「勤労者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月7日総務省フィードバック数:0ライフスタイル

家計調査の結果提供に当たっての新たな取組~個人消費の趨(すう)勢を的確に捉えるために~

ここから本文です。統計Today No.107家計調査の結果提供に当たっての新たな取組〜個人消費の趨(すう)勢を的確に捉えるために〜 総務省統計局統計調査部 消費統計課調査官 佐藤 朋彦1 はじめに 〜 注目される消費統計 〜 2014年4月の消費税率の引上げ以降、個人消費は弱い動きが続いています。そのため、家計調査の月次結果がこれまで以上に注目されており、2015年11月の第17回経済財政諮問会議においては、「ある年齢層(例、高齢者)のシェアが実態より若干多くなっている。より経済実態に近づける

2014年10月28日総務省★フィードバック数:0社会/政治

実際のデータを使ってポイント解説をしています。

家計収支の動向を的確に把握するために~家計調査の結果を関連統計と比較する際のポイント~

ここから本文です。統計Today No.86家計収支の動向を的確に把握するために 〜家計調査の結果を関連統計と比較する際のポイント〜総務省統計局統計調査部消費統計課調査官 佐藤 朋彦 (共同執筆者)同課審査発表係廣田 恵美概要2014(平成26)年4月に消費税率が引き上げられて以降、消費とそれを支える所得の動きを示す統計が注目されており、特に家計調査の結果が取り上げられることが多い。この家計調査の結果を商業動態統計調査の「小売業販売額」及び毎月勤労統計調査の「現金給与総額」と比較する際には、以下

2014年8月7日フィデリティ投信★フィードバック数:0大型消費/投資

3万人調査です。

勤労者3万人の退職準備 - 地域別 NISA 開設動向と退職準備動向

注目情報デジタルコンテンツフィデリティ投信株式会社金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第388号一般社団法人 投資信託協会 会員/一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員© 2017 フィデリティ投信株式会社 All Rights Reserved.

2014年7月25日フィデリティ投信★フィードバック数:0大型消費/投資

退職準備についての調査です。

勤労者3万人の退職準備 - 雇用形態とDC加入の退職準備への影響

注目情報デジタルコンテンツフィデリティ投信株式会社金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第388号一般社団法人 投資信託協会 会員/一般社団法人 日本投資顧問業協会 会員© 2017 フィデリティ投信株式会社 All Rights Reserved.

2014年5月9日全労済協会★フィードバック数:0キャリアとスキル

社会生活についての調査です。

勤労者の生活意識と協同組合に関する報告書

勤労者の生活意識と協同組合に関する報告書

2013年12月17日山梨中央銀行フィードバック数:0ライフスタイル

山梨県内勤労者の消費・貯蓄動

山梨県内勤労者の消費・貯蓄動

2013年7月7日山梨中央銀行フィードバック数:0社会/政治

山梨県内勤労者の消費・貯蓄動向

山梨県内勤労者の消費・貯蓄動向

2013年6月26日全労済協会★フィードバック数:0ライフスタイル

シニアについての調査です。

退職後勤労者の家族および近隣との『つながり』と高齢期の健康状態に関する調査研究

退職後勤労者の家族および近隣との『つながり』と高齢期の健康状態に関する調査研究

2013年6月18日連合総研★フィードバック数:1キャリアとスキル

勤労者短観です。

第25回「勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート調査」

詳細 - 報告・研究アーカイブ報告書在庫/貸出し 頒価:--書籍在庫: 貸出:お問い合せください Copylight(C)公益財団法人 連合総合生活開発研究所〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-14 靖国九段南ビル5F TEL:03-5210-0851 FAX:03-5210-0852

2013年5月7日第一生命保険フィードバック数:6社会/政治

アベノミクス消費を牽引するのは誰か? ~中核は50・60歳代で民間サラリーマン~

Economic Trends経済関連レポートアベノミクス消費を牽引するのは誰か?発表日:2013年5月2日(木)~ 中 核 は 50・ 60歳 代 で 民 間 サ ラ リ ー マ ン ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)3 月の総務省「家計調査」では、可処分所得が伸び悩んでいるにもかかわらず、消費支出が増えた。ここには、株価上昇の資産効果のみならず、将来の所得増加を期待する人々が消費を拡大した効果もある。主体別・階層別にみると、年齢層では 55~59

2010年6月14日連合総研フィードバック数:0キャリアとスキル

連合総研・第19 回「勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート」調査報告書-

連合総研・第19 回「勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート」調査報告書-

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ