「労働者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年4月9日厚生労働省★フィードバック数:0社会/政治

不妊治療と仕事の両立に関しての調査

平成30年3月16日【照会先】雇用環境・均等局雇用機会均等課課長 堀井 奈津子(代表) 03(5253)1111 (内線7835) 報道関係者各位不妊治療と仕事の両立に関して厚生労働省として初めての調査を実施しました 〜「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査事業」の調査結果報告書を公表します〜 厚生労働省では、平成年度に「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査研究事業」の中で、企業および労働者に対しアンケート調査を行い、その結果を報告書にまとめました。 【 

「ロボットは仕事を奪うのか?」‐デジタルとの共存による「攻めの働き方改革」のススメ‐

「ロボットは仕事を奪うのか?」‐デジタルとの共存による「攻めの働き方改革」のススメ‐ 人事・チェンジマネジメント・コンサルタントコラム 「攻めの働き方改革」を支えると期待されるデジタルワークフォース日本では今、旧来型の仕事の在り方を見直すべく「働き方改革」に関する検討が各方面で活発に行われています。また働き方改革関連法案が今国会に提出される見通しで、大企業を中心に「働き方改革」実行への圧力が大いに高まるものと予想されます。働き方改革は、長時間労働の是正や賃金格差の改善などの労働に関する

2018年2月27日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設労働需給調査結果(平成29年12月調査)について

建設労働需給調査結果(平成29年12月調査)について 平成30年1月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成29年12月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、11月は1.7%の不足、12月は1.6%の不足となり、0.1ポイント不足幅が縮小した。〇東北地域の8職種の過不足率は、11月は1.2%の不足、12月は1.0%の不足となり、0.2ポイント不足幅が縮小した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国

2018年2月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査―人工知能で企業の競争力を高めるには、従業員による活用を後押しすることが肝要

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年2月9日アクセンチュア最新調査―人工知能で企業の競争力を高めるには、従業員による活用を後押しすることが肝要AIをさらに活用することにより、2022年までに収益を38%、雇用水準を10%向上させることが可能に【スイス、ダボス発:2018年1月22日】 アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、企業経営者が、従業員による人工知能(AI)などのインテリジェント テクノロジーの活用を促さ

AI(人工知能)が職場にもたらす影響に関する調査

AI(人工知能)が職場にもたらす影響に関する調査 [2018年2月16日掲載]消費者行動に関する実態調査 [2017年12月21日掲載]診療明細書に関する患者調査2017 [2017年12月6日掲載]ハラスメントと暴力に関する実態調査 [2017年11月16日掲載]日本の社会と労働組合に関する調査2017 [2017年8月31日掲載]非正規雇用で働く女性に関する調査2017 [2017年8月25日掲載]有期契約労働者に関する調査報告 [2017年7月20日掲載]36協定に関する調査2017 [2

2018年1月25日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査

平成29年12月27日【照会先】労働基準局労働関係法課課長大隈 俊弥調査官 大塚 弘満(代表電話) 03(5253)1111(内線5370、5536)(直通電話) 03(3502)6734 報道関係者各位「いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査」の結果を公表します 「いわゆる『期間従業員』の無期転換に関する調査」の結果を取りまとめましたので、お知らせします。労働契約法第条では、同一の使用者との間で締結された有期労働契約が通算5年を超えた場合に、労働者の申込みによって無期労働契約に転

働き方の未来予測「Workforce of the future 2030」

2030年の働き方について、複数シナリオによる未来予測と日本の労働者意識との乖離が鮮明に本報告書に述べる予測は、PwCと英国オックスフォード大学サイード・ビジネス・スクールのジェームス・マーチン科学文明研究所からなるチームが2007年に開始した調査をベースに、その後、中国、インド、ドイツ、英国、米国の10,000人を対象とした特別委託調査に基づいています。この日本版発刊においては、PwCコンサルティング合同会社の調査チームにより、20歳~60歳までの日本の労働者6,000人を対象にアンケート調査

2017年11月15日MS&AD基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

「働き方」に関する意識調査

2017.10.24「働き方」に関する意識調査<アンケート調査>2017年8月、会社員・会社経営者の計1,000人を対象に、「働き方」をテーマとするアンケート調査を実施しました。 本レポートでは、働く若手社員や女性、管理職の考え方のギャップについて、調査で明らかになった結果の詳細をご紹介します。事前調査において、各年代の会社員・会社経営者男女計1,000人を抽出し、2017年8月10日~14日の間にインターネットにより調査を行った。対象者1,000人(男性500人、女性500人)の主な属性は次

2017年11月9日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設労働需給調査結果(平成29年9月調査)

建設労働需給調査結果(平成29年9月調査)について 平成29年10月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成29年9月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、8月は1.1%の不足、9月は1.5%の不足となり、0.4ポイント不足幅が拡大した。〇東北地域の8職種の過不足率は、8月は0.8%の不足、9月は1.9%の不足となり、1.1ポイント不足幅が拡大した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地

2017年10月16日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「月額給料が高い業界」ランキング

最新版!「月額給料が高い業界」ランキング1位は航空業界58万円、5位放送、10位広告 産業別の月収ランキングで1位になったのは航空運輸業 (撮影:尾形文繁) 業界ごとの月収や賞与、勤続年数、残業時間などを調べるにはどうすればいいか――。大学3年生や大学院1年生の中には、半年先に迫った就職・採用活動の解禁に備えて、業界研究や企業研究を始めた人も多いだろう。インターンシップなどの体験を通し、自分に合った職業や業界についてのイメージができてきた人もいると思う。そうなると、希望する企業や業界が現在ど

2017年9月20日保育のお仕事フィードバック数:0キャリアとスキル

「有給が取りにくい」が58%!保育士の職場環境の実態とは

>> 「有給が取りにくい」が58%!保育士の職場環境の実態とは「有給が取りにくい」が58%!保育士の職場環境の実態とは「有給が取れない…」保育士さんからは、時にこんな不満の声を聞くことがあります。仕事を休んでも賃金が発生する「年次有給休暇」の取得は、本来労働者の権利として定められていますが、実際にはその権利が守られていない現実もあるようです。今回は、現場で働く保育士さん103名を対象に有給休暇取得の実態について伺った、アンケート調査結果をご紹介します。有給休暇は、正式には「年次有給休暇」と言いま

2017年9月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設労働需給調査結果(平成29年7月調査)

建設労働需給調査結果(平成29年7月調査)について 平成29年8月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成29年7月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、6月は0.8%の不足、7月は1.2%の不足となり、0.4ポイント不足幅が拡大した。〇東北地域の8職種の過不足率は、6月は0.6%の不足、7月は1.3%の不足となり、0.7ポイント不足幅が拡大した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域

2017年8月3日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設労働需給調査結果(平成29年6月調査)

建設労働需給調査結果(平成29年6月調査)について 平成29年7月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成29年6月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、5月は0.3%の不足、6月は0.8%の不足となり、0.5ポイント不足幅が拡大した。〇東北地域の8職種の過不足率は、5月は0.1%の過剰、6月は0.6%の不足となり、0.7ポイント不足幅が拡大した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域

2017年7月7日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設労働需給調査結果(平成29年5月調査)

建設労働需給調査結果(平成29年5月調査)について 平成29年6月26日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成29年5月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、4月は0.4%の不足、5月は0.3%の不足となり、0.1ポイント不足幅が縮小した。〇東北地域の8職種の過不足率は、4月は0.4%の不足、5月は0.1%の過剰となり、0.5ポイント不足幅が縮小した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域

2017年5月6日国土交通省★フィードバック数:0キャリアとスキル

建設労働需給調査結果(平成29年3月調査)

建設労働需給調査結果(平成29年3月調査)について 平成29年4月26日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成29年3月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、2月は0.6%の不足、3月は0.5%の不足となり0.1ポイント不足幅が縮小した。〇東北地域の8職種の過不足率は、2月は0.4%の不足、3月は0.6%の過剰となり1.0ポイント不足幅が縮小した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域と

2017年4月11日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成28年度「能力開発基本調査」

平成29年3月31日【照会先】職業能力開発局総務課基盤整備室室長山口 正行 (内線5960)職業能力開発指導官 岡林 由季 (内線5602)(代表電話) 03(5253)1111(内線5601)(直通電話) 03(3595)3377 報道関係者各位平成28年度「能力開発基本調査」の結果を公表します 厚生労働省では、このほど、平成年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめましたので公表します。「能力開発基本調査」は、国内の企業・事業所と労働者の能力開発の実態を明らかにすることを目的として、

2017年4月4日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設労働需給調査結果(平成29年2月調査)

建設労働需給調査結果(平成29年2月調査)について 平成29年3月27日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成29年2月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、1月は0.7%の不足、2月は0.6%の不足となり0.1ポイント不足幅が縮小した。〇東北地域の8職種の過不足率は、1月は1.1%の不足、2月は0.4%の不足となり0.7ポイント不足幅が縮小した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域と

2017年3月3日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設労働需給調査結果(平成29年1月調査)

建設労働需給調査結果(平成29年1月調査)について 平成29年2月27日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成29年1月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、12月は1.2%の不足、1月は0.7%の不足となり0.5ポイント不足幅が縮小した。〇東北地域の8職種の過不足率は、12月は1.3%の不足、1月は1.1%の不足となり0.2ポイント不足幅が縮小した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域

2017年2月7日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設労働需給調査結果(平成28年12月調査)

建設労働需給調査結果(平成28年12月調査)について 平成29年1月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成28年12月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、11月は1.3%の不足、12月は1.2%の不足となり0.1ポイント不足幅が縮小した。〇東北地域の8職種の過不足率は、11月は2.0%の不足、12月は1.3%の不足となり0.7ポイント不足幅が縮小した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び

「人材(人手)不足の現状等に関する調査」(企業調査)結果及び「働き方のあり方等に関する調査」(労働者調査)結果

「人材(人手)不足の現状等に関する調査」(企業調査)結果及び「働き方のあり方等に関する調査」(労働者調査)結果 概要研究の目的景気の緩やかな回復基調を背景に、人材(人手)不足が顕在化している。その実態を把握し、効果的な対策を探るとともに、人口減少下における経済の持続的な成長に向けた労働力確保のあり方等を展望するため、企業とそこで働く労働者を対象にアンケート調査を実施した。 研究の方法企業及び労働者(正社員)に対するアンケート調査※※30人以上規模の企業1.2万社(産業・規模別に層化無作為抽出

2016年11月11日三重県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成28年夏季賞与の調査

平成28年夏季賞与の調査結果(三重県分)〔毎月勤労統計調査地方調査(事業所規模30人以上)〕1 調査の説明この調査は、平成28年6月~平成28年8月分の毎月勤労統計調査地方調査の「特別に支払われた給与」のうち「賞与として支給された給与(以下「夏季賞与」という。)」を特別に集計したものです。2 夏季賞与の支給状況支給労働者1人平均支給額は、調査産業計で392,578円でした。産業別にみると最も高いのが、「電気・ガス・熱供給・水道業」の773,470円で、次いで「学術研究, 専門・技術サービス業」、

2016年9月28日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

「社会保険の適用拡大」に関するアンケート調査

「社会保険の適用拡大」に関するアンケート調査 公開日付:2016.09.23 社会保険(健康保険・厚生年金)の加入対象を拡大する制度改正が10月1日から施行される。従来、週30時間以上の短時間労働者が対象だったが、拡大後は従業員501人以上の企業に週の労働時間が20時間以上、月額賃金8.8万円以上(年収106万円以上)、1年以上の雇用見込みで勤務する学生以外の短時間労働者も対象となる。厚生労働省は約25万人が新たに適用されると推計している。東京商工リサーチでは今回の適用拡大への対応について、企業

2016年5月29日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

建設労働需給調査結果(平成28年3月調査)

建設労働需給調査結果(平成28年3月調査)について 平成28年5月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成28年4月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、3月は0.4%の不足、4月は0.1%の不足となった。〇東北地域の8職種の過不足率は、3月は0.9%の過剰、4月は0.7%の過剰となり0.2ポイント過剰幅が縮小した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域とも「普通」となっている。 お

2016年5月10日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設労働需給調査結果(平成28年3月調査)

建設労働需給調査結果(平成28年3月調査)について 【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成28年3月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、2月は0.3%の不足、3月は0.4%の不足となった。〇東北地域の8職種の過不足率は、2月は0.1%の不足、3月は0.9%の過剰となり1.0ポイント不足幅が縮小した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域とも「普通」となっている。 お問い合わせ先国土交通

2016年5月2日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

魅力ある職場創出基礎調査

ここから本文です。「魅力ある職場創出基礎調査」の結果について―企業が考える「働きやすい職場環境」は 労働者の「理想」とギャップ― 部局名:産業労働部課所名:勤労者福祉課担当名:総務・労働団体担当担当者名:小林、神田  県では、平成27年10月に「魅力ある職場創出基礎調査」を実施し、県内の中小企業には「現在の職場環境」について、労働者と就労希望者には「働きやすい理想の職場」についてアンケート調査を行いました。 企業、労働者、就労希望者の「職場環境」について意識の差などを把握し、官民で魅力ある職場

2016年1月20日連合総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

第2回「非正規労働者の働き方・意識に関する実態調査」

詳細 - 報告・研究アーカイブ報告書在庫/貸出し 頒価:--書籍在庫: 貸出:お問い合せください 分類:研究報告書(本研究)2016年1月発行第2回「非正規労働者の働き方・意識に関する実態調査」(概要)第2回「非正規労働者の働き方・意識に関する実態調査」(概要)[2015年10月実施] Copylight(C)公益財団法人 連合総合生活開発研究所〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-14 靖国九段南ビル5F TEL:03-5210-0851 FAX:03-5210-0852

2016年1月12日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設労働需給調査結果(平成27年11月調査)

建設労働需給調査結果(平成27年11月調査)について 平成27年12月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成27年11月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、10月は0.7%の不足、11月は0.4%の不足となり0.3ポイント不足幅が縮小した。〇東北地域の8職種の過不足率は、10月は2.2%の不足、11月は0.7%の不足となり1.5ポイント不足幅が縮小した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及

2015年11月30日国土交通省フィードバック数:0キャリアとスキル

建設労働需給調査結果(平成27年10月調査)

建設労働需給調査結果(平成27年10月調査)について 平成27年11月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成27年10月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、9月は0.7%の不足、10月も0.7%の不足となった。〇東北地域の8職種の過不足率は、9月は2.4%の不足、10月は2.2%の不足となり0.2ポイント不足幅が縮小した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域とも「普通」となってい

雇用促進税制に関するアンケート調査

概要研究の目的雇用促進税制は、平成23年度(2011年度)から3年間の時限措置として創設され、平成26年度(2014年度)から2年間、実施が延長された。同税制が適用された企業の特徴などについて分析し、労働市場にどの程度の効果があったのかを明らかにする。 研究の方法アンケート調査を実施した。アンケート調査の方法は、郵送による調査票の配布・回収。雇用促進税制の適用を受けるために、2013年4月~10月に雇用促進計画をハローワークに提出し、受け付けられた企業のなかから厚生労働省が抽出した企業8,20

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年5月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月消費統計振れを伴いながらも横ばい圏の推移が続く ◆2015年5月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+2.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても同+2.1%と増加した。ただし、前月の落ち込みを取り戻すには至らず、家計調査に見る個人消費は振れを伴いながらも横ばい圏で推移している。◆実質消費支出の動きを費目別にみると、「住居」(前月比+1

2015年6月25日国土交通省フィードバック数:0キャリアとスキル

建設労働需給調査結果(平成27年5月調査)

建設労働需給調査結果(平成27年5月調査)について 平成27年6月25日【調査結果のポイント】○本調査結果は、平成27年5月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。○全国の8職種の過不足率は、4月は0.5%の不足、5月も0.5%の不足となった。○東北地域の8職種の過不足率は、4月は1.7%の不足、5月は0.6%の不足となり、1.1ポイント不足幅が縮小した。○8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域とも「普通」となっている。詳細

2015年6月18日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成27年の労働災害発生状況(6月)

労働災害発生状況労働災害発生状況問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課業務係(内線:5482) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課業務係(内線:5482) 死傷災害基礎データ(労災保険給付データ及び労働者死傷病報告(労災非適)より作成)

建設労働者についてのレポートです。

建設労働者に関する分析―建設事業主団体等へのヒアリング調査を中心に―

建設労働者に関する分析―建設事業主団体等へのヒアリング調査を中心に― 概要 研究の目的建設業における全国的な人材不足が指摘されるなか、東京オリンピック開催などに向けた建設需要の拡大が見込まれている。こうした実情を踏まえ、建設現場の人手不足の状況、需給見通し、人材確保・育成策などについて、建設事業主団体、専門工事業団体、労働組合、認定職業訓練校等にヒアリング調査を実施し、課題を抽出する。 研究の方法ヒアリング調査の実施(10箇所) 建設業事業主団体(1団体)、専門工事業団体(管工事、鳶、型枠

2015年6月2日みずほ情報総研フィードバック数:0キャリアとスキル

職務限定正社員の行く末について考える

日本型雇用慣行になじませるには職務限定正社員の行く末について考える 2015年6月1日 社会政策コンサルティング部 小曽根 由実 企業における人材不足が本格化してきた。さまざまな企業の人事担当者と話す機会があるが、「人材を募集してもなかなか応募がない」「応募があっても思うような人材を採用できない」という声が以前よりも頻繁に聞かれるようになった。実際、2015年版中小企業白書では「中小企業・小規模事業者は人材を十分に確保できていない状況」であると指摘している。また、今春卒業した大学生の就職率はリ

2015年5月28日国土交通省フィードバック数:0キャリアとスキル

建設労働需給調査結果(平成27年4月調査)

建設労働需給調査結果(平成27年4月調査)について 平成27年5月26日【調査結果のポイント】○本調査結果は、平成27年4月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。○全国の8職種の過不足率は、3月は0.5%の不足、4月も0.5%の不足となった。○東北地域の8職種の過不足率は、3月は-0.3%の不足から4月は1.7%の不足で2.0ポイント不足幅が拡大した。○8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域とも「普通」となっている。詳細に

2015年5月15日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度の労働相談状況について ―相談件数は約4,600件で、パワハラなど「職場の人間関係」に関する相談が増加―

ここから本文です。平成26年度の労働相談状況について ―相談件数は約4,600件で、パワハラなど「職場の人間関係」に関する相談が増加― 部局名:産業労働部課所名:勤労者福祉課担当名:労働相談担当担当者名:佐藤、関根  埼玉県では、労働に関する課題や疑問を抱える労働者や使用者に、状況に応じた適切なアドバイスを行う労働相談を実施しています。平成26年度の相談状況を取りまとめましたので公表します。解雇、賃金不払いなど深刻な事案の相談が数多く寄せられるとともに、近年「職場の人間関係」に関する相談が増加

2015年4月30日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成27年の労働災害発生状況(4月)

労働災害発生状況労働災害発生状況問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課業務係(内線:5482) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課業務係(内線:5482) 死傷災害基礎データ(労災保険給付データ及び労働者死傷病報告(労災非適)より作成)

2015年4月30日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年の労働災害発生状況(確定)

労働災害発生状況労働災害発生状況問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課業務係(内線:5482) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課業務係(内線:5482) 死傷災害基礎データ(労災保険給付データ及び労働者死傷病報告(労災非適)より作成)

2015年4月29日国土交通省フィードバック数:0キャリアとスキル

建設労働需給調査(平成27年3月調査)

建設労働需給調査結果(平成27年3月調査)について 平成27年4月27日【調査結果のポイント】○本調査結果は、平成27年3月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。○全国の8職種の過不足率は、2月は0.6%の不足から3月は0.5%の不足と0.1イント不足幅が縮小した。○東北地域の8職種の過不足率は、2月は0.4%の不足から3月は-0.3%の不足へと0.7ポイント不足幅が縮小した。○8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域とも「

2015年4月15日産労総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業の対応についての調査です。

有期契約社員の雇用管理と法改正への対応に関する調査

有期契約社員の雇用管理と法改正への対応に関する調査人事有期契約社員の雇用管理と法改正への対応に関する調査 人事労務分野の情報機関である産労総合研究所(代表・平盛之)は、このたび「有期契約社員の雇用管理と法改正への対応に関する調査」を実施しました。 調査結果のポイント(1)有期契約社員の職務短時間勤務型は「正社員より軽易」68.7%フルタイム勤務型は「正社員より軽易」47.2%,「正社員と同一職務で同等の難易度」42.5%(2)適用される就業規則「正社員とは別」が短時間勤務型69.7%,フルタイ

夏のボーナスの見通しです。

2015年夏のボーナス見通し

2015年04月01日○2015年夏の民間企業のボーナスは3年連続で増加すると予測する。民間企業の一人あたり平均支給額(調査産業計・事業所規模5人以上)は377,220円(前年比+1.8%)と高めの伸びとなるだろう。産業別では製造業、非製造業ともに増加が続く見込みである。ただし、企業の規模別に見ると、大企業では順調に増加する一方、中小零細企業では、業績がまだら模様であることから、一部には引き続きボーナス支給を見送らざるをえない企業もあると考えられる。○企業業績が過去最高益を更新し、雇用情勢も良好

非正規労働者の組織化の胎動と展開―産業別組合を中心に―

概要本研究は、パートタイマーを中心とする非正規労働者の組織化がいつ頃から取り組まれ、どのように展開され、現在に至っているのかを明らかにすることを目的とする。本研究では、産業別組合の資料、関連する文献・資料、当事者へのインタビュー調査等を用いて、歴史分析を行っている。主な事実発見は、2つある。1つめは、産業別組合(以下、産別)の迅速な対応とその後の苦悩である。いずれの産別も、パートタイマーが1960年代に登場すると、1970年前後には、パートタイマーの組織化を検討し始め、その方針を策定する等、パ

2015年3月31日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

高失業率に対する人口移動の反応:日本の市区町村データを用いた空間計量経済分析

ノンテクニカルサマリー 高失業率に対する人口移動の反応:日本の市区町村データを用いた空間計量経済分析このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 その他特別な研究成果(所属プロジェクトなし)地域労働市場の異質性や相互関係

2015年3月25日国土交通省フィードバック数:0キャリアとスキル

建設労働需給調査結果(平成27年2月調査)について)

建設労働需給調査結果(平成27年2月調査)について 平成27年3月25日【調査結果のポイント】○本調査結果は、平成27年2月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。○全国の8職種の過不足率は、1月は1.1%の不足から2月は0.6%の不足と0.5イント不足幅が縮小した。○東北地域の8職種の過不足率は、1月は0.6%の不足から2月は0.4%の不足へと0.2ポイント不足幅が縮小した。○8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域とも「普

介護労働者のキャリア形成に関する研究会最終報告

介護労働者のキャリア形成に関する研究会最終報告 公益財団法人 介護労働安定センター発表【お問い合わせ】 電話 03-5901-3041(代表)河合 和年(業務部 審議役)佐藤 貢(業務部 能力開発課調査役)横田慎一郎(業務部 雇用管理課 調査役)「介護事業所における中間管理者層のキャリア形成に関する研究会報告」についてわが国人口の急速な高齢化とともに、求められる介護サービスは質・量ともに、多様化・高度化し、かつ、増大してきています。また、介護保険法施行後15年あまり経過し、介護サービスを担う事業

2015年3月19日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年及び平成27年の労働災害発生状況(3月)

労働災害発生状況労働災害発生状況問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課(内線:5558) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課業務係(内線:5482) 問い合わせ先:労働基準局安全衛生部安全課業務係(内線:5482) 死傷災害基礎データ(労災保険給付データ及び労働者死傷病報告(労災非適)より作成)

2015年3月6日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

OECD失職者レビュー日本報告書の公表について

OECD失職者レビュー日本報告書の公表について年から「失職者プロジェクト」として、景気悪化等により離職を余儀なくされた者(失職者)が直面する長期失業や所得減少、不本意な条件での再就職のリスクについて調査分析を行い、失職者を支援するための主要な積極的労働市場政策を特定するとともに、その妥当性や効果を評価する取組を実施している。・日本報告書の公表にあわせ、同日、厚生労働省で公表イベントを開催。・今後、各国のレビューがまとまった後、国際比較を踏まえた総合報告書がまとめられる予定。OECD「失職者レビュ

2015年3月1日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

東洋経済のランキングです。

「非正規社員をたくさん雇う」トップ500社

「非正規社員をたくさん雇う」トップ500社1位イオン22万人超、労働集約型企業が目立つ 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 イオンの店内レジの様子。セルフレジなど省力化も進めているが、現場を支えているのはアルバイト・パートだ(撮影:今井康一) アルバイト・パートや派遣社員、期間従業員など、いわゆる「非正規労働者」の増加が続いている。総務省の労働力調査によると、日本の非正規労働者数は2014年11月に初めて2000万人を突破。全労働者に占める割合は約38%となった。10年

2015年2月26日国土交通省フィードバック数:0キャリアとスキル

建設労働需給調査結果(平成27年1月調査)について

建設労働需給調査結果(平成27年1月調査)について 平成27年2月25日【調査結果のポイント】○本調査結果は、平成27年1月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。○全国の8職種の過不足率は、平成26年12月は1.8%の不足から平成27年1月は1.1%の不足と0.7イント不足幅が縮小した。○東北地域の8職種の過不足率は、平成26年12月は0.9%の不足から平成27年1月は0.6%の不足へと0.3ポイント不足幅が縮小した。○8職種の今後の労働者の確保に関す

韓国労働研究院(KLI)が2015年の雇用展望を公表

韓国労働研究院(KLI)が2014年10月末までの統計を基にとりまとめた、2015年の雇用展望の概要を紹介する。2014年の労働市場についてKLIによる2014年の労働市場の評価は次のとおりである。2014年1月から10月までの間の就業者の増加数は、前年同期比で554,000人であった。年齢別の内訳では、10代(15~19歳)では24,000人の増加、20代では59,000人の増加、30代では19,000人の減少、40代では45,000人の増加、50代では246,000人の増加、60歳以上で19

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ