調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 労働生産性

「労働生産性」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月21日Sansanフィードバック数:0キャリアとスキル

働き方改革に関する意識・実態調査

クラウド名刺管理のSansan、 オフィスワーカーの「働き方改革に関する意識・実態調査」結果発表 〜働き方改革、成功の鍵は生産性向上〜クラウド名刺管理サービスを通じて「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する」ことをミッションに掲げるSansan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:寺田親弘)は、オフィスワーカー男女1,035人を対象に「働き方改革に関する意識・実態調査」を実施しました。調査期間は、2017年1月16日~17日。 調査方法:オンライン上でのアンケート調査調査対象:企

2017年1月12日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

ミドルの「労働生産性」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリースミドルの「労働生産性」実態調査 64%のミドルが自社の労働生産性が低いと回答。 生産性の妨げになっていることは「1人あたりの業務量過多」、 「1回の打ち合わせ時間が長い」、「打ち合わせが多い」。―『ミドルの転職』ユーザーアンケート集計結果― ミドルの「労働生産性」実態調査64%のミドルが自社の労働生産性が低いと回答。生産性の妨げになっていることは「1人あたりの業務量過多」、「1

2016年11月17日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――2035年には人工知能によって先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上することが判明

Skip to main content Skip to Footer2016年11月17日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――2035年には人工知能によって先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上することが判明アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、人工知能(AI)が仕事の在り方を変え、人間と機械との新たな関係性を生み出すことで、2035年には年間経済成長率が倍増する可能性があることが判明しました。AI技術によって根本的に働き方が変わり、ビジネス成

生産性第2位のノルウェーと日本における「働き方」に関する意識調査

【調査報告】生産性第2位のノルウェーと日本における「働き方」に関する意識調査を実施~「自社の生産性高い」、ノルウェーは日本の4倍、業務の自由度と働き方の多様性が影響~ 株式会社ワークスアプリケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野 正幸、以下 ワークス)は、日本・ノルウェーにおけるオフィスワーカーの「働き方」に関する意識調査を実施いたしましたのでお知らせいたします。ノルウェーでは93%が「自社の生産性高い」と回答。対する日本は23%に留まる日本とノルウェーの平均労働時間に差

2015年7月6日全研本社フィードバック数:0キャリアとスキル

36%のビジネスパーソンが21時以降も働いている

36%のビジネスパーソンが21時以降も働いている36%のビジネスパーソンが21時以降も働いている今回の瓦版「働き方白書」では、ビジネスパーソンの「残業事情」について調査しました。どれくらい人が残業しているか、その理由は? などいろいろ聞いてみました。対象は瓦版ユーザー。調査期間は、2015年6月2日から2015年6月16日。回答者は441人。男性167人、女性274人。年代は、20代277人、30代117人、40代38人、その他9人、でした。ではみてみましょう。そもそも、いつも何時に帰っているの

2015年6月22日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用についてのレポートです。

各産業の高齢者・女性・非正規雇用の現状

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 各産業の高齢者・女性・非正規雇用の現状人口減少の中で求められる生産性向上 第2回 ◆少子高齢化による生産年齢人口の減少を補うため、政府の政策では高齢者や女性などの労働参加を促すことに重点が置かれている。一方、製造業からサービス業への就業者シフトが鮮明になっており、サービス業を中心に産業毎に労働生産性を維持・向上させることが求められている。◆全産業の2014年の高齢化率(65歳以上の高齢就業者が占める割

2015年4月13日大和総研★フィードバック数:0企業情報システム

農業とIT、IoTについてのレポートです。

日本の農業の効率性改善の鍵はIT

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本の農業の効率性改善の鍵はITIoT時代のIT投資と「稼ぐ力」:農業分野 ◆世界上位国と比較すると、日本は農業従事者1人あたりの農用地が小さく、1人あたりの農業GDPも少ない。また、日本において生産額の大きい品目であっても、世界の水準と比較すると必ずしも生産性が高いわけではない。高齢化で従事者数が減少していくとみられる日本で農業の労働生産性を向上させるには、農産物の付加価値を高めると同時に、効率よく

2015年4月12日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足期の賃金と労働生産性の動向

人手不足期の賃金と労働生産性の動向

2015年4月10日大阪府★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

3Dプリンタについてのレポートです。

「三次元積層造形技術(3Dプリンター)の活用」に関する調査研究

『若年女性の雇用・活躍と企業の取組』(資料No.155) 女性活躍推進法(2015年8月成立)により、女性登用の数値目標の設定と公表が当分の間努力規定とされた中小企業においても、女性の活躍推進が重要な経営課題の一つになると考えられます。多くの女性の活躍を推進するためには、国内の企業総数に対して大きな割合を占める、中小企業の主体的かつ具体的な取組が、地域や事業所の特性に即して動機付けされて進展していくことが望まれます。そのためには、努力義務規定を含む取組を、女性の雇用・活躍の実効性に結びつけていく

2015年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃上げ2巡目の論点 交易条件の改善こそ本筋

賃上げ2巡目の論点 交易条件の改善こそ本筋第2次安倍晋三政権の成立以来、政府による経済団体に対する賃上げ要請が恒例化している。要請の機能は大きく分けて2通りある。1つは日銀がインフレ実現を目指して金融緩和を続けているので、歩調を合わせて名目的な賃上げを求めるというもの。もう1つは雇用の非正規化や利潤の内部留保を通じて実質的な労働分配率が下がっているので、その向上を目指し実質賃上げを求めるものである。ここでは、要請に意義があるとすれば第1の視点によるもので、第2の視点は根拠薄弱であることを論じたい

2015年3月20日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

大和総研のレポートです。

IoT時代のIT投資と「稼ぐ力」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆コンピュータの計算処理能力、記憶容量、無線を含めた情報通信網の拡大・高速化や端末の小型化といったITの進化が続いている。IoTやビッグデータといったITを活用したコンセプトは、これまでのビジネスを変革する可能性を秘めており、さまざまな産業分野での応用が期待されている。◆米国のIT投資額は2012年で約4,426億ドルであり、民間企業設備投資に占める割合は約39%に及ぶ。米国政府もITを活用することを

2015年1月16日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

生産性を計測するということ -技術を正しく評価するために-

生産性を計測するということ -技術を正しく評価するために-国内の景気動向を観察するときも、経済成長を国際比較する際にも、生産性は主要な経済指標として用いられる。長年、製造業の生産性や技術力が各国の成長を牽引すると考えられ、経済学においても生産性の計測に関する研究は製造業中心であった。一方で、わが国では、非製造業のGDP比率が7割以上となっており、すでに製造業のみで経済全体の生産性や技術力を説明できる時代ではなくなっている。また計測時に、データを通じて需要要因や景気変動などが生産性に含まれてしまい

2014年12月4日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0キャリアとスキル海外

BTMU Focus USA Diary:ADP雇用統計(11月)、労働生産性(2014年第3四半期;改訂値)、非製造業ISM指数(11月)

BTMU Focus USA Diary:ADP雇用統計(11月)、労働生産性(2014年第3四半期;改訂値)、非製造業ISM指数(11月)

2014年11月7日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2025年 人材マネジメントの大転換

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート <実践>ヒューマンリソース 2025年 人材マネジメントの大転換『ベビー&キッズサポート』の時代! 2014年11月7日経営コンサルティング部 主任コンサルタント 柳澤 大貴◆本5回シリーズでは、第1回から第3回までが2025年へ向けての人口動態、消費動向、労働力市場の変遷について、第4回はライフスタイルの変貌について考察した。最終回は人材に注目して考察を行う。◆

2014年11月7日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(11月1日〆週)、労働生産性(2014年第3四半期;速報値)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報November 6, 2014【米国経済指標】失業保険申請件数(11 月 1 日〆週):前週比▲1.0 万件の 27.8 万件、失業保険受給者数(10 月 25 日〆週)同▲3.9 万人の 234.8 万人11 月 1 日〆週の新規失業保険申請件数は前週比▲1.0 万件の 27.8 万件と、事前の市場予想新規失業

2014年10月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国の賃金はなぜ上がらないのか~労働生産性と労働分配率の動向を踏まえた考察~

米国の賃金はなぜ上がらないのか~労働生産性と労働分配率の動向を踏まえた考察~

2014年9月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(8月30日〆週)、ADP雇用統計(8月)、労働生産性(2014年第2四半期;改定値)、財・サービス貿易収支(7月)、非製造業ISM指数(8月)

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(8月30日〆週)、ADP雇用統計(8月)、労働生産性(2014年第2四半期;改定値)、財・サービス貿易収支(7月)、非製造業ISM指数(8月)

2014年8月25日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本総研のレポートです。

人手不足下で期待されるロボット投資-設備投資・輸出の押し上げと、労働生産性の向上への寄与

No.2014-0122014年8月22日http://www.jri.co.jp人手不足下で期待されるロボット投資~ 設備投資・輸出の押し上げと、労働生産性の向上への寄与 ~(1)わが国のマニピュレータ・ロボットの出荷金額をみると、足許で、輸出が急回復しているとともに、国内出荷も持ち直しの兆し(図表1)。(2)国内出荷持ち直しの背景の一つは、景気回復に伴う設備投資環境の改善。産業用ロボットの出荷は景気変動に鋭敏に反応。部品・関連装置を含む産業用ロボットの国内民需からの受注は景気が底打ちすると、

2014年8月1日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成25年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(高齢化と産業構造に関する調査分析)

平成25年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業高齢化と産業構造に関する調査分析報告書平成26年3月目 次はじめに ................................................................................................................................... 4第 I 章 わが国の高齢化と産業構造..................................

2014年5月8日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:労働生産性(2014年第1四半期;速報値)、消費者信用残高(3月)

BTMU Focus USA Diary:労働生産性(2014年第1四半期;速報値)、消費者信用残高(3月)

2014年3月28日第一生命保険フィードバック数:0ライフスタイル

医療分野における可能性と課題(中編) ~労働生産性をどのように高めていくか~

Economic Trends経済関連レポート医療分野における可能性と課題(中編)発表日:2014年3月27日(木)~労働生産性をどのように高めていくか~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)医療費の膨張に対処するために、医療産業は労働生産性を上昇させることが避けられない。具体的には、製造業における生産管理手法の応用や、データ分析によるコンサルティング、遠隔医療の活用、といった手法が有効になりそうだ。医療に特殊な部分はあっても、他産業と類似する部分も多い。類

2014年3月26日参天製薬フィードバック数:0ライフスタイル

ドライアイは労働生産性の低下やQOLへの影響をもたらし涙液や運動量の減少など「メタボ」との関連も

ドライアイは労働生産性の低下やQOLへの影響をもたらし涙液や運動量の減少など「メタボ」との関連も

2014年3月7日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(3月1日〆週)、労働生産性(2013年第4四半期;改訂値)、製造業受注(1月)

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(3月1日〆週)、労働生産性(2013年第4四半期;改訂値)、製造業受注(1月)

2014年2月7日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(2月1日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(1月25日〆週)、財・サービス貿易収支(12月)、労働生産性(2013年第4四半期;速報値)

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(2月1日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(1月25日〆週)、財・サービス貿易収支(12月)、労働生産性(2013年第4四半期;速報値)

2013年12月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(11月)、労働生産性(2013年第3四半期;改訂値)

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(11月)、労働生産性(2013年第3四半期;改訂値)

2013年11月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(11月9日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(11月2日〆週)、財・サービス貿易収支(9月)、労働生産性(2013年第3四半期;速報値)

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(11月9日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(11月2日〆週)、財・サービス貿易収支(9月)、労働生産性(2013年第3四半期;速報値)

2013年11月7日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

持続可能な賃上げの条件

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 賃上げムードが広がっている。政府、労働者、経営者で構成される「経済の好循環実現に向けた政労使会議」では、日立製作所の川村会長やトヨタ自動車の豊田社長がベースアップに対して前向きな姿勢を示した。好業績を受けて、ベースアップを決定した企業もある。まさに安倍政権の要請通りの動きであるが、重要なのはこの賃上げムードが来年以降も継続することである。一年だけ賃金が上昇しても、来年以降低下に転じてしまっては、好循環

国内人口推移が、2030年の「働く」にどのような影響を及ぼすか

2030年、実に人口の1/3近くが65歳以上の高齢者になる2010年と2030年の人口ピラミッド(国立社会保障・人口問題研究所の推計による。)  2030年の「働く」を考えるにあたって、まず初めに、日本国内の人口推移予測が労働環境にどのように影響するかを考えてみたい。人口推移は、中長期の未来を考える際、最も予測が立てやすく、予測幅の小さい事象の1つである。しかも、経済環境や労働環境への影響は大きい。2030年の「働く」を考える上で欠かせない要素である。国立社会保障・人口問題研究所の推計によれ

2013年9月6日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(8月31日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(8月24日〆週)、ADP雇用統計(8月)、労働生産性(2013年第2四半期;改訂値)、製造業受注(7月)、非製造業ISM指数(8月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報September 5, 2013【米国経済指標】失業保険申請件数(8 月 31 日〆週):前週比▲0.9 万件の 32.3 万件、失業保険受給者数(8 月 24 日〆週)同▲4.3 万人の 295.1 万人8 月 31 日〆週の新規失業保険申請件数は前新規失業保険申請件数の推移週比▲0.9 万件の 32.3 万件

2013年8月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス景気総点検 ~順調に回復する賃金、雇用、消費、投資~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:アベノミクス景気総点検2013年8月19日(月)~順調に回復する賃金、雇用、消費、投資~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● アベノミクスは大胆な金融緩和と機動的な財政政策が主導する中で8カ月経過。今年4-6月期の実質経済成長率は高成長を維持し、民公外需ともプラス寄与とバランスの取れた内容。8月までの生産計画を見ても、少なくとも7-9月期までは増産継続がほぼ見えた状況。● 物価

2013年8月19日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:住宅着工件数(7月)、労働生産性(2013年第2四半期;速報値)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報August 16, 2013【米国経済指標】住宅着工件数(7 月):前月比+5.9%の季節調整済年率 89.6 万戸、着工許可件数同+2.7%の同 94.3 万戸7 月の住宅着工件数は前月比+5.9%の季節調整済年率 89.6 万戸と、6 月の同▲7.9%の減少からは増加となったが、事前の市場予想(Bloombe

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:23キャリアとスキル

40歳推計年収ランキング<全上場企業編>

40歳推計年収ランキング<全上場企業編>年収の高い30社、低い30社はここ 関連記事:全上場企業を40歳推計年収で高い順、低い順、それぞれランキングした。労働生産性を「見える化」1人当たり付加価値額を年収と比較し1人当たりの労働生産性を「見える化」。年収が低い企業の多くは付加価値額に占める年収の割合が高い。年収上位企業では1人当たりの労働生産性も高く、年収の占める割合は相対的に低い。表にはないが、30社単純平均の勤続年数は上位14.0年、下位7.9年。給料の多寡が勤続年数に影響している可能性が

2013年6月4日大和総研フィードバック数:3社会/政治

地域の視点から見た成長戦略

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アベノミクスの三本の矢の最後である「成長戦略」が間もなく公表される。内容は新市場の創出や国内産業の再興、そして企業の国際展開の加速が主軸になるものと思われる。日本は超少子高齢社会とグローバル化という厳しい環境の下で経済成長を実現するために、1人当たりの労働者ができるだけ高い付加価値を生み出すような労働生産性の向上が急務である。アベノミクスの成長戦略もこの点を狙いとしている。労働生産性の向上には、労働者

2013年5月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(4月27日〆週)、財・サービス貿易収支(3月)、労働生産性(2013年第1四半期;速報値)

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(4月27日〆週)、財・サービス貿易収支(3月)、労働生産性(2013年第1四半期;速報値)

2013年4月19日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

「オークンの法則」の構造的シフト~背景には労働生産性と賃金の低い伸び~

「オークンの法則」の構造的シフト~背景には労働生産性と賃金の低い伸び~

2013年2月28日内閣府フィードバック数:194社会/政治

デフレ脱却の意義と課題

*本稿では、10 年以上断続的に続くデフレ状況を振り返り、その問題点を明らかにすることで、デフレ脱却の意義を説明する。また、デフレ脱却に関して指摘される幾つかの懸念についても、過去のデータに基づいて検証する。1.デフレ状況の推移まず、デフレの動向について振り返る。なお、ここでのデフレとは、物価が持続的に下落する状態のことであり、概ね2年程度を目安にした国際機関の判断基準に準じている。また、物価指標としては、主として消費者物価指数(CPI)を参照するが、特に、生鮮食品やエネルギー等の一時的な影響を

日本経済ウォッチ 2013年2月号

2013 年 2 月 19 日調査レポート日本経済ウォッチ(2013 年 2 月号)【目次】1.今月のグラフ················································································· p.1∼世帯類型の変化が個人消費の押し下げ圧力に2.景気概況 ···················································································

2013年2月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

米国経済指標 失業保険申請件数(2月2日〆週)、労働生産性(非農業ビジネス部門、2012年第4四半期;速報値)、消費者信用残高(12月)

米国経済指標 失業保険申請件数(2月2日〆週)、労働生産性(非農業ビジネス部門、2012年第4四半期;速報値)、消費者信用残高(12月)

2012年11月27日内閣府フィードバック数:3キャリアとスキル

2001年以降のULCの変化要因

今週の指標 No.1051 2001年以降のULCの変化要因ポイント2012年11月26日2000年代の物価下落の背景として、1単位の付加価値生産にかかる人件費である単位労働コスト(以下、「ULC」)について考察する。2001年時点と比較したときの2010年のULC下落の要因を製造業と非製造業で比べると、製造業では労働生産性の上昇がULC低下の主要因であるのに対し、非製造業では単位賃金の低下が主要因である。労働生産性を分解すると、製造業では実質付加価値が増加する中、雇用者数と労働時間の積(以下「

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ