり。調査対象同居および別居の家族・親族を介護している20~59歳の男女2,000名主な調査項目介護開始時と介護状況(要介護者の状態、本人の介護役割、介護負担等)介護開始時の就業状況(労働時間、異動、離転職、両

日本での技能実習についての調査です。

帰国技能実習生フォローアップ調査(平成26年度)(結果概要)

帰国技能実習生フォローアップ調査 ―2014年度アンケート、インタビュー調査結果― 概要研究の目的我が国の外国人労働者を受け入れるスキームのひとつである外国人技能実習制度は、開発途上国等の「人づくり」を目的に、日本で修得した技能等を活用して業務を行うことが予定される外国人に対して技能実習を行う制度である。しかし、この制度においては技能実習が技能移転のためではなく、安価な労働力の確保のために利用されているという批判がある。そこで、技能実習制度における技能の適正な移転のあり方を検討する目的で、技

地方での採用、配属についての調査です。

企業の地方拠点における採用活動に関する調査

企業の地方拠点における採用活動に関する調査 概要研究の目的全国展開をしている大企業における、大卒新人の採用活動の実態を調査すること地元(地方)での就職を希望する大学生等が地元にとどまりながら、全国展開をしている企業へ採用され職業生活を全うできる可能性を探ることその際に、労働行政(特に職業安定行政)としてどのような支援が必要かを示すこと 研究の方法研究会 アンケート調査 ヒアリング調査 主な事実発見第1に、長期勤続を重視する伝統的な日本企業においては、採用した大卒新人について、必ずしも本人の希望

2015年3月13日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

Works University 労働政策講義 2015 No.6 再就職支援

Works University 労働政策講義 2015 No.6 再就職支援

2015年3月13日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

Works University 労働政策講義 2015 No.5 派遣・構内請負・アウトソーシング

Works University 労働政策講義 2015 No.5 派遣・構内請負・アウトソーシング

2015年3月13日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

Works University 労働政策講義 2015 No.8 開業支援

Works University 労働政策講義 2015 No.8 開業支援

資格とキャリアです。

職業資格の取得とキャリア形成に関する調査(WEB調査結果の概要)

職業資格の取得とキャリア形成に関する調査 概要研究の目的職業資格の取得とキャリア形成の実態を把握し、中長期的なキャリア形成支援に向けたキャリア・コンサルティングの基礎資料とする。 研究の方法WEBモニターへのアンケート調査(2014年3月実施) 。有効回答数 職業資格所持者8,316人、職業資格取得を希望する未所持者1,011人。 主な事実発見資格取得の時期は、働きながら資格を取得した人が6割弱、在学中が3割、仕事を辞めて、または求職活動をしながら取得した人が合わせて1割という構成になっている

ビジネス・レーバー・トレンド 2014年8月号

特集:企業の雇用ポートフォリオの変容 毎月25日発行 A4変型判 56頁程度 1部 476円+税(送料別)刊行後、約1カ月後にPDFで全文を掲載いたします。PDFの閲覧について 目次奥田 栄二 JILPT 主任調査員補佐――JILPT「人材マネジメントのあり方に関する調査」結果より調査・解析部非正規社員をめぐる雇用管理と制度改定 ――ANA コープさっぽろ ファンケル 西友調査・解析部スペシャルトピック 調査・解析部トピックス国際研究部イギリス・就労者の貧困への懸念の高まりアメリカ・一般労働

介護人材についてのレポートです。

介護人材需給構造の現状と課題

概要研究の目的人口構成の高齢化を背景として、持続可能な医療・介護保険制度等の運営とサービス提供体制の構築、その担い手である医療・介護従事者の確保が喫緊の課題となっている。とくに、介護サービスの担い手である介護人材(介護職)への需要が拡大し、2025年には、介護職が2012年度の149万人(推計値)を大幅に上回る237~249万人程度必要と推計されている。 本研究は、上記の推計と現状の供給量を踏まえ、今後必要となる介護人材を確保するためにどのような取組みが求められるかについての実証的な検討に向

雇用創出基金事業の政策効果の検証

概要リーマン・ショック後の緊急的な雇用対策のための事業として雇用創出基金事業が創設されたが、雇用情勢が変化していく中で、雇用創出基金事業に求められる役割も変化している。平成24年度に実施された省内事業仕分けを踏まえ、今後のあるべき雇用創出基金事業の形を探るとともに、緊急時に再び雇用創出基金事業を実施する場合のガイドラインを整備することを目的として、これまでの雇用創出基金事業についての検証を行った。研究会の開催、アンケート調査、ヒアリング 調査に回答した自治体が実施した雇用創出基金事業全体として

ビジネス・レーバー・トレンド 2014年2月号

特集:景気回復と雇用・労働 毎月25日発行 A4変型判 56頁程度 1部 476円+税(送料別)刊行後、約1カ月後にPDFで全文を掲載いたします。PDFの閲覧について 目次調査・解析部山田久 株式会社日本総合研究所 調査部長調査・解析部2013年の賞与支給実績と2014春闘の賃上げ見通し調査・解析部 連載 賃金・人事処遇制度と運用実態をめぐる新たな潮流<第3回> ――12の地域シンクタンク・モニターからの報告調査・解析部事例 成熟産業から成長分野へ石川県 新たなグローバル展開をめざす中小企業

経団連の調査です。

新卒採用(2013年4月入社対象)に関するアンケート調査

トップPolicy(提言・報告書)労働政策、労使関係、人事賃金新卒採用(2013年4月入社対象)に関するアンケート調査結果の概要 Policy(提言・報告書) 労働政策、労使関係、人事賃金新卒採用(2013年4月入社対象)に関するアンケート調査結果の概要 2014年1月9日一般社団法人 日本経済団体連合会(PDF形式/目次は以下のとおり)1.調査要領2.調査結果の概要(1) 採用実施企業割合は2年ぶりに増加 (2) 就職採用市場に関する評価 (3) 学事日程の尊重への対応策 (4) 採用選考

労働関係の統計や制度についてのまとめです。

2013年版 国別基礎情報 フランス

基礎データ総人口:66,415,161人(2015年1月1日現在、暫定値、資料1)実質GDP成長率:1.3%(2015年、暫定値、資料1)就業者数:2,638万2千人(2015年、資料1)失業率:10.4%(2015年、資料1)若年者(15~24歳)失業率:24.7%(2015年、資料1)パートタイム労働者の割合:18.8%(2015年、資料1)為替レート:1ユーロ=134.25円、1USドル=0.90ユーロ(2015年平均、資料2)資料出所: (2016年6月9日アクセス時点)(2016年5

労働関係の統計や制度についてのまとめです。

2013年版 国別基礎情報 ドイツ

基礎データ総人口:81,197,537人(2015年1月1日現在、資料1)実質GDP成長率:1.7%(2015年、資料1)就業者数:4,021万1千人(2015年、資料1)失業率:4.6%(2015年、資料1)若年者(15~24歳)失業率:7.2%(2015年、資料1)パートタイム労働者の割合:28.0%(2015年、資料1)為替レート:1ユーロ=134.25円、1USドル=0.90ユーロ(2015年平均、資料2)資料出所: (2016年6月9日アクセス時点)(2016年5月25日アクセス時点

労働関係の統計や制度についてのまとめです。

2013年版 国別基礎情報 アメリカ

基礎データ総人口:3億2,141万8,820人(2015年7月1日現在、推計値、資料1)実質GDP成長率:2.4%(2015年、推計値、資料2)就業者数:1億4,883万4千人(2015年、資料3)失業率:5.3%(2015年、資料3)若年者(16~24歳)失業率:11.6%(2015年、資料3)パートタイム労働者の割合:18.4%(2015年、資料3)為替レート:1USドル=121.04円(2015年平均、資料4)資料出所:(2015年12月22日公表)(2016年6月10日アクセス時点)(

労働関係の統計や制度についてのまとめです。

2013年版 国別基礎情報 イギリス

基礎データ総人口:64,875,165人(2015年1月1日現在、推計値、資料1)実質GDP成長率:2.3%(2015年、資料1)就業者数:3,110万5千人(2015年、資料1)失業率:5.3%(2015年、資料1)若年者(16~24歳)失業率:14.6%(2015年、資料1)パートタイム労働者の割合:26.7%(2015年、資料1)為替レート:1ポンド=184.93円、1USドル=0.65ポンド(2015年平均、資料2)資料出所: (2016年6月9日アクセス時点)(2016年5月25日ア

スキルについての調査です。

成人の職業スキル・生活スキル・職業意識

概要昨今のキャリア環境の激変に伴い、労働者の働き方、キャリア形成のあり方には大きな変化がみられる。特に、昨今の人口動態の大きな変化、非正規就労の拡大、雇用の流動化等を受けて、企業等で働く在職者と組織との関わり方は変質しており、以前にもまして重要な課題となっている。 こうしたなか、生涯キャリア発達およびその支援は、従来から継続的な政策課題として受け止められており、国内外で一定の関心をもって検討がなされてきた。 本調査では、そうした一連の研究動向をふまえた上で、成人のスキルと意識に関する基礎的

「就職氷河期世代の今」を調査しています。

大都市における30代の働き方と意識

大都市における30代の働き方と意識 ―「ワークスタイル調査」による20代との比較から― 概要研究の目的「就職氷河期世代」といわれる現在の30代の現在の仕事と生活について明らかにする。研究の方法エリアサンプリングにて、東京都の30代2千人に対して、質問紙調査を実施。(2011年7月~10月)主な事実発見離学直後の就業状況は、学歴および離学時期(就職活動時期)の景気の影響を強く受ける。離学直後に無業や非典型雇用であった場合、30歳代には男性の7割程度、女性の約半数が少なくとも一旦は正社員になってい

キャリアについてのまとまった調査です。

第2回働くことと学ぶことについての調査

働き方と職業能力・キャリア形成 ―『第2回働くことと学ぶことについての調査』結果より― 概要研究の目的非正社員が増加する中での職業能力開発・形成およびキャリア形成の実態と課題を明らかにすることを目的とする。2008年度の「第1回働くことと学ぶことについての調査」の後に非正規労働問題が深刻化し、その生活基盤の脆弱さがあらわになったことを踏まえ、第2回調査を実施し、リーマンショック後の動向および家族形成や主たる生計維持者との関係も含めて検討する。研究の方法アンケート調査(「第2回働くことと学ぶこと

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ