「労働需給」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月6日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設労働需給調査結果(平成28年10月調査)

建設労働需給調査結果(平成28年10月調査)について 平成28年11月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成28年10月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、9月は0.9%の不足、10月は1.3%の不足となり0.4ポイント不足幅が拡大した。 ※不足幅の拡大理由として、北海道地域の8職種の過不足率が、9.3%と前年同月(1.3%)と比べて大きく上昇していることがあり、その要因として、平成28年台風10号等に係る被害に

2016年11月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設労働需給調査結果(平成28年9月調査)

建設労働需給調査結果(平成28年9月調査)について 平成28年10月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成28年9月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、8月は0.9%の不足、9月は0.9%の不足となり前月と同様となった。〇東北地域の8職種の過不足率は、8月は0.8%の不足、9月は0.7%の不足となり0.1ポイント不足幅が縮小した。 お問い合わせ先国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課 荒井、山田 TEL:03-

2016年10月4日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設労働需給調査結果(平成28年8月調査)

建設労働需給調査結果(平成28年8月調査)について 平成28年9月27日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成28年8月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、7月は1.1%の不足、8月は0.9%の不足となり0.2ポイント不足幅が縮小した。〇東北地域の8職種の過不足率は、7月は1.1%の不足、8月は0.8%の不足となり0.3ポイント不足幅が縮小した。 国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課 荒井、山田 TEL:03-52

2016年9月2日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設労働需給調査結果(平成28年7月調査)

建設労働需給調査結果(平成28年7月調査)について 平成28年8月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成28年7月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、6月は0.6%の不足、7月は1.1%の不足となり0.5ポイント不足幅が拡大した。〇東北地域の8職種の過不足率は、6月は0.4%の不足、7月は1.1%の不足となり0.7ポイント不足幅が拡大した。 お問い合わせ先国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課 荒井、山田 T

2016年7月3日国土交通省フィードバック数:0マーケティング

建設労働需給調査結果(平成28年5月調査)

建設労働需給調査結果(平成28年5月調査)について 平成28年6月27日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成28年5月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、4月は0.1%の不足、5月は0.4%の不足となり0.4ポイント不足幅が拡大した。〇東北地域の8職種の過不足率は、4月は0.7%の過剰、5月は1.1%の不足となり1.8ポイント不足幅が拡大した。 国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課 荒井、山田 TEL:03-5

2016年3月1日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設労働需給調査結果(平成28年1月調査)

建設労働需給調査結果(平成28年1月調査)について 平成28年2月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成28年1月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、12月は0.5%の不足、1月は0.2%の不足となり0.3ポイント不足幅が縮小した。〇東北地域の8職種の過不足率は、12月は1.2%の不足、1月は0.3%の不足となり0.9ポイント不足幅が縮小した。 お問い合わせ先国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課 荒井、山田

2015年6月7日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金上昇は失われた20年脱却のバロメーター~日本の賃金は労働需給から見て正常ではない~

賃金上昇は失われた20年脱却のバロメーター ~日本の賃金は労働需給から見て正常ではない~日本の景気は緩やかに回復している。在庫増が主因であったとはいえ、今年第1四半期の実質経済成長率は前期比年率2.4%の堅調な成長となり、個人消費に加えて設備投資も伸びが戻ってきた。緩やかながら名目賃金も上昇しており、それには景気回復や企業業績の大幅改善にくわえて失業率低下と雇用改善も寄与している。しかし、失業率が、労働需給が均衡する水準まで下がっていると計算されるにもかかわらず、賃金上昇が確としたものとなってい

2015年5月15日三幸エステートフィードバック数:0ビジネス

オフィスマーケットレポート(東京都心5区)2015年5月号

http://www.sanko-e.co.jp/2015年 5⽉号 東京都⼼5区 ⼤規模ビル2015年4⽉末現在および各年12⽉31⽇時点 チーフアナリスト 今関 豊和マクロ経済(図表1)景気は回復基調だが、⼒強さには⽋ける内容2015年1-3⽉期の実質GDP成⻑率は前期⽐年率2.1%と予想される (ニッセイ基礎研究所)。プラス成⻑は2四半期連続だが、原油安効果 による個⼈消費の伸びが期待されたほどは顕在化しておらず、景気回 復は緩やかなペースに⽌まっている。主要経済指標データ (図表1) 2

2015年1月13日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 雇用堅調も労働需給の緩みなどから賃金下落(14年12月雇用統計) ~雇用の質は緩やかに改善~

米国 雇用堅調も労働需給の緩みなどから賃金下落(14年12月雇用統計) ~雇用の質は緩やかに改善~

2014年11月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年10月、基本的見解)

2014年10月31日 日 本 銀 行経済・物価情勢の展望(2014 年 10 月)【基本的見解】1 <概要>  2014 年度から 2016 年度までの日本経済を展望すると、消費税率引き 上げに伴う駆け込み需要とその反動の影響を受けつつも、基調的には 潜在成長率を上回る成長を続けると予想される2。  消費者物価の前年比 (消費税率引き上げの直接的な影響を除くベース) は、当面現状程度のプラス幅で推移したあと、次第に上昇率を高め、 見通し期間の中盤頃、 すなわち 2015 年度を中心とする期

2014年9月30日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年8月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年9月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆労働力調査によると、2014年8月の完全失業率(季節調整値)は、前月から▲0.3%pt低下し、3.5%となった。失業率は6月、7月と上昇が続き雇用環境の改善に足踏みが見られていたが、前2ヶ月の失業率の悪化を取り戻した格好である。雇用者数は前月差▲7万人と4ヶ月ぶりに減少したものの、自営業主・家族従業者の増加により、就

2014年9月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(8/20~9/19発表統計分)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年9月22日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎永井 寛之◆7月の企業関連の指標は、緩やかな持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+0.4%と2ヶ月ぶりに上昇した。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は前月比▲0.4%と低下した。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比+3.5%と2ヶ月連続で増加。先行きは、輸出の増加が生産を下

2014年6月27日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年5月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 5月雇用統計就業者数の大幅な増加が失業率を押し下げ ◆2014年5月の完全失業率(季節調整値)は3.5%となり、前月から0.1%pt低下した。失業者数は前月差▲3万人と減少するなか、就業者数は同+35万人と増加した。非労働力人口は同▲30万人と減少した。労働需給が極めてタイトな状況のなか、失業者数が減少し、就業者数が大幅に増加しており、良好な結果であった。◆2014年5月の有効求人倍率(季節調整値)は

2014年5月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年4月、全文)

公表時間5 月1日(木)14 時 00 分2014年5月1日日経済・物価情勢の展望(2014年4月)本銀行本 稿 の 内 容 に つ い て 、商 用 目 的 で 転 載 ・ 複 製 を 行 う 場 合( 引 用 は含 ま れ ま せ ん )は 、予 め 日 本 銀 行 政 策 委 員 会 室 ま で ご 相 談 く だ さ い 。引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。【基本的見解】1<概要>2014 年度から 2016 年度までの日本経済を展望すると、2回の消費税率引き上げに

2014年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

決定会合、労働需給圧力に自信 ~微調整だった展望レポート~

BOJ Watching日本銀行分析レポート決定会合、労働需給圧力に自信発表日:2014年4月30日(水)~微調整だった展望レポート~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)展望レポートが発表されて、2013・2014 年度の経済成長率以外はほとんど変更がなかった。新しく示された 2016年度は消費者物価の前年比 2.1%を見込んでいる。2%の物価上昇は、「見通し期間の中盤頃」、すなわち 2015 年度に達成されるというシナリオである。消費税増税後の様子をみな

2014年3月28日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル

労働需給タイト化の下での賃金減少はいつまで続くか-地域別失業率、賃金の動向から検証する

労働需給タイト化の下での賃金減少はいつまで続くか-地域別失業率、賃金の動向から検証する

2014年3月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:労働参加率の下げ止まりはもう少し先

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, LtdEconomic Research Group (New York)Toshiki Iwaoka 岩岡 聰樹Managing Director & Chief Economist+1(212)782-5701, tiwaoka@us.mufg.jpSatoko Ura 浦 賢子Economist+1(212)782-5710, sura@us.mufg.jpMarch 14

2014年1月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年1月)

ENGLISH地域経済報告 ―さくらレポート― (2014年1月) * 本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年1月16日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢をみると、国内需要が堅調に推移し、生産が緩やかに増加している中で、雇用・所得環境も改善していることを背景に、「回復している」、「緩やかに回復している」等の報告があった。前回(13年10月)と比較すると、4地域(東北、関東甲信越、近畿、九

2013年10月22日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2013年10月)

ENGLISH地域経済報告 ―さくらレポート― (2013年10月) * 本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2013年10月21日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(13年7月)と比較すると、国内需要が堅調に推移し、生産が緩やかに増加している中で、雇用・所得環境にも改善の動きがみられていることから、全地域で判断を引き上げる報告があった。各地域からの報告をみると、8地域(北海道、東北、関東

2013年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済:大学新卒者は史上最悪の就職難なのに求人倍率は上昇、中国で今起きていること

中国経済:大学新卒者は史上最悪の就職難なのに求人倍率は上昇、中国で今起きていること | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 中国経済:大学新卒者は史上最悪の就職難なのに求人倍率は上昇、中国で今起きていること中国経済:大学新卒者は史上最悪の就職難なのに求人倍率は上昇、中国で今起きていること 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご

2013年7月5日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2013年7月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2013年7月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2013年7月4日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢を前回(13年4月)と比較すると、8地域(北海道、北陸、関東甲信越、東海、近畿、中国、四国、九州・沖縄)から判断を引き上げる報告があった。各地域からの報告をみると、家計・企業マイ

中国経済:大学新卒者は史上最悪の就職難なのに求人倍率は上昇、中国では一体何が起きているのか?

中国経済:大学新卒者は史上最悪の就職難なのに求人倍率は上昇、中国では一体何が起きているのか? | ニッセイ基礎研究所 中国経済:大学新卒者は史上最悪の就職難なのに求人倍率は上昇、中国では一体何が起きているのか? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年、中国本土で普通大学を卒業する学生の数は前年比19万人増の699万人となる見込

被災地復興のリソースとして見ています。

東日本大震災被災県における建築関連の労働需給実態

東日本大震災被災県における建築関連の労働需給実態

2013年4月17日第一生命保険フィードバック数:2社会/政治

2年で2%のインフレは本当か?(中編) ~労働需給だけでは不十分~

2年で2%のインフレは本当か?(中編) ~労働需給だけでは不十分~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ