「労働時間」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年6月14日パイプドビッツフィードバック数:0ビジネス

働き方改革研究センター調査2018 レポート第一弾

労働時間の減少効果が高い施策は「オンライン会議システム」と「労働時間の見える化」全国2.4万人規模の調査「働き方改革研究センター調査2018」に基づくレポート第一弾を公開2018年5月31日労働時間の減少効果が高い施策は「オンライン会議システム」と「労働時間の見える化」 全国2.4万人規模の調査「働き方改革研究センター調査2018」に基づくレポート第一弾を公開株式会社パイプドビッツ(東京都港区、代表取締役社長CEO 林哲也、以下「パイプドビッツ」)内の パイプド総研が事務局を務める「働き方改革研

2018年3月29日サイボウズフィードバック数:0社会/政治

「プレミアムフライデー」1周年、働き方改革の実態は…?

「プレミアムフライデー」1周年、働き方改革の実態は…? プレ金*・ノー残業デーのために他の日の残業は3人に1人、本末転倒な会社も 成果と労働時間削減の板挟み…“ハサマリーダー”が増加中 サイボウズ株式会社は、2018年2月23日(金)で取り組み開始から1年を迎える「プレミアムフライデー」に合わせ、「働き方改革」に関する調査を行いました。 *プレ金:プレミアムフライデーの略称。 =============================================[調査概要]調査名:「働き方改

2018年1月24日ディップフィードバック数:0キャリアとスキル

労働時間の上限規制「残業時間100時間未満」への賛否についてのユーザー調査

社員・派遣・パートのお仕事・求人情報を探すなら【はたらこねっと】 > 残業時間の上限が100時間未満となることに「賛成」46%、「反対」22% ≪労働時間の上限規制「残業時間100時間未満」への賛否についてのユーザー調査≫残業時間の上限が100時間未満となることに「賛成」46%、「反対」22%就業先での残業是正の取組内容は「ノー残業デー」実施が最多報道関係者各位ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮)は、自社で運営する総合求人情報サイト「はたらこねっ

2018年1月23日東京都フィードバック数:0ビジネス

平成29年「中小企業の賃金事情」調査

ここから本文です。平成29年「中小企業の賃金事情」調査結果について東京都は、中小企業における賃金制度や休暇制度を整備・充実することを目的に、中小企業労使の方々等にご活用いただく資料として、毎年、都内中小企業(従業員数10~299人)における賃金等の実態を調査しています。このたび、毎年調査している「賃金」「賞与」等に、隔年調査項目として「労働時間」「休日・休暇」を加えた平成29年の調査結果がまとまりましたのでお知らせします。調査結果の概要所定時間内賃金は351,957円、所定時間外賃金は34,61

2018年人材マネジメント領域のトレンド予測&キーワード

【ボス充】2018年人材マネジメント領域のトレンド予測&キーワード多元的な自己を持つ若者の増加により、生活を楽しみ、社外活動が充実しているマネジャーが、会社や社会にいい影響を与え、メンバーから信頼されるように2017年12月13日企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:奥本英宏)は、リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:峰岸真澄)の主催する「2018年のトレンド予測」発表会にて、人材マネジメン

2018年1月17日日本生産性本部フィードバック数:0社会/政治

2017年 7 ~ 9月期の産業別労働生産性の動向

■産業別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 産業別にみた労働生産性上昇率(2017年7〜9月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比。※※要因分解:労働生産性、産出、雇用、労働時間の変化率はいずれも原指数の対前年同期比。※※※ 事業者向け関連サービスの労働投入量指数は専門技術サービス業、複合サービス業等の合成であるため、要因分解のグラフは省略。 ■鉱工業・業種別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 鉱工業・業種別の労働

2017年12月26日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「働き方改革」についてアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリースミドルに聞く「働き方改革」調査 企業が「働き方改革」に取り組むことで、職場への満足度が上がったミドルは3割。「気持ちの余裕がなくなった」「生産性が低下した」との声も。―『ミドルの転職』ユーザーアンケート集計結果― ミドルに聞く「働き方改革」調査 企業が「働き方改革」に取り組むことで、職場への満足度が上がったミドルは3割。「気持ちの余裕がなくなった」「生産性が低下した」との声も。

2017年12月12日beBit★フィードバック数:0キャリアとスキル

eNPSは何によって上がるのか ー 16業界eNPS調査結果【前編】

コラムeNPSは何によって上がるのか ー 16業界eNPS調査結果【前編】顧客及び従業員のロイヤルティを高める「ロイヤルティ経営」が注目を浴びています。 本コラムでは、従業員ロイヤルティの指標として使われる「eNPS」が何に影響を受けているのか、約5,000名に対して実施した定量調査結果について解説します。2017年11月 6日 デジタライゼーションが進行し、モノ売りからコト売りへの転換が企業の生き残りの鍵と言われる現在、顧客体験(カスタマーエクスペリエンス)の改善や、顧客ロイヤルティ指標とし

2017年11月16日オラクルフィードバック数:0企業情報システム

企業の管理職を対象にした働き方改革とデジタル活用に関する調査

日本オラクル、企業の管理職を対象にした働き方改革とデジタル活用に関する調査結果を発表働き方改革の取り組みは労働時間削減が大多数、ビジネス成長を意識した取り組みとデジタル活用は不十分であることが明らかにTokyo, Japan—2017/11/01 日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、執行役 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は、働き方改革への取り組みとデジタル活用について管理職の立場からみた取り組みの現状、課題や効果、今後の期待に関する意識調査を行いました。同調査によって、

2017年11月14日勝手にランキングフィードバック数:0ビジネス

この業界は○○だ! みんなのイメージきいてみました

>, >この業界は○○だ! みんなのイメージきいてみました皆さんは今までに、どの業界で働いた経験がありますか?また、どのような業界に憧れを抱いていますか?「ここで働きたいけど、労働時間が長そう……。お給料が少なそう」など、知らない業界に関しては、様々な想像が生まれてきますよね。今日はそんな数ある業界の中で、「給与が良い」「業務内容が過酷」「ブラック企業」と最も多くイメージを持たれているのはどこかを見ていきたいと思います。実際に○○は給与が良いと聞いた。全国の男女約7,000人を対象に、「業界に関

2017年11月9日ダイヤモンド社フィードバック数:0社会/政治

長時間労働が減っているのに過労死が注目される意外な理由

長時間労働は 減少傾向にある 電通の新入社員でインターネット広告を担当していた、当時24歳の女性が2015年末に過労により自殺したのを受けて、翌年の秋以降、過労死問題がクローズアップされている。 果たして、過労に結びつく長時間労働は増加しているのか。今回は、この点を統計データで確認するとともに、日本における長時間労働と仕事のストレスの関係を、国際的な比較の中で明らかにしたい。 長時間労働は、統計上、週労働時間49時間以上、ないし60時間以上で区分されていることが多い。過労死ラインは、時間外労働が

2017年10月25日勝手にランキングフィードバック数:0キャリアとスキル

仕事の優先度は高い? 休日にも仕事をした経験のある人は70%以上もいた!

>, , >仕事の優先度は高い? 休日にも仕事をした経験のある人は70%以上もいた!働いている皆さんは、今の仕事に満足していますか?近年大きな問題にもなりつつある、企業で働く人たちの労働時間問題。昨日は東京簡裁にて、大手広告会社・電通で起こった過労死・違法残業に関する裁判が行なわれたようです。くだされた判決は、罰金50万円。この結果にSNS上では、「軽すぎる」「過労死の問題は今後も続くのでは……」と、不安や怒りの声が多く広がっていました。現在の社会で、こういったことは当たり前なのでしょうか?今日

2017年9月13日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

全110職種 仕事満足度ランキング2017

サービス紹介 会社情報 採用情報 プレスルーム 転職サービス「DODA(デューダ)」ビジネスパーソン15,000人に大調査! 全110職種 仕事満足度ランキング2017 仕事満足度は平均63.7点。企画・管理系職種がランキング上位の半数を占める結果に総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」< https://doda.jp >は、20歳~59歳のビジネス

働き方に関する調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

長時間労働に関する実態調査

長時間労働に関する実態調査 20〜30代正社員の労働時間についての実態と意識 いきすぎた長時間労働が社会的な問題になるなか、20〜30代の若手世代は、実際にどのくらいの時間を仕事に費やしているのだろうか。また、労働や労働時間の在り方についてどのように考えているのだろうか。528名に調査を行った。 調査概要 世界的に見て長い傾向のあった日本の労働時間は、1980年代後半をピークにずいぶん減少してきた。しかし、これは非正規社員などの短時間労働者の増加によるところが大きく、フルタイム社員の労働時間は、

36協定に関する調査

連合調べ 「会社が残業を命じるためには36協定の締結が必要」...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 連合調べ「会社が残業を命じるためには36協定の締結が必要」 認知率は5割半ば、20代では半数を下回る結果に~36協定に関する調査2017~労働時間に対する社会的関心が高まる中、日本労働組合総連合会(略称:連合、所在地:東京都千代田区、会長:神津 里季生)は、「36協定」を周知する活動を行っています。その一環として、時間外労働の実態や36協定の締結状況、認知状況を把握す

2017年6月9日パナソニック★フィードバック数:0ライフスタイル

「宅配ボックス実証実験」最終結果報告

福井県あわら市、パナソニック株式会社による 「宅配ボックス実証実験」最終結果報告4ヶ月間の平均再配達率8%を確保 パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、福井県あわら市の進める「働く世帯応援プロジェクト」に参画し、あわら市在住の共働き世帯を対象とした「宅配ボックス実証実験」を2016年11月より開始。2016年12月~2017年3月末の実証実験をまとめた最終結果報告では、宅配ボックス設置により再配達率が49%から4ヶ月平均で8%に減少しました。それにより、約222.9時間の労働時間の削

2017年5月5日マクロミル★フィードバック数:0キャリアとスキル

保育士300名に聞く「保育士・保育園問題」

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2017年2月28日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年中途採用状況調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「マイナビ転職 2016年中途採用状況調査」を発表「労働時間短縮への対応」を理由に、中途採用を実施した企業が約3割。2017年の見通しも約9割が「経験者採用に積極的」で、高い採用意欲が続く見込み株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する転職情報サイト『マイナビ転職』()は、2016年に中途採用を行った全国の企業を対象とした「マイナビ転職 2016年

2017年1月29日ビズリーチ★フィードバック数:0キャリアとスキル

残業や生産性に関するアンケート

20代の正社員、6割「残業多い」「生産性低い」と回答労働時間...| 20代の正社員、6割「残業多い」「生産性低い」と回答 労働時間の短縮後「スキルアップの勉強に費やしたい」「働き方改革」を受け、20代向け転職サイト「キャリアトレック」調査 株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎)が運営する20代向けレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」( https://www.careertrek.com/ )は、正社員として働く20代のキャリアトレック会員に残業や生

2017年1月12日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

ミドルの「労働生産性」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリースミドルの「労働生産性」実態調査 64%のミドルが自社の労働生産性が低いと回答。 生産性の妨げになっていることは「1人あたりの業務量過多」、 「1回の打ち合わせ時間が長い」、「打ち合わせが多い」。―『ミドルの転職』ユーザーアンケート集計結果― ミドルの「労働生産性」実態調査64%のミドルが自社の労働生産性が低いと回答。生産性の妨げになっていることは「1人あたりの業務量過多」、「1

2016年11月19日レジェンダフィードバック数:0キャリアとスキル

転職サイト登録後スカウトメール受け取る9割(社会人調査)

社会人の意識/実態調査 10月実施(2016年10月27日~11月4日)『仕事観や転職について』 働く意味は「生活やお金のため」8割。現在の会社に「満足」7割。満足している点は「雇用の安定性」がトップで36.4%。転職願望は2人に1人。転職サイト登録後スカウトメールを受け取る人は9割。レジェンダ・コーポレーションでは、社会人(入社1年目~7年目)を対象に、仕事観や転職に関する意識/実態調査を実施しましたので調査結果を報告いたします。 調査概要社会人の意識/実態調査インターネットによる調査(当社

ストレスチェック「医師の面接指導」実態調査

ストレスチェック「医師の面接指導」実態調査高ストレスの要因は「仕事の量・労働時間」「上司との関係」人事部は医師面接および就業上の措置に関して一定の評価 2016年11月02日株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント代表取締役社長 鳥越 慎二(JASDAQ コード8769) 株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:鳥越 慎二、以下「当社」)は、本年9月に従業員50人以上の企業(団体)におけるストレスチェック担当者188人を対象に、ストレスチェックにお

2016年11月9日日本生産性本部★★フィードバック数:0社会/政治

日本の労働生産性の動向 2016年版

公益財団法人日本生産性本部は「日本の労働生産性の動向2016年版」をまとめた。 日本の労働生産性は、OECD加盟34カ国中21位(『労働生産性の国際比較』日本生産性本部、2015年)で加盟国平均を下回っており、低迷が続いている。 2015年度の日本の労働生産性は、時間当たりの名目労働生産性が4,518円(前年度比+2.3%)で、8年ぶりに過去最高を更新したことが明らかとなった。これは、パートタイム労働者比率の上昇に加え、パートタイム労働者一人あたりの労働時間が短くなっていることが影響しているが、

2016年9月16日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

仕事満足度ランキング2016(全90職種)

転職なら、求人情報・転職サイトDODA(デューダ) 求人情報を探す エージェントサービス スカウトサービス 転職成功ガイド イベント ヘルプ今の仕事に満足している人が多い職種・業種は?ビジネスパーソン15,000人に、現在就いている職種に対する満足度を「総合」「仕事内容」「給与・待遇」「労働時間(残業・休日など)」「職場環境(社風・周囲の社員など)」の5つの指標別に、100点満点中で何点か答えてもらいました。 15,000人の仕事満足度は63.7点!企画・管理系職種がランキング上位の半数を占

2016年6月30日転職会議フィードバック数:0キャリアとスキル

男女でこうも違う?年代別離職理由から見る男女の違い

お知らせ 転職会議レポートをリニューアルいたしました 男女でこうも違う?年代別離職理由から見る男女の違い『察しない男 説明しない女』『話を聞かない男、地図が読めない女』など、今も昔も男女差を研究した本は注目を集め、中にはベストセラーになるものもあります。男女の違いというのは完全には解決できない永遠のテーマなのかもしれません。同じように、仕事を辞める理由は男女間で差があるのでしょうか? 男女それぞれの転職理由を、クチコミから調査してみましょう。 男女でこうも違う?年代別離職理由から見る男女の違い『

2016年5月23日ビー・スタイル★フィードバック数:0社会/政治

『働きたくない会社の条件』についてアンケート

女性にフラれる条件を公開! 長時間労働が当たり前な会社は嫌われる!? 27~33歳の「モヤモヤキャリア女子」200名にアンケート!2016年5月19日(木)株式会社ビースタイル 「これからの転職。」(運営会社:株式会社Shift(ビースタイル・グループ)東京都新宿区:代表水澤直人)の研究機関である「これからの転職。研究所」は、首都圏に勤務するキャリア女性(27才~33才)に『働きたくない会社の条件』についてアンケートを実施いたしました。結果をご報告いたします。(有効回答数200件)リリース概要1

2016年5月4日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「未経験での転職」についてアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース転職で現在と違う職種を希望しているのは41%。 ―『エン転職』ユーザーアンケート集計結果― 転職で現在と違う職種を希望しているのは41%。20代は半数以上が別職種を希望。―『エン転職』ユーザーアンケート集計結果― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 孝二)が運営する日本最大級の総合求人・転職支援サービス『エン転職』 ( htt

2016年5月2日グローバルウェイフィードバック数:0キャリアとスキル

口コミから見る「働きやすい会社」ランキング2016

転職口コミサイト「キャリコネ」 口コミから見る「働きやすい会社」ランキング2016発表! 1位はグーグル! 2位にはファイザーがランクイン 2016年4月20日約79万人※が登録する国内有数の転職口コミサイト「キャリコネ」()を運営する株式会社グローバルウェイ(https://www.globalway.co.jp/)は4月20日、「口コミから見る『働きやすい会社』ランキング2016」を発表しました。対象は2015年4月1日から2016年3月31日までにユーザーからの評価が20件以上寄せられた企

2016年1月22日はたらこindexフィードバック数:0キャリアとスキル

ユーザーアンケート?性別&世代別転職した理由-

 >転職理由の1位は「労働時間・環境が不満」 20代では「給与」への不満が最多。女性では「結婚」「出産・育児」が転職理由の上位にランクイン。 転職理由の1位は「労働時間・環境が不満」 20代では「給与」への不満が最多女性では「結婚」「出産・育児」が転職理由の上位にランクイン。報道関係者各位 ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下 ディップ)は、女性の求人・転職サイト「はたらこindex」(https://www.office-hatarako.net/?m

2016年1月12日東京都★★フィードバック数:0社会/政治

平成27年「中小企業の賃金事情」

平成27年「中小企業の賃金事情」調査結果について平成27年12月24日産業労働局 東京都は、中小企業における賃金制度を整備・充実するため、中小企業労使の方々等にご活用いただく資料として、毎年、都内中小企業(従業員数10〜299人)における賃金等の実態を調査しています。このたび、平成27年の調査結果がまとまりました。毎年調査している「賃金」「賞与」等に加え、隔年調査項目として「労働時間」「休日・休暇」等の状況をお知らせします。調査結果の概要所定時間内賃金は346,678円、所定時間外賃金は32,7

ITエンジニアのストレスチェック実態調査

ITエンジニアのストレスチェック実態調査 労働安全衛生法の改定に基づき「ストレスチェック制度」が創設され、2015年12月1日から施行されました。50人以上の事業所では、法律施行後1年以内にストレスチェック実施と管轄の労働基準監署への実施状況報告が義務付けられています。IT業界はストレスの多い職場と言われ、早急な対策が望まれてきました。こうした背景を受けてITスキル研究フォーラムでは毎年実施している『全国スキル調査』の中で、エンジニアを対象にストレスについての実態調査を行っています(2015年か

2015年9月30日エン・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

働きやすい職場

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース女性が働きにくさを感じる職場の条件とは?女性の意識調査~「働きやすい職場」を発表~ 女性が働きにくさを感じる職場とは?20代はワークライフバランスが取れないこと、30代以上は職場の雰囲気が悪いこと。女性の意識調査~「働きやすい職場」を発表~ 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、正社員で働くことを希望する女性向け

2015年7月27日マイボイスコムフィードバック数:0キャリアとスキル

マイボイスコム 就業意識(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ有職者のうち、現在の仕事に満足している人は6割弱。管理職で正社員、経営者、公務員などの方が、管理職以外の正社員、契約、派遣より満足している人の比率が高い 働く上での重視点は「通勤時間、勤務地」「仕事の内容、種類」「給与水準」「労働時間」「休暇日数、休みのとリやすさ」などが上位。過去調査と比べ「自分の能力を発揮できる」「雇用の安定」「仕事の評価の適正さ」などの比率が、やや減少 仕事の満足点は「通勤時間、勤務地」「休暇日数、休みのとりやすさ」「

2015年4月12日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年10~12月期の産業別労働生産性の動向

■産業別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 産業別にみた労働生産性上昇率(2014年10〜12月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比。※※要因分解:労働生産性、産出、雇用、労働時間の変化率はいずれも原指数の対前年同期比。 ■鉱工業・業種別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 鉱工業・業種別の労働生産性上昇率 (2014年10〜12月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比

2015年4月6日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数の増勢に一服感

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米雇用者数の増勢に一服感2015年3月の米雇用統計:雇用環境は明らかに悪化 2015年4月6日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆3月の非農業部門雇用者数は前月から12.6万人増加した。雇用者数の増加ペースは鈍化し、過去分も大幅に下方修正された。業種別では、企業向けサービス、教育・医療、小売などで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は減少した。◆失業率は5.5%と前月と変わら

2015年3月30日山梨県フィードバック数:0キャリアとスキル

山梨の賃金・労働時間及び雇用の動き(平成27年1月分(暫定版)及び平成26年平均)

ここから本文です。山梨の賃金・労働時間及び雇用の動き(平成30年3月分)を公表しました各種統計情報は「やまなしの統計」からどうぞ。 統計調査課ホームページ「やまなしの統計」において、山梨の賃金・労働時間及び雇用の動き(平成30年3月分)を公表いたしました。詳細については、下記関連資料のリンクからご覧ください。 公表内容に関するお問い合わせは、各調査担当までお願いします。 より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

2015年3月29日大阪府フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度 大阪府内事業所の就業形態、労働時間、若年者の人材育成等の概要についての調査(大阪府労働関係調査)

大阪府が発表した最近1週間分の報道発表資料を発表日順に掲載しています。過去の報道発表資料を検索 (こちらで、「部局名・室課名」「提供日」「キーワード」検索ができます。)

2015年3月28日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金のばらつきの労働時間と時給への分解――1989~2013 年の推移――

賃金のばらつきの労働時間と時給への分解――1989~2013 年の推移――

2015年3月9日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

市場変動の影響を受けた時給と労働時間

トップレポート・コラム経済分析米国市場変動の影響を受けた時給と労働時間 ここから本文です市場変動の影響を受けた時給と労働時間2015年2月の米雇用統計:雇用者数の増勢回復サマリー◆2月の非農業部門雇用者数は前月から29.5万人増加した。雇用者数の増勢は回復し、1月の鈍化は一時的であったとみられる。業種別では、娯楽・レジャー、教育・医療、企業向けサービスなどで雇用が増え、鉱業・林業などの雇用者数は減少した。◆失業率は5.5%と前月から0.2%ポイント低下した。職探しを諦めた人が増えたことが主要因だ

2015年1月27日福岡県★フィードバック数:0キャリアとスキル

福岡県の調査です。

平成26年度福岡県の賃金事情

県内の民間事業所に雇用される常用従業員及びパートタイム労働者の平均賃金や労働時間並びに新規学卒者の初任給等の労働条件の実態を明らかにし、賃金や労働時間等の労働条件改善の際の基礎資料とするため、平成28年7月の状況を調査し、その結果をまとめたものです。平成28年度 福岡県の賃金事情第1 調査の説明第2 調査結果の概要第3 統計表第4 資料一括ダウンロード過去の調査結果 福祉労働部 労働局 労働政策課 労働福祉係Tel:092-643-3587Fax:092-643-3588 (添付ファイルが

連合の調査です。

労働時間に関する調査

労働時間に関する調査

2014年12月2日LiB★フィードバック数:0キャリアとスキル

女性の働き方についての調査です。

ハイキャリア女性が予測する2015 年の働き方

ハイキャリア女性が予測する2015 年の働き方2015年の働き方、キーワードは「リモート化」と「流動化」! ~ 営業現場での女性管理職のニーズが高まる傾向に ~ 2014年12月2日2014年は在宅ワークや時短ワーク等、女性が無理なく働き続けられる多様な働き方が今まで以上に話題になりました。また安倍政権の成長戦略の中核に女性活用が打ち出され、これまで以上に「女性の働き方」についてのニュースが増えた年でもあります。そのような背景を受け、2015年のハイキャリア女性の働き方はどのようになるのかを調査

2014年11月19日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

従業員のメンタルヘルス 企業業績に影響

従業員のメンタルヘルス 企業業績に影響精神疾患の増加とともに、現在、働く人のメンタルヘルスへの関心が高まっている。国会では、ストレスチェックの義務化など、企業における対策の強化を図る労働安全衛生法の改正が審議されている。最近では、経済協力開発機構(OECD)もメンタルヘルスに関する報告書を公表するなど、医学系だけでなく社会科学系の分野も含めた研究の必要性が広く唱えられているものの、就業とメンタルへルスを関連付ける研究の蓄積はそれほど進んでいない。それもあって、メンタルヘルスの不調は個人に原因があ

2014年11月14日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

「ホワイトカラー・エグゼンプション制度」をご存知ですか?

転職希望者のホンネ調査2014年11月14日「ホワイトカラー・エグゼンプション制度」をご存知ですか?ホワイトカラー労働者を対象に労働時間規制の適用を外し、働いた時間に関係なく成果に対して賃金を支払うという「ホワイトカラー・エグゼンプション制度」。日本では2006年に導入が検討されましたが、長時間労働を助長するということで一旦頓挫しました。今年に入り、第二次安倍内閣が再度導入を検討しているものの、実現の兆しは見えていません。そんな現状もあり、この制度について「知っている」と答えた人はわずか3割程度

2014年10月8日アイ・キューフィードバック数:0キャリアとスキル

「ホワイトカラー・エグゼンプション」に関するWEBアンケート

7割が「ホワイトカラー・エグゼンプション」に「賛成」 ~「ホ...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 7割が「ホワイトカラー・エグゼンプション」に「賛成」~「ホワイトカラー・エ...7割が「ホワイトカラー・エグゼンプション」に「賛成」~「ホワイトカラー・エグゼンプション」への賛否や導入された場合の効果・ 影響について調査~ 株式会社アイ・キュー(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 城)が運営する日本最大の人事ポータルサイト『日本の

2014年9月28日経済産業研究所★★フィードバック数:0キャリアとスキル

男女の所得差の要因分析です。

ホワイトカラー正社員の男女の所得格差―格差を生む約80%の要因とメカニズムの解明

ホワイトカラー正社員の男女の所得格差―格差を生む約80%の要因とメカニズムの解明概要本稿はホワイトカラ―正社員の男女の所得格差について傾向スコアによる標準化に依拠するDFL法を用いて要素分解をする。結果は年齢、学歴、勤続年数の人的資本3変数の男女差で男女所得格差の35%を、職業、労働時間、職階の3変数合わせて追加の43%を、合計6変数で格差の78%を説明することを示す。単独では職階の男女差が最も大きな説明力を持つ。また用いた傾向スコアの妥当性について診断を行うとともに、多変量線形回帰分析に基づく

ワーク・ワイフ・バランスの充実を! ―長時間労働から離れ、妻と過ごす時間を増そう!―

ワーク・ワイフ・バランスの充実を!―長時間労働から離れ、妻と過ごす時間を増やそう!― | ニッセイ基礎研究所 ワーク・ワイフ・バランスの充実を!―長時間労働から離れ、妻と過ごす時間を増やそう!― 生活研究部 准主任研究員 金 明中「ワーク・ワイフ・バランス」と言うと、まるで「ワーク・ライフ・バランス」のダジャレのように聞こえるかも知れないが、今回は「ワーク・ワイフ・バランス」についてお話を進めさせていただきたい。「ワーク・ワイフ・バランス」とは、英語のWork Wife Balanceを筆者が

2014年8月5日日本生産性本部フィードバック数:0ビジネス

2014年1~3月期の産業別労働生産性の動向

■産業別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 産業別にみた労働生産性上昇率(2014年1〜3月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比。※※要因分解:労働生産性、産出、雇用、労働時間の変化率はいずれも原指数の対前年同期比。 ■鉱工業・業種別労働生産性の動向 (四半期データ/要因分解) 鉱工業・業種別の労働生産性上昇率 (2014年1〜3月期の対前年同期比) ※表中の労働生産性上昇率:労働生産性指数(原指数)の対前年同期比。※※要

【米雇用情勢】金融危機後の賃金動向

【米雇用情勢】金融危機後の賃金動向 | ニッセイ基礎研究所 【米雇用情勢】金融危機後の賃金動向 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は金融危機で失われた雇用の「量」の面での回復は進んできたが、「質」の面での回復が遅れている。「雇用の質」を反映する指標のなかでも、賃金上昇率の動向には注目が集まる。イエレンFRB議長が雇用環境の改善は最終的に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ