調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 労働者比率

「労働者比率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年11月9日日本生産性本部★★フィードバック数:0社会/政治

日本の労働生産性の動向 2016年版

公益財団法人日本生産性本部は「日本の労働生産性の動向2016年版」をまとめた。 日本の労働生産性は、OECD加盟34カ国中21位(『労働生産性の国際比較』日本生産性本部、2015年)で加盟国平均を下回っており、低迷が続いている。 2015年度の日本の労働生産性は、時間当たりの名目労働生産性が4,518円(前年度比+2.3%)で、8年ぶりに過去最高を更新したことが明らかとなった。これは、パートタイム労働者比率の上昇に加え、パートタイム労働者一人あたりの労働時間が短くなっていることが影響しているが、

2015年5月14日信金中央金庫★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足や賃上げについてのレポートです。

最近の雇用・所得環境と今後の見通し -人手不足感は根強いが、賃上げの波及ペースはなお緩やか-

SCBSHINKINCENTRALBANK内外経済・金融動向No.27-2(2015.5.13)地域・中小企業研究所〒103-0028 東京都中央区八重洲 1-3-7TEL.03-5202-7671 FAX.03-3278-7048URL http://www.scbri.jp)最近の雇用・所得環境と今後の見通し~人手不足感は根強いが、賃上げの波及ペースはなお緩やか~視点日本経済は、消費税増税の影響で 14 年度上期に下振れしたものの、足元では回復基調を取り戻しつつある。円安による企業収益の拡大

2013年12月5日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2013年10月) ~足元低迷も、先行きは改善へ~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:毎月勤労統計(2013年10月)発表日:2013年12月3日(火)~足元低迷も、先行きは改善へ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)現金給与総額所定内前年比前年比2012年2013年常用雇用者数総労働時間一般前年比前年比パート前年比前年比所定内前年比所定外前年比6月7月▲ 0.4▲ 1.6▲ 0.6▲ 0.20.90.6▲ 0.1▲ 0.13.22.2▲ 0.50

2013年6月21日第一生命保険フィードバック数:2キャリアとスキル

なぜパート労働者比率の上昇が続いているのか? ~非製造業・女性パート労働者の増加が平均賃金の恒常的な押し下げ要因に~

なぜパート労働者比率の上昇が続いているのか? ~非製造業・女性パート労働者の増加が平均賃金の恒常的な押し下げ要因に~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ