「動画広告」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月10日Twitterフィードバック数:0マーケティング

ファーストビューの提供1周年を迎えて

ファーストビューの提供1周年を迎えてツイート情報が溢れている現在、どのように多くの利用者の方にリーチするかは広告主の皆さんにとって大きな課題となっています。またマーケティングの世界では、新製品の発表、新しい映画やテレビ番組の宣伝、ブランドについてのコンテンツの発信などの重要なタイミングを適切にとらえることが求められています。これが1年前にファーストビューを提供した背景です。ファーストビューは広告主の皆さんがTwitterの一番目立つ場所であるタイムラインのトップに24時間、動画広告を表示できる広

2017年3月1日カンター・ジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」日本レポート

WHAT'S NEW-世界39か国で実施された動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」-「Z世代」と呼ばれる新しい世代が成人をむかえ、徐々に購買力を持ちつつあります。Z世代 はポスト・ミレニアル世代、センタニアル世代とも呼ばれており、スマートフォンと共に育ってきた一番最初の世代ということで世界的にマーケターの関心を集めています。Y世代(ミレニアル)やX世代(ベビーバースト)に比べメディアに対する態度や行動にどのような違いがあるのか、そして、メディアプランニングやクリエイティブ制作をして

2017年2月13日CRITEO★フィードバック数:0マーケティング

2017年デジタルコマース&マーケティングの展望

2017年デジタルコマース&マーケティングの展望 ~5つのキートレンドを発表~パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCriteo S.A.(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、2月1日にCriteo日本支社で行われたメディアラウンドテーブルにて、「2017年デジタルコマース&マーケティングの展望」を発表しました。<5つのキートレンド>①消費者は高価商品の購入においてもモバイルデバイスを使用する<Key Facts>・デスクトップはかつては高価商品の購入チャ

2017年2月12日Comexposium Japan★フィードバック数:0マーケティング

マーケターアンケート 2017

NEWS RELEASE2016年 1 月 30 日報道関係各位2017 年、28.1%の企業が広告予算を増加予定「イ ンターネット動画広告」 や「オウ ンドメディア」に注力「マーケターアンケート 2017」集計結果を発表マーケティングの国際カンファレンスを多数企画・実施するコムエクスポジアム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: 武富正人)は、同社が主催するマーケティングの国際カンファレンス「ad:tech」「iMedia Summit」に参加したブランド企業に「2017年の取

2016年12月17日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年11月度)

10代の3割がテレビ視聴アプリを利用し、1年間で利用率が倍増 『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年11月度)』10代の3割がテレビ視聴アプリを利用し、1年間で利用率が倍増動画広告からのアプリDL経験は、インスタが3割、YouTubeは1割強調査結果サマリー10代の3割が「テレビ視聴アプリ」を利用し、1年間で利用率が倍増スマートフォンを使用している人のうち、「テレビ視聴アプリ」を現在利用している人は18.6%で、2015年11月度調査時の11.4%から増加していました。また、年代

2016年10月19日SmartNewsフィードバック数:0モバイル

SmartNews、世界2000万ダウンロードを突破

SmartNews、世界2000万ダウンロードを突破 〜1人あたりの利用時間は月平均6時間超、月間PVは1年で倍増スマートニュース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木 健/浜本 階生、以下当社)は本日、当社が提供するスマートフォン・タブレット向けニュースアプリ「SmartNews」が世界2000万ダウンロード(※1)を突破したことを発表いたします。新規ユーザーも既存ユーザーも引き続き高いエンゲージメントで利用しており、月間PV(ページビュー)はこの1年で倍増しました。 ※1:日米Goo

2016年7月8日D2C★フィードバック数:0マーケティング

インターネット広告市場規模推計調査

プレスリリース 2016.07.05 インターネット広告市場規模推計調査 ~2015年、スマートフォン広告費は4,979億円、2016年には5,516億円に拡大、2015年、動画広告費は516億円、2016年には825億円に拡大~株式会社D2C(本社:東京都中央区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)は、株式会社サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI)の協力を得て、2015年1月~12月における、インターネット広告市場におけるデバイス

2016年6月1日マイボイスコム★フィードバック数:0マーケティング

マイボイスコム インターネット広告

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ直近1年間に表示されたインターネット広告は、「バナー広告」が8割弱、「動画広告」が5割弱、「リスティング広告」「メール広告」「動画サイトの視聴時のスキップできる動画広告」が各30%台。広告表示された人で内容を読んだことがあるのは「バナー広告」3割、「動画広告」「メール広告」各1割強 広告表示された人のうち、直近1年間に「意図的に」「間違えて」クリックしたのは各3割弱、「広告を閉じた」は2割強。購入・利用・申込等をしたのは「食料品・お菓子、飲

2016年5月24日Viibar★フィードバック数:0マーケティング

「データ×クリエイティブ」を活かしViibarで制作したUR賃貸住宅PRムービー 1.5ヶ月の動画広告配信における完全視聴率平均が23%

「データ×クリエイティブ」を活かしViibarで制作したUR賃貸住宅PRムービー 1.5ヶ月の動画広告配信における完全視聴率平均が23%超 関心度、好感度、利用意向すべての指標が向上動画コミュニケーションの株式会社Viibar(読み:ビーバー、本社:東京都品川区、代表取締役:上坂 優太)は、独立行政法人都市再生機構と共同でUR賃貸のプロモーションのため「データ×クリエイティブ」を活かし動画広告を制作。2016年2月19日よりYoutube TrueViewインストリーム広告配信を1.5ヶ月配信し

ゲーム内動画広告のあるべき形とは

ホワイトペーパーを無料ダウンロード『ゲーム内動画広告のあるべき形とは:収益化、ユーザエンゲージメント、継続率 当ホワイトペーパーは2,000超のモバイルゲームデベロッパーおよびユーザを対象に実施された調査に基づいております。また、下記の項目を明確化することを目的に調査データの分析を実施しております。いま、何が主流になっているのか? 現在、リワード型動画広告がゲームデベロッパーにとって主流の収益化手法になっています。ユーザは広告に対してどう感じているのか? 大多数はリワード型動画広告に対して好意的

2016年3月9日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年2月度)

Instagram広告閲覧者の2割が、動画広告からアプリをダウンロード モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年2月度)Instagram広告閲覧者の2割が、動画広告からアプリをダウンロードショールーミングが当たり前。洋服は、約4割が店舗で見てサイトで購入調査結果サマリーInstagramの広告閲覧者のうち、2割が「動画広告からアプリをダウンロード」Instagramで企業のスポンサー広告を閲覧したことがある人のうち、20.5%の人が「動画広告からアプリをインストール」した経験がある

2015年12月16日GMOメディア★フィードバック数:0マーケティング

動画視聴に関する調査

10代女子のhappyを研究する「プリキャンティーンズラボ」 「動画視聴に関する調査」を実施 〜スマホネイティブ世代女子の半数が「ほぼ毎日」、うち音楽動画が9割〜 __________________________________________________________</下 GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)は、“女の子の新しいhappyのかたち”をコンセプトに運営するコミュニティサイト「プリキャン byGMO()」

企業の動画広告の利用状況に関する調査

プレスリリースサイバーエージェント、動画広告に特化したオンラインビデオ総研を設立。第一弾として、企業の動画広告の利用状況に関する調査を実施~大手広告主企業の2015年の動画広告出稿率は37.8%を見込み、 昨年比189%の高成長率を予測~株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は、動画広告市場の発展に寄与することを目的に、その関連する調査を行う専門組織、オンラインビデオ総研を設立いたしました。その第一弾調査として、株式会社シード

TVCM×Facebook 動画広告のクロスメディア広告効果調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2015年8月5日  株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:大森壽郎、以下 博報堂DYメディアパートナーズ)は、Facebook Japan株式会社(本社:東京都港区、以下 Facebook)とTVCMとモバイル動画広告をかけ合わせることで、商品・サービスに関するコミュニケーション活動の効率を高める仕組みの構築を目指し、「TVCM×Facebook 動画広告のクロスメディア広告効果調査」を行いました。 本調査では、Facebookの

デジタル広告業界関係者への業界動向に関するアンケート調査

◆ アドテクノロジーの定義に含まれるサービス、最も多く認識されているのは、DSPとDMP◆ 認識している“動画広告元年”、最も多いのは2014年◆ 2015年のスマートフォン広告市場の主なトレンドは、“ターゲティング広告配信技術の進化”、“広告主層の拡大”、“クロスチャネルトラッキングと最適化配信”◆ ネイティブ広告に対して感じている“新しさ”は一部、従来手法という認識が大勢を占める 株式会社シード・プランニングのデジタル領域専門の市場・サービス評価機関、デジタルインファクト(本社:東京都文京

2015年7月6日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

無料動画アプリに関する利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 無料動画アプリ、学生の42.4%が「シェア機能を利用」、 利用したことがあるサービスは「LINE(69.8%)、Twitter(62.7%)」 無料動画アプリ、学生の42.4%が「シェア機能を利用」、 利用したことがあるサービスは「LINE(69.8%)、Twitter(62.7%)」 MMDLabo株式会社は同社が運営するMMD研究所と

2015年4月17日ドワンゴフィードバック数:0マーケティング

「クリエイター奨励プログラム」の登録が30万作品以上に

PRESS RELEASE「クリエイター奨励プログラム」の登録が30万作品以上に総支払額13億6927万4737円、ゲーム動画の登録が増加 株式会社ドワンゴ/株式会社ニワンゴ2015年4月17日  株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)及び株式会社ニワンゴ(本社:東京都中央区区、代表取締役:杉本誠司)は、両社が運営する日本最大級の動画サービス「niconico」において、クリエイターの創作活動やコラボレーションを支援する制度「クリエイター奨励プログラム」の2014年度の

2015年3月31日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年12月度)

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 各地の声(2014年12月度) 印刷業定点調査 各地の声(2014年12月度)売上高伸び率は△2.0%と3カ月連続のマイナスで2014年を終えた。増税の影響は予想以上に長期化したが、増税前の駆け込み需要が大きかったため、年間では+0.3%と2012年以来2年振りのプラスになった。地域別に見ると、好調だった名古屋圏が9カ月ぶりのマイナス、甲信越静が3カ月ぶりのマイナスに転じた。首都圏は3カ月連続、大阪圏は7カ月連続のマイナスであり

2015年3月30日Wanoフィードバック数:0マーケティング

購買意欲を10倍以上も向上させたスマートフォン動画広告の最新事例

[Wano株式会社] ,動画広告 動画 アドウェイズ サーベイ アンケート スマートフォン VeleT Wano

2015年2月4日オプト★★フィードバック数:0マーケティング

オンラインでの動画利用についての調査です。

動画視聴行動調査2015

オプト、「動画視聴行動調査2015」を実施~ 動画サイトで「ミュージックビデオ」を見る人、動画広告を「最後まで見たことがある」人が昨年に比べ増加。動画広告を「毎回スキップしている」人は10ポイント減少 ~ 株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:鉢嶺 登、東証一部:証券コード 2389、以下オプト)は、15~69歳の男女1200人を対象に、「動画視聴行動」に関するアンケート調査を実施しました。調査結果の概要は以下のとおりです。《トピックス》 1 年末年始の動画視聴行動この年

マーケティング・オートメーションについての調査です。

「マーケティング・オートメーション」に関する調査

インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ マーケティング・オートメーションの認知は40%超、大企業ではリード獲得と顧客アプローチに重点 報道発表資料 2015年2月3日NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社NTTコム リサーチ結果 (No.224)「マーケティング・オートメーション」に関する調査結果~マーケティング・オートメーションの登場で新たなデジタルマーケティング環境へシフト。Salesforce Marketing Cloud

2015年1月15日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

動画広告に関するアンケート

YouTubeの動画広告を、5秒経過しても“スキップしなかった”理由は?動画広告に関するアンケート4割が、YouTubeの動画広告をスキップできるのにしなかったことがある調査結果サマリー4割以上が、YouTubeの動画広告をスキップできるのにしなかったことがあるYouTubeで、5秒待つとスキップできるタイプの動画広告が表示された際に「5秒でスキップしなかった経験がある」人の割合は43.4%でした。「最後まで動画広告を見たことがある」人は39.2%、「動画広告の内容は頭に入ってきてはいないがボー

2014年12月23日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年8月度)

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 各地の声(2014年8月度) 印刷業定点調査 各地の声(2014年8月度) 2014年8月の売上高は+0.6%と2カ月連続でプラス。徐々に改善してきていた売上高伸び率の改善は4カ月ぶりに腰折れした。しかし5月以降、売上高伸び率は前年同水準近辺(±2%前後)でのわずかな増減であり、特筆するような大きな変化はなく横ばいである。ただし消費税の影響について、実質的な売上高は増税分3%程度が上乗せされていることを割引いてシビアに見る必要が

2014年12月10日Google★フィードバック数:0エンタテインメント

YouTubeの年間ランキングです。

2014年を動画で振り返ろう。「YouTube Rewind(リワインド)」

2014 年下半期に話題になった YouTube 動画広告を振り返ろう衆院選に関する最新情報を動画でチェックしよう。YouTube 日本の政治 チャンネルがリニューアル2014 年を動画で振り返ろう。「YouTube Rewind(リワインド)」を公開HIKAKIN、マックスむらい、はじめしゃちょー、等人気クリエイターとゲームでつながる 1 週間。G...

市場データです。

ICT関連分野の市場動向-2014年8月の動向

ICT関連分野の市場動向−2014年8月の動向(株)情報通信総合研究所マーケティング・ソリューション研究グループ研究員 鷲尾 哲 2014年8月のICT関連分野の市場動向について、経済産業省が毎月公表している「特定サービス産業動態統計調査」と「生産動態統計調査」を元に整理した。図表1はICT関連市場を法人向けサービス(売上高)、消費者向けコンテンツ(売上高)、プラットフォーム(売上高)、端末(生産額)の4つのレイヤに大別して動向を表したものである。これを見ると、端末が減少の一途をたどってい

TVCM×Yahoo! JAPANのインスクロール×YouTube InStream動画広告のクロスメディア広告効果調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年9月8日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大森壽郎)は、TVCMとPC・スマートフォン・タブレットなどのオンライン動画広告をかけ合わせることで商品・サービスに関するコミュニケーション活動の効率を高くなる仕組みの構築を目指し、「TVCM× Yahoo! JAPANのインスクロール×InStream動画広告のクロスメディア広告効果調査」を行いました。本調査は、ヤフー株式会社の協力を得て2014年3月以降に実施さ

TVCM×YouTube InStream動画広告のクロスメディア広告効果調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年9月4日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大森壽郎 以下 博報堂DYメディアパートナーズ)は、TVCMとPC・スマートフォン・タブレットなどのオンライン動画広告をかけ合わせることで商品・サービスに関するコミュニケーション活動の効率を高める仕組みの構築を目指し、「TVCM× InStream動画広告のクロスメディア広告効果調査」を行いました。本調査では、グーグル株式会社の協力を得て2013年4月以降に実施され

2014年8月20日オプトフィードバック数:0マーケティング

動画広告に関する広告主ニーズ調査

オプト、動画広告に関する広告主ニーズ調査を発表  株式会社オプト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:鉢嶺 登、東証一部:証券コード 2389、以下オプト)の(※1)動画マーケティング研究組織『オプト オンラインビデオラボ』は、動画広告に関する広告主のニーズ調査を実施しました。今回、2013年7月から2014年7月の期間に動画広告を実施した広告主(約100社)の目的を3パターンに分け、その相談内容やKPI、効果傾向について紹介します。【調査結果】 目的①:認知施策として(実施社数50社

2008年6月16日コンデナストフィードバック数:0マーケティング

動画広告の視聴実態――動画広告の発展(5)

動画広告の視聴実態――動画広告の発展(5)2008年6月11日

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ